あなたの発注コンシェルジュ

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
掲載希望の方

公開日:2020年07月16日 更新日:2020年07月16日

サービス連携に強い交通費精算システムを厳選比較【2020年最新版】

経費精算システムを厳選比較

時間と手間のかかる交通費精算は、多くの人的リソースを割く必要があるコストの高い業務です。そのため、近年では「交通費精算システム」を取り入れて、業務の効率化を目指す企業が増えてきました。なかでも、ほかのサービスに連携できるシステムに注目が集まっています。

しかし、交通費精算システムには数多くの種類があるため、どれを選ぶべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。今回は、交通費精算システムのなかでもサービス連携に強いものをアイミツが厳選し、それぞれの特徴をお伝えします。

目次

経費精算システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

サービス連携に強い交通費精算システムが注目されている理由とは

システムの紹介に入る前に、交通費精算システムで何ができるのか、なぜサービス連携に強いと便利なのかを確認しておきましょう。

交通費精算システムとは、従業員が立て替えた交通費の精算に必要な一連の作業を、クラウドやオンプレミス上で完了させられるシステムです。従来は、紙の申請書を用いてやりとりされていた交通費データを、電子データとしてデータベースで一元管理し、申請者と承認者、経理担当者の間で共有。二度手間や時間の無駄を省けるため、業務効率化の実現につながるシステムです。

そして、交通費精算システムのなかでも、会計ソフトなどのサービスと連携しやすいものが今注目を集めています。会計ソフトや給与計算ソフトと連携できる交通費精算システムであれば、よりスムーズな経理業務を叶えられるでしょう。また、ICカードとの連携に強い交通費精算システムなら、交通費データを手入力する手間が省けるのも魅力です。

このように、サービス連携に強い交通費精算システムは、日々の業務をさらに効率化してくれます。交通費精算システムを選ぶ際には、どのようなサービスと連携できるのかをしっかりチェックしましょう。

おすすめ!サービス連携に強い交通費精算システム4選

それでは、アイミツが特におすすめするサービス連携に強い交通費精算システムを4つ紹介します。

Dr.経費精算

Dr.経費精算は、東京都千代田区に本社を置く「株式会社BearTail」が提供しているクラウド型の経費精算システムです。「作業時間90%削減」を実現できるシステムとして高い評価を得ており、一流企業の導入シェアNo.1を獲得している実力派となっています。

交通費精算では、モバイルSuica・モバイルPASMOのアカウントを連携させると自動的に乗車履歴を取得し、経費を作成可能。スマートフォンに交通系ICカードをかざすだけで、定期区間を除外した利用データを取り込めるので、精算業務が大幅にスピードアップできるでしょう。

自動仕訳されたデータは、あらゆる会計ソフトにCSV形式でインポート可能。現在社内で使っている会計ソフトを変更する必要がないのは、嬉しいポイントではないでしょうか。

【料金プラン】
・初期費用:10万円〜
・月額費用:6万円〜

マネーフォワード クラウド経費

マネーフォワード クラウド経費は、東京都港区に本社を置く「株式会社マネーフォワード」によって運営されているクラウド型経費精算システムです。同社が提供する「マネーフォワードクラウド会計(マネーフォワード クラウド確定申告)」と「マネーフォワード クラウド給与」との連携性能が高いのはもちろん、APIが発行されているため幅広いサービス連携に強いのも特長となっています。

交通費精算においては、Android端末にICカードをかざすだけで経路データの読み込みが可能。1台のAndroid端末を複数のメンバーで利用できるので、社内の入り口に専用の端末を設置し、営業から帰ったらICカードをかざしてデータを随時読み込むなど、便利な運用が実現できます。

【料金プラン】(1〜30名で利用する場合)
・クラウド基本料金:月額2,980円〜(年額プラン)
・従量課金:1名あたり500円〜

※価格は全て税抜き
※会計ソフトを含めたパッケージ価格

ジョブカン経費精算

ジョブカン経費精算は、東京都渋谷区に本社を置く「株式会社Donuts」が提供するクラウド型経費精算システムです。これまでに1万社で導入された実績を持つシステムで、経費精算業務を約1/10に削減できると高い評判を得ています。

交通費精算においては、ジョルダンの乗換案内と連携して金額を自動算出でき、申請者が経路や交通費を調べる手間を省くことが可能。最安値の経路を使っているかなどを表示させる機能もあるので、承認者の負担も削減できるでしょう。

また、同社のサービス「ジョブカン勤怠管理」で打刻に使用する交通系ICカードの履歴情報を、自動的に「ジョブカン経費精算」に読み込む機能も搭載。交通費精算業務を大幅に効率化できます。

【料金プラン】
・初期費用・サポート費用:0円
・月額費用:1ユーザーあたり400円

クラウド経費精算 freee

クラウド経費精算freeeは、東京都品川区に本社を置く「freee株式会社」が提供しているクラウド型経費精算システムです。

Android版のアプリに搭載された「交通費精算」機能を利用すれば、交通系ICカードを端末にタッチするだけで利用履歴が読み込まれ、そのまま経費精算を申請できます。

また、同社が提供する「会計ソフト freee」とのサービス連携に強く、承認された経費を1クリックで登録可能。経費精算と会計処理が一度に行えるため、業務効率化が進むでしょう。自動作成される同号振り込みファイルを利用すれば、振り込み作業も迅速に行えます。一連の作業を一箇所でこなせるため、経理担当者の負担が大幅に削減できるのではないでしょうか。

【料金プラン】
月額費用:3980円〜(税抜き価格、年払いの場合)

※会計ソフトを含めたパッケージ価格

経費精算システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

格安で始められる!サービス連携に強い交通費精算システム2選

次に、低コストで導入できる交通費精算システムのうち、サービス連携に強いものを2つ紹介します。

kincon

kinconは、東京都豊島区に本社を置く「株式会社ソウルウェア」が提供する「働きやすい」を実現するクラウド型交通費精算システムです。

サービス連携性能が高く、kintoneやコラボフローと連携して便利に使えるほか、SlackやChatworkと連携すればチャットで打刻と交通費読み取り記録が可能。また、GoogleやOffice365のカレンダーと連携させれば、訪問先を自動で入力できます。もちろん、CSV出力でさまざまな会計システムと連携させることも可能です。

1従業員につき月額200円からと、低コストで導入できるのが大きな魅力。なるべくコストをかけずに業務効率化を実現させたい方におすすめです。

【料金プラン】
月額料金:200円/1従業員(税抜き価格)

(最低利用人数:5従業員)

ハイ!経費

ハイ!経費は、東京都新宿区に本社を置く「株式会社バルテック」が運営するクラウド型経費精算システムです。交通費などの申請・承認・精算を⼀元化することにより、経理業務をスピードアップさせられます。

紙やエクセルでの管理では社員1名につき1ヶ月45分かかっていた作業時間を7.2分にまで短縮でき、年間で57万6,000円のコスト削減効果が可能。「駅すぱあと」と連携した自動経路検索が標準装備されており、定期区間の自動控除機能も備わっているため、申請者・承認者双方の手間を省けるのが魅力。また、ほかの会計ソフトとの連動も可能です。

低コストでありながら豊富な機能を備えており、1アカウントから利用できるため少人数の会社にも使いやすいシステムといえます。

【料金プラン】
・初期費用:1,000円/1アカウント
・月額費用:300円/1アカウント

※価格はすべて税抜き

まだまだある!サービス連携に強い交通費精算システム3選

ここから紹介する3つの交通費精算システムも、サービス連携の強さを重視する方におすすめです。

Concur Expense

Concur Expenseは、東京都中央区に本社を置く「株式会社コンカー」が提供しているクラウド型経費精算システム。世界で6,600万人が利用しており、日本でも5年連続トップシェアを誇る人気のシステムです。

サービス連携の幅が広いのが特長で、20種類以上の外部サービスとスムーズに連携可能。たとえば、「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所の「RODEM」で自動的に経路検索・経費算出ができますし、タクシー配車サービス「全国タクシー」を利用すれば利用した日時と金額が自動的に登録されます。

Concurとともに外部のサービスをうまく利用することで、交通費精算業務の自動化がどんどん進んでいくという仕組みです。こうして自動化が促進されれば、従業員の負担軽減だけでなく、ガバナンス強化にもつながるでしょう。

【料金プラン】
要問い合わせ

OZO3 経費

OZO3 経費は、愛知県名古屋市に本社を置く「株式会社ITCS」が提供する経費精算システムです。ジョルダンの「乗換案内.biz」とサービス連携しており、最適な経路と交通費を自動算出できます。

定期区間を自動的に控除する機能も備わっているため、過払い防止にも効果抜群。また、交通系ICカードとも連携できるため入力時のミスを防ぎ、承認者のチェック作業も大幅に効率化できます。

外貨レート対応機能も搭載しており、複数通貨にも対応可能。海外出張費の申請もスムーズです。申請内容に基づいて自動的に作成された仕訳データは、会計ソフトと連携可能。経理業務の負担を削減します。

【料金プラン】
・月額料金:360円/1名

(最低利用人数:30名)
※開始3ヵ月は半額、ほかに年額プランあり

eKeihi

eKeihiは、神奈川県相模原市に本社を置く「イージーソフト株式会社」が提供する経費精算システムです。20年の歴史と実績を持つシステムで、これまでに58万ユーザー、2,300社以上で導入されています。

交通系ICカードとの連携に対応しており、Android端末にICカードをタッチして乗降履歴を取り込み、精算データを作成可能。また、「駅すぱあと」アプリと連動した精算データの作成も可能です。

頻繁に訪問する場所がある場合は「訪問パターン」に登録しておけば、コードを選択するだけで簡単に交通費の申請ができるのも便利と言えます。

【料金プラン】
[クラウド型]
・導入費用:0円〜
・月額費用:2万9,000円〜
[オンプレミス型]
・初期費用:65万円〜
・保守費用:7万2,000円/年〜

経費精算システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

サービス連携に強い交通費精算システムを導入するメリット2つ

ここからは、交通費精算システムを導入する際に、サービス連携の強さを重視することのメリットを解説します。

情報を一元管理できる

交通費のデータと、ほかの経理業務で使うデータがバラバラの場所にあると、システムを切り替えたり、データを入力し直したりする必要があり、どうしても一定の手間がかかってしまいます。

その点、会計ソフトなどのサービスと連携できる交通費精算システムを導入すれば、必要な情報を一箇所にまとめることが可能です。経理業務に利用するあらゆる情報を一元的に管理できるため、さらなる業務効率化が可能になるでしょう。

利用の幅が広がる

サービス連携に強い交通費精算システムを選ぶことで、連携できるサービスの中に、これまで自社では使っていなかったものの、非常に便利に使えそうなサービスを発見することもあります。

つまり、交通費精算システムの導入がきっかけで、当初は想定していなかった業務が効率化できる可能性があるのです。これは、連携機能が弱く、交通費精算だけに特化したシステムではあまり得られないメリットだといえるでしょう。

サービス連携に強い交通費精算システムを選ぶポイント3つ

それでは最後に、サービス連携に強い交通費精算システムを選ぶときのポイントをお伝えします。

自社に必要な機能を明確にしておく

交通費精算システムの導入にあたって最も重要なのは、自社の業務を効率化できるシステムを選択することです。交通費精算のあり方は会社によって異なるため、他社にとって使いやすいシステムが、必ず自社でも活用できるとは限りません。

業務効率化をしっかり実現できるシステムを選ぶため、自社の交通費精算における業務プロセスを洗い出し、効率化を妨げている点を把握しましょう。そのうえで、どのような機能が必要なのかを明確にしておくのがポイントです。

セキュリティ体制を確認しておく

交通費精算システムには、従業員の氏名やメールアドレスなどの個人情報を登録しておくことが一般的です。クレジットカードやICカードと連携できるシステムの場合、カード番号も保存されています。

これらの情報が漏洩したり、データを改ざんされたりすることを防ぐため、交通費精算システムを選ぶ際にはセキュリティ体制をチェックしましょう。想定されるリスクへの具体的な対策が取られているか、第三者機関による認証を取得しているかどうかを確かめるのがおすすめです。

サポート内容を確認しておく

交通費精算システム選びでは、導入後のサポート内容も比較ポイントの一つです。交通費精算システムは、日々の業務の中で便利に使えるものだからこそ、なんらかのトラブルで長時間システムが使えなくなってしまうと、従業員にとってストレスとなり、本業にも少なからぬ影響を与えてしまいます。

トラブル時の対応が早く、普段からメールや電話などで不明点や疑問点に対応してくれる交通費精算システムを選べば、安心して運用を続けられるでしょう。

まとめ

今回は、アイミツが厳選するサービス連携に強い交通費精算システムを紹介しました。

交通費精算システムを導入するにあたって、サービス連携機能が優れたものを選べば、情報を一元管理できるなどのメリットを得られます。ただし、システムごとに機能の内容や料金プランが異なるため、複数のシステムを比較検討することが大切です。

アイミツでは、交通費精算システムの資料請求を始め、おすすめのシステムや運営会社の紹介を行っています。交通費精算システムの導入を考えていて、少しでもお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。経験豊富なコンシェルジュが、あなたの要望を丁寧にヒアリングした上で、最適な交通費精算システムを紹介させていただきます。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

経費精算システムの見積もりが最短翌日までにそろう