あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

Bow Nowの評判と実態【2020年最新版】

Bow Now

MA(マーケティング・オートメーション)ツール「Bow Now(バウナウ)」は、デジタルマーケティング領域のトータルソリューションを展開するMtame(エムタメ)が提供するサービスです。

この記事では、「Bow Now」と他社のMAツールとの違いやメリット、使うべき人・会社、料金プラン、導入実績などを解説します。自社の課題解決の手段として、MAツールの導入を検討している企業の方は、ぜひ参考にしてください。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのMAツールを厳選!

目次

<総評>「Bow Now」は最低限のリソースで運用できるMAツール

「設定ゼロのMAツール」を目指して開発された「Bow Now」は、導入のしやすさと高い利便性を兼ね備えているのが魅力のサービスです。低価格ではじめられる料金システムや豊富な機能、シンプルな操作性などを強みに、クライアント企業の営業・マーケティング活動を支援しています。

必要な機能を選ぶことができるので、最低限のリソースで運用が可能なのも大きな魅力です。また、「Bow Now」を導入した企業の継続利用率は98%以上と高い数字を達成していることからも、質の高いMAツールだといえるでしょう。

ほかのMAツールと比べるとどうなのか

ほかのMAツールを比較しても、「Bow Now」の導入の手軽さは大きな強みだといえます。

これまでMAツールの導入にはシナリオ設計やスコアリング設定が必要とされてきましたが、「Bow Now」ではそれらをテンプレート化。煩雑な設定が不要で顧客育成活動を行うことができます。

料金体系も特殊で、無料で使える「フリープラン」をはじめとする4種のプランを用意しているほか、必要な機能を加えるごとに課金されるシステムを採用。幅広いニーズに柔軟に応えられるサービスだといえます。

MAツールを導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のMAツールの見積もりが可能です。MAツール選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
MAツール選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

「Bow Now」の3つのメリット

紹介したような特徴がある「Bow Now」ですが、活用することで次のようなメリットがあります。

難しい設定が不要で運用を開始できる

「Bow Now」は、前述のとおりシナリオやスコアリングの設定が不要なMAツールです。 3,500社を超えるクライアントの顧客育成活動の支援を通じて培ったノウハウが反映された「ABMテンプレート」によって、手軽に運用を開始することができます。

まずはテンプレートで顧客育成活動を開始、PDCAをまわしながら独自のゴールデンルートを築くことが可能。また、マーケティング部門だけでなく営業部門でも使いやすい機能が実装されており、商談の創出に役立てられるのも大きな魅力です。

無料のフリープランから試せる

導入・運用のコストパフォーマンスが高いことも「Bow Now」のメリットの1つです。MAツールとしては珍しく、必要な機能を追加するごとに課金が発生するシステムを採用しています。

基本の料金プランは無料の「フリープラン」を含む4種が用意されているので、「まずは操作性を確かめたい」という企業や、「とにかくコストを抑えてMAツールを運用したい」という企業におすすめ。2年分の「企業ログ」や「ユーザーログ」が蓄積される有料プランも、月額5,000円から利用が可能です。

充実したサポート体制

完全無料のプランから提供するサービスでありながらも、サポート体制が充実しているのも「Bow Now」の特徴です。

技術的なサポートを行う「カスタマーサポート」や、導入後の運用支援・問題解決をサポートする「カスタマーサクセス」の用意はもちろん、マーケティング全般のノウハウが学べる「セミナー・勉強会」も開催しているので、MAツールの導入がはじめての会社や、マーケティングノウハウをもたない会社でも安心して利用することができるでしょう。

徹底調査で分かった「Bow Now」を使うべき人・会社

紹介したメリットを踏まえ、「Bow Now」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

テレアポやインサイドセールスに課題を持つ企業

「Bow Now」には、テレアポやインサイドセールスなど営業部門の業務に役立てられる機能が実装されています。

より効果的なテレアポを叶えるためには、やみくもに多数の会社へアタックするよりも、自社の商品・サービスに関心のある会社へアプローチを行う必要があるでしょう。「Bow Now」では、自社のwebサイトを訪問したユーザーの企業名や個人名、個々のユーザーのサイト滞在時間などの行動ログの分析が可能です。

また、「過去に資料をダウンロードしてくれたユーザー」や「webサイトに複数回訪問して料金体系を閲覧していたユーザー」などの情報を抽出することができるので、インサイドセールスの改善を図りたいという場合にもぴったりのサービスだといえます。

戦略的なノウハウや人材のリソースを持たない企業

従来のMAツールは、マーケティング活動を行う企業の業務効率化・顧客育成の改善をおもな目的として開発されています。そのため、運用にはマーケティングに関する知識や技術が必要とされてきましたが、「Bow Now」ではそうしたリソースが不要です。

「Bow Now」は設定が簡単な上に、シナリオのテンプレートも揃っているので、短期間でMAツールの運用の開始が可能。「とりあえずMAツールを運用しながら、自社の営業活動・マーケティング活動の体制を改善する」といったことができるので、マーケティングに関する知識やノウハウをもたない会社でも安心でしょう。

また、開発元であるMtameは、MAツールに限らずデジタルマーケティング全般の支援を行っている会社です。「そもそもMAツールを導入すべきなのか」といった相談ができる点も大きな強みといえます。

MAツールをとりあえず試したい企業

「Bow Now」は、MAツールとしては珍しく、完全無料で使えるフリープランが用意されているサービスです。無料期間に制限はなく、機能的な不便がなければ半永久的に無料で使い続けることができるので、MAツールの導入がはじめてという場合にもおすすめといえます。

シンプルでわかりやすい料金体系も魅力の1つ。必要な機能を追加することで課金されるシステムなので、自社にとって必要な機能のみに予算を投じることができます。複雑な機能が不要な企業では、コストの削減にも期待できるでしょう。

また、「徐々にMAツールへ業務を移行していきたい」という場合や、「使ってみてから必要な予算を確保したい」という場合にもうってつけです。

「Bow Now」の料金プラン

「Bow Now」の利用料金は、「フリープラン」を含む4種のプランにくわえて、追加する機能やオプションの有無によって決定されます。

無料で利用できる「フリープラン」と、月額5,000円の「エントリープラン」の内容は同様であるものの、企業ログ・ユーザーログの参照可能期間が大きく異なります。

月額2万円のライトプランでは、リード数が3,000までとなっているほか、作成できるフォームや登録ドメイン数が無制限。さらに、月額5万円の「スタンダードプラン」では、多くの機能を無制限で使うことができます。

そのほか、従量課金オプションは、登録リード数5,000件の追加につき1万円、PV数5万PVごとに1万円の追加となっています。
※価格はすべて税抜

「Bow Now」の導入実績・効果

ここからは、実際に「Bow Now」を導入した企業の例を取り上げ、導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

株式会社A

「Bow Now」の導入事例ページ(Mtame株式会社 https://bow-now.jp/media/cases/kwm/ 参照)によると、Aは、web広告の運用代行や検索エンジンマーケティングの研究・教育などを手がける会社です。web広告の運用代行事業でマーケティング部門とインサイドセールス部門を立ち上げるのにあたり「Bow Now」を導入、リード情報の窓口の一本化などの施策を行いました。

「Bow Now」の導入の決め手となったのは、「リード情報が自動的に蓄積できること」「リードのアクセス状況が分析できること」「非常に安いコストから導入できること」でした。導入後には、多くのリード情報を管理することで「ホットリード」の抽出が実現。リードの行動履歴から仮説を立てアプローチすることにもつながり、インサイドセールス部門のスムーズな立ち上げに大きく貢献しました。

また、担当コンサルタントによるサポートも充実しており、アドバイスを活かすことで、新部門の立ち上げ時に起こりがちなマーケティングと営業の衝突を防ぐこともできたそうです。

株式会社B

「Bow Now」の導入事例ページ(Mtame株式会社 https://bow-now.jp/media/cases/LIG/ 参照)によると、Bは、webサイト制作やコンテンツ制作を行っている会社です。月間500万PVを誇る自社メディアを運営しています。

「Bow Now」の導入前は、営業が使用するリストがなく、コール先の見込み度合いがわからないこと、マーケティングを担当する人的リソースが限られていることが課題でした。営業にかけていた工数の削減を低予算で行うことを目的にMAツールの導入を検討した結果、「リーズナブルさ」と「分かりやすさ」が決め手となり、「Bow Now」を導入することとなりました。

導入後には、見込み度が高いとされる実績ページや問い合わせページを訪れたリードの把握から施策を開始。成果は数字にも表れており、運用開始から1週間でアポ獲得率が6/3%から11.9%に、入力フォーム機能の活用後にはコンバージョン率も0.20%アップしました。

また、「Bow Now」を使用することで、これまでにはリードとして認識できていなかった地方のクライアントからの受注を実現するなど、さまざまな面でメリットを実感しています。

まずは「Bow Now」の見積もりを

「Bow Now」は無料でスタートできるMAツールなので、「マーケティングに大きなコストがかけられない」という企業や、「スモールスタートで運用したい」と考えている企業にうってつけのサービスです。豊富な機能を揃えているほか、フリープランであれば年間契約の制限もありません。

「Bow Now」について、もっと詳しく知りたいという方は「アイミツ」で見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事では、MAツール「Bow Now」の特徴や利用するメリット、実際の導入事例などを紹介してきました。

手軽に導入することができる「Bow Now」は、MAツールの使用経験が少ない企業はもちろん、マーケティング担当者が少ない企業やマーケティングに大きな予算が使えない企業にもうってつけのサービスだといえます。

本文でも触れたとおり、完全無料で利用することもできるので、気になる方は見積もりとあわせて試してみてもよいでしょう。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか
MAツール会社が
最短翌日までにそろう