あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

更新日:2020年05月11日

ポスターデザインの平均費用と料金相場【2020年完全版】

「開催するイベントのプロモーションを行いたい」「新たに開くお店をみんなに知ってほしい」という場合に必須となるのが、各種プロモーションツール。折り込みチラシやDM発送、webプロモーションなどさまざまな手段がありますが、そのなかの1つとしてあげられるのがポスターです。

駅構内に貼られるような大きなものから、電車内の吊るし広告のような小さめのもの、商業施設や店頭に貼られているものなど、一口にポスターと言ってもその種類はさまざま。手に取ってもらう必要があるフライヤーや販促用ポケットティッシュなどと異なり、多くの目に入るという点がポスターのメリットかもしれません。

しかし、ポスターデザインにいくらかかるのか見当が付かず、まだ発注を悩んでいるという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ポスターデザインにかかる費用の相場を中心に、デザイン会社選びのポイントなどをご紹介していきます。プロモーションにお悩みの経営者の方や、新たに店舗を開くという方はぜひ参考にしてください。

目次

1.ポスターデザインの費用の算出方法

まず、ポスターデザインの費用の仕組み・概要をチェックしていきましょう。

ポスターに限らず、各種デザインの料金は、一概に「◯◯円になる」とは明言しづらいものです。しかし、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会が、グラフィックデザインを受注・発注する際の「制作料金概念規定」を定めているので、今回はその規定に則りご説明します。

まず、デザイン制作料金は「作業量」「付加価値量」「支出経費」「質的指数」「量的指数」の5つの要素によって割り出されます。

さらに作業量は、そのなかで付加価値のあるもの(a作業)、ないもの(b作業)に分けられ、デザイナー自身のスキルやクリエイティビティに左右されるものはa作業、デザインカンプ作成や入稿用データ作成といった、クリエイティビティに左右されない作業はb作業とされ、a作業が増えれば増えるほど、費用は高くなります。

付加価値量は、その制作物の役割に左右される要素です。例えば、JR山手線全ての駅構内に貼るポスターと、品川駅にしか貼らないポスターであれば、前者により高い付加価値が付きます。

支出経費は、交通費や材料費などもろもろの雑費。続く質的指数は、そのクリエイター自身のスキルや経験、知名度に左右される部分です。最後の量的指数は、クリエイターのスキルや知名度などを抜いた付加価値支配要因を集約すべき指数とされています。

少し分かりづらいかもしれませんが、つまりデザイン料金とはa作業の多さとb作業の多さ、質的指数の高低にかなり左右されるということ。

よりデザイン性を求める場合や、セールスポイントの発掘や戦略立案などからポスターデザインを依頼した場合、a作業が増えるために料金は上がります。一方で、ある程度素材はこちらで用意できており、あとはデザインテンプレートを活用するだけという場合にはb作業が増えるので、おのずと料金は抑えられるでしょう。

ここまでの説明で分かるように、デザイン会社に掲載されている料金はあくまでも目安です。要望によって料金にはかなり差が生じてしまうことは、頭に入れておきましょう。

費目別に見るポスターデザインの費用の相場

費目別に見るポスターデザインの費用の相場
費目 平均的な相場 備考
ディレクション費 1~5万円
デザイン費
(初稿制作料)
5~10万円 サイズによって異なる
イラスト制作費 3万~ 必要な場合のみ
撮影費 2,000~5,000円/2~3カット 必要な場合のみ
修正費 デザイン費の10%~
印刷費 2,500円~/枚

続いて、費目別のポスターデザインの費用相場をご紹介します。

ディレクション費

ポスターデザインを行う際、まずはじめにどういったポスターにしたいのかというヒアリングからはじまります。ヒアリング内容をもとに、どのようなデザインにするのかといった企画立案を行う費用がディレクション費です。デザイン費用に含まれている場合もありますが、別途請求される場合には1~5万円程度が相場。なかには10万円以上の会社もあるようです。

ポスターデザインのみならず、そのほかの販促ツールのデザインもまとめて依頼する、VI(ヴィジュアルアイデンティティ)戦略などまで任せるということになると、よりいっそうディレクションが重要となるため、費用は膨らむと予想されます。

また、小規模企業やデザイン事務所の場合には、デザイナーに直接ヒアリングしてもらえることもありますが、規模の大きなデザイン会社の場合には担当ディレクターを通すことも少なくありません。

デザイン費

どのようなポスターにするのかが決まれば、その後は実際のデザイン工程に入ります。ポスターに用いる素材やラフなどがある場合には短期間で制作できますが、ゼロからデザインする場合には1、2週間程度はかかると予想しておくといいでしょう。

制作するポスターのサイズにもよりますが、概ね5~10万円程度が費用相場。リーズナブルさが魅力の会社や、デザインテンプレートを用いる会社などは、1~2万円で作ることも可能です。

また、はじめから2~3案出してくれる会社もあれば、1案ごとに追加料金を支払う契約の場合もあります。1度の依頼で何案まで出してくれるのか、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

イラスト制作費

もしもポスターにオリジナルのイラストを用いる場合には、別途イラスト制作費がかかります。デザイナーやイラストレーターに左右されますが、日本イラストレーター協会が明示している平均値によれば、ポスターデザインにおけるイラスト制作は3万円~。なかにはデザイン費に含まれている会社もあります。

撮影費

ポスターに写真を用いる場合には、2,000円~5,000円/2~3カットの撮影費がかかります。モデル撮影の有無やレタッチ、加工作業などによっても左右されるので注意が必要です。カット数ではなく、2時間3万円というような時間制の料金設定もあります。

修正費

もともとデザイン費用に含まれている場合もありますが、別途請求される場合にはデザイン費用の10%が相場。デザイン費用に含まれている場合には、何回まで修正可能なのかをきちんと確認しておきましょう。

印刷費

ポスターのサイズや紙質にも左右されますが、2,500円~/枚程度はかかると予想しておくといいでしょう。リーズナブルさが魅力のネット印刷サービスなどであれば、破格の300円~500円/枚という会社もあるようです。

見落としがちな費用にも注意

なかには「DTP版下作成料」として別途2~5万円ほどかかる会社もあるので、注意が必要です。また、ポスターに挿入するキャッチコピーなどの提案から任せた場合には、制作料金5万円以上かかるでしょう。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • ポスターデザインにかかる料金は、
    依頼する会社・デザイナーや要望に大きく左右される
  • サイズにもよるが、デザイン費は5~10万円程度が費用相場
  • イラスト制作や撮影を依頼すると別途費用がかかる
  • 何案出してもらえるのか、修正は何度まで可能かきちんと確かめておく
  • 直接デザイナーとやりとりできるかどうかは会社によって異なる

2.利用ケース別に見るポスターデザインの費用の相場

利用ケース別に見るポスターデザインの費用の相場
利用例 一般的な相場
駅構内などに利用する大判ポスター 5~15万
店頭や電車内の中吊り広告などに
利用する小・中ポスター
3~7万

次は利用ケース別の費用の相場についてです。サイズによってポスターのデザイン費用はどの程度変わってくるのでしょうか?

駅構内などに利用する大判ポスター

ホームなどの駅構内に多く貼られている大判ポスターは、B0(1,030×1,456)や、A0(841×1,189)くらいのサイズ。印刷費の有無や使用する紙質にも左右されますが、大体5~15万円ほどが相場です。
ポスター1枚で1つの作品ではなく、より大きな広告とする場合にはB0を2枚繋げるといったやり方もあるので、 その場合には費用は倍になるでしょう。

店頭や電車内の中吊り広告などに利用する小・中ポスター

一方、お店に貼るものや電車内の中吊り広告などに用いる小さめのポスターは、3~7万円ほどが相場。最もポピュラーなサイズであるA1(594×841)やB2(515×728)、車内広告によく用いられているB3(364×515)のポスターなどを指します。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • B0やA0などの大判ポスターは5~15万円ほど
  • それよりも小さいA1やB2、B3などは3~7万円ほど

3.なぜ価格が違う?価格差の出る理由

ポスターデザインを依頼すると言っても、かかる費用はバラバラ。それは、関わってくる人数にも左右されています。簡単に言えば、1枚のポスター制作に関わる人間が多ければ多いほど、デザイン費用は高くつきます

デザイナーひとりだけで制作するのか、ディレクターもいるのか、そのほかにもイラストレーターやコピーライター、カメラマンもいるのかなど、どれだけの人々が携わったのかによって費用は変わってくるでしょう。

素材はある程度事前に用意できている、デザインテンプレートを活用するといった場合には、関わる人数が減るため費用は抑えられます。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • ポスターデザインに関わる人数によって費用は左右される
  • ある程度素材を用意しておくと費用は抑えられる

4.実際にポスターデザインの料金表を調べてみた

この記事を作成するにあたってチェックした、いくつかのデザイン会社の料金表をここでご紹介します。

株式会社A
費目 料金 備考
ディレクション費 10万円~
キャッチコピー費 1万円~
ポスターデザイン料 3万~ サイズや紙質にもよる
株式会社B
費目 料金 備考
ポスターデザイン(新規) 5万円~ B3以上
チラシのデザインを
ポスターにも活用
1万円~ B3以上
株式会社C
費目 料金 備考
企画料 B3まで:4万
B2まで:5万
B1まで:7万
デザイン料 B3まで:7万
B2:10万
B1:12万
イラスト制作や取材、キャッチコピー制作が必要な場合は別途料金あり

5.ポスターデザインで失敗しないためには

最後は、ポスターデザインを依頼する際の注意点をご紹介します。「こんなはずではなかった」という失敗を防ぐためには、どのような点に気を付ければいいのでしょうか。

要望を整理する

ポスターデザインを依頼する前にきちんと要望を整理しておけば、その後の制作がスムーズです。どのようなポスターにしたいのか、大体のイメージでもいいので練っておきましょう。

例えば飲食店のポスターの場合には、「シズル感のある写真を挿入してほしい」「思わず来店したくなるキャッチコピーがほしい」などといった要望があるかもしれません。一方、企業のプロモーション用ポスターなどの場合には、「誠実感を持たせてほしい」「爽やかなイメージにしたい」など、まったく要望が異なるのではないでしょうか。
どのような写真を入れたいか、どんな色を基調にしてほしいかなど、ある程度の要望は固めておくことをおすすめします。

要望にあわせて依頼先を選ぶ

ある程度ポスターデザインに対する要望が固まったら、依頼する会社を選びましょう。あまりクリエイティビティにこだわりはなく、それよりも納品までのスピード感や費用の安さを重視したいという場合には、デザイン会社ではなく、デザインにも対応している印刷会社に依頼するのがよいかもしれません。素材をいくつか渡すほか、デザインテンプレートを活用するなどして、早いと翌日には納品されるような会社もあるようです。

一方、「他社との差を付けたい」「VI戦略の一貫としてこだわりたい」などという場合には、デザイン会社や広告制作会社に依頼することをおすすめします。費用はかさみますが、訴求力が高く成果に繋がるポスターを作りたい場合には、ゼロからデザインを作り上げる必要があるからです。このように、ポスターの用途やデザインに求める質などを総合的に判断し、要望を満たす会社を選ぶようにしましょう。

修正は何回までOKか確認する

デザインを依頼して完成したものが、すぐに納得のいく仕上がりになるとは限りません。イメージをいざ形にしてみると「何か違う」と感じることや、「もう少しロゴを小さくしたい」など、さまざまな修正点が見つかることも少なくないでしょう。
しかし、「修正は3回までなら無料」という会社もあれば、「修正は1回まで無料対応。2回目以降は別途追加費用あり」という会社もあります。認識のズレが生じてしまうとトラブルになりかねないため、デザインを依頼する前に、修正は何回まで対応してくれるのかをきちんと確認しておきましょう

6.【まとめ】デザイン会社選びに迷ったらアイミツへ

今回はポスターデザインにかかる費用をテーマに、一般的な費用の相場や内訳、失敗しないポイントについて解説しました。ポスターデザインと一口に言ってもかかる費用はバラバラで、その内容もさまざまであることをご理解いただけたのではないでしょうか。

その中で「結局どの会社があっているのか分からない」と、依頼先選びにお悩みの方におすすめなのが「アイミツ」です。コンシェルジュが無料で、ポスターデザインに関するあなたのご要望をお伺いし、おすすめの会社を複数ご提案いたします。

「デザイン費用についてもっと詳しく知りたい」、「自社に合うデザイン会社を紹介してほしい」方は、ぜひお気軽にお問い合わせください

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

デザイン事務所探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

このテーマに関連する優良会社

デザイン事務所が
最短翌日までにそろう