無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

交通広告会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2021年10月21日

商業施設におすすめのデジタルサイネージ対応の交通広告会社4選

日本最大級の発注プラットフォーム「アイミツ」が、デジタルサイネージ対応で商業施設におすすめの交通広告会社を厳選!
実績の豊富な会社や、サービスが充実している会社をピックアップしました。

交通広告会社の選び方や相場についても解説しています。デジタルサイネージの活用を検討されている商業施設の方はぜひ参考にしてください!

佐藤
アイミツコンシェルジュの佐藤です。
交通広告会社をお探しの方に、私たちコンシェルジュがアドバイスします!会社選びのポイントも解説していますので、ぜひご覧ください。

このページについて

このページについて
:当ページに掲載されている内容は記事作成時の情報であり、情報が変更となっている場合があります。またご依頼内容の複雑さや納期等の事情によって依頼内容の難易度が変化するため、当ページで紹介されている業者へご依頼される場合は自己責任にてお願いいたします。
アイミツパートナーとは
:アイミツと記事掲載契約を締結している企業です。

デジタルサイネージ広告とは

デジタルサイネージは、駅構内や電車内などに設置されたディスプレイを用いてさまざまな情報が発信できるシステムのことです。駅のホームや通路などのディスプレイは視認性が高く、利用者の注目を集めやすいことから多くの企業がデジタルサイネージ広告を活用しています。

デジタルサイネージ広告の特徴は、ターゲットやエリアを絞ったプロモーションに役立つという点。商業施設のあるエリアや商品・サービスのターゲット層などに合わせて掲出場所や期間、時間帯などが指定できるため、効率的な訴求につながります。
また、商業施設の魅力が伝わりやすい動画やスライドショーが広告として配信可能というのもメリットといえるでしょう。

交通広告会社の選び方

交通広告会社を選ぶポイントを2つご紹介します。

・出稿場所
交通広告と一口に言っても、その種類はさまざまです。どの場所に広告を出稿したいのかを明確にしておき、対応している交通広告会社を選びましょう。

・契約期間
広告の種類によっても出稿する期間は異なるため、契約期間がどの程度かは必ず把握しておきたいポイントです。
思った効果が得られなかった場合のことも考慮すると、最低契約期間の有無や中途解約の可否もチェックしておくと安心でしょう。

さまざまな特徴を持つ交通広告会社が増えており、前述したポイントだけでは会社を決められない場合もあるでしょう。会社選びでお悩みの際は、ぜひアイミツへご相談ください。

商業施設向けデジタルサイネージ対応で実績豊富な交通広告会社2選

ここからは、豊富な実績をもつデジタルサイネージ対応の交通広告会社を紹介します。さまざまな案件を担当してきた会社に依頼することで、効果的な商業施設プロモーションが実現するのではないでしょうか。

株式会社ニューアド社


出典:株式会社ニューアド社 https://www.new-ad.co.jp/

ニューアド社は、セールスプロモーション広告を中心としたトータルソリューション業務を提供している会社です。設立から70年以上の歴史をもち、駅広告や電車広告、屋外広告など交通広告も豊富に取り扱っています。
駅デジタルサイネージにも対応しており、JR主要駅の「J・ADビジョン」や東京メトロ・京王・東急のデジタルサイネージなどへの広告出稿が可能。商業施設エリアのデジタルサイネージを活用すれば、集客効果も見込めるでしょう。

こんな人におすすめ
・実勢豊富な交通広告会社にデジタルサイネージ広告を依頼したい商業施設の方
・デジタルサイネージとあわせて電車広告も掲出したい商業施設の方

予算感 要問い合わせ
設立年 1963年
従業員数 10-29人
会社所在地 東京都杉並区阿佐谷南1-11-1
電話番号 03-3314-1321

株式会社ムサシノ広告社


出典:株式会社ムサシノ広告社 http://www.musashino-ad.co.jp/

ムサシノ広告社は、交通広告やマス広告の取り扱いのほか、マーケティングプランニングや市場調査、分析などのサービスを提供している会社です。90年以上にわたって交通広告に携わってきた実績をもち、現在は「交通広告ドットコム」というWebサイトを運営しています。
駅デジタルサイネージとしては、JR東日本や東京メトロの主要駅ネットワークや渋谷エリア、新宿エリアなどを取り扱い。商業施設の利用者への訴求にぴったりの小田急「デジタルピラーセット」や京王「渋谷K-DGウェーブ」などへの広告掲出が可能です。

こんな人におすすめ
・実績豊富な会社にデジタルサイネージ広告の相談をしたい商業施設の方
・デジタルサイネージの活用を検討中の渋谷、新宿エリアの商業施設の方

予算感 要問い合わせ
設立年 1930年
会社所在地 東京都新宿区市谷砂土原町1-2
電話番号 03-3268-8111

商業施設向けデジタルサイネージ対応でサービス充実の交通広告会社2選

続いては、デジタルサイネージに対応しているだけでなく、さまざまなサービスを提供する交通広告会社を紹介します。中には広告制作が依頼できる会社もあるので、クオリティにこだわりたいという場合にもおすすめです。

株式会社アド近鉄


出典:株式会社アド近鉄 http://www.ad-kintetsu.co.jp/

アド近鉄は、交通広告の取り扱いをはじめ、広告企画・制作、イベント運営など幅広い事業を展開する会社です。近鉄の交通広告を一手に担当しており、そのメリットを活かしたメディアプランニングを得意としています。
デジタルサイネージは「近鉄なんばアーバンビジョン」や「京都アーバンビジョン」など、利用者の多い駅の媒体も多数。広告のデザインやPR活動のトータルサポートといったサービスが用意されているのも魅力です。

こんな人におすすめ
・なんばや京都などのデジタルサイネージへの広告掲出を希望する商業施設の方
・デジタルサイネージ広告の制作も依頼できる会社をお探しの商業施設の方

予算感 要問い合わせ
設立年 2010年
従業員数 100-499人
会社所在地 大阪府大阪市天王寺区生玉町3-10
電話番号 06-6774-5400

阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社


出典:阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社 https://hhms.co.jp/

阪急阪神マーケティングソリューションズは、交通広告・マス広告の取り扱いや広告企画制作、SNSマーケティングなど多岐にわたる事業を手がける会社です。交通広告は阪急電鉄と阪神電車・阪神バス、北大阪急行電鉄を中心に扱っており、もちろんデジタルサイネージにも対応。関西の人気居住エリアをカバーしているため、商業施設のプロモーションにもうってつけです。
また、広告のコピーライティングやグラフィックデザインも依頼できるので、広告の制作を任せたいという方におすすめといえます。

こんな人におすすめ
・デジタルサイネージ広告の活用を検討中の関西の商業施設
・広告のコピーライティングなども任せられる交通広告会社をお探しの方

予算感 要問い合わせ
会社所在地 大阪府大阪市北区中崎西 2- 4 -12 梅田センタービル 26F
電話番号 06-6373-6801

交通広告の費用相場

交通広告会社に依頼する際の費用は、会社や出稿場所、契約期間によって変動します。

例えば7日間の掲載だとして、駅に貼るポスターであれば5,000~10万円程度と比較的安価で出稿できますが、都心など利用者の多い路線の車内広告であれば、250万~800万円程度かかってしまうこともあります。

多くの人の目に留まりやすい場所への掲載ほど高額になっていく傾向にあるため、予算とのバランスを考えた上で依頼することをおすすめします。

【まとめ】交通広告会社選びで迷ったらアイミツへ

交通広告会社を選ぶには、各社の特徴を把握し、自社の目的やニーズに合った会社を見つけることが大切です。

「アイミツ」では、経験豊富なコンシェルジュがご希望をおうかがいした上で、条件に合う交通広告会社を無料で紹介しています。デジタルサイネージ広告を検討中の商業施設の方は、お気軽にお問い合わせください。

交通広告会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!