あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

中小企業・個人事業主向けでおすすめのCRM9選【2020年最新版】

シェアオフィスで仕事をする様子
目次

「顧客管理を効率化したい」「紙ベースや既存の表計算ソフトでは限界を感じている」などの悩みを抱える人もいるでしょう。

そんな悩みを解決するのが、CRM(顧客管理システム)です。システムと言っても大企業でないと導入したり、使いこなせないことはなく、比較的費用のかからないCRMもあります。

今回は、中小企業や個人事業主にも最適なCRMを紹介します。CRMを導入するメリットや、中小企業・個人事業主こそCRMを導入すべき理由についても徹底解説していきます。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのSFAを厳選!

1.CRMとは

1.CRMとは

CRMは、顧客との良好な関係を形成・維持するためのシステムです。「Customer Relationship Management」の頭文字を取ったもので、日本語に直訳すると、「顧客関係管理」になります。

CRMには、顧客情報の管理、マーケティング、顧客対応など、顧客を管理するための機能が搭載されています。顧客情報をデータで一元化することにより、紙ベースでは難しかった分析も容易になるでしょう。

また、一部のCRMにはAI機能も搭載されています。AIによって、自動的に顧客情報を最新のものに更新できたり、見込み顧客の割り出しも実行可能。これまでマーケターの手を煩わせていた仕事を、一気に効率化できます。

SFAを導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のSFAの一括見積もりが可能です。SFA選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
SFA選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

2.CRMを導入するメリット

2.CRMを導入するメリット

それでは、CRMを導入する具体的なメリットを確認していきましょう。

2-1.顧客情報があれば書類作成もラクに

CRMに顧客の氏名や一部のデータを打ち込むだけで、簡単に過去の購入履歴を一覧で見ることが可能です。すぐに確認できれば、発注も早くでき、スピーディな出荷が可能です。

さらに、顧客情報は一元化されているため、顧客情報から見積書や請求書を自動で作成できます。これまで別々に作成する必要のあった書類が、自動で作成されるのは、かなりの業務効率化につながるでしょう。

2-2.蓄積された顧客情報でマーケティングもできる

CRMに蓄積した顧客情報を、マーケティングに有効活用することが可能です。

顧客情報をもとに、次の受注はいつ頃になるかという予測を立てることも可能。予測に沿って営業活動を行うことで、より商談成立の可能性を上げることができるでしょう。さらに、AIを搭載しているCRMなら、見込み客を分析することも可能です。

3.中小企業・個人事業主こそCRMを導入するべき!

3.中小企業・個人事業主こそCRMを導入するべき!

多くの中小企業や個人事業主の方は、人手不足で顧客管理に手が回らないと悩んでいます。

人手が足りなければ、普段の基本業務で手一杯になりがち。かと言って、新しい社員を雇うとなれば、人件費などのコストも発生してしまいます。

もし、こういった悩みを抱えているなら、CRMの導入はおすすめです。

CRMは業務の効率化につながることはもちろん、費用も月額数千円から導入可能。業務の効率化から業績アップできた事例もたくさんあるので、もし悩んでいるならまずは無料体験で、使い勝手を試してみることをおすすめします。

4.中小企業・個人事業主におすすめのCRM9選

4.中小企業・個人事業主におすすめのCRM9選

それでは、実際に中小企業や個人事業主におすすめのCRMを紹介していきます。

4-1.やよいの顧客管理

やよいの顧客管理 トップページ

やよいの顧客管理は、会計ソフトや給与計算などで有名なソフトウェア開発会社の「弥生」が運営しているCRMです。機能はシンプルで、顧客台帳の管理、顧客情報の活用がしやすいと定評があります。

企業名、住所、過去の購入履歴、その他注意事項、クレームなどの顧客情報を1画面で管理できます。それぞれを別々に管理していた会社では、導入後すぐに効果を実感できるでしょう。

さらに、多様な顧客情報によって、一括メール送信を簡単に行えます。わざわざ宛先を指定しなくても、どの顧客に送信するかを選ぶだけで、マーケティングメールを送信できるのは大きな業務効率化につながるでしょう。

4-2.Zoho CRM(ゾーホーCRM)

Zoho CRM(ゾーホーCRM) トップページ

Zoho CRMは、低価格でCRMを導入したいという会社におすすめです。ユーザー数3名までなら、月々1,440円(税抜)のプランで全ての基本機能が利用できます。

基本機能には、売り上げ予測、電話との連携、webフォームの作成など、マーケティングにおいても十分力を発揮する機能があります。さらに、月々2,400円(税抜)のプランにグレードを上げると、メール・SNS連携、マルチチャネルの通知などの機能がついてきます。

Zoho CRM(ゾーホーCRM)の情報を更に詳しく知りたい方はこちら

4-3.Knowledge suite

Knowledge suite トップページ

Knowledge suiteは、国産でコスパのよいSFA・CRMです。

CRMとしての機能では、名刺のデジタル化、メール配信エンジンの搭載、webフォーム作成などが挙げられます。グループウェア機能も搭載されているオールラウンダーのため、機能的には十分すぎるほどです。

機能はもちろん、2010年に「グッドデザイン賞」を受賞するほどの使いやすい画面も、多くの企業に選ばれる理由だといえます。

Knowledge suiteの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

4-4.スマレジ

スマレジ トップページ

スマレジは、無料で使用できるPOSシステムです。商品を購入した際、店頭でスマホやタブレットで価格を表示されている様子を見たことがある方も多いでしょう。

スマレジがあれば、レジスターがなくてもスマホやタブレットで会計作業が簡単にできます。会計情報はクラウドで管理でき、売り上げの計算もかなり効率的に行えるでしょう。

レジ機能に限り、1店舗のみ永久に無料で使用できます。他に支店がなく、個人経営しているような店舗にとっては、アプリの使用によって売り上げ管理が無料で楽に行えます。

4-5.Senses

Senses トップページ

Sensesは、案件管理型の営業におすすめのSFAです。CRMとしては、売上実績やその推移などを直観的に把握できるダッシュボードで、一元管理できるという特長があります。

しかし、Sensesの基本機能はSFAが中心なので、営業担当者が最も導入効果を実感できるでしょう。リアルタイムで営業活動情報が更新でき、誰がどこにいて、どの企業を回っているのかを把握しやすくなります。

グループウェア機能もついているので、どこにいてもプロジェクトやタスクに関するコミュニケーションを円滑に取れるでしょう。

4-6.ちきゅう

ちきゅう トップページ

ちきゅうは、シンプルで使いやすいことが特長のクラウド型CRM・SFAです。

シンプルな設計で無駄な機能は省き、蓄積した顧客情報をグラフ化し、視覚的に現状を把握しやすくなっています。顧客情報とSFAを紐付ければ、商談に関する情報(商談金額・見込み時期など)を蓄積することも可能です。

中小企業や個人事業主のように少人数体制で、システム管理者がいなくても、直観的に予測を立て、戦略を練ることができるでしょう。

4-7.Eight

Eight トップページ

Eightは、100万人以上がダウンロードしているオンライン名刺管理アプリです。

スマホのカメラで名刺を撮影するだけで、AIによって詳細なデータに変換。名刺管理に手こずっている方にとっては、一括で管理が可能になる画期的なシステムです。

メッセージのやりとりもEight内で行えるので、コミュニケーションの活性化にもつながります。

Eightの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

4-8.Customa!(カスタマ!)

Customa!(カスタマ!) トップページ

Customa!は、社員数5~100名規模に最適で、1社単位で利用価格が設定されます。月額9,980円(税抜)という低価格で、なんとユーザー数は無制限です。

また機能としては、顧客情報をマップに表示できるので、現場の営業担当者は次の訪問先を視覚で把握できます。見込み客のステータスもグラフやインジケータで表示でき、次に起こすべき行動がわかりやすくなるでしょう。

4-9.CRMStage

CRMStage トップページ

CRMStageは、パッケージ型のCRMです。

顧客の属性、購買履歴、マーケティング履歴などを掛け合わせ、複雑な検索を行うことも可能。顧客の中から任意の顧客を抽出し、キャンペーンメールを送りたいという場合に最適と言えるでしょう。

また、パッケージ型ながら、スモールスタートが可能で、導入もスムーズです。機密は確実に保持しながらも、顧客情報を効率的に管理したいという中小企業や個人事業主におすすめです。

5.まとめ

5.まとめ

CRMは、顧客管理を効率化するためには最適で、多くの企業が導入し始めています。CRMのサイトを見てみると、実績には大企業の名が連なり、「自社では使いこなせないかも」と悩み方もいるでしょう。

しかしながら、今回紹介した通り、むしろ中小企業や個人事業主の方がCRMを導入すべきとも言えます。人手が足りなくて、顧客対応に手が回らないのであれば特にCRMはおすすめです。

もちろん、導入時には充実したサポートが受けられるため、企業の規模に関係なく、スムーズな導入が可能です。自社にフィットするCRMを導入すれば、今よりも業績はアップし従業員の労働時間も削減できるでしょう。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか

SFAの見積もりが最短翌日までにそろう