無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2021年9月28日
更新日:2021年9月28日

新宿のデジタルサイネージにおすすめの交通広告会社4選

日本最大級の発注プラットフォーム「アイミツ」が、新宿のデジタルサイネージにおすすめの交通広告会社を厳選!
交通機関が運営する会社や実績豊富な会社をピックアップしました。
交通広告会社の選び方や相場についても解説しています。交通広告の依頼先にお悩みの方はぜひ参考にしてください!

佐藤
アイミツコンシェルジュの佐藤です。
交通広告会社をお探しの方に、私たちコンシェルジュがアドバイスします!会社選びのポイントも解説していますので、ぜひご覧ください。

このページについて

このページについて
:当ページに掲載されている内容は記事作成時の情報であり、情報が変更となっている場合があります。またご依頼内容の複雑さや納期等の事情によって依頼内容の難易度が変化するため、当ページで紹介されている業者へご依頼される場合は自己責任にてお願いいたします。
アイミツパートナーとは
:アイミツと記事掲載契約を締結している企業です。

デジタルサイネージ活用のポイント

デジタルサイネージは、電車の窓上に設置できるような小型のものから、駅構内の壁全面に張り出せるような大型のものまで、多様なディスプレイを活用して広告配信を行う手法です。従来の紙を使った広告とは異なり、静止画だけでなく動画を使ったダイナミックな映像配信を行えるため、高い訴求力が期待できます。これまでは伝わりにくかった商品やサービスの魅力も、映像によって詳細に発信することが可能になります。

そんなデジタルサイネージ活用を有効に進めるためには、ディスプレイの形状や配信エリアを定めることが重要です。インパクトがある映像効果を最大限高めたい場合には、大型のスクリーンへの配信を行うなど、工夫を凝らしましょう。

交通広告会社の選び方

交通広告会社を選ぶポイントを2つご紹介します。

・出稿場所
交通広告と一口に言っても、その種類はさまざまです。どの場所に広告を出稿したいのかを明確にしておき、対応している交通広告会社を選びましょう。

・契約期間
広告の種類によっても出稿する期間は異なるため、契約期間がどの程度かは必ず把握しておきたいポイントです。
思った効果が得られなかった場合のことも考慮すると、最低契約期間の有無や中途解約の可否もチェックしておくと安心でしょう。

さまざまな特徴を持つ交通広告会社が増えており、前述したポイントだけでは会社を決められない場合もあるでしょう。会社選びでお悩みの際は、ぜひアイミツへご相談ください。

新宿エリアの交通機関が運営するデジタルサイネージ交通広告会社2選

ここでは、新宿駅へ乗り入れている各交通機関が運営する交通広告会社をご紹介します。どの会社もなじみがあると同時に、多様な広告を手がけていることへの理解を深められます。

株式会社 京王エージェンシー


出典:株式会社 京王エージェンシー https://www.keio-ag.co.jp/

京王電鉄傘下の京王エージェンシーは、東京都新宿区に本社を構える会社です。名前からも予想できるように、京王線エリアのデジタルサイネージをはじめとする交通広告を手がけています。国立競技場や東京ミッドタウンなど、大規模施設での実績も豊富です。
近年は従来型の紙広告以外にデジタルメディアの活用にも注力、多様なデジタルサイネージソリューションも利用可能。電車内広告は窓上と天井部の2種類から選択でき、駅構内についても新宿駅だけで複数のLEDデジタルサイネージが設置されているため、配信チャネルは豊富です。

こんな人におすすめ
・新宿の交通機関が運営する会社に依頼したい方
・複数の配信チャネルを併用したい方

予算感 要問い合わせ
設立年 1986年
従業員数 100-499人
会社所在地 東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル23階
電話番号 03-3348-8610

株式会社小田急エージェンシー


出典:株式会社小田急エージェンシー https://www.odakyu-ag.co.jp/

小田急エージェンシーは、東京都新宿区に本社を構える会社です。小田急電鉄グループの会社で、小田急線および小田急グループ広告媒体の販売や管理などを行っています。首都圏有数のインフラである小田急線は運輸実績も豊富であるため、掲載する広告効果にも期待が持てます。
電車内デジタルサイネージの小田急TVは搭載率50%を超えており、多くの乗客にアプローチ可能。新宿駅でのビルボード設置や巨大スクリーンの運営など、インパクトの大きな広告運用もできます。

こんな人におすすめ
・新宿の交通機関が運営する会社に依頼したい方
・小田急線ユーザーにアプローチしたい方

予算感 要問い合わせ
設立年 1990年
従業員数 100-499人
会社所在地 東京都新宿区西新宿1丁目8番3号 小田急明治安田生命ビル

新宿のデジタルサイネージ運用で実績のある交通広告会社2選

続いて、新宿エリアでデジタルサイネージ運用の実績が豊富な会社をご紹介します。新宿以外での広告配信実績も豊富なため、他のエリアへの広告配信も安心して依頼できるのが特徴です。

株式会社春光社


出典:株式会社春光社 https://shunkosha.co.jp/

春光社は、新宿エリアを含む東京都内でのデジタルサイネージ運用実績が豊富な交通広告会社です。これまで東京メトロ丸の内線エリアでのデジタルサイネージ運用や、小田急・京王線での運用実績もあるため、ニーズに最適な乗客を選びながらデジタルサイネージを展開できます。
新宿がJRや私鉄など5つの鉄道が乗り入れる世界最大の利用者を誇る駅である特徴を活かし、より多くの注目をを集められるよう促してくれるのが強みです。交通広告のプロとして90年以上にわたり蓄積した実績とノウハウが頼りになるでしょう。

こんな人におすすめ
・新宿でデジタルサイネージの実績がある会社に依頼したい方
・新宿エリアでの影響力を高めたい方

予算感 要問い合わせ
設立年 1967年
従業員数 30-99人
会社所在地 東京都中央区京橋3丁目7番5号
電話番号 03-3538-9225

株式会社サンエイ企画


出典:株式会社サンエイ企画 https://www.bus-ad-seisaku.com/

サンエイ企画は、新宿エリアをはじめとする東京の主要エリアでの交通広告サービスを提供している会社です。車内のドア上部に設置されたデジタルサイネージ活用に力を入れており、山手線や中央線など、新宿駅を含む複数のJR路線で広告配信を実施してきました。
車両内の中吊り広告やポスター広告など、これまでポピュラーだった広告との併用も可能。実績やノウハウを豊富に備えているため、頼りになるでしょう。デジタルサイネージ以外の広告の選択肢をご希望の方にもおすすめです。

こんな人におすすめ
・新宿でデジタルサイネージの実績がある会社に依頼したい方
・デジタルサイネージ以外の広告も活用したい方

予算感 要問い合わせ
設立年 1975年
会社所在地 東京都新宿区四谷本塩町8-2
電話番号 03-3355-3325

交通広告の費用相場

交通広告会社に依頼する際の費用は、会社や出稿場所、契約期間によって変動します。

例えば7日間の掲載だとして、駅に貼るポスターであれば5,000~10万円程度と比較的安価で出稿できますが、都心など利用者の多い路線の車内広告であれば、250万~800万円程度かかってしまうこともあります。

多くの人の目に留まりやすい場所への掲載ほど高額になっていく傾向にあるため、予算とのバランスを考えた上で依頼することをおすすめします。

【まとめ】交通広告会社選びで迷ったらアイミツへ

交通広告会社を選ぶには、各社の特徴を把握し、自社の目的やニーズに合った会社を見つけることが大切です。

アイミツでは、経験豊富なコンシェルジュがご希望をおうかがいした上で、条件に合う交通広告会社を無料で紹介しています。交通広告会社をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

交通広告会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!