業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

福祉車両リースの優良業者

カーリース

最適業者がスグに見つかる

カーリース(自動車リース)とは自動車を長期契約により一定の期間貸し出すことで、企業がリースで自動車を導入すると、基本的にリース料が賃貸料に計上されるため流動費扱いとなり、固定資産の圧縮を行うことができるなどのメリットがあります。必要な自動車の種類や導入方法に応じて業者を絞り込み、サポートの充実度や車検、メンテナンス費、保険等の取り扱いがどうなっているのかを事前に必ず確認するようにしましょう。契約期間は車検に合わせて3年・5年・7年などとなっていることが多いです。原則として中途解約はできず、もし中途解約をする場合は損害金を支払う必要がありますので十分に注意しましょう。また、近年は短期リースのニーズや高齢化により福祉車両リースの需要も高まり、対応する業者も出てきています。これにより、福祉車両の保有・維持に発生する業務負担の削減やコストカットできる利点があります。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

福祉車両リースの優良業者 カーリース(自動車リース)業者一覧

33件中110件の業者を比較中

会社名
名鉄協商株式会社
会社サイト
http://www.mkyosho.co.jp/
実績数
3,000~
対応している車種
軽自動車 乗用車 電気自動車 トラック・バス 福祉車両 フォークリフト バイク・二輪車
詳細を見る
  • 名鉄グループのスケールメリットを最大限に生かしたリース料でご提供いたします。
  • 全国約7000社のサービス工場ネットワークでサポート体制も充実。
  • カーリースだけでなく、社有車に関するすべてのコストダウンをご提案いたします。
会社名
株式会社 アセットインオートサービス
会社サイト
http://www.assetin.jp/
実績数
500~1,000
対応している車種
軽自動車 乗用車 電気自動車 トラック・バス 福祉車両 フォークリフト バイク・二輪車 その他
詳細を見る
会社名
キリックスリース株式会社
会社サイト
http://www.kirix.co.jp/lease/home....
実績数
1,000~3,000
対応している車種
軽自動車 乗用車 電気自動車 トラック・バス 福祉車両 フォークリフト バイク・二輪車
詳細を見る
会社名
株式会社 杉並モータース
会社サイト
http://www.suginami-motors.co.jp/
実績数
100~500
対応している車種
軽自動車 乗用車 電気自動車 トラック・バス 福祉車両
詳細を見る
会社名
トヨタレンタリース札幌
会社サイト
http://www.toyotarentacar.net/lease/

注目このサービス(トヨタレンタリース)の詳細

格安レンタカーを予約するならトヨタレンタリース札幌がお得。全車にカーナビ・ETCが標準装備でインターネットから予約すると平均約20%の割引!

会社名
株式会社マーケティングインフォメーションコミュニティ
会社サイト
http://www.nicolease.com/

注目このサービス(マーケティングインフォメーションコミュニティ)の詳細

ニコリースは良質な中古車両きちんと整備し、程度で格安に乗っていただくサービスです。 中古車を購入する場合と比べ、大きな修理が発生したり、壊れてしまった場合の心配がありません。

会社名
ヤマトリース株式会社
会社サイト
http://www.yamatolease.co.jp/index.html

注目このサービス(ヤマトリース)の詳細

ヤマトホールディングス傘下のヤマトリースは、ヤマトグループだからできる、効果的な車輌リースサービスを提供しています。トラックなど車輌購入、フォークリフト・パレットなどの機器機材導入をリース・レンタルでバックアップします

会社名
日立キャピタルオートリース株式会社
会社サイト
http://www.hitachi-capital-auto.co.jp/service/carl...

注目このサービス(日立キャピタルオートリース)の詳細

オートリースを使用した事のない法人ユーザー必見です。オートリースって何?から納得までを判りやすく説明しています。ご契約は日立キャピタルオートリースまで。

人気のキーワード

関連するカテゴリ

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

福祉車両リースのカーリース(自動車リース)会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 2パターンの導入方法

    導入方法は大きく分けて2つ、最適な方法の選択を!
    カーリース(自動車リース)の導入方法としては、現在利用している社用車はそのまま利用を続け、買い替えや増車を行うタイミングでリース社に切り替える順次入れ替え方式と、現在利用している社用車をす… 続きを見る

  • POINT 2 自動車の種類

    ニーズに合わせた種類の選択を!
    一口にカーリース(自動車リース)業者といっても乗用車のみを扱う業者から電気自動車、トラック・バス、福祉車両、フォークリフト、バイク・二輪車など様々な種類の自動車を扱う業者まで様々です。まず… 続きを見る

  • POINT 3 車検・メンテンナンス・保険

    コストに関わる重要なこと、しっかりと理解しておくこと。
    カーリース(自動車リース)の場合、車検やメンテナンスの料金、自動車税などがリース料に含まれている事が多く、突然の大きな出費が必要になることがありません。しかし、プランによっては月々の支払を… 続きを見る

  • POINT 4 事故、故障時のサポートは十分か

    万が一の事故の際などの対応は非常に重要。
    電話やメールによるサポート、万が一事故を起こした場合の対応などが充実しているかどうかも重要なポイントです。特にその分料金は高くなりますが、24時間365日のロードサービスを導入している業者や、事… 続きを見る

  • POINT 5 契約期間終了時、中途解約時の処理

    やむを得ない途中解約などで不必要な損をしないためにも!
    カーリース(自動車リース)の契約期間終了時の返却方法にはオープンエンドとクローズドエンドの2通りあります。これらは予定残存価格(残価)と査定価格の差額処理方式のことで、オープンエンドの場合は… 続きを見る

  • POINT 6 ニーズに合ったリース期間で契約できるか

    短期間でのリース契約など、必要に合わせた選び方も!
    短期でカーリースを行いたい場合もあるかと思います。一般的なリース契約は3年、5年、7年が多いですが、1日や1ヶ月といった短期契約で利用できるリースサービスを提供している業者もあります。用途に応じ… 続きを見る

福祉車両リースのカーリース(自動車リース)会社への発注にあたっての基礎用語

  • カーリース(自動車リース) 基礎知識・基礎用語

    カーリース(自動車リース)とはレンタカーのように自動車を不特定多数の人に貸し出すわけではなく、長期契約により一定の期間貸し出すことを指します。企業がリースで自動車を導入すると、基本的にリース料が賃貸料に計上されるため流動費扱いとなり、固定資産の圧縮を行うことができる(※1)ほか、メンテナンスや事故対応をリース会社に任せることができるなどのメリットがあります。2012年のリース業界の売上シェアは1位オリックス、2位三井住友ファイナンス&リース、3位三菱UFJリースとなっています。

    ※1〈リース会計について〉

    平成20年4月に適用された「新リース会計基準」によると、すべてのリース取引のうち、中途解約不能(解約が可能であっても損害金が発生するなど)で、リース料総額の現在価値が見積もり金額購入価格の概ね90%以上となる取引、または解約不能リース期間が経済的耐用年数の概ね75%以上となる取引の場合はファイナンス・リース取引に分類され、借手側は自己所有固定資産と同様の減価償却をしなければなりません。ファイナンス・リース取引以外のリース取引はすべてオペレーティング・リース取引に分類され、この場合借手側は賃貸借処理を行うことができます。ただし、ファイナンス・リース取引の場合でも、リース期間が1年以内のリース取引や1契約のリース料総額(維持管理費用を除く)が300万円以下のリース取引など個々のリース資産に重要性が乏しいと認められる場合はオペレーティング・リース取引と同様の扱いになります。

    カーリース(自動車リース)の場合は、中途解約は不能ですが、中古車市場が発達していることから、リース満了時にその時点に近い残価を設定しているため、ノンフルペイアウトとなり、オペレーティング・リース取引になりやすいと考えられます。かつ1契約あたりの維持管理費用を除いたリース料が300万円以下になりやすいことからも、カーリース料は賃貸借処理が行われる場合が多いと言うことができます。