あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

カタログ制作の平均費用と料金相場【2020年完全版】

カタログ

メーカーや通販会社が毎年リリースするカタログは、チラシやパンフレットといった他の販促物と比べると格段に情報量が多いうえ、制作に撮影をともなうケースも少なくありません。

実際のところ、カタログの企画から撮影、デザイン、印刷まですべて自社で対応するのは非常に難しく、発注先を探している方も多いのではないでしょうか?

今回はそうした方に向けて、カタログ制作を外注する際にかかる費用、費用を抑えるためのコツ、デザイン会社を選ぶ際のポイントなどを詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

目次

1.カタログ制作費用の算出方法

チラシやパンフレットと同様、カタログ作成の費用の大半を占めるのは制作スタッフ(ディレクター、デザイナー、イラストレーターなど)の人件費です。

企画、デザインといった工程ごとの費用はチラシやパンフレットとそれほど変わらないものの、カタログはページ数が増えるため、トータルの制作費は高くなります。同様の理由から印刷費も増え、かつ撮影に追加費用がかかることも珍しくありません。

実際にいくつかのデザイン会社のwebサイトを見てみたところ、A4サイズ・8ページ前後のカタログで35万円前後の料金を設定しているところが多いようでした。

費用の詳細や相場については次章でご紹介します。

費目別のカタログ制作の費用の相場

費目別のカタログ制作の費用の相場
費目 平均的な相場
企画・プランニング費 7万円から15万円
デザイン費 2万円から6万円
原稿制作費 2万円から4万円
印刷・加工費 15円から40円(1部あたり)

企画・プランニング費

掲載する商材やその価格帯、ブランドコンセプト、ターゲットの性別・年齢層など整理したうえで、カタログ全体の構成を決める際にかかる費用です。カタログの企画・プランニングは主にデザイン会社のディレクターやアートディレクターが担当し、その人件費がベースになります。

一般的な相場としては7万円から15万円前後を中心に、全30ページを超えるような本格的なカタログになるとさらに費用が高くなることも。

企画・プランニングはカタログの完成度を大きく左右する大切な工程なので、取材や打ち合わせ、インタビューなどの際には丁寧に対応しましょう。

デザイン費

全体の構成に沿ってカタログのページをデザインしていく際にかかる費用です。

一般的に、ブランドロゴやイメージ画像を組み合わせてデザインする表紙と、その他ページ(個別の商品紹介ページなど)ではかかる工数が違うため、料金も異なります。

相場としては、表紙のデザイン費が4万円から6万円前後、その他のページが1ページあたり2万円から3万円前後デザイン会社によってはレイアウトのテンプレートを使うことによって単価を抑えているところもあるようです。

原稿制作費

キャッチコピーや商品説明文の制作にかかる費用です。ページのサイズ、原稿のボリュームによって金額が変わりますが、おおむね1ページあたり2万円から4万円前後が相場です。

原稿の制作方法は各社さまざまで、デザイナーがデザインとまとめて担当することもある一方、小規模なデザイン会社では社外のライター・コピーライターに委託することも。

いずれにせよ原稿のベースになるのは、発注者側が用意する商品情報(商品名、品番、価格、サイズなど)なので、データを提供する前に誤字や数字の間違いがないかきちんとチェックをしておきましょう。

印刷・加工費

完成したデザインデータを印刷する際にかかる費用です。冊子型のカタログの場合、中綴じの加工費用も含まれるため、チラシなどと比較すると1部あたりのコストはやや高くなります。

一般的な相場としては、100部~1,000部程度までの印刷・加工で1部あたり15円から40円前後印刷は専用の印刷機でまとめて行うため、5,000部、1万部といった大ロットになると1部あたりの単価は下がります。

見落としがちな費用にも注意

上記に加え、撮影を依頼すると追加費用がかかります。一般的には半日~1日の撮影で3万円から8万円前後が相場。食料品などを掲載するカタログの場合、キッチンスタジオを使うことも多く、利用料が高額になることがあるので、あらかじめ余裕を持って予算を確保しておきましょう。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • カタログ制作の費用の大半を占めるのは、
    ディレクターやデザイナーの人件費
  • パンフレットなどの比べるとページ数が増える分、
    トータルの制作費はやや高め
  • 企画・プランニング費の相場は7万円から15万円前後
  • デザイン費の相場は1ページ2万円から6万円前後。
    表紙とその他ページで料金が異なる
  • 原稿制作費の相場は1ページ2万円から4万円前後
  • 印刷・加工費の相場は1部あたり15円から40円前後
  • 上記のほか、撮影を行う場合は追加費用がかかるので注意

2.ページ数別に見るカタログ制作の費用の相場

種類別に見るカタログ作成の費用の相場
サイズ・ページ数 一般的な相場
A4サイズ・8ページのカタログ 35万円から65万円
A4サイズ・20ページのカタログ 100万円から180万円

続けてページ数別のカタログ制作費用の相場をご紹介します。

A4サイズ・8ページのカタログ

よほど凝ったデザインや特殊な印刷を施さない限り、カタログの制作費はページ数によって決まるため、8ページ程度の簡易的なカタログであれば相応に費用は抑えられます。

A4サイズ・フルカラー・全8ページのカタログをデザイン会社や印刷会社に発注する場合、費用の相場は印刷・加工費を含めて35万円から65万円前後。原稿作成などを発注者側で巻き取ることによって、さらに費用を抑えることも可能です。

A4サイズ・20ページのカタログ

一方でA4・フルカラー・全20ページのカタログをつくる場合、費用の相場はトータル100万円から180万円前後です。ページ数が多くなると制作素材(商品画像、テキストなど)も格段に増え、それぞれの確認・修正依頼など、外注というよりは発注者とデザイン会社で共同作業的に進めていく部分が多くなります。

商品名や価格のミスが発覚すれば制作は滞るうえ、タイミングによっては刷り直しのコストもかさんでしまうことも。繰り返しになりますが、商品データのチェックや素材の受け渡しは慎重に行いましょう。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • A4サイズ8ページのカタログ制作費は、35万円から65万円前後
  • A4サイズ20ページのカタログ制作費は、100万円から180万円前後
  • ページ数が増えるにしたがって制作素材も多くなるので、
    確認作業は慎重に行いたい

3.なぜ価格が違う?価格差の出る理由

デザイン会社ごとの費用の違いは、主に対応範囲の違いです。

カタログ制作は相応の工数がかかるため、企画とデザインだけに特化して請け負うデザイン会社は少なくありません。また、テンプレートを利用することでデザインの工数を圧縮するほか、原稿作成すべて顧客に任せることで費用を抑えている会社もあります。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • デザイン会社ごとの費用の違いは、主に対応範囲の違い
  • 原稿の制作や校了を発注者に任せることで、
    料金を抑えているデザイン会社も多い

4.実際にカタログ作成の料金を調べてみた

続いては、カタログ作成の料金を公開しているデザイン会社をご紹介します。

株式会社A
サイズ(ページ数) 料金 備考
A4(12ページ) 34万円~ ※印刷・加工費込み
株式会社B
サイズ(ページ数) 料金 備考
A4(8ページ) 41万7,900円 ※参考価格
株式会社C
費目 料金料金 備考
企画・構成費 8万円~
ページデザイン 2万5,000円~
コピーライティング 2万円~ ※いずれもA4サイズ・
4~8ページの場合

5.デザイン会社選びで失敗しないためには

最後は失敗しないデザイン会社選びのポイントについて。ここまでの内容をふまえつつ、実際にカタログ作成の発注先を選ぶ際はどんな点に目を向けるべきなのかご紹介します。

得意分野

デザイン会社のなかにはインテリア、食料品など特定の商材のカタログ制作に強みをもっているところもあります。得意分野なら過去のノウハウや事例をもとに制作がスムーズに進むうえ、仕上がりにも期待できるでしょう。各社のwebサイトの制作実績を確認し、得意分野を見極めたうえで自社に合うデザイン会社を選ぶとミスを未然に防止可能です。

業務体制

前述の通り、カタログの制作がスタートすると、商品画像、商品データの受け渡しなど、デザイン会社とのやりとりが多くなります。そうしたなかで社外秘のデータが万が一流出すれば、販売戦略や売上に大きなマイナス影響を与えてしまうこともあるでしょう。

その点でセキュリティ対策を含めたデザイン会社の業務体制も大切なポイントの1つ。情報の管理体制などを確認しておいたほうが安心できるかもしれません。

6.デザイン会社選びで迷ったらアイミツへ

今回はカタログ制作にかかる費用を中心に、依頼先を選ぶ際のポイントなどについてご紹介しました。発注の際、みなさまの参考になれば幸いです。

なお、アイミツではデザインに精通したコンシェルジュがみなさまからのご相談を承っています。ご予算・ご要望に応じて複数のデザイン会社をピックアップし、まとめて見積もりをとることも可能です。

デザイン会社選びで迷っている方、「デザイン会社ごとの違いについて詳しく知りたい」といった方は、アイミツのコンシェルジュまでお気軽にご連絡ください。

デザイン事務所探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

このテーマに関連する優良会社

デザイン事務所が
最短翌日までにそろう