Microsoft dynamics 365の評判と実態|15個のSFA・CRMを試したアイミツが徹底比較!

Microsoft dynamics トップページ

更新日:2018年11月30日 | 公開日:2018年11月30日

現場の営業担当者のみならず、管理職や経営者の業務改善・商談成立率アップに貢献するSFA(営業支援システム)。働き方改革の推進によって、現在ますます導入する企業が増えてきています。導入にあたって、海外製なのか、日本製なのか、安価なもの、高価なもの…など、検討する点は無数にあります。

この記事では、「Microsoft dynamics」の評判について、他社SFAと比較しながら紹介していきます。併せてMicrosoft dynamicsのメリットやデメリット、導入に向いている会社・向いていない会社などについても徹底解説。SFAを導入する前に、ぜひご一読ください。

<総評> Microsoft dynamicsは大企業向け外資系SFA・SRM・ERP総合システム

<総評> 「Microsoft dynamics」は大企業向け外資系SFA・SRM・ERP総合システ

Microsoft dynamicsは、Microsoft社が提供しているSFA(営業支援システム)・SRM(電子調達・購買システム)・ERP(基幹系情報システム)です。

活用することで、Microsoftのソフトを活用するビジネスのほとんどすべてを関連付け、繋げることができます。たとえば、受注がリアルタイムに表示されるため、即時担当者が確認、そのまま在庫管理へと自動で進み、出荷までを速やかに行えます。顧客のニーズに先回りし、常に新しい情報を営業・顧客管理に反映することができるでしょう。

なによりの強みは、「Word」「Excel」「Outlook」といったMicrosoft Office製品とのシームレスな連携が可能な点。他社SFAではなしえないスムーズさで、データの共有がより効率的に行えます。他社SFAでは直接SFAを開いてデータ入力しなければならず、慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

Microsoft dynamicsなら、職場で使い慣れた「Excel」を使ってデータ入力を行い、そのままMicrosoft dynamicsで取り込むことができます。「普段使い慣れているツールを汎用できる」という点が、利便性へとつながるのです。Windows製品を使用している会社なら、この利点が実感できるため、1,000社以上の国内企業で導入されているという実績があります。

そもそもSFAとは?

そもそもSFAとは?

SFA(Sales Force Automation)とは、営業活動をクラウドやオンプレミスを活用した営業支援システムです。営業活動では、当日の商談の詳細や、企業の最新情報など、大切な情報が営業担当者個人のノウハウに埋もれがちです。日報で報告をしたとしても、報告の漏れがあっても、誰も気が付くことができません。

これでは、見込顧客を取りこぼしたり、失注したりと、会社にとって不利益になることも多くなってしまいます。このような情報の取りこぼしをなくすのがSFAです。活動報告は営業担当者の記憶の新しいうちに、案件ごとにリアルタイムに更新すれば、ほとんどすべての情報を社内メンバー全員が確認できます。

こうすることで、すべての情報は個人だけのものではなく、会社全体のものへとなるのです。

営業担当者が抱えている問題や進捗状況を共有し、「見える化」することで、生産性のアップにつながるSFA。今、多くの企業で取り入れられ、商談成立率の向上には欠かせないシステムになっています。

Salesforceと比べた評判は?

SFAの導入を検討している企業では、複数のSFAの中からどれを採用するか悩んでいるところも多いのではないでしょうか。SFAの中でも200万人以上という圧倒的なシェア率を誇っているのが「Salesforce sales cloud」です。Salesforce sales cloudと、Microsoft dynamicsを比較してみましょう。

Salesforce sales cloudもMicrosoft dynamics同様、外資系のSFAです。シェア率ではSalesforce sales cloudが国内シェア率1位で、多少勝っています(Microsoft dynamicsは国内シェア率2位)。評判を見比べてみると、この2社のSFAには大差ないという意見も目立ちます。

まず、どちらもSFAだけではなく、CRM(顧客関係管理)やその他のシステムが総合的に包括されていること。そしてどちらも外資系SFAならではの機能の豊富さがあるといった点で類似しています。導入価格に関しては、企業によっては「Microsoft dynamics」の方がコストパフォーマンスがよいかもしれません。こちらは後述します。

Salesforce sales cloudもGoogleなどと外部連携されているため、利用のしやすさを実感できるでしょう。
しかし、社内でWindows製品を常用しているなら、Microsoft dynamicsの方が導入しやすいといえます。

使い心地や利用できるサービスは、両者変わりなく、導入のしやすさについては「Microsoft dynamics」のほうが手軽でしょう。

1.「Microsoft dynamics」の5つのメリット

1.「Microsoft dynamics」の5つのメリット

国内シェア率No.2のMicrosoft dynamics。評判もよく、多くの企業で導入されている背景には、以下のようなメリットが実感できるという理由があります。

1-1.Microsoft Officeユーザーはデータを取り込みやすい

Microsoft dynamicsの最大のメリットといっても過言ではないのが、Microsoft社製品とのスムーズでシームレスに連携が取れる点です。「Excel」「Word」「Outlook」といった代表的なMicrosoft社の製品のすべてをMicrosoft dynamicsで取り込むことができます。

他社サービスではわざわざSFAにアクセスして、直接入力するものが多いものです。しかし、Microsoft dynamicsならいつも使用しているツールで作成したものが、そのままSFAに取り込まれます。通常追加ライセンスが必要な「Excel Online」が、追加ライセンスなしで利用できるのも嬉しいポイント。Excel Onlineを活用すれば、複数のデータをいちいち1つず開かなくても、まとめて操作することができます。

普段からMicrosoft社製品を利用している企業なら、他社SFAよりもより利便性を感じることができるでしょう。

1-2.「Cortana Intelligence」との連携でシステム障害を予防

Microsoft dynamicsは、Microsoft社のSFAだからこそのメリットがあります。それが「Cortana Intelligence」との連携です。「Cortana」は、 Windowsに搭載された音声認識機能を持つ人工知能アシスタントで、ユーザーの課題を解決する機能です。

Microsoft dynamics内のIoTデータにアクセスすると、異常を検知し、システム障害の発生を事前に把握できます。これによって、事前に対策を講じることができるようになるのです。

Cortana Intelligenceと連携することで、SoftBank社のPepperとも連動ができます。施策の幅が広がるので頭に入れておくといいでしょう。

1-3. Appleなど他社製品も取り込んだマルチデバイス対応

Microsoft dynamicsは、他社SFA同様マルチデバイスに対応しています。「Microsoft社のSFAだから、使用できるキャリアが限定されるのではないか」と思われる方も多いと思いますが、その心配は不要です。Microsoft dynamicsはどのキャリアでも使いやすいよう、競合のApple製品にも対応しています。なのでiPhoneやiPadからでも利用できます。

1-4. SharePointをつかったデータ共有

SharePointは、Microsoft社のファイル・情報共有サービスです。活用することでチームごとに情報共有スペースを作成したり、共有するのが困難なワークフローをシステム上で完結することができます。SharePoint上に保存されているファイルは、チーム内で共有しながら共同作業が可能です。

これらの機能をすべてMicrosoft dynamicsに取り込むことができるのが大きなメリットの1つです。たとえばE-Mailの宛先や、送り主の詳細な情報をもとに、「Microsoft dynamics」のビジネスデータをそのまま参照できます。「Outlook」で初コンタクトの顧客から受信したメールは、Microsoft dynamicsを開かなくても、直接Outlookから営業担当者が登録でき、シームレスなビジネスデータとの統合ができます。

1-5. 業務内容に応じて細かくカスタマイズできる

Microsoft dynamicsは、どのような業種にでも対応できます。例えば他社SFAの場合、レイアウトは操作できても、機能のカスタマイズができず、業種によっては使いにくいものもあります。

Microsoft dynamicsなら機能とレイアウトの双方を細かくカスタマイズできます。
不要な機能は削除し、必要な機能のみを詳細に設定できる点は、さまざまな業種にフィットするでしょう。

2. 「Microsoft dynamics」の2つのデメリット

2. 「Microsoft dynamics」の2つのデメリット

Microsoft社製品との連携など、おおむね評判のよいMicrosoft dynamicsですが、見方によってはデメリットもあります。実際に導入を決める前に、デメリットについても把握しておいたほうがよいでしょう。

2-1. 料金体系が分かりにくい

Microsoft dynamicsは他社SFAに比べて価格設定が若干わかりにくいです。Microsoft dynamicsの日本版が導入されたのは2016年。当時は「プロフェッショナル」「エンタープライズ」「アンリミテッド」の3つのエディションがあり、それぞれ1ユーザーあたり月々9,000円、18,000円、36,000円という価格設定が明示されていました。

2018年11月現在は公式webサイトを見ても、最上位エディションのみの価格が表記されているだけで、他のエディションについては別途問い合わせをしないと把握できません。導入するかどうか迷っている段階で、価格の比較がしにくいとなると、検討するにもひと手間かかってしまいます。

最上位エディションの価格だけを見ても、他社SFA、特に国産SFAと比較すると高めの金額設定も気になるところです。

圧倒的知名度を誇るMicrosoft社のSFAだから…と目をつぶることができる企業にとってはデメリットにはならないかもしれません。しかし、コスト面も重視しながら導入するSFAの検討を進めたい企業にとっては、比較的大きなデメリットになるでしょう。

2-2. データ分析に精通した社員が必要

外資系SFA全般に言えることですが、Microsoft dynamicsもまた非常に多くの機能を兼ね備えています。国産SFAが日本人営業マンが多用する機能に絞ってサービスを展開している代わりに、料金を控えめにしています。
しかし、Microsoft dynamicsはその他の外資系SFA同様多機能で高価格といったところでしょうか。

多機能といえば聞こえはよいのですが、多様なデータを扱うということは、それに対応できる社員を必要とすることにもなります。大企業で、データ分析のためのチームが組めるほどの人員のゆとりがあり、なおかつコストにもゆとりがある場合には、Microsoft dynamicsは最大限のメリットを発揮するでしょう。

しかし、自社にデータ分析のためだけに人を雇用するゆとりのない中小企業などにとっては問題です。たとえば、社長がデータ分析のためのスキルを持っていても、その他の業務と兼任しなければならないなどの不都合が生じます。自社にデータアナリストがいなければ、上手く活用できない恐れがあるという点は考慮しておくべきでしょう。

3.徹底調査でわかった「Microsoft dynamics」を使うべき人・会社

3.徹底調査でわかった「Microsoft dynamics」を使うべき人・会社

SFAにも各社の特徴があり、企業との相性がSFA導入後の定着の可否を決めるでしょう。ここでは、どのような人や会社にMicrosoft dynamicsが向いているのかについてご紹介します。

3-1. すでにMicrosoft社製品を常用している会社

Microsoft dynamicsを導入するメリットは、Microsoft社の製品との連携にあります。一部の企業では、Apple社製品を使用していて、Microsoft社には縁遠いという企業もあるでしょう。そのような企業よりは、Windowsを使い慣れていて、ExcelといったMicrosoftの製品を多用している企業のほうが、導入後のメリットを感じやすいため、おすすめです。

たとえば、Excelを使ってデータを作成し、また作成したデータを印刷して共有し…というプロセスをたどっている企業は多いはずです。Microsoft dynamicsを導入すれば、「Excel Online」のライセンスが加わるため、同じようにExcelを使って資料を作成すればオンラインですぐに共有できます。わざわざ資料の作成をし直す必要もないため、導入直後からMicrosoft dynamicsのメリットを感じられるでしょう。

3-2. 企業規模が大きく、分析チームが組める会社

Microsoft dynamicsを上手に導入・活用するためには、データ分析に関する知識とスキルのある人材が必要です。すでに社内に該当する社員がいて、導入後に分析に専念してもらえる環境のある企業にこそ、Microsoft dynamicsの導入がおすすめです。

企業規模が大きく、全国や海外展開もしているような企業では、データ分析を活用するにはチーム体制が必要です。そのような準備ができる会社は、活用できる余地があるでしょう。

3-3. 国産SFAを使用して、ある程度SFA活用のコツをつかんでいる会社

評判のよいSFAはたくさんありますが、まだまだ日本国内でSFAを完全に使いこなしている企業は多いとは言えません。それは、知名度が高くシェア率で選んでいる企業が多いからです。

確かにMicrosoft dynamicsは知名度もシェア率も高く、まずはこれから試してみようと考えている企業も多いでしょう。しかし、実際の使いやすさは、日本人の営業スタイルにマッチした国内産SFAのほうが勝ります。

まずは国産のSFAを導入し、SFA自体の活用ノウハウを蓄積したあとで、多機能なMicrosoft dynamicsなどの外資系SFAに切り替えていくという方法がおすすめです。

現在国産SFAを導入していて、物足りなさを感じるようになった企業は、Microsoft dynamicsを導入する価値があるでしょう。

4.徹底調査でわかった「Microsoft dynamics」を使うべきでない人・会社

4.徹底調査でわかった「Microsoft dynamics」を使うべきでない人・会社

評判も国内外のシェア率も高いMicrosoft dynamics。しかし、以下のような人・会社にはおすすめできません。
導入する前に、社員や企業に該当する条件がないかどうか、確認しておきましょう。

4-1. Microsoft社製品を使うことに抵抗がある人

Microsoft dynamicsはMicrosoft社のSFAなので、普段Apple社製品を利用しているユーザーにとっては敷居が高いかもしれません。SFAの導入とともに、Microsoft社製品に切り替えられる人ならいいのですが、そうではない人にとって、Microsoft dynamicsを使いこなすのは難しいかもしれません。

すべての社内端末をApple社製品で統一、Microsoft社製品を使うことは考えられない…という人には、Microsoft dynamicsはおすすめできません。Microsoft社製品との連携なしに、Microsoft dynamicsのメリットは感じられにくいからです。

4-2.社長が分析も兼務しなければならない会社

中小企業で社員数も一桁などの企業規模の場合、Microsoft dynamicsの導入によって仕事の負荷が高くなる人がいます。数人ですべての業務を回している企業では、多機能のSFAを導入しても、分析結果の考察に一苦労でしょう。そうなると、情報を把握したい社長が自ら分析を担当することになることになるかもしれません。

しかし、ただでさえ少数精鋭で切り抜けている状況では、情報分析業務が上積みされ、業務過多になる可能性があります。もちろん、その分の仕事を他の社員に分散できればよいのですが、そうもいかない企業では、Microsoft dynamicsの導入はおすすめできません。

5. 1分でできる!「Microsoft dynamics」の登録方法

5. 1分でできる!「Microsoft dynamics」の登録方法

Microsoft dynamicsの利用手順はとても簡単です。申し込み方法は他社SFAと違って何通りかあります。この記事では代表的なチャットからと電話からの2通りの申し込み方法についてご紹介します。

5-1. 公式サイトにアクセス

まずは、Microsoft dynamicsの公式サイトにアクセスしましょう。トップ画面の右上に「お問い合わせ」のボタンがあるので、クリックします。すると、「購入相談Chatを開始する」という項目と、「マイクロソフトからの連絡をリクエストする」という項目が現れます。

5-2. チャットでの申し込みは時間と曜日を確認してから

「購入相談Chatを開始する」の項目をクリックすると、チャットで相談を兼ねた申し込みができます。ここまでで1分もかかりません。

ただし、チャットでの受付時間は平日9時~17時半までで、土日祝日や、Microsoft社の規定する休日はオフラインになっています。チャットで登録の申し込みをする場合は、上記の時間内に行いましょう。

5-3.申し込みフォームに入力すると電話での案内が受けられる

公式サイトの「お申し込み」ボタンをクリックした後に現れる「マイクロソフトからの連絡をリクエストする」の項目をクリックすると、電話で申し込みできるフォームにつながります。申し込みフォームには、氏名、E-MAILアドレス、会社名、国籍、従業員数、職務、職場の電話番号を記入しましょう。入力は1分もかかりません。

入力が終わったら、最下部の「電話でのサポートを依頼する」というボタンをクリックします。すると、営業日なら即日Microsoft社の方から登録した電話番号に電話があるので、口頭で申し込みをしましょう。

6. 「Microsoft dynamics」の効果的な使い方

6. 「Microsoft dynamics」の効果的な使い方

Microsoft dynamicsを使って営業支援や顧客関係管理をより強化したいなら、以下のような使い方を試してみましょう。多機能の外資系SFAならではのメリットを実感できるはずです。

6-1. AI(人工知能)で顧客との関係性を分析

Microsoft dynamicsには高度なAI(人工知能)が搭載されています。たとえば「Relationship Insight」というAIを用いた機能では、顧客と企業(あるいは営業担当者)との関係性を分析。案件ごとに、どのような提案をした時に、顧客との関係性が良くなった、悪くなったのかをAIが追跡してくれます。

追跡する中で、特別な対応が必要となる案件があれば、パーソナルアシスタント機能が担当者に通知してくれ
ます。多くの案件を抱えていると、顧客との細やかな関係性に気を配れず、失注してしまう案件も多いでしょう。Microsoft dynamicsのAIを有効活用することで、自動でフォローが必要な案件を教えてもらうことができます。導入前よりもきめ細やかな対応が可能になり、受注率がアップする可能性が向上します。

6-2. 営業個別ケースの共有から優秀者表彰へ

営業活動を全国各地、あるいは海外でも展開している場合こそ、Microsoft dynamicsの出番です。Microsoft dynamicsを活用することで遠方で別個に行われたすべての営業活動が一元化されるため、本社への情報集約がリアルタイムで行われます。

商談成立の成績も共有できるため、誰がいつ、どこでどれくらいの成績を収めたのかも、現在進行形の情報を把握できるのです。個人間での競争が欠かせない営業だからこそ、成績把握は非常に重要です。商談成立率を分析すれば、簡単に優秀者を導き出し、評価・表彰へのプロセスも短縮化できます。

6-3.「 Excel」で作成した情報を紐付けして業務をスリム化

Microsoft dynamicsでは、ExcelをSFA・CRM上で活用してこそ、実用性を実感できます。おすすめの使い方はExcelで作成した情報を紐付けし、スケジュール管理と会議情報を保存するという方法です。

Microsoft dynamicsを導入したあとにExcelで会議情報(日程や参加メンバーなど)を入力すると、スケジュールに自動で変換され、いつ何の会議があるのか、Microsoft dynamics上で共有できます

それだけではなく、Microsoft dynamicsと紐付ければ、自動で会議の議事録や、会議で使用した資料を保存できます。これまでそれぞれを別個に行ってきた業務のほとんどが関連づけられ、業務が格段に効率化できるでしょう。

7. まとめ

7. まとめ

Microsoft dynamicsは、外資系SFAの中でも知名度もシェア率も高く、導入を検討する企業も多いでしょう。実際、Microsoft社製品との連携は、日頃から使用しているツールがさらに便利になる感覚で、導入もしやすいのがメリットです。

レイアウトも直感的に操作できるわかりやすさでテキストも少なく、外資系SFAに慣れていない方でも使いやすさを感じられるでしょう。

利用価格は、他社SFAと比較してわかりにくく、問い合わせをしないと実際の価格は把握できません。しかも、月々3,000円程度で利用できる他社SFAと比較すれば、割高に感じられる可能性もあります。

ただし、企業規模が大きく、情報分析担当者を専門で置ける会社であれば、むしろコスパのよさを感じられるかもしれません。リアルタイムで受注から配送までを自動化することができ、顧客との関係性まで把握できるからです。コントロールや分析ができる社員さえいれば、業務はスリム化され、残業時間の短縮、受注率アップにも繋がるでしょう。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
9万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ