業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

中古販売メインの優良業者

法人向けパソコン(PC)

おすすめ業者を一覧比較

法人向けパソコンを導入するには、新品購入、中古購入、リース、レンタルなどの方法があります。初期費用のみ、月額費用のみで決めるのではなく、保守契約などを含めた総額を確認し、比較するようにしましょう。パソコンにはデスクトップ型とノート型、一体型といった形状の種類がある他、OSやCPU、メモリ、HDDといった性能に関わる様々な要素があります。性能が高ければ良いというわけではなく、使用用途に適した性能を選ぶことが重要です。中古PC(パソコン)を購入する場合は、本体の購入費用は安く済みますが、保証期間が短くメンテナンスの費用がかかります。ですが、中には高機能で美品のものもあるので、業者に確認してみるとよいでしょう。初期動作保証の有無や保証期間の長さも忘れずに確認しましょう。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

中古販売メインの優良業者 法人向けパソコン(PC)業者一覧

86件中110件の業者を比較中

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

人気のキーワード

関連するカテゴリ

中古販売メインの法人向けパソコン(PC)会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 中古パソコンのランクの目安を知っておく

    中古品ランク種別を頭において金額の妥当性の目安としましょう。
    価格が安いのが中古パソコンの最大のメリットですが、一方で他のOA機器以上に故障や不具合、ノートパソコンの場合はバッテリー残量などが気になります。購入のポイントは、販売店の提示する中古製品のグ… 続きを見る

  • POINT 2 自社の用途や環境にあった最適なスペックのパソコンの種類を決める

    中古市場に出回っているパソコンは多種多様!まずはWindowsかMacかを絞る。
    通常のWindowsパソコンでは、法人向けに大量に新品納品された製品の低価格なリユースが目立ちます。 Windows系パソコンの種類 ◇通常のディスプレイセパレート型業務用パソコン レンタル/リー… 続きを見る

  • POINT 3 OSの選定のポイントを把握する

    現状Windows7が主流だがWindows10への移行時期も考えておく。
    中古機種では、OSは最新のものであるとは限りません。Windowsシリーズではアップデートやサポートが打ち切られたXPも未だに根強い需要がありますが、法人用途ではセキュリティ上避けたほうが無難でしょう… 続きを見る

  • POINT 4 アウトレット品で品質保証された中古品を検討してみる

    意外と知られていないメーカー直のお得なパソコン調達方法!
    多くのパソコンメーカー法人営業部門では、下取りサービスやボリュームディスカウント、品質保証アウトレットサービスを行っています。 数十台から100台以上といったボリュームではなくとも、ネット上… 続きを見る

  • POINT 5 中古品のデメリットをしっかりチェックする

    安さだけに惑わされず、デメリット部分が許容できるかどうかも購入の重要ポイントです!
    中古パソコンのメリットは様々ありますが、やはり初期不良や返品不可、保証対象外の不具合などのリスクはつきものです。〈5つの選定ポイント〉①にある販売店のグレード目安もその後の不具合を完全に保証… 続きを見る