あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

Clocoの評判と実態【2020年最新版】

Cloco

「Cloco」は、東京都文京区に事務所を持つCloco株式会社が提供する次世代型ビジネスフォンサービスです。通話システムのコスト削減とコミュニケーションの効率化を実現できるクラウドPBXと、コールセンターなどの顧客情報を管理するシステムを融合し、顧客を囲い込んで経営体質を強化するサービスが「Cloco」の最大の特徴です。

今回は「Cloco」のメリットやおすすめしたい人、料金プラン、導入事例などを徹底解説します。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのPBXを厳選!

目次

PBXの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

<総評>Clocoはコールセンターの構築に強いサービス

Clocotoとは、インターネットを経由したビジネスフォンサービス。特にコールセンターの構築に強みを持ちます。

クラウドコールセンターシステム「Cloco」というサービスを提供しており、コールセンターに必要な機能を低価格で導入することができます。クラウド型なので世界中のどこにいても業務が可能で、システム内で顧客情報を分かりやすく管理する機能や、保留・ミュート・保留転送・電話会議といった機能も基本メニューとして使用することができます。

PBXを導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のPBXの見積もりが可能です。PBX選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
PBX選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

Clocoの5つのメリット

上記で紹介したような特徴がある「Cloco」ですが、活用することで次のようなメリットがあります。

クラウドPBXで業務構造を改善

従来の電話回線の場合、外線の接続や内線通話を行うには「PBX」という電話交換機が必要でした。電話回線を使用するためにはPBXをオフィス内に設置し、回線工事も必要でしたが、PBXをクラウド化することによってPBXのための場所を確保する必要がなくなり、回線工事も不要です。

ClocoのクラウドPBXは、電話機や回線の増減や内線番号の設定も専用の管理画面から簡単に行うことが可能で、変更後、即座に反映されるので非常に使い勝手が良いという特徴があります。

多彩なオプション機能

ClocoのクラウドPBXには、自動音声応答、相手に通知する電話番号を簡単に切り替えられる発信区分、現在使用している固定電話の番号をそのまま使える番号ポータビリティなど、さまざまな機能が付いています。

特に電話会議システムが用意されている点は大きなメリットで、最大5回線の同時通話が可能です。クラウドフォンの契約者同士は無料で通話ができるので、たとえ海外であっても無料で電話会議が可能です。

独自のクラウド型コールセンターシステム

Cloco独自のサービスとして、クラウドコールセンターシステムを提供している点も大きな特徴です。約3,000社の利用実績があり、コールセンターに必要な機能を低価格で利用できるという優れたサービスです。

インターネット環境を利用して通話を行うクラウドPBXを利用したシステムなので、電話回線は不要。コールセンターを国内外のさまざまな場所に設置することができます。顧客の個人情報を管理するためのツールや全通話録音機能、保留機能など、コールセンターに必要な機能はすべて揃っています。

テレワークに最適なライブカメラ機能

クラウド型コールセンターシステムに新しく追加された機能が、インカメラの動体検知機能を活用してスタッフの着席確認ができるライブカメラ機能です。

スタッフが着席していた時間を業務状況としてデータ化し、CSVによる書き出しもできるのでテレワークに最適です。ライブカメラシステムに参加している社員が一覧で表示されるので、離れた場所で働く相手の勤務状況もすぐに分かります。

分かりやすい管理画面

Clocoの管理画面は非常に実用的で、さまざまな機能が使い勝手を考えた上で集約されています。個別のアカウントで回線や電話番号を管理するだけではなく、登録された情報を基に請求書の発行や発着信履歴の明細確認なども行うことができます。

また、機器の購入や解約、オプションの申し込み、ID・パスワードの変更といった操作をすべて管理画面で完結させることができます。

PBXの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

徹底調査で分かったClocoを使うべき人・会社

紹介したメリットを踏まえ、「Cloco」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

コールセンターの業務改善をしたい

Clocoはコールセンターに特化したサービスがあるため、既存のコールセンター業務の改善やコールセンターのテレワーク化を考えている企業、また、小規模のコールセンターを複数の拠点で持ちたいと考えている企業におすすめです。コールセンターのニーズを知り尽くしたClocoが提供するシステムなので、必要な機能がすべて揃っている点も魅力でしょう。

さらに、Clocoにはオートコールやアンケートコールといった自動音声ガイダンスによる通話機能もあります。発信リストを基にあらかじめ録音した音声を自動でコールする機能で、専用のwebページにログインするだけで簡単に利用することができます。これまでマンパワーで行っていたアンケート調査などを完全自動化できるので、大きなコスト削減が期待できます。

電話会議をしたい

クラウドPBXサービスを提供している会社は数多くありますが、電話会議機能が備わっているかどうかも会社選びの重要なポイントです。電話会議機能は複数の拠点にスタッフを抱えている企業にとっては必須とも言えるもので、すでに他社のサービスを利用したユーザーからも「電話会議機能が欲しい」という声が上がっています。

電話会議機能を利用したい場合は、ビジネスフォンやソフトフォン、SIP端末といったクラウドPBXに利用できる端末の中から電話会議システムを選択するだけです。通話はクラウドPBX経由なのでもちろん無料。国内外を問わず利用できる点も魅力です。

機能が多いクラウドPBXがいい

数あるクラウドPBXサービスの中でも、Clocoのサービスは機能が多いという特徴があります。クラウドPBXを導入した後に「ここが不便だ」「こんな機能があったらよかったのに…」と後悔するよりも、最初から多彩な機能を備えるクラウドPBXを導入した方が効率的です。

フリーコール番号、自動音声応答、番号ポータビリティ、03番号の発着信といった通話に関する機能だけではなく、パソコンやスマートフォンなどでFAXを送受信できる「クラウドFAXサービス」や電話会議機能など、現場のニーズに即した便利な機能が数多く用意されています。

Clocoの料金プラン

クラウドPBX料金

【電話番号】

国内電話番号:初期費用200円、月額200円
フリーコール:初期費用2,000円、月額3,000円
ナビコール:初期費用1万1,000円、月額1万1,000円
海外電話番号:初期費用200円、月額200円

【ユニーク(回線)種別】

SIP端末(chあり):初期費用1,800円、月額1,800円
SIP端末(ch無し):初期費用500円、月額500円
発着転送:初期費用1,800円、月額1,800円
フロム発着:初期費用1,800円、月額1,800円

【オプション】

発信仕分:初期費用500円、月額500円
モニタリング:初期費用500円、月額500円
ウィスパリング:初期費用800円、月額800円
IVR:初期費用800円、月額800円
会議室:初期費用800円、月額800円
全通話録音:初期費用5,000円、月額500円/1GB毎

※すべて税抜価格です。

PBXの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

Clocoの導入実績・効果

ここからは実際に「Cloco」を導入した企業の例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

A株式会社

Clocoの導入事例ページ(Cloco株式会社 http://www.clocoinc.com/service/adopters 参照)によると、A社は、英会話スクールの運営を中心とした語学事業や、一般外国語会話教授を行っている会社です。クラウドPBXサービスを利用し、顧客問い合わせ窓口の業務改善を実現しました。

自動応答音声を活用し、問い合わせ内容によって受付窓口を変更しているので、電話がかかってくる度にマンパワーで各受付窓口に電話を振り分けていましたが、導入後はその手間を省くことができました。英会話スクールのようなサービス業は不特定多数の人から大量の問い合わせが来るため、受付窓口の業務改善によって大幅なコスト削減が期待できます。また、Clocoには全通話録音といったコールセンターに必要な機能がすべて揃っているので、不満を感じることも少ないでしょう。

株式会社B

Clocoの導入事例ページ(Cloco株式会社 http://www.clocoinc.com/service/adopters 参照)によると、B社は、金属やジョイント金具の加工や、船舶艤装品の輸入販売および輸出といった事業を展開している会社です。Clocoに興味を持ったきっかけは、PHSに052番号を付与することができる点と、グループ着信が行える点でした。

また、Clocoが提供しているクラウド型のFAXも活用しており「複数の宛先に一度に送れるので手間が減った」という声が上がっています。Clocoにはさまざまな機能があり、ニーズに合わせてオプションで必要な機能を選択することが可能です。特に、業務でFAXを利用する頻度が多い会社にとって、パソコンやスマートフォンでFAXの送受信ができるクラウド型FAXサービスは非常に魅力的な機能と言えます。

まずはClocoの見積もりを

「Cloco」を導入している企業はすでに3,000社。離れた拠点で業務を行う社員同士の内線通話や発信する電話番号の切り替えといったクラウドPBXの基本的な機能だけではなく、コールセンターの業務改善に特化した機能やクラウド型FAXなど、独自のサービスが多いのもClocoの特徴です。
サービス内容について疑問や質問がある場合は、Clocoのホームページから無料のチャット機能を使って問い合わせも可能です。

まとめ

この記事では、Clocoを紹介するとともに、導入する際のメリットや、サービスを選ぶ際の注意点も解説してきました。

「Cloco」は、コールセンター機能を抱えている会社や、クラウドPBXにさまざまな機能がほしいと思っている会社に特におすすめのサービスです。

社員同士のコミュニケーションだけではなく、オプションで外部との通話にかかるランニングコストも節約することが可能で、電話会議機能やモバイルPBX型ファックスなど便利な機能も充実しています。Clocoに少しでも興味を持った方は、まず見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

PBX探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

PBXの見積もりが最短翌日までにそろう