「かえる勤怠管理システム」の評判と実態|徹底した比較・調査結果をご紹介!

かえる勤怠管理システム トップページ

更新日:2019年03月15日 | 公開日:2019年03月15日

政府与党が本格的に働き方改革を推進する中、働き方改革関連法の施行も間近となり、各企業は本腰を入れて改革に着手することが求められています。

しかし、働き方改革には実に多くの要件があり、そのすべてを満たすのはどの企業にとっても決して楽なことではありません。

長時間労働の是正、従業員の健康管理、年次有給休暇取得の義務化など、どれをとっても重要なことばかりですが、これらを行うには、勤怠管理を正確に行うことが大前提となります。

ところが、勤怠管理業務そのものが管理者の長時間労働の温床になっているケースが多く、今以上に正確さを求められたら、管理者はもっと沢山働かなくてはなりません。

そうした中で俄然注目を集めているのが勤怠管理システムです。勤怠管理システムを使えば勤怠管理の大部分を自動化することができます。

現在、多くの勤怠管理システムがリリースされていますが、今回は「かえる勤怠管理システム」に注目。このツールは他の勤怠管理システムにはない変わった機能を搭載しているので、勤怠管理システムをお探しの方はぜひ内容をチェックしてみてください。

<総評>「かえる勤怠管理システム」はあらゆる業界の働き方改革に対応した勤怠管理システム

かえる勤怠管理システムは広島県安芸市に本社を置く株式会社ITZマーケティングがリリースしている勤怠管理システムです。あらゆる業界の働き方改革に対応した仕様となっており、とりわけ介護、ビル管理、医療に特化したシステム提供をしていることで大きな注目を集めています。

勤怠管理は各業界で共通の部分もありますが、それぞれの業界ごとに抱える事情は異なります。オフィスに全員が出勤するのか、直行直帰かでも打刻方法のニーズは変わります。また、決まりきったシフトで回せるのか、日勤・夜勤含むシフトを組む必要があるのかでも複雑さが大きく異なっていくでしょう。

シフト作成については雇用形態の影響も大きく、アルバイト・パートスタッフを多く抱える業界の場合は、スタッフのシフト希望と人員配置の調整を図るだけでも一苦労だと思います。

その上、働き方改革を推進するとなると、長時間労働が発生しやすい現場ではその対策ができるツールも必要となります。休暇がとりにくい業界では有給取得義務化に向けて、休暇管理ができる機能も必要となるでしょう。

このように、一口で勤怠管理と言っても業界によって必要とされる機能が異なり、それぞれの二―ズに応えられるツールが必要です。

かえる勤怠管理システムは業界別の勤怠管理で何が求められているのか徹底的に分析し、分野別に本当に必要とされる機能と搭載。あらゆる業界の働き方改革を支援するツールとして注目を集めています。

他の勤怠管理システムと比べてどうなのか

かえる勤怠管理システムは他の勤怠管理システムと比べて次の特徴的なのは以下の3つの点です。

・業界特化型の勤怠管理システム
かえる勤怠管理システムは、業界特化型の勤怠管理システムを提供しており、特に介護、医療、ビル管理の業界に特化しています。同社はかえるシリーズとは別にアミューズメント、人材派遣、飲食業界用の勤怠管理システムもリリースしており、業界のニーズに合わせたきめ細かい勤怠管理ができる点が好評を得ています。

・タブレット型タイムレコーダで簡単打刻
かえる勤怠管理システムはタイムレコーダーがタブレット型なのでどこでも簡単に設置することができます。また、携帯からも打刻できるので打刻場所を選びません。

・給与計算代行オプションあり
かえる勤怠管理システムは給与計算代行オプションがあります。給与計算ソフトと連動できるサービスは多くありますが、給与計算を代行するサービスがあるのはかえる勤怠管理システム独自のポイント。面倒な給与計算まで全て依頼したい方にはピッタリのツールでしょう。

まとめ表
かえる勤怠管理システム
総評 あらゆる業界の働き方改革に対応でき、1拠点何人使っても定額の勤怠管理システム。
機能 ★★★★★ 5点
サポート体制 ★★★★☆ 4点
料金 ★★★★★ 5点
使いやすさ ★★★★★ 5点
導入実績 ★★★★☆ 4点
特徴 タブレット無料
ICカードを業界最安値で提供
AIチェック機能で業務効率200倍
メリット 多種多様なシフトを作成可能:かえる勤怠管理by介護がある
1人現場でもスマホで打刻:かえる勤怠管理byビル管理がある
日勤や夜勤、24時間勤務に対応:かえる勤怠管理by医療がある
デメリット 利用者が数名だと割高になる可能性がある
オンプレミス型の提供がない
打刻方法の選択肢が少ない
対応デバイス PC・スマホ
使用をおすすめする会社の特徴 介護/医療/ビル管理の業界の方
1拠点当たりの利用人数が多い会社
企業名 株式会社ITZマーケティング
サービス開始日 平成25年8月8

1.「かえる勤怠管理システム」の6つのメリット

かえる勤怠管理システムは業界ごとに異なるシステムを提供しており、それぞれ搭載している機能も異なります。次はかえる勤怠管理システムのメリットについて6点紹介します。

1-1. 多種多様なシフトを作成可能/かえる勤怠管理by介護

かえる勤怠管理システムは介護業界に特化した「かえる勤怠管理by介護」を提供しています。

介護業界は24時間体制で働く職場。夜勤勤務や2日間勤務など介護現場独自の働きかたもあり、その分シフト管理も複雑です。その点、かえる勤怠システムby介護では多種多様なシフト管理ができるよう、設定を柔軟に行える仕様になっています。シフトのインポートも簡単にできるのでシフト作成業務が簡易化されることは間違いないでしょう。

打刻はICカードをタブレット型タイムレコーダーにかざすだけ。タイムレコーダーは無料提供しているので、システム導入に際して負担はありません。また、料金は拠点数に応じて増える仕組みなので、従業員数の多い介護施設でも1拠点しかなければ月額10,000円で利用することができます。導入費用だけでなくランニングコストも安い点は大きな魅力です。

1-2. 1人現場でもスマホで打刻/かえる勤怠管理byビル管理

かえる勤怠管理システムはビル管理に特化した「かえる勤怠管理byビル管理」も提供しています。ビル管理業界では清掃員が1人だけで勤務する現場も多く、打刻管理の機材もないことから、どのように勤怠管理を行うかは管理者にとって大きな課題となります。

かえる勤怠管理システムbyビル管理では、打刻機材がない現場でも出退勤記録ができるよう、GPS機能を搭載したスマホアプリ打刻を採用。ボタンを押すだけで打刻できるので誰でも簡単に操作できます。勤務地以外では打刻できない設定になっているので、不正打刻が起こる心配はありません。1人現場でも問題なく正確な勤怠管理ができるのが特徴です。

打刻情報はリアルタイムで集計されるので特別に記録をする必要はありません。従来の様に紙ベースでの出退勤記録を後日送る必要もなく、従業員および管理者の負担も軽減されます。

1-3. 日勤や夜勤、24時間勤務に対応/かえる勤怠管理by医療

かえる勤怠管理システムは医療業界向けに「かえる勤怠管理by医療」の提供もしています。医療業界は日勤や夜勤、24時間勤務、2日間勤務など、様々なシフト管理が必要な現場です。そうした複雑なシフト管理もこのツールを使えば難なく行うことができます。

給与ソフトとの連動も可能で集計したCVSファイルをそのまま利用することができます。データ集計の際も、医療現場ごとの複雑なルールが反映されるよう、かえる勤怠管理のスタッフが集計ファイルをカスタマイズ。かゆいところに手が届くサービスを提供しており、管理者の負担を減らします。

1-4. ICカードを業界最安値で提供

かえる勤怠管理システムは勤怠管理ツールの中では珍しく、ICカードの販売も行っています。ICカードの料金は1つ125円〜。この料金は破格の値段で、業界最安値で提供をしています。販売しているICカードは「Mifare規格非接触型ICカード」と「FeliCa Lite-S」の2種類。カードの販売枚数は10枚ごとで、枚数が多くなるほど料金は安くなります。

また、別途ICカードキーホルダーも販売しており、カードは印刷も行っています。システム導入と同時にカードも統一したいという方には最適のサービスでしょう。申込はHPから行うことができます。

1-5. 残業上限の規制・年5日の年次有給取得の義務化対応

かえる勤怠管理システムは働き方改革を支援する機能を強化しており、法律改正にも万全の体制を構築しています。

働き方改革では長時間労働を未然に防ぎ、社員の健康を守り、多様な働き方を支援することが盛り込まれています。勤怠管理の分野では残業上限の規制・年5日の年次有給取得の義務化に速やかに対応する必要がありますが、かえる勤怠管理システムを使えば難なく対応することができます。

長時間労働の恐れがある場合は対象者がリストアップされ、労働時間が上限を超えた場合は残業アラートも出されるので、法令違反を未然に防ぐことが可能です。

また、勤怠管理システムの画面を見れば、残業時間の予定と実績を労使双方で確認できます。管理者は働き過ぎがないか事前にチェックすることができ、従業員も自らの働き方を都度確認、改善していくことができます。労働時間の可視化は、働き方改革を確実に後押しするでしょう。

1-6. サポート体制の充実&高いセキュリティ保障

かえる勤怠管理システムはサポート体制が充実しており、何か不具合、不明点があれば、問題解決するまでメールや電話で相談に乗っています。

また、国際規格であるISO 27001の認証を取得しており、セキュリティに関しても万全の対策をとっています。クラウド型は一般的にセキュリティが脆弱と言われていますが、かえる勤怠管理システムのセキュリティは国際機関のお墨付きなので、安心して使うことができるでしょう。

2. 「かえる勤怠管理システム」の2つのデメリット

かえる勤怠管理システムは多くのメリットを持つ勤怠管理システムですが、全て良いことばかりではありません。導入に際しては良い点、悪い点の両方を押さえておく必要があります。かえる勤怠管理システムで気になる点は以下の2点です。

2-1. 利用者が数名だと割高になる可能性がある

かえる勤怠管理システムの利用料は基本的にリーズナブルですが、システム利用料は1拠点につき10,000円となっています。1拠点辺りの利用者は何名でも定額なので、利用者が少ない場合は割高になる可能性があります。

勤怠管理システムの中にはユーザー数ごとに課金しているタイプのサービスもあるので、利用人数が少ない場合はそうした製品を利用するほうが適しているでしょう。また、拠点が多くなるほど料金が加算するので、拠点数が多い場合は別の料金体系のサービスを選んだ方がいいかもしれません。

料金プランは運営会社によって全く異なるので、料金システムをよく比較して、自社に最も合う製品を選ぶことをおすすめします。

2-2. オンプレミス型の提供がない

かえる勤怠管理システムはクラウド型の勤怠管理システムで、オンプレミス型の提供はありません。クラウド型が導入が簡単で、外部サーバーを利用することからあまり初期費用もかかりません。一方のオンプレミス型は自社でシステム構築するので導入に際して専門できな知識を持つ人物が必要で、運用開始までに時間がかかります。またシステムを構築する際に高額の費用が必要です。

オンプレミス型は一度システムを構築してしまえばランニングコストを抑えることができるので、長く使いたい方はオンプレミス型の方が最終的に安上がりになることもあります。

自社のニーズに合わせてカスタマイズもできるので、特殊な管理をする必要がある場合にも便利です。クラウド型、オンプレミス型はそれぞれメリット、デメリットがあるので、自社にあう方の型を選択することをおすすめします。

3.徹底調査でわかった「かえる勤怠管理システム」を使うべき人・会社

ここまでかえる勤怠管理システムのメリット、デメリットについて見てきましたが、このツールの良さを生かせるのはどのようなタイプの人、会社なのでしょうか。

先ほど紹介したメリット、デメリットを踏まえると、次の4つのタイプに当てはまる人、会社は、かえる勤怠管理が適しています。以下紹介する内容に該当する場合は導入することをおすすめします。

3-1. 介護/医療/ビル管理の業界の方

かえる勤怠管理システムは介護/医療/ビル管理の業界の方には断然おすすめのツールです。

勤怠管理システムは数多くリリースされていますが、業界別に特化したシステムを提供しているのは数ある中でもかえる勤怠システムのみ。複雑なシフト管理や現場の打刻環境など、各業界で抱えている悩みはそれぞれ異なります。かえる勤怠管理システムは、その1つ1つのニーズに丁寧に答えることができ、とりわけ介護/医療/ビル管理業界の方にとっては重宝するでしょう。

もちろん、介護/医療/ビル管理以外の業界の勤怠管理もカバーしており、その他の多くの業界でも導入が進められています。

3-2. 1拠点当たりの利用人数が多い会社

かえる勤怠管理システムは1拠点当たりの利用人数が多い会社には特におすすめで、お得に利用して頂くことができるでしょう。

先ほども少し触れましたが、かえる勤怠管理システムの料金体系は1拠点あたり10,000円。1拠点当たりの人数は1名でも100名でも料金は同じです。拠点が増えるごとに料金がかさむので、1拠点辺りの人数が多いが拠点自体は1つ、といったケースは最もお得にお使いいただくことができます。

3-3. 長時間労働を抑制したい方

かえる勤怠管理システムには長時間労働を抑制したい方にもおすすめのツールです。残業アラートを搭載しており、規定の時間を超えて残業をしている場合は警告が出される仕組みになっており、知らないうちに法律違反をしていたという事態になることはありません。

タイムカードで打刻管理をする場合、長時間労働に気が付くのが集計時になってしまうので、気が付いたころには長時間労働が蔓延しており、現場が疲れ切っているということも珍しくありません。

しかし、このツールは基準を超えたらすぐにアラートでお知らせがくることに加え、基準を超えそうになる人はリストアップされるので、長時間労働の芽を先回りして摘むことが可能です。働き方改革関連法が施行したのちは、時間外労働の上限規制を必ず遵守しなければなりません。実効性のある改革を進め、長時間労働を未然に防ぎたい方には最適のツールでしょう。

3-4. 初期導入費用を抑えたい方

かえる勤怠管理システムは初期導入費用が0円なので、導入費用を抑えたい方にも適しています。

一般的にクラウド型勤怠管理システムは導入費用がリーズナブルで、クラウド型であるかえる勤怠管理システムもまた例外ではありませんが、それでも初期費用0円という価格設定は破格です。

多くのサービスはカードリーダーやタイムレコーダーの設置費用などは実費になることが多く、初期費用がいくらかでもかかるのが一般的ですが、かえる勤怠管理システムはタイムレコーダの無償レンタルを実施しているので購入費用がかからないのです。初期費用がかからなければ導入は簡単、初期投資がなければ契約を柔軟に見直すことができるでしょう。

4.徹底調査でわかった「かえる勤怠管理システム」を使うべきでない人・会社

かえる勤怠管理システムは他の勤怠管理システムにはないメリットがあり、その特徴を活かせる場合は、大変重宝する勤怠管理システムです。

しかし、その特徴を活かせない場合は、期待外れになる可能性もあります。かえる勤怠管理システムが合わないのはどのような場合でしょうか。

4-1. 1拠点当たりの人数が少ないが拠点数は多い会社

かえる勤怠管理システムは、拠点数ごとに料金が増えるので、1拠点当たりの人数が少ない拠点数は多い会社には不向きです。

例えば支店が多くあるものの、1つの支店に数名しかいない場合などは、人数の割りに料金が高くなってしまい不経済です。その場合は、ユーザー数(ID数)に応じて料金が増えるタイプの料金プランのサービスを選ぶことをおすすめします。

4-2. 拡張性の高い勤怠管理システムをお求めの方

かえる勤怠管理システムはクラウド型勤怠管理システムなのでシステムは運営会社が提供しています。そのため拡張性は高いとは言えず、自社システムとの連携は基本的にできません。

なので将来的にシステムの統合をお考えの方には不向きです。
拡張性の高いものを導入したいとお考えの場合は、自社仕様にカスタマイズできるオンプレミス型のシステムを導入することをおすすめします。

5. 「かえる勤怠管理システム」の料金プラン

かえる勤怠管理システムの料金体系は次のとおりです。

初期費用0円
10,000円/1拠点
タイムレコーダー/無料レンタル

また、給与計算代行オプションを用意しており、ユーザー1人あたり300円で給与計算も行っています。

6. 「かえる勤怠管理システム」の導入実績・効果

ここまで、かえる勤怠管理システムの特徴を見てきましたが、このツールを導入するとどのようなことが期待できるのか、導入後の効果について紹介します。

6-1. 導入時&故障の際は問題解決まで伴走サポート

勤怠管理システムを導入するときは、どの製品を使うにせよ、本当に上手くいくのか、業務効率化は実現できるのか、従業員は使いこなせるのか…様々なことが不安になるものです。

かえる勤怠管理システムではそういったユーザーのために導入時にはメールや電話で随時サポートを行っています。また集計データも初回は無料で作成。軌道にのるまでしっかりと伴走することをモットーとしています。

また、タブレットは無償で貸し出していますが、耐久年数が過ぎれば故障することもあります。かえる勤怠管理システムでは万が一の際は、タブレットを無償で交換。導入したらそこで終わりではなく、常に顧客の立場に立ったサービスを展開しています。

6-2. 急な変更もあわてない!AIエラーチェック

かえる勤怠管理システムではAIによるエラーチェックがあり、予定にない勤務が入ったときの修正や、打刻忘れがあったときなどはすぐさま異常を検知。エラーを一覧にして素早く報告します。

これまでの紙ベースの勤怠管理では打刻でエラーがあっても、集計時までは気が付かず、後でまとめて修正をする必要があり、その作業負担は決して小さくありませんでした。

しかし、このツールを使えば、管理者はリアルタイムでエラーに気が付くことができます。従業員の毎日の勤務記録を見る必要がなくなるので、業務効率は飛躍的にUPするでしょう。

7. まずは「かえる勤怠管理システム」の無料体験を

かえる勤怠管理システムには多くのメリットがあり、その特徴と会社のニーズが合致している場合は、勤怠管理を飛躍的に効率化することができるでしょう。

しかし、どんなツールにも良い点、悪い点はあり、実際に使ってみたら当初予想とは違う感想を持つ場合もあります。そのため、いくら評判が良くてもいきなり本格導入をするのは危険です。できれば事前にトライアルをして、その上で改めて判断するのがベストです。

かえる勤怠管理システムでは30日無料トライアルを実施しており、HP上のお試しボタンから申し込むことができます。興味のある方はぜひこの機会に使い心地を試してみてはいかがでしょうか。

8. まとめ

かえる勤怠管理システムの紹介は以上です。

現在、多くの勤怠管理システムが様々な運営会社からリリースされていますが、業界別に特化した勤怠管理機能を搭載しているのはかえる勤怠管理システムだけです。

特に、医療、介護、ビル管理システムについては専門サービスを提供しており、複雑なシフト作成や一人勤務の現場の打刻も思いのままに管理できます。

また、長時間労働を未然に防ぐ残業アラート機能や、有給取得管理機能などを使えば、働き方改革にも十分対応できます。

サポート体制も充実しているので、分からないことがあっても安心。安定的に運用できるまで電話、メールでしっかり伴走サポートを行ってもらうことができるでしょう。

これだけの機能を有していながら、利用料金は1拠点辺り10,000円と大変お得です。最初の30日は無料体験を実施しているので、興味のある方はぜひ気軽に申し込んでみて下さい!

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
9万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ