無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

交通広告会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年6月15日

電車広告の費用対効果を高めるためには?種類別の特徴とメリットも解説【2022年最新版】

「年齢層を問わず多くの人々の目に触れる広告を展開したい」「繰り返し訴求できる広告媒体を探している」という場合には、数ある広告媒体の中でも電車広告がおすすめです。中には「興味はあるが出稿費用が気になる」という方も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では電車広告の特徴や種類、料金体系に加えて、電車広告を出稿するメリットや費用対効果を高める方法などを一挙に紹介していきます。電車広告の出稿でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
あなたの目的別に交通広告会社をお探しいただけます。
電車広告に対応できる交通広告会社一覧

電車広告とは?

電車広告とは、文字どおり電車の車両内外に掲出される広告のこと。電車の利用者やその沿線の居住者への宣伝に効果を発揮するとして、多くの企業が電車広告を出稿しています。
電車の乗車時間は数分〜数十分に及ぶことも多く、看板や動画広告といったほかの媒体と比較して「じっくりと見てもらいやすい」「読み込んでもらいやすい」というのが大きな特徴です。日々の通勤・通学、外出時など日常に溶け込んだ電車内外の広告は、強制視認性にも長けています。

代表的な電車広告の種類と料金体系

種類別に見る電車広告の料金体系
 種類 費用例
中吊りポスター 山手線でシングル(B3サイズ・1枚)を出稿する場合は1週間で217万円、ワイドタイプは434万円
ドア横ポスター 山手線でシングル(B3サイズ・1枚)を出稿する場合は1週間で217万円、ワイドタイプは434万円
まど上ポスター JR東日本の首都圏全線・7日間・9,680枚の掲出で240万円(税抜)
デジタルサイネージ  山手線の「まど上チャンネル」の場合7日間で200万円(税抜)
ステッカー広告 R首都圏全線への展開は1ヵ月900万円(税抜)
貸切電車 山手線は半月で1,500万円、京浜東北線・根岸線は半月で320万円

電車広告とひとくちに言っても、種類は1つではありません。路線によって細かなラインナップは変わりますが、基本的な種類としては中吊りポスターや窓上ステッカー、車内ビジョン広告などがあげられます。それぞれ特徴や料金が異なるため、以下で1つずつ詳しく紹介していきます。

車内通路に掲出される「中吊りポスター」

電車広告の代表的な存在とも言える中吊りポスターは、車内通路の天井から吊り下げられているポスター型の広告です。乗客の視界に入りやすく、視認性に優れた広告として古くから活用されています。
大きさはB3サイズが主流ですが、B3サイズ2枚分を確保して展開するB3ワイドタイプも人気。新製品の発売時やキャンペーン実施時などの告知に活用されるケースが多いようです。
広告料金は路線ごとの乗客数などによって左右され、山手線でシングル(B3サイズ・1枚)を出稿する場合は1週間で217万円、ワイドタイプは434万円ほど。一方で、埼京線・りんかい線で中吊りポスターを展開する場合は、2週間で75万円と山手線と比較すると低額です。

ドア横の戸袋部分に掲出される「ドア横ポスター」

ドア横ポスターは、車両内の戸袋部分に掲出されるポスター広告です。B3サイズの額縁ホルダーに掲出されるのが基本で、販売体系は鉄道会社によって異なりますが1週間〜1ヵ月単位で枠が販売されることが多く、JR東日本の「首都圏広域 ドア横新B4面セット」は1週間単位となっています。
車内に立つ乗客の目線と同じ高さに設置されており、視認性・精読性に優れているため「広告の内容をしっかりと読み込んでもらいたい」という場合にぴったりの広告メディアでしょう。
広告料金は路線によって大きく開きがあり、京王線の場合は1ヵ月・525枚の展開で90万円(税抜)、小田急線の場合は1ヵ月・2,300枚の展開で330万円(税抜)です。

網棚の上に掲出する「まど上ポスター」

まど上ポスターは、車内の荷物棚付近の窓上に展開されるポスター広告です。中吊りポスターやドア横ポスターと同様にB3サイズが一般的で、鉄道会社によっては2〜4枚連続での掲出も可能とされています。
1週間〜1ヵ月ほどの期間にわたって出稿できるほか、広告を展開する路線の絞り込みが可能なケースが多いのでエリアターゲティングを行いたい場合ににもおすすめです。
広告料金については、JR東日本の首都圏全線は7日間・9,680枚の掲出で240万円(税抜)、東京メトロ全線は14日間・3,300枚の掲出で544万8,000円(税抜)。全線規模での金額なので、比較的リーズナブルと言えるでしょう。

車内で映像が流れる「デジタルサイネージ」

デジタルサイネージは、車内上部に設置された液晶ディスプレイで放映される広告です。サイズは路線や車両によって異なるものの、縦横昼つ4:3あるいは16:9のディスプレイに動画広告を放映することができます。
動画広告であることから注目を集めやすく、静止画や文字では表現できない情報をわかりやすく伝えられるのがメリット。1週間単位での展開も可能とされているため、短期集中で広告を出稿したい場合にもおすすめです。
広告料金は路線によって異なり、山手線の「まど上チャンネル」は7日間で200万円(税抜)、小田急線の「小田急TV」は7日間で60万円(税抜)、阪急5路線で放映できる「阪急トレインビジョン」は15日間で120万円(税抜)となっています。

小さいけどついつい見てしまう「ステッカー広告」

ステッカー広告は、車内窓面のドアガラスステッカーや連結部付近の壁面にあるサイドステッカー、ドア横の戸袋ステッカー、ドア上部のツインステッカーなど鉄道会社ごとにさまざまな種類があるステッカータイプの広告のことです。いずれも面積は小さいながらも、乗客の視界に入りやすいという特徴があります。
サイズは路線や種類によって変わりますが、JR東日本のドアガラスステッカーはタテ16.5cm×ヨコ20cm。広告料金も路線によって開きがあり、JR首都圏全線への展開は1ヵ月900万円(税抜)、東京メトロ全線の場合は1ヵ月820万円(税抜)、京王線・井の頭線の場合は1ヵ月93万5,000円(税抜)です。

広告だけを掲示する貸切電車もある

電車広告には、車内広告をまとめて買い切ってジャックのような形で広告を展開できる「広告貸切電車」があります。路線によって異なるものの14日間・1ヵ月から契約が可能で、中期的な広告展開を検討中の場合にぴったり。話題性や注目性に優れているため、イベントの実施時やほかの広告媒体も活用した大規模なプロモーション時に活用されることが多いようです。
広告料金は路線によって大きく異なり、同じJR東日本であっても山手線は半月で1,500万円、京浜東北線・根岸線は半月で320万円となっています。

「電車広告の出稿方法がわからない」「交通広告会社選びに手間取っている」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある交通広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

電車広告を出す4つのメリット

電車広告の出稿にはどのようなメリットがあるのでしょうか。電車広告を出稿しようかどうか迷っているという方は、メリットも把握した上で検討を進めてみてください。

幅広い年齢層やさまざまな職業の方に見てもらえる

公共交通機関である電車は、年齢や性別を問わずさまざまな人が利用するものです。そのため電車内へ広告を出稿すれば、幅広い層・職業の人々に広告を見てもらうことができると考えられます。
「より多くの人に広告を見てもらい、ブランド認知度を上げたい」という場合にも電車広告はぴったりの媒体と言えます。

訴求したい地域の路線に絞った出稿も可能

電車広告は、エリアターゲティングができるというのも大きなメリットです。電車広告は広範囲への出稿だけでなく、訴求したい地域の路線に限定して広告を展開することもできます。
たとえば「京王線沿いに新たに店舗をオープンした」という場合なら、京王線の車両のみに広告を出稿すれば、無駄な費用を支払うことなく効果的な宣伝につながるでしょう。

認知度を高めやすい

電車広告は乗客が「自ら見よう」とするのではなく、「意識してないにも関わらず、強制的に視界に入ってくる」広告であることから、強制視認性に優れています。通勤や通学で電車を利用する乗客へ販促訴求が行われるため、「いつのまにか認知度が上がっていた」という効果が期待できるでしょう。

邪魔になりにくいので好印象を抱かれやすい

電車広告は、いずれも乗客の邪魔にならない位置に掲出されています。そのため「広告が邪魔・わずらわしい」といった理由によるクレームやトラブルに発展しにくいと考えられます。
乗客の邪魔にならずに広告が展開できるので、好印象を抱かれやすいというのもメリットと言えるでしょう。

電車広告の費用対効果を高める方法

電車広告が効果の期待できる媒体であることは理解していても、どうしても気になるのが費用対効果ではないでしょうか。電車広告の料金は決して安くはなく、路線や広告の種類によっては数百万円単位での費用が発生することも珍しくありません。
そんな中で費用対効果を高めるためには、どんな点に注意するべきなのでしょうか。

タイアップを上手に利用する

電車広告の費用対効果を高めるためには、タイアップを有効活用するのも1つの手段です。たとえば西武鉄道では駅ナカ・コンビニ「TOMONY」におけるチケットタイアップ企画を用意しており、西武線の駅ばりポスターや中吊り広告の掲出と、「TOMONY」店頭でのチケット販売をセットで提供。電車広告・駅広告とチケット販売がセットになっているので、コンサートやイベントなどの広告を展開したい場合にうってつけと言えるでしょう。

中吊りフリースポットを効果的に利用する

中吊りフリースポットの活用も、電車広告の費用対効果を高めるのにおすすめの手段です。中吊りフリースポットは中吊り広告の空き枠を利用できる広告で、料金に割引が適用されていることが多いため「電車広告の出稿に興味はあるが、あまり予算がないためできるだけ費用を抑えたい」という場合にぴったりと言えます。
ただし、空き枠を利用するという特性から、広告を掲出する枠や掲出期間の指定が難しいこともあるので注意が必要です。

【料金シミュレーター】希望の電車広告の相場感がわかります

電車広告の出稿にかかる費用をより具体的に知りたいという場合は、料金シミュレーターを使って相場感を確認してみましょう。算出された金額を参考に交通広告会社を選べば、費用の面での失敗リスクを抑えられるはずです。

まとめ

この記事では、電車広告の種類や特徴、料金体系について解説してきました。電車広告の種類は多岐にわたりますが、いずれも視認性に優れており、大きな効果が期待できるものばかりです。出稿料金は決して安価とは言えないものの、多くの人々へアプローチができるので「とにかく認知度アップにつなげたい」という場合にはぴったりでしょう。
しかし、電車広告の料金は内容や要素によって千差万別なので、ある程度正確な価格を知るためには、複数の会社から見積もりを取るのが一番の近道です。「アイミツ」ではご要望をうかがった上で、条件に合う交通広告会社を無料で複数社ご紹介可能です。依頼先選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
交通広告会社一覧

交通広告会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!