あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
仕事を受けたい方

公開日:2020年07月10日 更新日:2020年07月10日

「Aimstar」の評判と実態【2020年最新版】

Aimstar

Aimstar(エイムスター)は、DBマーケティングソフトウェアの開発・販売事業をメインに展開するIT企業、スプリームシステム社が開発・提供する純国産型MAツールです。MAツールの導入・活用で障害になりがちな課題を解決するため、いち早くAI・機械学習機能を取り入れたのが特徴。BtoC特化型のMAツールとして、大きな注目を集めています。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのMAツールを厳選!Aimstarの実際の使い勝手は?どんな活用メリットを得られるのか?評判と実態に迫ります。

目次

<総評>Aimstarは高度な分析機能でOne to Oneアプローチを実現するMAツール

BtoC向けMAツールで重要なのは、顧客それぞれに最適な施策を実行できるよう、属性はじめ多彩な情報を適切に処理できる高度な分析機能です。Aimstarは、データ統合とともに高度な分析機能を持たせることで、多様な顧客に対するOne to Oneアプローチを実現できるMAツール。

一般的なMAツールに先駆け、機械学習やAI機能を搭載しているのも特徴。複雑化する一方のシナリオ作成・キャンペーン作成をアシストする考え方は、2001年からAimstarを開発してきたスプリームシステム社ならではのコンセプトでしょう。


MAツールの導入をご検討中の方は、無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、人気MAツールの一括見積もりが可能です。MAツール選びの時間も大幅に節約できるでしょう。

MAツール選びでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください

Aimstarの10のメリット

ご紹介した特徴を持つ「Aimstar」ですが、活用することで次のようなメリットがあります。

あらゆるデータをAimstarに統合可能

高度な分析機能を最大限活用するには、前提としてのデータ収集・蓄積が不可欠です。Aimstarであれば、基幹システム・ECシステムを含むさまざなまオンライン・オフラインデータを取り込み・統合可能です。

Aimstarのデータモデルを雛形として、取り込むデータを活用しやすく変換して格納するため、DWHなどの特別なデータベース構築を必要としないのもポイント。顧客・商品・メディアマスタはもちろん、アクセスログを含む各種履歴も一元管理できます。

強力な分析・ターゲティング機能

Aimstarには、スプリームシステムのDBマーケティングノウハウを活かした、100種類以上の分析・ターゲティングテンプレートが標準搭載されています。データベースや統計分析のノウハウがない場合でも、複雑な顧客分析・ターゲットの抽出が可能。

顧客分析・アクセスログ分析などの仮説検証型分析はもちろん、ロジスティクス回帰などの機械学習テンプレートも付属。顧客セグメント・スコアリングを含むターゲット抽出を容易に、しかも正確に実行できます。

フローチャート形式で簡単シナリオ設計

Aimstarでのシナリオ作成は簡単。手順が明確なフローチャート形式が採用されているため、キャンペーン条件の部品を配置しながら、いつ誰に、何をどのチャネルで、どんなコンテンツやステップで実行するのか設計できます。

AimstarのMAツールは分析画面とシームレスに連携しているため、分析結果の操作記録をテンプレートとしてパーツ流用するのも可能。A/Bテストの実施やコンテンツの制作、シナリオ作成のステータスやPDCAの履歴も管理できます。

業種別のプリセットで簡単にMAを実行

Aimstarは、ベテランマーケッターだけでなく、初心者にも使いやすいMAツールです。さまざまな業種への導入実績をもとに作成された、業種別分析・シナリオ・レポートテンプレートが用意されており、自社向けのエディットを施すだけで簡単にMAを実行できます。

業種別テンプレートには、通販や金融、アパレルなどが用意され、関係構築・維持や顧客行動、需要喚起などニーズに応じた使い分けも可能。4つのシナリオで構成されており、パラメーターを自社向けにアレンジできます。

外部システム連携でオムニチャネル施策を実現

Aimstarが連携できるのは、基幹システムやDWHなどのデータインプット側だけではありません。標準搭載のメール配信以外の各種メール配信ソフト、スマートフォンアプリやLINE、プッシュ通知やSNS、LPOなどの多彩な外部システムと連携した、オムニチャネル施策を展開できます。

メール配信ソフトだけでもWEBCAS、ClickMailerなどとの連携が可能。MAツールからのメール配信を分けたい場合は、Aimstarからの直接配信も可能です。

強力な効果測定・予測・レポーティング機能

強力な分析機能が搭載されたAimstarは、効果測定やキャンペーンの反応予測などの詳細な分析も可能。BIツールと連携可能なレポーティング機能も用意され、Excel・CSV出力のほか、Aimstarから日報・月報を出力できます。

効果測定の分析にテンプレートを活用できるのはもちろん、ロジスティクス回帰や機械学習での仮説発見分析、仮説絞り込みも可能。キャンペーン反応・収益予測や特定商品の購買確率予測、LTV予測なども事前にシミュレーションできます。

機械学習によるOne to Oneレコメンド

Aimstarには、AIを活用した「機械学習レコメンド」が用意されており、シナリオ作成時のフローチャートにドラッグ&ドロップするだけで、機械学習ターゲティングを実行。顧客と商品カテゴリーのレコメンドを抽出できます。

レコメンドの抽出方法は、アソシエーションの利用もしくはBPRの利用を選択。購買履歴や閲覧データなど、顧客ごとに異なる行動にもとづいた、精度の高いオファー・One to Oneレコメンドを実現できます。

AIを活用してキャンペーンを自動生成

2018年にリリースされた最新のAimstar Ver.8では、One to Oneレコメンドを一歩推し進めたAI・機械学習の機能を追加。顧客に応じた最適なオファーを自動実行できる、キャンペーン自動生成機能を利用できます。

AIを活用したキャンペーン自動生成機能では、個々の顧客行動をモデルにタイミングに応じたキャンペーンを自動実行。蓄積されたデータをもとに自動でチューニングが実行されるため、精度の高いキャンペーンを自動生成できます。

Moptarと連携したプロモーション

BtoCのなかでも、特に通販やECサイトを軸にしたマーケティングに力を発揮するAimstarですが、店舗での顧客行動と連動したオムニチャネルプロモーションも実行可能。スプリームシステムが開発・提供する「Moptar」との連携で実現できます。

センサーを活用して顧客動線を分析できるMoptarと連携すれば、売場の立寄情報から顧客ごとの商品関心度を算出。誤差数センチの動線マップやヒートマップによる偏り確認で、関心度の高い商品を特定します。

純国産ならではのサポート体制

Aimstarには、オンプレミス版のほかにクラウド版も用意されていますが、SaaSではないため運用開始までに多少の手間と時間が必要です。その分、純国産MAツールならではの充実したサポート体制が整っており、導入から運用まで安心して任せられるでしょう。

DB構築、チューニングやデータ移行はもちろん、トレーニングからキャンペーン・シナリオ作成、MA立ち上げ支援や運用代行までメニューも豊富。導入後の追加カスタマイズや、アドオン開発なども依頼できます。

徹底調査でわかったAimstarを使うべき人・会社

ご紹介したメリットを踏まえ、「Aimstar」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

分析にもとづいたアプローチを追求したいBtoC企業

BtoCマーケティングにおけるOne to Oneアプローチは、効果が大きい反面、カスタマー個々に寄り添った提案をするための分析が複雑になりがち。詳細な分析にもとづいたOne to Oneアプローチを追求したいと考えるBtoC企業には、強力な分析機能を持つAimstarの導入がおすすめです。

100種類にもおよぶ分析・ターゲティングテンプレートが標準搭載されたAimstarなら、DBや統計分析のノウハウを持つマーケッターが在籍していなくても、詳細な顧客分析・ターゲットの抽出が可能。基幹システムなどの既存データをムリなく統合し、アクセスログを含むさまざまなデータを分析ソースにできます。また、追加のデータマートを開発する必要もなく、データを取り込むだけで分析・ターゲティングが可能です。

シナリオ・キャンペーンの作成に苦心しているBtoC企業

MAツールの活用効果を最大化するカギは、顧客のセグメント分類・リードスコアリングを含むシナリオ設計をもとにしたキャンペーン作成です。ノウハウが必要なため苦心している企業には、プリセットや機械学習を活用できるAimstarの導入が最適でしょう。

Aimstarなら、スプリームシステム社のDBマーケティングノウハウを活かした業種別のシナリオプリセットが用意されており、特別な知識がなくても最適化されたシナリオを適用。パラメーターを自社向けにアレンジするだけです。AI・機械学習を活用したキャンペーン自動生成機能が使えるのもポイント。施策の効果を含めた顧客行動を学習し、自動でチューニング。使えば使うほど効果の高いキャンペーンを、自動生成・実施してくれます。

高速なPDCAで売上を高めたいBtoC企業

MAツールで効果的に売上を高めるには、データ収集・分析・施策策定・実行を繰り返していかなければなりません。高速なPDCAで売上を高めていきたいBtoC企業には、必要なプロセスをひとつのシステムで実行できるAimstarがピッタリです。

データマートに必要なデータを統合し、テンプレートや機械学習による、強力な分析機能を活用できます。プリセット・AIによるシナリオ・キャンペーン作成はもちろん、施策後の効果測定にも分析機能を活用でき、AIが施策のチューニングまで行なってくれます。CRMやデータベースの連携が必要な実行型MAツールではこうはいきません。MAツールのなかに売上を高めるための仕組みが統合された、専用環境を持つAimstarならではのアドバンテージでしょう。

Aimstarの料金プラン

・Aimstarにはオンプレミス版・クラウド版が用意されており、クラウド版の場合は「AWS」「IBM Bluemix」「Azure」のいずれかのプラットフォームを選択できます。

・機能限定版の「Lite」、分析・ターゲティングが30種類まで選べる「Standard」、機械学習を含むフル機能が利用できる「Advance」の3ライセンスが用意されています。

販売方式には、一括購入もしくは月額のサブスクリプションが用意されており、ライセンス種類・販売方式・システム環境・オプションをニーズに応じて自由に組み合わせ可能。

料金の詳細は見積もりを依頼する必要がありますが、「クラウド利用が社内的に難しいため、Advanceをオンプレミスで一括購入」などの導入方法も選択できます。

Aimstarの導入実績・効果

ここからは、実際に「Aimstar」を導入した企業の例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

A株式会社

Aimstarの導入事例ページ(スプリームシステム株式会社 https://www.supreme-system.com/product/aimstar/works.html 参照)によると、A社はモバイルを中心に事業を展開する大手通信会社です。エンターテイメント事業も展開しており、通販から旅行までの幅広いサービスを展開。複数のECサイトを持つマーケット全体の成長に注力しており、ロイヤルカスタマーの獲得に取り組んでいました。

分析を進めるうち、ロイヤル化しやすいクラスタが、それぞれのストアに複数名存在することが判明。膨大なシナリオ数が必要で、手動で実施していた従来のメルマガ配信では運用が回らないことから、MAツールの導入に踏み切ったのです。独自のメール配信・ポイントを使ったキャンペーン実施のほか、拡張性・操作性をポイントに選定を進めた結果、選定されたのがAimstarでした。

約3か月の準備期間を経て導入されたAimstarは、One to Oneのフォローメール配信のみならず、アプリでのプッシュ通信や、ポイント進呈などに幅広く利用。CTR・CVRともに高い成果を得られているだけでなく、メルマガの解約率も大幅減少するなど、目に見える効果を得られています。

B株式会社

Aimstarの導入事例ページ(スプリームシステム株式会社 https://www.supreme-system.com/product/aimstar/works.html 参照)によると、B社は健康補助食品や自然派化粧品、自然派食品などの通信販売をメインに展開する企業です。商品は長く使い続けて良さを実感できる特性を持っており、単発購入から定期購入への誘導が重要。ユーザーに納得して購入してもらうことを念頭に、Aimstarでさまざまな施策を実行しています。

かねてから、顧客1人ひとりに最適なアプローチを行うOne to Oneマーケティングが必要と考えており、MAツールの導入を検討。顧客セグメントの分類やターゲット抽出を含め、使いやすさが評価されたAimstarを選定されたのです。

Aimstarはメール配信エンジン「WEBCAS」と連携され、顧客データと紐付けた状態でメール配信とデータ分析を実施。バースデーメールや各種商品ごとのステップメールなどを、顧客ごとに最適なタイミングで配信できるように設定されています。

ターゲットの抽出を手動で行なっていた従来は、顧客に最適なタイミングでメール配信するのは困難でしたが、その課題もAimstarによって解消。プロセスを自動化できたことで50%程度の工数削減も実現し、業務効率も大幅に向上できたのです。

まずはAimstarの資料請求を

ここまで、Aimstarの導入メリットや有効な活用方法、実際の企業導入事例などをご紹介しましたが、初心者からマーケッターまでが簡単に使える反面、SaaSのような気軽さに欠ける一面があるのも事実です。自社の運用方法にマッチするのか?さっそく資料を入手し、詳細を含めて検討するのが一番です。

「Aimstar」の導入を検討している方は、まずは「アイミツ」で資料を請求し、内容を確認したうえで判断するといいでしょう。

まとめ

Aimstarは、高度な分析機能が搭載され、顧客1人ひとりに最適なOne to Oneアプローチを実行できるMAツールです。AI・機械学習のテクノロジーを採用し、分析・シナリオ作成・キャンペーン作成を簡単かつ正確に実行できるのも、Aimstar独自のアドバンテージでしょう。

データ統合・オムニチャネルの活用を含めた専用環境を構築でき、PDCAを回しやすいのも特徴。One to Oneアプローチを追求したい、シナリオ作成やキャンペーン作成に苦心しているBtoC企業の方は、ぜひ資料をチェックしてはいかがでしょうか?

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

MAツール会社が
最短翌日までにそろう