損はさせない!おすすめ工数管理システム (工数管理ソフトウェア)を厳選しました!

更新日:2015年09月14日 | 公開日:2015年08月16日

この記事を読むための時間: 3分

デスクワークを中心とする知識労働者の生産性や作業の進歩状況は分かりづらいですね。工数管理システム・ソフトを導入すると、知識労働者の時間計測が可能になりコストを記録することもできます。また、業務状況を可視化できることにより生産性に対する社員の意識が高まり、業務の無駄も排除することができます。

■クラウドERP ZAC

■TeamSpirit

■Web就労管理システム Jobcubic time

■Iside アイサイド クラウド・SaaS

■まとめ

いかがでしょうか?工数管理を正しく行なうことで、主観的な報告では見えづらかった事情をタイムリーに把握できます。無駄な作業を排除することにより効率化ができ、経営効率のアップを図ることもできます。そうすればPDCAサイクルも何度もしっかりと回すことができ企業経営における収益性アップも見込めます。しかし工数管理は日々の入力が必要ですが今回ご紹介したシステムは連動していますので比較的スムーズに習慣化できると思います。無料トライアルを実地しているサービスもあれば、システムが定着するまで徹底サポートを売りにしている企業もありますので、自社の規模に応じてツールの導入を検討してみはいかがでしょうか?

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください