選ばれるチャットツールはこれだ!社内チャットで円滑コミュニケーション&作業効率化!

更新日:2017年03月22日 | 公開日:2015年01月26日

この記事を読むための時間: 3分

社内チャット導入のメリット

メールだと誤って誰かに送ってしまうことや、1つのメールに要件を全て詰め込んで相手からの返答待ち・・・遅い!
なんて、ちょっと億劫になったり苛ついたりした経験がある方は少ないと思います。
返事を待ってる間の時間が惜しい・もっと気軽にやりとりしたいetc・・・そんな方にオススメなのがチャットです。
メールだと後回しにしがちな案件も、チャットだと気づいた時点ですぐに返事をくれることが多いようです。
また、複数の人に一度に確認・相談したりなんてこともグループチャットなら可能です!

このまとめでは、様々なチャットツール・ソフトがある中、たくさんの企業に選ばれているチャットをご紹介します。
現在検討中の企業様のお役に立てれば幸いです。

1.chatwork

ファイル管理・タスク管理にも対応したビジネス向けチャットの王道と言えば、chatwork。

国産のチャットツールで、メールでは億劫だったことをすべて解決してくれたツールと言っても過言ではないです。文字が打てれば誰でも使えると紹介したサイトもあるくらいとても簡単で、音声/ビデオ通話も対応しているのでWEB会議も出来ます。

ChatWork株式会社紹介ページはコチラ

2.SMART Message

「SMART Message」は使い慣れたシンプルなデザインと高セキュリティが特長のビジネス向けチャットです。

管理画面より、御社のセキュリティポリシーに合わせて、端末単位や部署単位でセキュリティ制限の設定が可能になっており、自由度の高い設計になっています。


<機能(一部)>
・マルチデバイス
・IPアドレス制限
・ログイン有効期限設定
・ログ出力
・ファイル送信制限
・モバイル利用台数制限
など

セキュリティ管理に不安を持つ企業様には最適なビジネスチャットです。

ネオス株式会社紹介ページはコチラ

3.Slack

国内外のベンチャー・IT企業で最近のwebベースチャットです。機能が豊富&簡単で使いやすいので、乗り換える企業も多いのだとか。

現段階で説明などは英語ですが、iPhone/Androidなどのスマートフォンから見た場合でもデザインが崩れない上、デザインも綺麗で過去に添付したファイルなども簡単に調べることもできます。
載せたコードスニペットを保存することもできるそうですよ!

誕生秘話も面白いですね。

英語版のみという点がやや難しさもありますが、急速にユーザーを拡大しています。

4.HipChat

デスクトップアプリなので簡単にアクセス確認でき、「ブラウザとは別にしておきたいよ!」な方にはおすすめのチャットです。

様々なサービスとの連携が特徴で、JenkinsやGitHubとの連携も可能です。通知機能も優秀でオフラインのときにはメールが届くので確認漏れもなく安心して運用できます。

海外のサービスですが、管理画面もシンプルで見やすいので使いやすさ◎ですよ!

5.co-meeting

入力した内容が音声のように1文字単位で伝わる「ライブタイピングチャット」が大きな特徴です。
さらに未読既読管理ができるので、「会話がはやくてログが流れた」「重要なメッセージを見落とした」なんてことも防げます。

同時編集ができるノート機能も搭載していているため議事録作成にも優れており、その場に居なくてもミーティングや会議を進められる優れたコミュニケーションツールと言えます!

6.Skype

世界一有名なデスクトップアプリ型ツールといえばSkype。
音声通話のイメージが強いですが、メッセージ間のやりとりも簡単にできます。様々な国、言語に対応しているのでグローバル企業のやりとりにはオススメです!

元から使い方を知ってる人も多いので使い方がわからない・・・と言ったようなトラブルも少なそうですね。

【まとめ】自社にあったチャットツールを探すために

いかがでしたでしょうか?
いずれも使いやすいツールですが、タスク管理機能の有無やスマホアプリの充実度合いなど、会社によってこだわりポイントは異なりますよね。

ライトなコミュニケーションができるチャットツールも、一文字一文字丁寧にしたためるビジネスメールも、それぞれTPOに合わせた得意分野があるものです。会社の文化に合わせたツールの切り分けも重要ですね。
最近では、facebookやLINEでやりとりしているカジュアルな企業もあるようですよ。

今回ご紹介したツールも含め、御社に合ったサービス・プランを選びましょう!
自身で調べていて決め手に困った際は、日本最大級の発注業社比較サイト「アイミツ」までご相談ください。ツール情報に詳しいコンシェルジュがあなたの規模条件にあったツールを一緒にお探しします。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください