【作業効率UP間違いなし!】メールの一括送信に便利な無料で使える一斉メール送信ツールまとめ

メールアイコンを指で押す手

更新日:2018年04月25日 | 公開日:2015年01月26日

営業活動において、電話やメールは欠かせないツールとなっています。
その中でも営業メールというのはお手軽に多くの営業対象に接触できる大切な営業活動でありながら、メール送信の準備などで地味に時間を取られる作業ですよね。

そんな悩みを抱えた営業マンに朗報です!
今回ご紹介するソフトやマクロを利用すれば、同報メールを送る時間が大幅に短縮できるのです!
この記事ではオススメのメール一括送信ツールを5つピックアップしてご紹介します。

担当コンシェルジュ紹介

1.Mail Distributor

メール一括送信ソフトの定番とも言えるこちらのソフト。
宛名や電話番号などの個別の情報を簡単に挿入できる他、アドレス帳の管理、テンプレート文章の保存など、メールの同報一括送信に適した機能が充実しています。

直感的に操作しやすいサービスであることも魅力です。

2.Mail Track ~ フリーソフト~

官公庁などでも使われている信頼のおけるソフトの無料版です。
関数を使った個人情報の入力により個別に送信しているようなメールが打てることや、送信エラーとなったものだけをリストアップしてくれるなどの嬉しい機能があります。

ただ、HTML文章を使った場合に少々難ありという評判もありますので、メルマガよりは、営業マンの同報メールなどに配信するときに使ったほうが良いかもしれません。

3.メール一括送信マクロ~EXCELツール試行版ビジネス用

使い慣れたエクセルでの作業が可能なこちらのツール。
大手企業などでも導入実績のあるソフトの1ヶ月限定の試用版です。

関数による個別入力が可能であったり、送信先ごとに添付ファイルも変更可能、用途別にブック名の変更も可能という痒いところに手が届くサービス内容です。
HTML形式にも対応しているため、賑やかなメルマガの配信などにも適しています。

4.一括メール送信プログラム

「一括メール送信プログラム」ダウンロードページ
出典Vector

元々は開発者自身が使うために開発したツールを無料で公開しています。
個人作成ですが、基本的な送信機能は完備しており、送信件数制限がないなどの利点もあります。

5.一括送信ツール

「一括送信ツール」ダウンロードページ
出典Vector

Outlookとも連動しているため、Outlookユーザーの方におすすめのツールです。
複数人それぞれに違うファイルを添付することができるため、メールの文章は同じでもそれぞれに違う内容のファイルを付けて送信したい場合におすすめです。

【まとめ】

いかがでしたか?
ここでは書ききれないそれぞれの利点などもありますので、気になったサービスはそのサイトのメール一括送信の機能の説明を見に行ってくださいね。
便利なツールを使って仕事をより効率化し、限られた時間を有効に使っていきましょう。

もし、さらに詳細のデータを取得して営業に活用したい!という場合がありましたら、有料版のメール一括送信ツールの検討もおすすめします。
その際はぜひ日本最大級の発注業社比較サイト「アイミツ」までご相談ください。
ご希望の機能や予算に応じてあなたの条件にあったツールを持つ業者をご紹介させていただきます。

利用料0円

簡単 !3ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積もりが
    集まります