容量無制限のオンラインストレージ3選|保存期間・機能などを徹底調査!

ネットワークのイメージ

更新日:2019年01月15日 | 公開日:2019年01月15日

保存ファイルの多さから起こるパソコンのメモリ不足、またメモリ不足によってスマホで撮影ができないなど、容量不足が原因でストレスを感じることは多々あります。

そんな容量不足のストレスから解放してくれるのが、オンラインストレージです。容量不足を解消してくれるだけでなく、データやファイル受け渡しも時と場所を選ばず自由に行えるため、ビジネスにおいても日常生活においても活用されています。

現在オンラインストレージは、数多くのサービスやプランが用意されています。今回は、オンラインステージの基本的な情報をはじめ、おすすめのサービスを紹介していきます。

オンラインストレージとは

オンラインストレージとは

オンラインストレージとは、インターネットを介して利用できるディスクドライブ(ストレージ)のことです。

オンラインストレージを提供する会社に登録することで、誰でも利用でき、料金プランによって利用できるストレージの容量が変わってきます。

ファイルやデータが自動で保存される仕組みとなっているため、作成したファイルや画像、動画を自分のコンピューター、スマートフォン本体または外付けHDDやUSBメモリなどに保存することで、メモリ不足を解消できます。

また、保存されたファイルは、あらゆる端末から閲覧・編集が可能で、そのファイルを複数人で共有し、同時に作業ができるところも大きな特徴です。

容量無制限にする必要性って?

容量無制限にする必要性って?

あらゆるデータやファイルのバックアップや保存また共有をするのにとても役に立つオンラインストレージは、今やビジネスシーンでは必須となっています。

オンラインストレージには、無料で利用できるプランから高度なセキュリティ対策が施された有料の法人プランまで、さまざまなプランが設定されています。

各プランの違いで最も重要なのは、使用できる容量です。特に容量無制限のプランは、容量を気にする必要なく、自分の好きな画像や動画を大量に保存できるためおすすめです。

メリット

容量無制限プランを利用する最も大きなメリットは、サイズの大きなファイルやデータを大量に保存、バックアップできることです。

特に、大量の画像や動画を作成する企業や大人数で多くのファイルやデータを使用する場合には、容量無制限で利用できるオンラインストレージを選ぶことが必須と言えます。

データ保存の目安

ファイルやデータを保存する時に知っておきたいのは、どんなファイルやデータがどのぐらいのサイズであるのかということです。

画像や動画の場合はサイズを理解していないと、せっかくオンラインストレージを利用しているのに容量が足りず保存できないという結果になりかねません。現在のデータの作成量から、1日にどれぐらいデータを保存する可能性があるのか判断しておくことも大切です。

そのためにも1つのデータサイズを知っておくことで、容量無制限のオンラインストレージが必要であるかどうか判断できるはずです。

写真、動画の各データのサイズは、下記の表を目安にしてください。

写真データのサイズ目安
  • 写真(画像)データ:スマホカメラの場合は800万〜2000画素/3.6MB〜24MB
  • コンパクトデジカメの場合は1200万〜1800万画素/4.5MB〜8MB
  • デジカメの場合/1200〜2400万画素/4.5MB〜10MB
動画データのサイズ目安
  • 1.8GBのデータ量で比較するとHD動画では10分、フルHD動画の場合は5分、4K動画になると3分

例えば、大量の画像データを扱う企業の場合、毎日デジカメ画像を100カットアップすると、1年で約3万6,000枚となります。1枚のデータが4.5MBとしても年間162GBのストレージ容量が必要となります。

また、動画の場合は、10分のHD動画を制作し1日に1本アップしたとしても、年間で648GBのストレージ容量が必要となります。このことから、大量の画像や動画を制作、保存する会社や人の場合は、大きなストレージ容量を必要であることがわかります。

容量無制限のオンラインストレージ3選

それでは実際に、容量無制限プランがある人気のオンラインストレージを紹介します。

Box

Box トップページ

https://www.box.com/ja-jp/cloud-storage

法人向けに特化したオンラインストレージサービスのBoxは、法人向けとして世界最大シェアを誇っています。

多くの企業から支持されているその理由は、いつでもどこからでも、端末にとらわれることなく、安全に仕事環境にログインできることが挙げられます。

また、セキュリティ対策も万全で、世界中の大企業から信頼を得ています。

特徴

容量無制限で使用できるストレージ、シンプルで使いやすいツールや、簡単にファイル共有できることが特徴です。

ビジネス、ビジネスプラス、エンタープライズと3タイプのサービスプランは、どのプランを選んでもストレージ容量は無制限です。

また、アクセスも簡単で、webブラウザからアクセスする場合は、アプリをインストールしていなくても、ユーザID(登録のメールアドレス)とパスワードを入力するだけでログインできます。

さらに、セキュリティ面では、豊富なアクセス制限機能、ユーザの履歴を追えるログ監視機能が充実。これまで大規模なセキュリティ問題を起こしていないことで多くの信頼を得ています。

プラン

プランは4つ用意されており、スタータープランを除き3つのプランで容量無制限で利用可能です。

各プランの概要
概要 料金
ビジネス 最小3人〜上限なしで利用可能ですが、社外コラボレータとファイルを共有するには有償 年間1ユーザ2万1,600円、月額1,800円
ビジネスプラス 高度な管理コントロールと機能が利用できる上、上限なしで外部コラボレータとファイル共有可能 年間1ユーザ3万6,000円、月額2,000円
エンタープライズ 無限の統合、ワークフローの自動化を備えたコンテンツ管理が可能 年間1ユーザ5万0,400円、月額4,200円

おすすめポイント

Boxは、多くの企業や大学がその圧倒的なセキュリティの高さについて大きく評価しています。特におすすめなポイントを下記にて紹介します。

●セキュリティの高さ

法人向けに特化したオンラインストレージであるため、セキュリティの高さを意識して設計になっています。

●容量無制限のストレージ

3つのプランで容量無制限の利用可能です。大企業や多くのファイル、データを扱う企業には大きなメリットと言えます。

●カスタマイズできる

会社概要の設定、ロゴのアップロード、カラーの設定と会社のブランドに合わせてアカウントをカスタマイズできます。さらに、ログインページでは、すべての管理対象ユーザがログインした時に表示されるメッセージを設定することが可能です。

GoogleDrive(グーグルドライブ)

GoogleDrive トップページ

https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/

GoogleDriveは、Googleが提供するオンラインストレージサービスで、Googleアカウントがあればすぐにでも始められる手軽さが人気です。

Googleが得意とする優れた検索機能が搭載され、Googleドキュメントやスプレッドシートなどのオフィスアプリが無料で利用可能など、豊富な機能が充実している上、比較的リーズナブルな価格設定であることから、全世界で数百万人が利用しているオンラインストレージです。

特徴

Googleのあらゆる機能やサービスと連携し、Gmail、Googleフォトと共通のGoogleアカウントがあれば、誰でもすぐにスタートできることが最大の特徴です。

法人向けプランには、仕事に必要な独自ドメインのメールアドレス(@会社名.com)、チャット、ビデオ会議と言ったコミュニケーションツール、プロジェクト遂行に必要なドキュメント、スプレッドシートなどのオフィスツールが付帯されています。

加えて、検索機能やユーザー管理、モバイル端末管理機能による端末の保護、共有権限の設定などのセキュリティ機能と豊富な機能を搭載したG Suiteなど、機能性の充実しています。

プラン

用意しているビジネスプランは3つあり、Basicプランを除く2つのプランでストレージの容量無制限で利用できます。

各プランの概要
概要 料金
Business 容量無制限に加え、万全なセキュリティ対策で最も人気 月額1ユーザ1200円
Enterprise さらに高度なセキュリティ機能を搭載 月額1ユーザ3000円

おすすめポイント

さまざまな機能を持つGoogle Driveのおすすめポイントは、次の3つです。

●Googleドキュメントを使用できる

Googleドキュメントは、Googleが無料で提供するクラウド上にあるテキスト・文書を作成するためのサービスです。Googleドキュメントを保存しても、ストレージ容量に加算されないので、容量が圧迫されることはありません。

●万全のサポート体制

電話、メール、チャットと3タイプのサポートを365日24時間体制で行っています。管理者のアカウントでログインするだけで、何度でもサポートを受けられます。

●1つのドキュメントを不特定多数で同時に編集できる

作成したファイル・データを複数人同時にリアルタイムで、あらゆる場所・端末から閲覧・編集することが可能です。

Dropbox(ドロップボックス)

Dropbox トップページ

https://www.dropbox.com/ja/features/cloud-storage

Dropbox(ドロップボックス)は、無料で利用できるオンライストレージの先駆者として、個人向けプランが世界中に広がったサービスです。

現在では、有料の法人向けプラン含め世界中で5億人を超えるユーザーに利用されています。

特徴

操作性と利便性に優れていることが特徴で、同期が高速なうえに、マルチデバイスによるアクセスが可能なため、情報共有がスムーズかつ簡単に行えます。

また、他の多くのアプリと連動していることも特徴です。社内LANであるNASをはじめMicrosoft Office365やSNSなどさまざまなアプリとシームレスに連動しているため、作業効率の向上にもつながります。

プラン

法人向けプランDropbox Businessには、Standard、Advance、Enterpriseの3プランがあります。このうちAdvance、Enterpriseは、容量の制限なく利用可能です。

各プランの概要
概要 料金
Advanced ドメイン認証、高度なユーザー管理ツール機能など高度なセキュリティ対策が万全 年間1ユーザ2万4,000円、月額1ユーザ2,000円
Enterprise 拡張性の高いソリューションと個別サポートを必要とする企業向け 要問い合わせ

おすすめポイント

誰でも簡単に使える操作性の高さは、Dropboxの大きな魅力です。その他のおすすめポイントを簡単に紹介しておきます。

●同期が速くデータ共有が簡単

指定したフォルダ内にパソコンのデータやスマホの写真などのファイルを保存することで、自動的に同期される上、そのスピードが速いことは大きな魅力です。

●さまざまなデバイスに対応している

Windows、Mac、Linuxの各OSに対応したデスクトップアプリとiOS、Andoroidに対応したモバイル用アプリを提供しています。また、社内LANなどで利用されているNASとも連携しているため、あらゆるモバイル機器と社内外問わずファイル共有が可能です。

●他のアプリと連動できる

SNSをはじめ、メール、会計、WEB製作、データ活用・保存までさまざまな分野のアプリと連動できます。連動できる主なアプリにはMicrosoft Office365、ChatWork、freee、G-Mail、Facebook、WordPressなどがあります。

まとめ

今回は、容量無制限のオンラインストレージとして、3つのサービスを紹介しました。

ビジネスで利用できるオンラインストレージは数多くありますが、容量無制限に絞ると現在はこの3つのサービスに絞られます。

紹介したサービスは、容量が無制限であるだけでなく、様々な特徴やおすすめのポイントを持っています。無料で体験できる試用期間もあるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
9万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ