あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

勤怠管理システム20個を厳選比較

勤怠管理システム21個を厳選比較【2020年最新版】

勤怠管理と聞いて、真っ先に思い浮かべるのは「出退勤時刻の記録」ではないでしょうか。確かに従来型の主流であるタイムカードは、労働時間の記録をするのに便利なアイテムです。

しかし、現代の勤怠管理システムは打刻以外にも、実にたくさんの機能があるのです。どんな機能があるのかは、サービスによって千差万別。とにかく必要なのは「会社のニーズに合ったシステム」を選ぶことです。ここでは現在話題の勤怠管理システムを20選を徹底比較。これから勤怠管理システムを導入する方に向けて、機能別におすすめも紹介します!

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめの勤怠管理システムを厳選!

目次
このページについて

勤怠管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

1.勤怠管理システムとは

「勤怠管理システム」とは、従業員の出退勤の時間などを管理するシステムのことです。入力された勤怠データに基づいて従業員の給料や欠勤状況、休暇の取得状況などを自動的に計算します。

これまで勤怠管理システムを導入していない企業は、担当者が従業員全員分の勤怠状況を集計してパソコンで入力し、給料などの計算に必要なデータを作成していました。手間がかかるうえに神経を使う作業であり、担当者の負担は相当なものです。

勤怠管理システムを導入することで、勤怠管理に必要な数多くの作業を自動化することができます。ただし、勤怠管理システムは万能ではなく、会社の規模や性質に合ったシステムを導入することが重要です。

勤怠管理システム導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気の勤怠管理システムの一括見積もりが可能です。勤怠管理システム選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
勤怠管理システム選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

2.勤怠管理システムのメリット

まず、勤怠管理システムのメリットについて説明していきます。

勤怠管理を効率化できる


勤怠管理システムにより、今まで集計やデータ入力に費やしていた手間を自動化できます。勤怠管理にかかる手間を効率化することで担当者の負担を減らし、勤怠管理にかかる人件費の削減にもつながります。
また、手作業で勤怠管理の事務処理をこなす場合と比較して、集計や入力のミスが発生しにくいメリットもあります。

労働環境を改善できる


勤怠管理システムにより、従業員の「労働時間」「残業時間」などのデータがわかりやすくなります。このデータを活用することによって、従業員の「働きすぎ」の状況が一目でわかるのです。
個別対処だけでなく、部署による偏りがあるのであれば人員配置を適切に見直すことで、社内の労働環境を改善できる可能性があります。

勤怠の不正を防止できる


勤怠管理システムには「生体認証」を打刻システムに採用しているものがあります。生体認証とは「指紋認証」のように、体の一部を使い個人を特定するシステムのことです。
勤怠管理システムの導入に際して生体認証のように「他人では不正に操作できない打刻システム」を導入することで、不正に打刻できなくなります。

3.勤怠管理システムのデメリット

勤怠管理システムにはデメリットも存在することを理解しておく必要があります。

例えば「コスト」について。勤怠管理システムを導入するには利用料を支払う必要がありますが、システムによって料金体系が異なります。「従業員1人あたり何円で利用できるのか」「従業員何人単位で料金が発生するのか」が異なりますので、会社の規模や予算などの条件に合ったシステムを選んでください。

また「自社の規則等との相性」についてのデメリットもあります。勤怠管理システムが自社の勤怠状況や就業規則などと合わない場合、適切な運用が難しくなります。システムを選定する際には、無料でシステムを利用できる「試用期間」を利用してみるのもおすすめです。

これらのデメリットは、自社と相性の良い勤怠管理システムが見つかれば回避できるものばかり。
「複数の勤怠管理システムを検討して、最適なものを探したい」という方は、ぜひアイミツまでご相談ください

勤怠管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

4.特におすすめの勤怠管理システム8選

勤怠管理システム

ここからは勤怠管理システムを紹介します。現在、たくさんの勤怠管理システムが登場し、利用者にとってみれば選びたい放題ですが、その一方でどれを選んでいいのか分からない…という方も多いでしょう。ここでは現在勤怠管理システムの導入をご検討の方に向けて、特におすすめのシステムを紹介します。

4- 1. ジョブカン勤怠管理

株式会社Donuts
出典:株式会社Donuts https://jobcan.ne.jp/

数ある勤怠管理システムの中でも、使いやすさ重視!という方には「ジョブカン」がおすすめです。

ジョブカンは全ての「働く」を支えるをモットーに、あらゆる勤怠管理を自動化します。これまでに50,000社以上が導入をしており、実績は業界トップクラスです。

利用者は5名から1万名まで対応可能で、多彩な打刻機能、出勤管理、シフト管理、休暇申請管理、英語対応などあらゆる機能を搭載しており、ほぼどの業種でも導入することが可能です。ジョブカンの主な機能を詳しく見てみましょう。

・多彩な打刻機能
出退勤時の打刻はICカード、LINE、Slack、GPS、指静脈のいずれかの方法を採用。出退勤時刻の自動管理、不正打刻防止に役立ちます。

・出勤管理
従業員の出勤状況をリアルタイムで確認することができます。長時間労働防止にも役立ちます。

・シフト管理
シフト管理方法も多彩で、LINEシフト確認機能があるので入り忘れが起こりません。また、シフト募集、作成、公開の各機能、人員不足判定などの機能もあるので、毎月のシフト作成作業が楽になります。

・休暇申請機能
休暇申請機能は、申請だけでなく自動有給付与、休暇承認設定、LINE休暇残日数確認システムもあります。休暇管理の負担もなくなるので、管理者にとっては大変便利な機能です。

・英語対応
英語ユーザー向けに全ての機能が英語対応しています。国際色豊かな企業でも即日利用可能です。

最初は30日間無料お試しもあるので、導入を検討している方は試してみてはいかがでしょうか。

関連記事:ジョブカンの評判と実態|75個の勤怠管理システムを使ってわかった本当のおすすめ【2020最新】

設立年
2007年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区代々木2丁目2-1 小田急サザンタワー8階

4- 2. KING OF TIME

株式会社ヒューマンテクノロジーズ
出典:株式会社ヒューマンテクノロジーズ http://www.kingtime.jp/

多くの企業に導入されている勤怠管理システムを導入したい場合や、実績数の多さだけでなく顧客満足度の高いシステムを探しているという場合におすすめなのが、「KING OF TIME」です。

「KING OF TIME」は、クラウド勤怠管理システムのなかでもシェアはトップクラスを誇り、有名企業も多数導入。多くのユーザーから多くの高評価を得ており、「ITreview Best Software in Japan 2020」でトップ10入り、勤怠管理カテゴリでは満足度・認知度ともに第1位を獲得するなど、優れた勤怠管理システムとして根強い人気を集めています。

その人気の理由の1つとしてあげられるのが、誰でも簡単に使える気軽さと、細かなニーズにまで応えてくれる豊富な機能。ユーザーからの要望にも一つひとつ応えて改善を繰り返し、より使いやすい勤怠管理システムへと進化を遂げてきました。

シフト管理や休暇管理などはもちろん、残業基準の設定や企業ごとの就業ルール設定など、勤怠管理に必要な機能を網羅。各種給与ソフトとの連携もスムーズで、業務効率化が進むでしょう。

給与ソフトのみならず、「Smart HR」や「WowTalk」、「LINE WORKS」、「akerun」など、さまざまな外部サービスと連携できるのもうれしいポイント。例えば、すでに利用している入退室管理システムと連携し、「KING OF TIME」で出退勤をデータ化、そのデータに従って連携している給与ソフトで給与管理を行う、といった使い方もできます。すべてデータが連動することによって業務がより効率化し、ミスも大幅に削減できるでしょう。

設立年
2011年
会社所在地
東京都港区虎ノ門4-1-28 17F
電話番号
03-4577-9567

4- 3. jinjer勤怠

株式会社ネオキャリア(JINJER)
出典:株式会社ネオキャリア(JINJER) https://hcm-jinjer.com/

新たに勤怠管理システムを導入するなら、世界最高水準の機能数を求めたい!という方には「jinjer勤怠」が一押しです。

特徴は誰でも簡単に利用できるよう、勤怠管理がマルチデバイスに対応している点。PC、スマホ、タブレットだけでなく、チャットツール、Apple Watch、Google home、GPSでも打刻ができるサービスはなかなか珍しいのではないでしょうか。勤怠管理はリアルタイムでできるので、管理者の負担もこれまでに比べ相当軽減できるでしょう。

クラウド型なのでシステムのアップデートは全て自動。改正の頻度が高い労働基準法にもその都度対応しています。労務管理、人事情報、シフト管理なども一元管理できるプラットフォームなので、管理側が抱えていた業務の問題点が大幅にクリアされるでしょう。管理はスマホでもできるので、いつでも、どこでも、従業員の勤怠管理を行うことが可能です。

36協定アラートや社員モチベーションの可視化といった機能も特徴の一つです。労働時間が協定の上限を超え、異常値がでた場合は自動でアラート警告されるので、長時間労働をいち早く発見、対処することができます。また、勤怠管理と同時に社員モチベーション情報を可視化することで、健康を害していないか、忙しすぎてやる気が落ちていないか、など表面上見えない問題点を洗い出すことができます。

ここで紹介したのは数ある機能のほんの一部。従来型では到底考えられない数のシステムを搭載しており、機能数にかけてはまさに世界最高水準。できるだけ多機能のシステムを求めている方には最適のサービスでしょう。

関連記事:jinjer勤怠の評判と実態|75個の勤怠管理システムを使ってわかった本当のおすすめ【2020年最新版】

会社所在地
東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2階
電話番号
03-5908-8345

4- 4. マネーフォワードクラウド勤怠

株式会社マネーフォワード
出典:株式会社マネーフォワード https://biz.moneyforward.com/attendance

万が一トラブルがあった際にすぐに相談したいという場合や、システム導入時にサポートしてほしいという場合には、「マネーフォワード クラウド勤怠」がぴったりです。

「マネーフォワード クラウド勤怠」は、気軽に質問したい場合にはチャット、いくつかの相談をまとめて行いたい場合にはメール、少し文章化しづらい場合や、詳しく話をしたいという場合には電話など、さまざまな方法によるサポート体制が万全。マニュアルが用意されているので、不明点があった場合にはすぐに参照することも可能です。

また、「はじめてクラウド勤怠システムを導入するため、うまくできるか心配」という方には、導入サポート(有償)がおすすめ。専任担当者が、システムの初期設定~運用スタートまでの3ヶ月間伴走し、システムに不慣れな場合であっても丁寧にサポートします。

もちろん、勤怠管理機能やシフト管理機能、ワークフロー機能などさまざまな機能が搭載されているほか、分かりやすいデザインで導入後の運用も簡単。クラウドシステムなので、パソコンやタブレット、スマートフォンなどデバイスを選ばないのもうれしいポイントでしょう。

「マネーフォワード クラウド給与」との連携も可能なので、データを連動させて一気通貫で管理できるのも魅力です。

関連記事:マネーフォワードクラウド勤怠の評判と実態【2020年最新版】

設立年
2012年
会社所在地
東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
電話番号
03-6453-9160

4- 5. 人事労務freee

freee株式会社
出典:freee株式会社 https://www.freee.co.jp/hr/

勤怠管理に関する機能だけでなく、人事労務管理までまとめて行える勤怠管理システムを探しているという場合におすすめなのが「人事労務 freee」です。

「人事労務 freee」は、打刻や集計、勤怠修正などといった勤怠管理機能にはじまり、勤怠データを元に自動で行われる給与計算やweb明細の発行、年末調整などをまとめて行えるクラウドソフト。入退社の管理や保険に関する管理なども一元化できるため、「人事労務 freee」さえ導入しておけば、企業の「ヒト」に関する流れを可視化することが可能です。

「会計 freee」も導入している企業であれば、システムの連携も可能。給与明細が発行された際、勘定科目の割り当て、その後の仕分けまでを自動で行うことができます。社内のビジネスチャットツールにSlackを導入している企業の場合は、打刻をSlack上で行うことも、給与明細の発行通知をSlackで受信することも可能です。

通信には金融機関レベル相当である256bit SSL 通信方式が採用されており、国際認証である「TRUSTe」も取得済み。セキュリティ面が気になるという方も心配いりません。

設立年
2012年
従業員数
500-999人
会社所在地
東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F

4- 6. AKASHI

ソニービズネットワークス株式会社
出典:ソニービズネットワークス株式会社 https://ak4.jp/

AKASHIはソニーグループが提供するクラウド型の勤怠管理システムです。目指したのは「説明されなくても誰にでも簡単に使えるシステム。操作は至ってシンプルで、直感的に使いこなせる点が好評です。また管理画面も見やすく、シフト管理や工数管理も簡単に行えます。

使い勝手の良さは抜群ですが、機能の充実さもほかには負けていません。多彩な打刻方法、保険手続きの自動化、ワンクリックでの勤怠管理、打刻忘れ・長時間労働のアラート機能など、こんな機能が欲しい!というサービスはほぼ網羅しています。平日は9時~18時までサポート体制も整っているので、問題が発生してもリアルタイムで解決することが可能。業務を滞りなくスムーズに進めることができるでしょう。

関連記事:AKASHIの評判と実態|75個の勤怠管理システムを使ってわかった本当のおすすめ【2020年最新】

設立年
2012年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ ウエスト23階(総合受付21階)
電話番号
03-5784-3418

4- 7. どこでもぽちっと

ユーザーサイド株式会社
出典:ユーザーサイド株式会社 https://www.userside.co.jp/service/pochitto/

従業員数の変動が激しい企業におすすめ!アカウント無制限で追加費用が発生しない勤怠管理システム「どこでもぽちっと」を紹介します。利用者目線の簡単かつシンプルな操作性が特徴で、勤怠データの集計の手間を各段に減らすことができます。

「どこでもぽちっと」は、その名の通り、スマホやPCがあればどこからでも打刻ができる勤怠管理システムです。正確な勤怠状況を把握することで、残業代の未払いや打刻時間の不正といったトラブルを未然に防ぐことができます。さらに、ログイン認証や生体認証との連携で打刻漏れをする心配もありません。

さらに、豊富な機能が搭載されていることも魅力の1つでしょう。なかでも、給与ソフトとの連携機能を使えば、これまでExcelや紙で行っていた集計作業をすべてシステムで行うことができます。残業時間や休暇取得状況なども自動集計されるため、管理者の負担も軽減できるでしょう。そのほかにも、お知らせ機能やアラート機能、36協定登録など、ほしい機能が1つになっています。

料金体系もいたってシンプル。アカウント無制限プランが100万円で、追加費用は一切発生しません。従業員を多く抱える企業にうってつけと言えます。(年間保守費用は10万円)
さらに、IT補助金の活用方法なども提案してくれるため、予算が限られているという企業も導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:「どこでもぽちっと」の評判と実態【2020年最新版】

予算感
50万円~100万円
設立年
2005年
従業員数
30-99人
会社所在地
北海道札幌市北区北9条西3丁目19-1 ノルテプラザ
電話番号
011-738-7700

4- 8. Socia 就業システム

株式会社エフエム
出典:株式会社エフエム http://www.fminc.co.jp/

多様な働き方や打刻方法に対応するクラウド型の勤怠管理システムをお探しの方にぴったりなのが「Socia 就業システム」です。

最近では、フレックスタイム制や変形労働時間制、シフト制などさまざまな勤務形態を取り入れている企業も多いと言われています。そのような多種多様な勤務形態に対応し、社員1名に対して複数の勤務パターンの登録も可能。打刻方法も専用端末をはじめ、カードリーダー、パソコンやスマホなどシチュエーションに合わせて選択できます。そのほか、Excelなどで管理している情報をCSVで一括取り込みにも対応しています。

また、働き方改革に対応するために欠かせないのが、出退勤管理の記録、有給休暇取得状況や残業時間についてなど現状を把握することです。Socia就業・申請システムは、出退勤の管理はもちろん、パソコンのログオン・ログオフデータとの乖離状況のチェックや管理帳票の作成にも対応しているため、コンプライアンスを意識した勤怠管理の実現に役立ちます。

有給休暇などの各種申請は、ワークフロー機能を使いweb申請を行います。ルートや承認者の設定は申請毎に変更可能。承認漏れを防ぐための自動メール通知機能やエラーチェック機能もあります。Socia人事システムや給与システムなどへの連携も可能なので、シリーズでの導入もおすすめです。

Sociaシリーズの開発・販売を手掛けるのは、2000年からクラウドサービスを提供しておりクラウドベンダーとしてノウハウを蓄積しているエフエムです。国内に複数の堅牢なデータセンターを保有しており、バックアップ体制を整えています。セキュリティ対策が万全なので、安心できるポイントと言えるでしょう。

予算感
100万円
設立年
1973年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区渋谷3-11-2 パインビル
電話番号
03-3407-3231

勤怠管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

5.使い勝手の良い勤怠管理システム2選

ここでは、使いやすさにこだわった勤怠管理システムを紹介いたします。

5- 1. Gulf CSM 勤怠管理

株式会社ガルフネット
出典:株式会社ガルフネット https://www.gulfnet.co.jp

福利厚生に力を入れたい方は「Gulf CSM 勤怠管理」が断然おすすめです。この勤怠管理システムは「企業のリスクマネジメントを支える」をモットーに開発されています。労務リスクを軽減し、多様な働き方、生産性向上に寄与できるよう設計されているサービスです。

打刻、給与計算、休日管理など基本的な勤怠管理機能はフル装備していますが、福利厚生面での特徴は以下の通りです。

・全社的な労務リスクの可視化
管理者は常にリアルタイムで従業員の勤怠管理をすることができます。長時間労働になりそうなときは、週単位、月単位でアラート表示が出されます。またインターバルについても厳格に管理します。

・計画段階でのアラーミング
長時間労働を防ぐには計画段階で気づくことが大切です。問題があればシフト作成時に労務アラートが表示されるので、違法な状態になることはありません。

・モチベーション上昇を促す機能

離職率を減らすには、社員を正当に評価することが大切です。Gulf CSMでは社員評価をポイントに還元することでモチベーションアップを図ります。社員は航空券・コンビニ商品購入といったシーンでポイントを利用することができます。

・コンプライアンス機能強化
正確な勤怠管理をするために、打刻機能を充実させることで本人認証を厳格化。不正打刻を徹底的に防止します。また社会保険の加入補助のシステムも搭載しています。

・外国人雇用に対応した情報管理
外国人労働者を迎え入れる場合は就労規定を遵守しなければなりません。採用時の書類チェックや、在留期限の管理も自動的に行います。またマルチ言語対応をしているので、外国人労働者でもシステムをすぐに利用できます。

以上は全体の機能のほんの一部。福利厚生に役立つ機能はまだまだあります。痒い所に手が届くという点では一押しのシステムです。従業員が働きやすい会社を作り、人材定着を目指したい経営者の方に適したサービスです。

関連記事:Gulf CSM 勤怠管理の評判と実態|75個の勤怠管理システムを使ってわかった本当のおすすめ

設立年
1994年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都江東区亀戸1-4-2 ダヴィンチ錦糸町3F
電話番号
03-6279-4690

5- 2. バイバイ タイムカード

株式会社ネオレックス
出典:株式会社ネオレックス http://www.byebye-timecard.net/

大手企業が取り入れている実績豊富な勤怠管理システムを導入したい!という方には「バイバイタイムカード」をおすすめします。

その名の通り、出退勤時刻記録にタイムカードは必要なし。QRコード、ICカード、指静脈を軽く読み取るだけで、出退勤打刻はもちろん、給与計算まで自動集計してくれます。

クラウド型の勤怠管理システムなので、遠隔地にある事業所、店舗、工場などの勤怠も一元管理できます。複数個所の職場の勤怠をリアルタイムで確認ができるので、管理者の負担は大幅に軽減できるでしょう。

これまでの導入実績は、IKEA、西武ホールディングス、キャメル珈琲、西部ライオンズ、プリンスホテル、日本郵政、アディダスジャパン、伊東園ホテルズ、メルパルク、近江鉄道など。この他にも多くの企業にサービスを提供しており、実績&信頼ともに申し分ありません。

これだけの支持を得ている秘訣は充実したサービスです。多彩な打刻方法、打刻漏れ発見、休日管理、シフト管理、人件費管理、雇用期限管理、生産性管理、英語対応など機能は実に多彩。また、コンサルティングチームによる導入サポートもあるので、稼働までせきにんを持って対処してもらうことができます。まさに至れり尽くせりの勤怠管理システム。多くの企業が導入しているだけのことはあります!

安定的な勤怠管理をしたい方にはピッタリのサービスでしょう。

関連記事:バイバイタイムカードの評判と実態|75個の勤怠管理システムを使ってわかった本当のおすすめ

設立年
1987年
会社所在地
愛知県名古屋市熱田区伝馬1-4-25 ネオレックスビル
電話番号
052-681-2121

6.無料・格安の勤怠管理システム4選

勤怠管理 インターバル

次は、勤怠管理システムを導入したいけど、ウチはあまり費用をかけられない…という方に向けて、格安の勤怠管理システムを4つ紹介します。いずれも低価格ながら、優秀な機能を搭載したものばかり。コスパ重視派の方にはおすすめの勤怠管理システムですので、ぜひチェックしておいてください。

6- 1. シュキーン

株式会社インフィニットループ
出典:株式会社インフィニットループ https://www.shukiin.com/

シュキーンは株式会社インフィニットループが提供する、クラウド型の勤怠管理システムです。

月額費用は従業員数ごとではなく、打刻者数 × 200円(税抜き)という料金体系となっています。例えば従業員数が100名で在籍していても20名の打刻記録であれば、月額4000円(200円×20名)になる仕組みです。2000円に満たない場合は2000円(税抜き)で提供しています。

現在最大2ヶ月無料お試しキャンペーンを行っており、登録した日から2ヶ月は全プラン無料で利用できるので気軽に導入できる点も好評です。フリープランでは5事業所まで追加できるので、大変お得な内容となっています。基本的な勤怠管理機能に加え、リアルタイムでの勤怠状況把握、残業時間の多い社員を一目で把握できる機能などがあり、長時間労働抑制に力を入れたい企業にはおすすめのシステムです。

設立年
2007年
従業員数
100-499人
会社所在地
北海道札幌市中央区北一条東四丁目1番地1 サッポロファクトリー1条館
電話番号
011-271-1118

6- 2. IEYASU

IEYASU株式会社
出典:IEYASU株式会社 https://www.ieyasu.co/

IEYASUは基本的な勤怠管理機能を全て無料で利用できる、ベンチャー企業向けの勤怠管理システムです。料金体系は以下の通りです。

・フリー…0円(利用人数制限なし)
・ベーシックS…3千800円 ⁄ 月(利用者39名まで)
・ベーシックM…9千800円 ⁄ 月(利用者149名まで)
・エンタープライズ…2万9千800円 ⁄ 月(利用者999名まで)


無料プランでもリアルタイムでの勤怠管理、給与計算、日報機能、ICカード打刻といった機能があり、全て無料で利用できます。有料プランにするとさらに、メールサポート、申請ワークフロー(届出)、有給休暇の自動付与、時間単位有給、勤怠アラート(36協定等)の機能がついています。バナー広告の表示もありません。

関連記事:IEYASU(イエヤス)の評判と実態|75個の勤怠管理システムを使ってわかった本当のおすすめ【2020年最新版】

設立年
2016年
会社所在地
東京都港区北青山3丁目5-6 青朋ビル3F

6- 3. RecoRu(レコル)

中央システム株式会社
出典:中央システム株式会社 http://www.smart-works.jp/dreco/

RecoRuも格安である点は他社に負けてはいません。料金体系は至ってシンプルで月額一人当たり100円です。最低利用料金は3,000円(30人)~ですが、初期費用、サポート費用は無料なので人数の多い会社では導入メリットが大きいでしょう。機能は非常に充実しており、基本的な勤怠管理、給与計算に加え、打刻方法はICカード打刻、生体認証、ボタン打刻から選ぶことができるので、不正打刻を防ぐことができるでしょう。

多彩な機能を搭載していますが、システムは至って簡単。誰にでも使える手軽さが人気を集めています。操作方法を周知するために教育をする必要がないほどです。最短で即日導入ができるので、すぐに使ってみたい方に最適のシステムです。

関連記事:RecoRu(レコル)の評判と実態|75個の勤怠管理システムを使ってわかった本当のおすすめ【2020年最新版】

設立年
1981年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー24F
電話番号
03-5331-3636

6- 4. フリーウェイタイムレコーダー

株式会社フリーウェイジャパン
出典:株式会社フリーウェイジャパン http://freeway-timerecorder.com/

フリーウェイタイムレコーダーは10人まで永久無料のクラウド型勤怠管理システムです。従業員が11人以上でも初期費用0円m月額利用料980円~利用できます。

これだけ格安にも関わらず機能は充実。勤怠管理、自動タイムカード集計の機能があり、出退勤記録はPC、スマホによる手動打刻、ICカード打刻、管理画面で打刻から選ぶことができるので不正防止も可能です。給与計算ソフトも連動できるので、少人数の会社であれば完全無料で導入できます。

関連記事:フリーウェイタイムレコーダーの評判と実態|75個の勤怠管理システムを使ってわかった本当のおすすめ

設立年
1991年
会社所在地
東京都新宿区市谷田町2-7-15 近代科学社ビル8階
電話番号
03-6675-9753
無料の勤怠管理システムについてまとめた記事はこちら

7.特別機能が魅力の勤怠管理システム4選

パソコン 勤怠管理

新時代の勤怠管理システムは様々な機能を搭載しています。従来型はもっぱら打刻するだけだったのが、現在では様々な方法で勤怠管理することが可能となっています。具体的には長時間労働予防、不正打刻防止、交通費自動計算、さらに従業員の作業画面を自動撮影して勤怠をチェックできるサービスまで登場。ここでは特別機能を搭載した勤怠管理システムを3つ紹介します。

7- 1. Time-3X

三井E&Sシステム技研株式会社
出典:三井E&Sシステム技研株式会社 https://www.msr.co.jp/time3/

Time-3Xは36協定チェックができる機能をもつ勤怠管理システムです。36協定は時間外労働に関する労使間の協定で、協定の上限を超えると法律違反となりますが、従来型の勤怠管理では実態を把握するのに時間がかかり、長時間労働に気づくのが遅れがちでした。

しかし、この勤怠管理システムには36協定チェックができる機能が搭載されており、上司は部下の36協定時間の確認がリアルタイムで行うことが可能です。長時間労働者に対しては医師面談を必須とする機能もあるので、従業員の長時間労働抑制、健康管理に力を入れたい企業におすすめのシステムです。

設立年
1986年
従業員数
500-999人
会社所在地
千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目3番地 幕張テクノガーデンD 棟9階
電話番号
043-274-6162

7- 2. スマレジ・タイムカード

株式会社スマレジ
出典:株式会社スマレジ https://corp.smaregi.jp/service/timecard.php

スマレジ・タイムカード不正防止を強化したい企業に適した勤怠管理システムです。打刻はiPhone、iPad、各種PCで行いますが、管理方法はとても多彩。画面タッチで行う方法だけでなく、本人の顔写真で認証、打刻を行う方法もあります。出退勤の打刻をするのに、顔認証がマストであれば不正打刻をすることはできません。

外回りの社員についても位置情報(GPS)による不正防止機能があり、外出時についても位置と時間を記録をすることができます。いずれも打刻時にパスコード入力が必須なので、本人以外が手続きすることは不可能です。労働環境に合わせて機能をカスタマイズできるので、不正防止に加え、自社に最適の方法で運用したい方にとっては便利なシステムでしょう。

設立年
2005年
会社所在地
大阪府大阪市中央区本町4-2-12 東芝大阪ビル3F

7- 3. kincone(キンコン)

株式会社ソウルウェア
出典:株式会社ソウルウェア https://www.kincone.com/

kincone交通費清算機能が充実している勤怠管理システムです。導入するだけで交通費精算の作業時間、コストがこれまでの1/10になるので、外回りの営業社員が多い会社にとってはまたとないシステムです。

交通費生産&勤怠管理機能がついて月額利用料は200円/1人。交通費計算の負担が大きい、交通費計算ソフトは高くて導入できない、申請の抜け漏れが多いといった悩みを持っている方には特におすすめです。導入が簡単な点も魅力で、清算は交通系ICカードをタッチするだけ。経路、金額が自動的にクラウドに入力されるので、逐一計算する必要がなくなります。作業工数は圧倒的に減少するので、業務効率化を図りたい方はぜひ導入を検討してみてください。

関連記事:kincone(キンコン)の評判と実態|75個の勤怠管理システムを使ってわかった本当のおすすめ

設立年
2012年
会社所在地
東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル14F

7- 4. かえる勤怠管理

株式会社ITZマーケティング
出典:株式会社ITZマーケティング https://japanpt.org/

かえる勤怠管理システムは業界ごとに特化した、クラウド型の勤怠管理サービスを提供しています。勤怠管理は業界によってニーズが異なります。そのため必要なのは業界ごとに必要な勤怠管理システムを提供することであり、介護、派遣、ビル管理、アミューズメント、飲食、医療など各分野に特化したシステムを提供しています。

勤怠打刻方法、休憩・外出など各分野の労働の特性を理解した上で、不正打刻防止、リアルタイムでの勤怠管理、長時間労働予防、法令遵守など最適のサービスを提案しています。システムは至ってシンプルで打刻はタブレット、携帯、ICカードなど。様々な業種でも導入できるので、先に挙げた業種の方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

設立年
2013年
会社所在地
広島県安芸郡府中町青崎南6-24 向洋ビル3F
電話番号
082?258?2988
タイムカードから勤怠管理システムに移行するならコレ!

8.サポートに強みがある勤怠管理システム2選

「サポートに強みがある」ことが特徴の勤怠管理システムを、2社ご紹介します。

8- 1. e-就業ASP

株式会社ニッポンダイナミックシステムズ
出典:株式会社ニッポンダイナミックシステムズ https://www.nds-tyo.co.jp/e-asp/

「e-就業ASP」は、ニッポンダイナミックシステムズが提供する勤怠管理システムです。
このシステムはサポートの評価が高く、顧客アンケートにおいて90%以上の顧客から「満足」「ほぼ満足」「大満足」と評価されています。

利用申込に際して会社で特別なカスタマイズ要望などがあれば、有償ですが対応してもらえる可能性があります。体験版の使用中にもサポートを利用できますので、運用相談などを利用してしっかりとシステムを評価ができます。
導入後のサポートも安心できます。サポートセンターがしっかりとサポートを実施し、就業規則の見直しによるシステム再設定なども相談可能です。

設立年
1969年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都世田谷区桜新町2-22-3 NDSビル
電話番号
03-3439-2001

8- 2. Bizer

Bizer株式会社
出典:Bizer株式会社 https://bizer.jp/

「Bizer(バイザー)」は、Bizerが提供している勤怠管理システムです。
困ったことがあれば、税理士や社会保険労務士などの専門家(Bizerが厳選して認定)に相談することで、オンラインで回答してもらうことができます。専門家はオンラインでのやりとりに慣れているため、テキスト形式で分かりやすく回答してもらえるでしょう。

相談する際には専門家の種類を選択する必要がなく、Bizerコンシェルジュが内容を確認した上で最適な専門家につないでくれます。状況に応じてBizerコンシェルジュが回答に必要な情報をヒヤリングするため、「誰に相談すればいいかわからない」「どう聞けばいいかわからない」と悩む必要がありません。

相談だけでなく、役所手続きや書類作成など、自分では対応できないことに関して専門家に代行を依頼できます。

設立年
2013年
従業員数
5-9人
会社所在地
東京都千代田区九段南3-5-3 九段サウスビル5階
電話番号
03-6674-1883

9.勤怠管理システム選びのポイントを徹底ガイド

勤怠管理システム

新たに勤怠管理システムを導入するのであれば、できるだけ便利なシステムを取り入れたいところです。少しでも多くメリットを享受できる勤怠管理システムの選び方について、5つのポイントに分けて解説します。

規模感に合わせてクラウド・オンプレミスを選ぶ


会社の規模に合わせて「クラウド型」か「オンプレミス型」かを選択してください。

「クラウド型」は、インターネットを介してサービス(ソフトウェア)を利用するシステムです。導入のハードルが低く、保守管理の手間がかからないことやサポートを受けられる点でメリットがあります。

「オンプレミス型」は、自社でサーバを用意してソフトウェアをインストールして利用するシステムです。機材などの導入コストが高くなりますが、技術やノウハウがあればシステムのカスタマイズが可能であり、セキュリティ面での安心感があります。

自社の勤務体系とのすり合わせは可能か


「営業職」のように社外での活動が多い従業員がいる場合、直行直帰の記録ができないと勤怠管理がスムーズに行えません。また、「交代制勤務」「所定労働時間が従業員ごとに異なる」といった場合には、システムの設定が特殊になります。

このように、勤務体系は会社ごとに異なり、さまざまなバリエーションがあります。システムによっては特殊な勤務体系に対応できない場合もあり、導入してもうまく運用できません。勤怠管理システムの中には特殊な勤務体系に対応しているものもあります。
自社の勤務体系に最も対応しているシステムを選ぶことをおすすめします。

社員がストレスなく使えるか


勤怠管理システムを使用するのは「現場の社員」です。導入において会社側のメリットが豊富でも、社員にとって「操作が難しい」「複雑で使いにくい」という場合には、多くの社員がシステムの使用に際してストレスを感じます。

勤怠管理システムは、基本的に出勤日には毎日使用します。使用にストレスを感じるようなシステムを毎日のように使わなければならないとなれば、社員はストレスを溜めてしまいますし、操作ミスや使い方の勘違いも発生しやすいでしょう。

勤怠管理システムを導入する際には、「直観的に操作できる」など、多くの社員にとって使いやすいことが求められます。

予算とコストがマッチするか


企業活動において「お金」の話は無視できません。勤怠管理システムを利用するにあたってもお金の問題は大きく、初期費用や月額料金、それに必要な機器の導入コストを含めると相当な金額になります。

もちろん、システムを導入することでそれ以上のメリットを得られるケースは多いでしょう。とはいえ、会社が出せる「予算」には限りがあります。

機能の多いシステムは、それだけ利用コストも高いケースがあります。限られた予算内で利用できるシステムであり、得られる利益とコストのバランスを考慮することは、勤怠管理システムを選定する上で特に重要なポイントの1つです。

導入後のサポート体制は充実しているか


どんなシステムであっても最初は使い慣れておらず、設定や調整、管理などの手間がかかります。場合によっては高度な専門的知識が問われる場面もあり、勤怠管理システムに詳しくない人では簡単には対処できません。

勤怠管理システムを適切に運用するためには、こうした問題に関して助けてくれる「サポート体制」が充実していることも重要なポイントです。サポート内容(出張の可否や対応時間など)だけでなく、サポートの利用が有料か無料か、いつまでサポートを利用できるかなども考慮して、少しでも手厚いサポートを受けられるシステムを導入することをおすすめします。

10.【まとめ】自社にぴったりの勤怠管理システムを見つけよう

勤怠管理 まとめ

勤怠管理システムの紹介は以上です。数ある勤怠管理システムも、それぞれに特徴があることがお分かりいただけたのではないでしょうか。色んなサービスがありすぎて迷っていた方も、システム導入の目的をはっきりさせることで、ずいぶん選びやすくなると思います。本当に必要な機能が何か見極めて、ぜひベストの勤怠管理システムを導入してください!

勤怠管理システム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

おすすめで勤怠管理システムサービスをお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

勤怠管理システムとは、タイムカードやICカードによって出退勤時刻を記録し、勤務状況を管理するシステムで、クラウド型、パッケージ型の2通りの導入形態に分かれます。それぞれの導入方法のメリット、デメリットを理解した上で、必要な機能は備わっているか、使い勝手は良いか、サポートは充実しているかなどの視点から自社に適したシステムを選択するようにしましょう。また、アクセスが集中しやすい勤怠管理システムでは、それに耐えうるシステム性能があるかどうかも重要な判断基準になります。

勤怠管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

勤怠管理システムの見積もりが最短翌日までにそろう