あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

MAツール15選を厳選比較【2020年最新版】

MAツール15選を厳選比較【2020年最新版】

従来のマスマーケティングによる不特定多数へのマーケティング活動だけでなく、一人ひとりの顧客に最適化された営業活動ができたら、と思ったことはないでしょうか。
MA(マーケティングオートメーション)ツールを使えばそれが可能です。
この記事では、年々増加の一途を辿り活用が当たり前となっているMAツールをご紹介しています。メリットが多いMAツールも、導入する際はそれぞれの基本機能や自動化が可能な領域、デメリットなどを理解して運用することが大切です。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのMAツールを厳選!

目次
このページについて

1.MA(マーケティングオートメーション)ツールとは

MA(マーケティングオートメーション)ツールとは、企業が展開するweb上のマーケティング活動を自動化するツールを指します。

MAツールの一般的な機能は以下の通り。
・リード管理機能(見込み客の情報を管理する)
・webサイト作成機能(LPや入力フォームを作成する)
・セグメントメール配信機能(条件で分類されたユーザーへ設定したメールを配信する)
・トラッキング機能(見込み客の行動履歴を分析する)
・アクセスログ解析(トラッキングしたログを元に顧客を特定する)
・スコアリング機能(ユーザーの行動をスコアリングし見込み度を測定する)
・シナリオ作成機能(ユーザーの行動をトリガーに設定した施作を実行する)
・広告管理/連動機能(広告を出稿した際に媒体ごとの影響度を把握できる。またSFA・CRMなどと連携して効率的なマーケティングも可能になる)

こうしたMAツールの機能を駆使することで、これまで人的な負担が大きいために実現できなかったハイレベルなマーケティング活動を顧客数に関わらず維持できるようになります。
次に紹介するMAツールは、BtoB/BtoC領域のそれぞれで向き不向きがあります。比較検討してみて、気になった商品があれば見積もりをとってみましょう。

MAツールを導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のMAツールの見積もりが可能です。MAツール選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
MAツール選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

2.代表的なMAツール15選

ここからは各社のMAツールを解説します。MAツールの導入を検討する際はぜひ参考にしてください。

2- 1. Marketo Engage

アドビ株式会社
出典:アドビ株式会社 https://jp.marketo.com/

アドビ システムズが運営するMarketo Engageは、BtoB/BtoCを問わず世界で5,000社以上の企業が導入しているMAツールです。
導入する企業が多い理由の1つにマーケティングにおける統合プラットフォームの対応領域の広さがあげられます。オンラインではwebやメール、広告など複数のチャネルで顧客の行動データを獲得し、それぞれにパーソナライズ化されたコミュニケーションを発信することができます。単純なトリガーだけでなく、行動履歴をトラッキングすることで重複したコンテンツの送信を防ぐなど、有益なアプローチが可能です。オフラインでは顧客へのインサイドセールスに強みを発揮します。CRMやメーラーなど700以上のソリューションと連携可能なため、導入企業からは「自社の営業部門との連携がより改善され、素早い営業が可能になった」と評判です。

関連記事:Marketo Engageの評判と実態【2020年最新版】

設立年
1992年
従業員数
500-999人
会社所在地
東京都品川区大崎 1-11-2 ゲートシティ大崎 イーストタワー
電話番号
03-5740-2400

2- 2. Salesforce pardot

株式会社セールスフォース・ドットコム
出典:株式会社セールスフォース・ドットコム https://www.salesforce.com/jp/

「Salesforce pardot」は、セールスフォース・ドットコムが提供しているMAツールです。総合的な顧客管理を実現するCRMプラットフォーム「Salesforce」の関連製品として開発されました。
最大の特徴は、SFAソリューション「Sales Cloud」との連携がスムーズにとれること。既にSalesforceのSFAを導入している企業であれば、リードの見込み度によって最適化されたキャンペーン・営業体制が簡単に構築できます。特に顧客に合わせたアプローチが可能なスコアリング機能、リードの行動をトリガーとしてフォローアップの機会を逃さないリアルタイム通知機能、煩雑なリードデータの自動リスト化などが魅力的です。
これらの機能を使って、顧客との長期的な関係構築をスムーズに実現できます。BtoBマーケティングに向いているMAツールといえるでしょう。

関連記事:salesforce pardotの評判と実態【2020年最新版】

設立年
2000年
会社所在地
東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー12階
電話番号
03-4222-1000

2- 3. Bow Now アイミツパートナー

スターティアラボ株式会社
出典:スターティアラボ株式会社 https://bow-now.jp/

スターティアラボが提供している「BowNow」は、設定ゼロのツールを目指して開発されたMAツールです。
最大の特徴は導入の手軽さです。これまでのMAツールで、その複雑さからネックとされていたシナリオ設計やスコアリングの設定を『ABMテンプレート機能』としてテンプレ化。難しい設定を必要とせず、細かい検索条件やホットリードの自動抽出機能を稼働することができます。
またコストパフォーマンスの高さも魅力です。無料で使えるフリープランから用意しており、必要な機能を加えるごとに課金されるシステムです。最も機能が充実しているスタンダードプランでも月額3万円(税抜)。リーズナブルにMAツールを導入したい方におすすめと言えます。
これまでの導入実績3,500社以上、継続率98.4%と、活用のしやすさが数字で現れているMAツールです。

関連記事:Bow Nowの評判と実態【2020年最新版】

設立年
2018年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都新宿区西新宿2-3-1新宿モノリス19階
電話番号
03-5339-2678

2- 4. b→dash

株式会社フロムスクラッチ
出典:株式会社フロムスクラッチ https://bdash-marketing.com/

フロムスクラッチが提供する「b→dash」は、『Data Palette(データパレット)』機能を搭載しているMAツールです。視覚的な操作(GUI操作)が可能なため、プログラミングなどの専門的なスキルがなくても簡単にデータを取り扱うことができます。具体的には「データの取込・統合・変換・活用」が可能。これにより導入・設定・運用にかかるコストの大幅な削減が期待できるでしょう。
そうしたUIの強みはwebアクセス解析、リードナーチャリングに必要なCPM分析など、BIツールにも生かされています。また豊富なオプションとの連携に強い点も大きな強み。CRMとの連携やレコメンド機能、LINE連携などにより、リードへ親和性の高いマーケティングを実現することができます。

関連記事:b→dashの評判と実態【2020年最新版】

設立年
2010年
会社所在地
東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル26階

2- 5. HubSpot Marketing Hub

HubSpot Japan株式会社
出典:HubSpot Japan株式会社 https://www.hubspot.jp/products/marketing

HubSpot Japanが提供する「HubSpot Marketing Hub」は、マーケティングをトータルでサポートできるMAツールです。
ドラッグ&ドロップの直感的な操作でLPの作成が可能な上、LPのA/Bテスト機能、リードとコミュニケーションを図るリアルタイムのチャット機能も備えています。またSEO対策機能も魅力の一つ。リアルタイムで改善点が表示されるため、スピード感をもってコンテンツ改修ができるでしょう。
リード獲得後はコンテンツへの反応に応じ、フォローアップする手段が自動で選定される機能も付いています。リードが顧客となった際には「HubSpot CRM」や「Salesforce」と連携して、すべてのコミュニケーション履歴を保存するこも可能です。
価格は年間契約の場合、月額4,800円(税抜)からと発注者には嬉しいポイントでしょう。

関連記事:HubSpotの評判と実態【2020年最新版】

会社所在地
東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル 3F
電話番号
03-6863-5293

2- 6. SHANON MARKETING PLATFORM

株式会社シャノン
出典:株式会社シャノン https://www.shanon.co.jp/products/

「SHANON MARKETING PLATFORM」は、シャノンが提供しているMAツールです。マーケティング業務の効率化・各部門との連携・イベント実施の代行などに定評があります。
MA分野ではオンライン・オフラインを問わないリード管理機能をはじめ、CRM連携にも対応。施作実施後のROI管理までワンストップでサポートしています。
イベント・セミナーによるマーケティングでは、15年以上の運営実績を生かしたイベントへのエントリーやアナウンス等のフルIT化が可能です。さらに、システムを生かすことでイベント開催後のフォローも盤石の体制となっています。
そのほかメールやコールの履歴などをはじめとするオフライン履歴を活用し、見込み度の高いリードへフォローメールを送信するなどの営業の効率化が期待できるツールです。

関連記事:SHANON MARKETING PLATFORMの評判と実態【2020年最新版】

設立年
2000年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル4F
電話番号
03-6743-1551

2- 7. Oracle Marketing Cloud

日本オラクル株式会社
出典:日本オラクル株式会社 https://www.oracle.com/jp/cx/marketing/

オラクルが提供する「Oracle Marketing Cloud」は豊富な製品群を誇るMAツールです。
BtoB向けのリード管理・施作管理を行う「Oracle Eloqua」では、複数のチャネルにおけるリアルタイムレポートやインサイト情報を分析。見込み度の高いリードへ最適なカスタマージャーニーを提供することができます。
さまざまな媒体による顧客管理が必須のBtoC向けマーケティング業務なら、「Oracle Responsys」が最適。1つのプラットフォームから全てのチャネルを管理可能。それによりパーソナライズ化されたクロスチャネルマーケティングを効率よく行うことができます。
その他、媒体ごとでビッグデータ分析が行える「Oracle BlueKai」、売り上げ最大化を支援する「Oracle Maxymiser」など、レベルの高い機能が揃っています。

関連記事:Oracle Marketing Cloudの評判と実態【2020年最新版】

設立年
1985年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター
電話番号
03-6834-6666

2- 8. PROBANCE

株式会社ブレインパッド
出典:株式会社ブレインパッド https://www.probance.jp/

「PROBANCE」は、ブレインパッドが提供するMAツールです。AIを駆使して顧客ニーズを事前に予測し、適切な施作を実行できる特長があります。
AIが顧客データや購買履歴、位置情報や来店情報などオンライン・オフラインの膨大なデータを集約。「関心の高い商品カテゴリ」「来店頻度の高い曜日」「リードの反応を得やすいアプローチ」といった行動パターンを予測します。予測をもとに、一人ひとりの顧客に対してパーソナライズ化された最適なマーケティング施作を実行することが可能です。
導入や運用を支援するサポート体制も充実。これまでに800社を超える企業のビッグデータ活用・マーケティング支援を行ってきたノウハウを生かし、多様な業種のクライアントを支援しています。顧客からも「戦略サイドと施策実行サイドの希望を“50:50” で叶えてくれる」と好評です。

関連記事:Probanceの評判と実態【2020年最新版】

設立年
2004年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル

2- 9. MOTENASU

株式会社FID
出典:株式会社FID https://motenasu.info/

FIDが提供する「MOTENASU」は、売り上げアップや休眠顧客の掘り起こし、顧客ごとに最適化されたアプローチが強みのMAツールです。
独自のシステムが組まれたシナリオ機能には、電話やSNSやLINEなどのコミュニケーションツールと合わせて、住所情報があるリードへのDM送付の設定が可能。オンライン・オフライン双方のアプローチを駆使し、通常のMAツールにない特別感を演出することで、リードナーチャリングが実現できます。
またベンダーであるFIDはコールセンターを整備しており、シナリオ設計を丁寧にサポートしています。有償の訪問コンサルティングなど希望する企業には運用改善のトレーニングも行っているため、効率的なOne to Oneマーケティングを目指して運用を改善していくことができます。
料金は、月額は10万円(税抜)から提供。オプションも豊富に取り揃えているのも魅力でしょう。

関連記事:MOTENASUの評判と実態【2020年最新版】

設立年
2011年
従業員数
10-29人
会社所在地
東京都新宿区西新宿3-2-26 立花新宿ビル6F
電話番号
03-6628-4448

2- 10. マーケロボ

Marketing-Robotics株式会社
出典:Marketing-Robotics株式会社 https://mk8-robo.com/

潜在顧客発掘マシンをうたう「マーケロボ」は、導入のしやすさが特徴のMAツールです。
導入にあたり企業が用意するものは、リードのリストと営業資料のみ。MA運用に必要な多くの業務は、ベンダーであるMarketing-Roboticsが代行。豊富な運用実績から培ったノウハウをもとに対応してくれます。例えば多くの企業が数ヶ月かける年間運用スケジュールの作成やシナリオ設計。導入する企業に合わせたマーケティング施作を対応してくれるため、初月から運用を開始することができます。
そのほかLP作成やメール文章作成などのコンテンツ制作、イベント企画のプランニング、インサイドセールスの改善・指導も担当のコンサルタントが代行します。さまざまなプランを用意しているため、コンサルティングを受けたい企業にはうってつけのツールだと言えるでしょう。

関連記事:マーケロボの評判と実態【2020年最新版】

設立年
2016年
会社所在地
東京都中央区日本橋本町2-8-8 宇津共栄ビル2階
電話番号
03-4405-6609

2- 11. Aimstar

スプリームシステム株式会社
出典:スプリームシステム株式会社 https://www.supreme-system.com/product/aimstar/

スプリームシステムが提供する「Aimstar」は、BtoC領域のマーケティングに強いMAツールです。
大きな特徴は、効果が高いキャンペーンの分析・ターゲティングのテンプレートが標準で100種類以上用意されていること。これらのテンプレートは、そのままシナリオとして設定できます。シナリオの構築にはフローチャート形式が採用されており、視覚化されたキャンペーンをドラッグ&ドロップの操作で構築していくことが可能。リードへの施作実行だけでなく、分析・記録の操作まで簡単に設定・自動化できる利便性の良さが魅力です。
そのほか、業種ごとにおすすめのシナリオプリセットも搭載されています。総合通販、金融、アパレルなど、さまざまな業種のデータを元に構築されたシナリオが用意されている上、自社のニーズに合わせて微調整することも可能です。

関連記事:Aimstarの評判と実態【2020年最新版】

設立年
2000年
会社所在地
東京都豊島区東池袋2-60-3 グレイスロータリービル7F

2- 12. Infusionsoft アイミツパートナー

FunTre株式会社
出典:FunTre株式会社 https://infusionsoft-ft.com/

FunTreが提供する「Infusionsoft」はスモールビジネス向けに開発されたMAツールです。マーケティングや営業活動に必要な幅広い機能を備えています。
「CRM機能」は人的リソースが少ないスモールビジネスでは困難といえる、リードと顧客のセグメントの一括管理が可能。「MA機能」はドラッグ&ドロップの簡単な操作でキャンペーンの作成を行うことができるため、煩わしい作業の効率化が期待できます。パーソナライズされたフォローアップ機能により、時間短縮にもつながるでしょう。また「SFA機能」では営業活動や顧客とのコミュニケーション記録などの一括管理ができるため、顧客との関係構築に役立ちます。
そのほか顧客の支払いストレスを軽減する「クレジットカード決済機能」、支払い期限の管理ができる「支払い追跡機能」など、小規模企業に最適な機能を豊富に揃えています。

関連記事:Infusionsoftの評判と実態【2020年最新版】

設立年
2011年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都新宿区市谷本村町3-27 ロリエ市ヶ谷ビル7階
電話番号
03-4405-6392

2- 13. FORCAS

株式会社FORCAS
出典:株式会社FORCAS https://www.forcas.com/

FORCAS社が提供する「FORCAS」は、BtoB領域で特に強みを発揮するMAツールです。上場・未上場の企業を合わせて550業界、144万社以上の企業情報をデータベースとして保有しています。これらのデータベースと各企業の活動状況を分析し、230種類以上のシナリオデータ、1,100種類以上のサービス利用状況まで活用することが可能です。
BtoB業界でサービスを提供している企業は、これらのデータベースをもとに独自のスコアリングを行うことで、確度の高いマーケティング・営業活動を展開することができます。
ターゲットリストの自動生成、自社の顧客データとの統合、各種外部サービスとの連携といった機能により、より効率的なマーケティング業務を実現できるでしょう。
導入したクライアントにはコンサルタントによるサポートが受けられます。自社にあった運用のアドバイスが得られるのも魅力の一つです。

関連記事:FORCASの評判と実態【2020年最新版】

設立年
2008年
会社所在地
東京都港区六本木7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 13F
電話番号
03-4356-8998

3.BtoB/BtoCで違う!MAツールを選ぶ際の4つのポイント

ここからは、BtoB/BtoCの分野でMAツールを活用する際のポイントを4つに分けてご紹介します。

(対象)製品・サービスがBtoB/BtoCどちら向けなのか


IT分野に限らず、マーケティングではリードジェネレーション(見込み客の獲得)と、リードナーチャリング(見込み客の育成)のツーステップを基本として段階的なアプローチを行います。
今回紹介したMAツールを見ても、対応するチャネルやキャンペーンの豊富さ、得意とするマーケティング領域はさまざまです。MAツールを導入する前に、自社のマーケティング業務における課題を把握して導入を検討することが最も大切です。

(役割)自社がMAツールに求める役割はなにか


IT分野に限らず、マーケティングではリードジェネレーション(見込み客の獲得)と、リードナーチャリング(見込み客の育成)のツーステップを基本として段階的なアプローチを行います。
今回紹介したMAツールを見ても、対応するチャネルやキャンペーンの豊富さ、得意とするマーケティング領域はさまざまです。MAツールを導入する前に、自社のマーケティング業務における課題を把握して導入を検討することが最も大切です。

(機能)SalesforceなどのCRMと連携できるか


多くのユーザー情報を管理している企業ほど、長期的な顧客と潜在的な見込み顧客を細かくセグメントし、それぞれに最適なコミュニケーションを図る必要があります。
そうした企業にとって、SalesforceなどのCRMとMAツールの連携は必須。上手くいかないようでは営業部門との顧客引継ぎにも影響するでしょう。
顧客獲得の機会損失を防ぐためにも、必ずMAツールベンダーへ自社CRMとの連携を確認することをおすすめします。

(体制)導入時や運用支援のサポートはあるか


MAツールのベンダーが提供するサポート体制はそれぞれに違いがあり、その違いを強みとしている会社も多くあります。コールセンターを配備している会社もあれば、導入企業それぞれに担当のコンサルタントをつける会社も。導入支援だけでなく運用の代行まで行う会社など、運用の手軽さが大きな強みとなっている商品も魅力的です。
海外製のMAツールも多いため、日本語にどれほど対応しているかを確認する必要もあるでしょう。まずは資料請求してみて、自社のマーケティング担当が持つ知識やリソースを参考に、サポート体制も比較してみることをおすすめします。

4.MAツールを導入するメリットとデメリット

MAツールのメリットは、マーケティング業務における大幅なコスト削減と質の向上が狙えることです。これまで少人数までしか対応できなかった親和性の高いコミュニケーションを自動化し、何万人という顧客へ発信することができます。
MAツールのデメリットは、ITリテラシーと技術を持つ人材を必要とすることでしょう。複雑化させた高度なマーケティングキャンペーンを目指す分だけマーケティングの知識だけでなく、データ分析の技術を持つ人材の確保が必要です。

5.まとめ 自社にあったMAツールを導入して売上アップや業務効率化を実現しよう

MAツールはBtoB/BtoC領域それぞれでマーケティングの形を変えるITテクノロジーとして、年々市場規模は広がりを見せています。

この記事ではさまざまなMAツールをご紹介しましたが、重要なのは自社の課題を解決するMAツールを見つけることです。自社の人材リソースやマーケティングの課題、CRMシステムとの連携などを考慮して最適なMAツールを選ぶことができれば、長期的な売り上げアップや生産性の向上が期待できるでしょう。

アイミツでは、各MAツールの見積もりを受けつけてます。興味を持った製品があれば、ぜひ見積もりをとってみてください。

MAツール会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

おすすめのMAツール会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

おすすめでMAツール会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

MA(マーケティングオートメーション)ツールとは、顧客の分析やメール、レポート作成などのマーケティング業務を一気通貫で行うことのできるソフトウェアのことです。 MA(マーケティングオートメーション)ツールを導入することで、従来人の手で行っていた煩雑な提携業務を自動化し、業務の生産性、効率性を改善することができます。マーケティングにおける時間とコストの両方を削減できるツールとして、注目を集めています。

MAツール会社が
最短翌日までにそろう