電話で相談する

フリーダイヤル

0120-917-819

営業時間 平日10~19時

公開日: 更新日:

看板製作会社のトラブル事例と対策法

目次

無資格の業者だった、設置した看板がすぐに落下してしまったなどのクレーム類は特に心配で多く聞かれる悩みでもあるようです。本記事では10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、看板屋・看板製作にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひアイミツにご相談下さい。

1.設置した看板が条例に引っ掛かり、撤去しなければいけなくなった

時には手続きが必要なケースなどもあり、条例などは事前に確認しておくこと。

看板はどこでも勝手に置いてよいというものではなく、条例によって美観地区や禁止地域に指定されている場合には置くことができません。せっかく製作した看板が無駄にならないためにも、事前に設置が可能かどうかを確認するようにしましょう。その他、屋外広告物を掲げる際にはそれに応じた許可届を申請する必要があります。それらの手続きを代行してくれる業者もありますので、面倒な場合はそういった業者に依頼するのも良いでしょう。

2.無資格の業者に依頼してしまった

取り付けには資格が必要、無資格の業者には気をつけること!

看板の設置、取り付け工事を行うには資格が必要です。近年、違法業者による無秩序な看板の乱立や看板の落下、倒壊が起きています。もし看板が落下して人を怪我させてしまうようなことがあれば、管理責任を問われることになってしまいますので、必ずきちんとした資格を持った信頼できる業者かどうかを見極めるようにしましょう。

3.設置したばかりの看板が落下して壊れてしまった

万が一のトラブル防止に、保障の面についても確認しておくこと。

業者側の設置ミスで看板が落下し破損したというケースです。このようなトラブルを避けるためには、上記と同じく、まずはきちんとした資格を持った信頼できる業者を選ぶことが大切です。信頼できる業者であっても、看板の落下や劣化はどのくらいの期間保障されるのか、万が一保証期間内に落下した際はどのような対応をしてくれるのか、その際にけが人が出てしまったらその賠償はどうなるのか、などを確認しておくと良いでしょう。

4.屋外広告物に管理責任があることを知らなかった

管理資格を持った業者かどうかを事前に確認しておくこと!

屋外広告物は美観上・安全上の問題を予防するために管理をする必要があり、看板の所有者は資格を有する管理者を設置して点検報告書を提出する義務があります。看板の設置を依頼した業者が管理資格を持っていないと、別の管理資格を持った業者に管理を依頼しなければならなくなり、手間が増えますので、製作から管理まで含めて一括で依頼できる業者がおすすめです。

5.看板設置工事中に、隣の店舗に営業妨害だと言われてしまった

近隣店舗の邪魔にならないような配慮が必要。

高所に看板を設置中に、高所作業車を隣の店舗の前に移動させなければならなくなったが、隣の店舗に営業妨害だから今すぐ中止しろと怒鳴られた、というようなケースです。工事が必要な看板の設置ではこのような近隣トラブルが珍しくありません。普段から良好な関係を築くことを心掛け、看板を製作する前に、挨拶と看板設置について説明を行うようにしましょう。また、設置の際は近隣店舗の邪魔にならないよう営業時間外に工事を行うようにする、近隣が住宅の場合は日中にする、など周囲への配慮を忘れないようにしましょう。

まとめ

今回は看板製作会社に依頼する際に起こりやすいトラブルと、事前に回避する方法について紹介しました。

依頼する際にはこちらの意見ををはっきりと伝え、しっかりと業者とコミュニケーションをとることが重要です。

会社選定の際は、コストパフォーマンス面や納期の素早さなどについ注目してしまいますが、評判を調査し複数社の相見積もりをとり、各会社のメリット、デメリットを比較するようにしましょう。

アイミツではご要望を伺った上で、条件に合う看板製作会社の情報を多数保有しております。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。