あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

北海道で実力のあるコピー機・複合機業者10選

コピー機・複合機の専門コンシェルジュが選ぶ
北海道で実力のあるコピー機・複合機業者10選

2. 株式会社北央事務機

株式会社北央事務機
  • ニーズに応えるきめ細かいサービスと迅速な対応が強み。トータルなオフィスソリューションを提供する会社。
  • 複合機は最新のネットワーク複合機から、小規模オフィスにも最適なコンパクトな機種まで幅広く用意。
  • リース契約も相談可。事務所移転や新設の際のレイアウト、システム環境の整備などについても柔軟に対応。
電話番号
011-874-1435
会社サイト
http://hokuoujimuki.com/

3. 有限会社エクアル

有限会社エクアル
  • 業務を通じて地域に貢献することをモットーに、情報処理事務やオフィスソリューション事業を展開する会社。
  • 複合機は販売・レンタルの2方式で提供。レンタル時の搬入と設置も可能なほか、レンタル日数も柔軟に対応。
  • 申し込み時に「ホームページを見た」と言えば、商品価格の特別値引きが受けられるサービスを実施。
対応エリア
北海道
電話番号
011-207-2525
会社サイト
http://www.e-equal.com/

5. 株式会社大和商会

株式会社大和商会
  • 複合機の導入および保守サービスを提供。セキュリティ、経費削減などオフィスごとのソリューションを提案。
  • 販売とリースで複合機の導入を提案。検討する際にはオフィスに出張してのデモンストレーションも依頼可能。
  • 事務所移転や起業にともなうオフィス環境のコーディネートにも対応。家具からネットワークまでトータルに。
対応エリア
北海道
電話番号
011-826-3885
会社サイト
http://www.ds-daiwa.com/corporate/outline.htm...

アイミツを疑問や不安の解消にお役立てください

  • 相談だけでもOK

    いくらかかるの?ちょっと質問が・・・

    ご利用者の約50%はご相談です。どんな小さなご質問でも、お気軽にお問い合わせください。

  • 優良会社のご紹介も

    優良会社

    選び抜かれた優良会社を、アイミツで探される方が増えています。

全て無料でご利用いただけます

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00〜19:00 土・日・祝

コンシェルジュ

6. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

7. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

8. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

9. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

10. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

最後に、コピー機・複合機で”失敗しない”ために

「アイミツ」コンシェルジュが選んだ北海道で実力があるコピー機・複合機業者はいかがでしたでしょうか?

「自分で選ぶだけでは不安を感じる」「予算内の会社が見つからない」「費用を知りたい」などお悩みもあると思います。
実際に毎月300件以上の見積もり取得や、業者選びを代行しているコンシェルジュだからこそコピー機・複合機業者の本当の実態がわかり、良い業者がわかります。

自分で“納得のいく”業者を見つけ出すまでに、平均4時間以上の時間をかけているという調査結果もあります。
アイミツではコンシェルジュがあなたに代わって“1/10の手間”で、あなたに本当に合った良い会社を見つけさせていただきます。
無料でご利用いただけますので、是非お気軽にアイミツにお問い合わせください

優良企業5,000社以上!

”1/10”の手間で優良会社が見つかります

あなたに合った会社をお探しします!

0120-917-819

利用料0円

掲載中の企業所在地マップ

北海道のコピー機・複合機業者のページを見た人はこんなランキングも見ています

北海道のコピー機・複合機に関連するカテゴリ別の名鑑

北海道でコピー機・複合機会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

複合機とはコピー、プリンター、スキャナー、ファックスなどの機能が1つにまとめられている機器を指します。コピー機や複合機を導入するには、新品購入、中古購入、リース、レンタルなどの方法があります。初期費用のみ、月額費用のみで決めるのではなく、保守費用などのランニングコストも含めた総額を確認し、比較するようにしましょう。保守契約にはカウンター方式、キット方式、スポット保守方式の3種類があり、それぞれ適した環境やメリット・デメリットがあるため、自社に合わせて最適な方式を選択しましょう。また、保守サービスも費用のみで決めるのではなく、内容が充実しているかどうかも確認するようにしましょう。