無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2021年9月27日
更新日:2021年9月27日

沖縄のデジタルサイネージにおすすめの交通広告会社4選

日本最大級の発注プラットフォーム「アイミツ」が、沖縄のデジタルサイネージにおすすめ交通広告会社を厳選!
デジタルサイネージに強い会社や独自の強みを持つ会社をピックアップしました。
交通広告会社の選び方や相場についても解説しています。交通広告の依頼先にお悩みの方はぜひ参考にしてください!

佐藤
アイミツコンシェルジュの佐藤です。
交通広告会社をお探しの方に、私たちコンシェルジュがアドバイスします!会社選びのポイントも解説していますので、ぜひご覧ください。

このページについて

このページについて
:当ページに掲載されている内容は記事作成時の情報であり、情報が変更となっている場合があります。またご依頼内容の複雑さや納期等の事情によって依頼内容の難易度が変化するため、当ページで紹介されている業者へご依頼される場合は自己責任にてお願いいたします。
アイミツパートナーとは
:アイミツと記事掲載契約を締結している企業です。

デジタルサイネージ活用のポイント

デジタルサイネージとは、駅構内に設置されているディスプレイや、商業施設にある巨大スクリーンへ映像を配信し、視聴者へのプロモーションを実施する広告手法です。高速インターネットの普及や映像技術の進歩により、デジタルサイネージは非常に身近な存在となり、今では沖縄含め日本全国で見られるようになりました。

そんなデジタルサイネージを活用する際には、どのようなコンテンツを配信するかが重要です。コンテンツを配信するディスプレイの大きさや形状によって、提供できる情報量は印象は大きく変わってくるため、自社のニーズに最適なコンテンツを制作、および配信できるプラットフォームを探し出しましょう。

交通広告会社の選び方

交通広告会社を選ぶポイントを2つご紹介します。

・出稿場所
交通広告と一口に言っても、その種類はさまざまです。どの場所に広告を出稿したいのかを明確にしておき、対応している交通広告会社を選びましょう。

・契約期間
広告の種類によっても出稿する期間は異なるため、契約期間がどの程度かは必ず把握しておきたいポイントです。
思った効果が得られなかった場合のことも考慮すると、最低契約期間の有無や中途解約の可否もチェックしておくと安心でしょう。

さまざまな特徴を持つ交通広告会社が増えており、前述したポイントだけでは会社を決められない場合もあるでしょう。会社選びでお悩みの際は、ぜひアイミツへご相談ください。

最先端技術を使ったデジタルサイネージならここ!沖縄の交通広告会社2選

まず、沖縄で最先端技術を使ったデジタルサイネージの交通広告会社をご紹介します。どの会社も最先端技術を使ったデジタルサイネージに力を入れて取り組んでいます。

株式会社RUHIA RYUKYU


出典:株式会社RUHIA RYUKYU https://ruhia-ryukyu.co.jp/

沖縄県宜野湾市に本社を構えるRUHIA RYUKYUは、デジタルサイネージに関するトータルソリューションを提供している会社です。
IoTミラーサイネージやプロジェクションマッピングなども取り扱っており、最先端の広告発信を手がけています。映像デバイスと音響ソリューションを連携させるなど、さまざまなカスタマイズにも対応可能。
ハードだけでなくコンテンツ制作にも対応しており、ノウハウに基づいた集客につながる映像制作を依頼できるでしょう。

こんな人におすすめ
・沖縄でデジタルサイネージに強い会社に依頼したい方
・最新技術をフル活用したい方

予算感 要問い合わせ
設立年 1975年
会社所在地 沖縄県宜野湾市大山2-31-29 三商ビル3F
電話番号 098-942-8200

株式会社DELIGHT GLOBAL


出典:株式会社DELIGHT GLOBAL https://dg-okinawa.com/

沖縄県那覇市のDELIGHT GLOBALは、最先端のデジタルサイネージ技術を活かした、新しい広告体験の提供に力を入れている会社です。韓国の大手メーカーと手を取りつつ、日本市場に適したデジタルサイネージを考案。クライアントの要望も取り入れながら、新しい形のデジタルサイネージの提供を目指します。
屋外、床や窓などあらゆるシーンで活用可能なデジタルサイネージを取り扱っているのが特徴です。豊富な技術を活かし、広告のプロが手がけたコンテンツを配信できるため、安心して依頼できるでしょう。

こんな人におすすめ
・沖縄でデジタルサイネージに強い会社に依頼したい方
・最先端技術を活用したい方

会社所在地 沖縄県那覇市久茂地2-12-6

沖縄で独自の強みを持つデジタルサイネージにも対応可能な交通広告会社2選

続いて、沖縄で独自の強みを持つデジタルサイネージにも対応可能な交通広告会社をご紹介します。いずれの会社も魅力的なサービスを提供しています。

アイソトープス株式会社


出典:アイソトープス株式会社 https://www.isotopes.jp/

アイソトープスは、沖縄県国頭郡に本社を構える会社です。映像配信やデジタルサイネージをはじめ、イベント関連やWeb関連、オリジナルグッズ製作業務など幅広く展開しています。
デジタルサイネージでは、クライアントの利用シーンに応じて機器の選定や提案をするところから設置まで、ワンストップでの対応が可能。動画・静止画・テロップを組み合わせた表現で、従来のポスターなどでは実現できなかったコンテンツを形にし、高い訴求力を実現します。

こんな人におすすめ
・沖縄で独自の強みを持つデジタルサイネージにも対応可能な会社に依頼したい方
・デジタルサイネージの効果を最大限活かしたい方

予算感 要問い合わせ
設立年 2006年
会社所在地 沖縄県国頭郡金武町金武635番地
電話番号 098-968-6302

大和電工株式会社


出典:大和電工株式会社 https://daiwadenko.com/

大和電工は、沖縄県宮古島市に本社を構える会社です。外線工事や電気・水道工事といったインフラ工事を行うかたわら、デジタルサイネージも手がけています。観光業がメインとなっている宮古島で、観光資源を定着させるのに最適としてデジタルサイネージに着目。クライアントの要望に応じたサイズを提供可能です。
地元・宮古空港への導入実績だけでなく、海外への納品実績もあります。スマートフォンアプリを利用したコンテンツ制作などにも対応し、多様な需要の取り込みに力を入れているのが特徴です。

こんな人におすすめ
・沖縄で独自の強みを持つデジタルサイネージにも対応可能な会社に依頼したい方
・デジタルコンテンツを幅広く展開したい方

予算感 要問い合わせ
設立年 1999年
会社所在地 沖縄県宮古島市平良字西里1275番地の15
電話番号 0980-72-4514

交通広告の費用相場

交通広告会社に依頼する際の費用は、会社や出稿場所、契約期間によって変動します。

例えば7日間の掲載だとして、駅に貼るポスターであれば5,000~10万円程度と比較的安価で出稿できますが、都心など利用者の多い路線の車内広告であれば、250万~800万円程度かかってしまうこともあります。

多くの人の目に留まりやすい場所への掲載ほど高額になっていく傾向にあるため、予算とのバランスを考えた上で依頼することをおすすめします。

【まとめ】交通広告会社選びで迷ったらアイミツへ

交通広告会社を選ぶには、各社の特徴を把握し、自社の目的やニーズに合った会社を見つけることが大切です。

アイミツでは、経験豊富なコンシェルジュがご希望をおうかがいした上で、条件に合う交通広告会社を無料で紹介しています。交通広告会社をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

交通広告会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!