無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2021年4月26日
更新日:2021年4月26日

看板製作会社を選定する際のポイント

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、ノウハウがない・リソースがないため看板製作会社に依頼したいとお考えの方に、看板製作会社を選定する際のポイントを解説します。発注後のお客様へのヒアリングを行っているアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

看板種類は豊富か

どんな看板を作るのか、イメージに合う看板を作成できる業者を選ぶこと!

看板屋に看板製作を依頼するときには、「どんな看板を作りたいか」をイメージした上で、設置位置とデザインイメージ、材料(素材)のイメージ、照明イメージを持ってください。看板の種類によっては対応できない業者もあるため、まずは看板種類を明確にする必要があります。看板屋の仕事は、看板のデザイン、看板の製作、看板の取り付けの3つになりますので、それぞれ依頼内容を明確にしてください。

<色々な看板の種類>

*LED、ネオン看板(電飾看板)
飲食店や娯楽施設、パチンコ店などで利用されるケースが多く、色々な形にさせたり、様々な色を活用して華やかな印象を演出することができます。LEDは小さくて細かい文字サインの作成に利用され、ネオンは比較的大きなサイズに利用されています。電気代の安さから近年はLEDの人気が高まっています。

*立て看板
スタンドサインとも呼ばれ、屋外に設置され店舗の誘導に利用されるケース多く、その形状からA型、T型、L型、R型などが一般的に利用されています。電気を点けることができるものや、折りたたみ式、キャスター付きなどの利便性の高い商品も出ています。

*壁面看板
店舗や会社などの壁面に設置する看板で、店舗に誘導するための最も重要なスペースと言えます。規格が地方自治体の定める規格基準内であれば設置が可能です。他店舗と差別化を図るために、本体仕様・照明仕様・装飾仕様の3点を設計する必要があります。

*カッティングシート
窓ガラスを広告面として活用し、一般的には社名やサービス名などを貼り付けます。営業時間や連絡先電話番号などを記載するケースも多いです。ウィンドマーキング(窓ガラス)だけでなく、カーマーキングと呼ばれる自動車ボディを広告面として活用するケースもあります。ラッピングバスなども同様の仕組みです。

*アルミパネル
公園や駐車場など、日差しが強く雨が当たるような屋外で利用されることが多い看板で、軽量なアルミパネルを使って安価に製作することが可能です。

*懸垂幕、横断幕
比較的交換が簡単な為、百貨店のイベントやバーゲン等の告知に利用されるイメージです。テント生地(ターポリン素)が主流で、比較的安価に製作が可能ですが、長期使用には向きません。

デザイン力は優れているか

価格やサービス内容もさることながら、デザイン力はやっぱり重要!

看板は目立ってなんぼという考え方から、色は目立つ色、目立つ書体が基本とされてきましたが、近年はどの業界でも競争が激化し、看板設置店舗(会社)も多くなってきたため、目立つことに加えて、選ばれるためのデザインを考える必要が出てきました。また、設置場所を考えて周囲に同じようなデザインの看板が無いかどうかを事前調査することなどもオススメできます。看板業者によってはデザイン力を売りにしている業者あり、目的や用途に応じて、デザイン力のレベルを選ぶときの基準にしてください。

サービス・アフターフォロー

設置後のアフターフォローはしっかりしているかも事前に確認しておくこと。

看板を設置したあとのアフターフォロー面も重要な要素です。看板は老朽化による落下や転倒などの事故に繋がる恐れもあるため、定期的なメンテナンスが必要になります。看板屋のサービス範囲にどの程度の修理やメンテナンス、アフターフォローが含まれているか事前に確認しましょう。ネオンの電球が切れた場合などの想定も行ってください。また、高所看板の取り付けが必要などの特殊ケースの場合は、専門業者もいますので念入りに確認すると良いでしょう。

また、看板を設置するためには必ず屋外広告物許可、道路占用許可、工作物確認等の認可を取得しなければいけません。看板等の広告主、所有者等には安全管理義務があり、各地方自治体の条例で定められています。看板屋によっては申請代行を行っている場合もあるので利用してみましょう。

納期

トラブルにならないように、どのタイミングを納期とするかの確認を!

納期については、「原稿がFixするまで」と「正式注文から取り付け(納品)まで」の2つに分かれます。原稿をFixさせるためにはデザインにどこまで拘るかで変わりますが、簡単なデザインだと1営業日以内に対応可能な業者もあります、特殊デザイン加工の場合は1カ月以上掛けるケースもあります。正式注文から取り付け(納品)までに掛かる時間は、製作する看板種類によりますが1~2週間程度が一般的です(長い場合だと1カ月を超えるケースもあります)。最近では16時までに原稿入稿で当日発送するような即納を売りにする看板屋もあります。

制作実績は豊富か

デザイン力の確認には豊富な実績なども判断材料にすること。

看板屋としての実績も確認すると良いでしょう。業歴、製作実績、デザイン実績などの確認に加えて、看板業は各都道府県に屋外広告業の登録を行わないと営業できませんのでその点も確認してください。

看板屋はネオン曲げ、溶接、板金、立体造形など専門的な技術を要する職人作業ですので、クライアントの要求に答えられるかどうかは過去の製作経験(キャリア)に応じて変わってきます。直接会うことができない場合は電話応対で業者の技術力や対応力を見極めてください。

まとめ

今回は看板製作会社の選定ポイントと注意点についてご紹介しました。

看板製作会社を選定する際に気をつけることは、自社が制作したい看板製作の内容と依頼会社の強み、得意分野とが合致しているのか確認することが基本となります。

自社にノウハウがなくとも、企画力・提案力を強みとし、アフターフォローも充実している看板製作会社であれば、安心して依頼できるでしょう。

アイミツではご要望を伺った上で、条件に合う看板製作会社の情報を多数保有しております。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

看板製作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!