あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

MiiTelの評判と実態【2020年最新版】

「よりスピーディにお問い合わせに応えるために、コールセンターの業務効率化を図りたい」
「電話対応の際、顧客情報などをすぐに参照できるシステムがほしい」


このような場合に非常に役立つのが、コールセンターにおいて必須といえるCTIシステムです。CTIシステムを導入すれば、電話とコンピュータを連携させることができるため、顧客と通話をしながらも関連情報を表示することが可能です。

顧客へのスピーディな対応に不可欠なCTIシステムですが、提供している会社も多く、どれを選べばいいかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、数あるCTIシステムのなかでもおすすめである「MiiTel」について徹底解説。MiiTelを導入するメリットや、実際の導入事例などもご紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのCTIシステムを厳選!

目次

<総評>MiiTelは業績アップに強いCTIシステム

RevCommが開発・運営、コムレイズ・インキュベートが販売しているMiiTelは、一言でまとめると「成約率アップに強い」CTIシステムです。

詳細は後ほど述べますが、MiiTelはAIを活用しオペレーターを教育できるため、電話営業や顧客対応の質が自ずと向上。導入した企業の数々は、「アポイント獲得数が約5倍になった」「アポイント数が7倍になった」など、多くの成功事例を残しています。

CTIシステムを導入するからには成果にこだわりたい、という場合におすすめなのがMiiTelといえるでしょう。

CTIシステムを導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のCTIシステムの見積もりが可能です。CTIシステム選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
CTIシステム選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

MiiTelを導入するメリット5つ

紹介したような特徴がある「MiiTel」ですが、活用することで次のようなメリットがあります。

オペレーターの教育工数が削減できる

MiiTelの最大の特徴と言っても過言ではないのが、AI搭載型のクラウドIP電話であるということ。

AIが搭載されていることによって、

・話速:オペレーターが話すスピード
・被り回数:顧客が話をしているのに、話を被せていないか
・ラリー回数:会話のラリーは何回か
・Talk:Listen比率:話すと聞くの比率はどの程度か
・沈黙回数:会話途中でお互い沈黙してしまう回数
・抑揚:抑揚をもって会話ができているか。


などを定量的に評価・フィードバックすることができます。それによってセルフコーチングを促すだけでなく、自動文字起こし(会話内容を自動で文字起こしをしメモが不要)自動録音機能(会話内容を自動で録音し、重要な会話部分を聞き直しが可能)でチームメンバーの会話内容も倍速再生でチェック可能です。自分以外のオペレーターがどのように対応しているのか知ることで、より自身のスキルアップにもつながることでしょう。

AIがここまで細かに分析・評価・フィードバックまでを行ってくれることから、オペレーター教育の工数が大幅に削減できるのは大きなメリットです。それぞれがセルフコーチングで対応力を上げていくことにより、これまでは教育に割かなければならなかった時間も、コア業務へと割くことができるでしょう。

Salesforce・HubSpot・kintoneなどのCRM連携で生産性を向上

MiiTelを導入するメリットの2つ目としてあげられるのが、CRM(顧客管理システム)とも連携可能ということ。

CRMと連携させることによって、顧客名をクリックするだけで簡単に発信できるほか、着信時も顧客情報をポップアップ表示。ワンクリックで気軽に発着信、関連情報の参照も楽々行えるということから、生産性の向上につなげることができるでしょう。

また、それぞれの顧客のキラーワード(顧客に響く言葉)やNGワードの設定なども簡単に行うことができるので、より成約率の向上につながるのではないでしょうか。

CTIシステムに限らず、システムを導入する際「どれほど便利で使いやすいか」がポイントです。MiiTelであればUIや操作性もよく誰でも使うことができるので、「せっかくCTIシステムを導入したのに、スタッフが使いこなせない……」という失敗もないでしょう。

情報共有もスムーズ

コールセンターではオペレーターの質や教育なども重要ですが、オペレーター間における情報共有も重要なものの1つです。

たとえば、ある顧客に対し誰がどういった対応をしたのか、それに対する顧客の反応はどういったものかなどといったポイントは、きちんと他のオペレーターにも引き継いでおかなければなりません。この引継ぎを怠ってしまった場合、「前に話していた内容と違う!」、「その話はすでにもうしてある!」などとクレームにつながってしまうでしょう。

しかしMiiTelを導入すれば、情報共有もスムーズです。オペレーターと顧客の会話内容はすべて録音されており、とくに重要な部分を抜粋して共有するといった使い方も可能です。全文を文字起こしすることもできるため、電話終了後のデータ入力や書類記入などといったアフターコールワークの負担もカットできるでしょう。

運用までがスピーディ

「CTIシステムを導入したいが、なるべく早く運用できるものがいい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。そんな方にもMiiTelはおすすめのCTIシステムといえます。

MiiTelであれば、クラウド型のCTIシステムなので配線工事は一切不要です。運用までは「お申込み」・「アカウント発行」・「ご利用開始」のたった3ステップで、最短の場合翌営業日から運用をスタートできます。

クラウド型で配線工事がいらないため、部署移動や席替え、拠点移転なども問題ありません。面倒なシステムメンテナンスなども行う必要がないため、運用コストを格段に抑えることができるでしょう。

契約から運用までスピーディなシステムをお探しの場合や、運用の手間をなるべくかけたくないという場合、MiiTelがぴったりです。

コストパフォーマンスが高い

ここまでMiiTelがどれほど優れているかということを解説してきましたが、「これほど機能が充実していると費用が高そう……」と心配な方もいるのではないでしょうか。その心配はいりません。MiiTelは、コストパフォーマンスの高さも魅力の1つです。

MiiTelはクラウド型IP電話なので、固定電話を別途購入する必要はありません。IP電話によるやり取りであるため、通話料も大幅に削減できるでしょう。それだけでなく、初期費用は無料で1IDあたり5,980円で利用することができます。

AIによってオペレーターの教育が行えるほか、CRMとの連携で生産性も向上、オペレーター間の引継ぎも難なく行えるなどといった機能が充実していながらもこの値段なので、非常にコストパフォーマンスが高いといえるのではないでしょうか。

徹底調査で分かったMiiTelを使うべき人・会社

紹介したメリットを踏まえ、「MiiTel」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

アポ獲得率や商談獲得率の向上にこだわりたい会社

先にも述べたように、MiiTelはAI搭載型のクラウドIP電話です。

オペレーターが話すスピードや抑揚の付け方、ラリー回数などをAIが分析・フィードバックすることによって、オペレーターのセルフコーチングを促進し、自ずと会話品質を上げていくことができます。

CRMとも連携できるため、ワンクリックで気軽に発着信可能。顧客情報は自動で表示されるので、参照しながら通話できるのもポイントです。それぞれの顧客に響く言葉や言ってはいけない言葉なども登録することができるため、リスクを抑えつつ可能性を高めることができるでしょう。

会話品質の向上や生産性の向上は、すなわち成約率や商談獲得率の向上です。「CTIシステムを導入するからには、きちんと成果につなげたい」という会社にMiiTelは最適と言えるでしょう。

コストパフォーマンスに優れたCTIシステムを導入したい会社

MiiTelは、「コストパフォーマンスに優れたCTIシステムを導入したい」という会社にもおすすめできるCTIシステムです。

システムを導入するとなると多額の初期費用がかかってしまうイメージがありますが、MiiTelの場合はそのイメージを覆します。システムの初期費用は無料であるほか、設置工事費用やサーバー代などもかからないため、初期費用は一切不要で導入することができるのです。

「初期費用が無料でも、月額費用が高いんじゃないの?」と不安に思う方も多いかもしれませんが、MiiTelの月額料金は1IDにつき5,980円です。あったらうれしい機能が満載であるにも関わらず、コストパフォーマンスに優れた値段設定を叶えています。

CTIシステムを導入する費用をなるべく抑えたいが、機能面も妥協できない。そんな会社にぴったりなのがMiiTelといえます。

これまでに多くの導入実績を誇るCTIシステムをお探しの会社

MiiTelは、その優れた機能やコストパフォーマンスの高さなどが多くの高評価を呼び、数多くの企業に導入されてきたCTIシステムです。これまでの累計導入社数はサービスローンチしてから約1年半で約300社以上、ユーザー数はなんと約8,000で、900万回以上の通話がMiiTelを通し行われてきました。

ただ導入実績数が多いだけではなく、多くの成功事例を残していることもMiiTelを信頼できるポイントです。「導入後の架電回数が140%もアップした」、「新人スタッフであってもアポイント獲得率が5倍に」、「新人教育が3ヵ月→1ヵ月に大幅削減」など、さまざまな企業で確かな成果をあげています。

CTIシステムを導入するからには、やはりその効果に期待したいものです。効果が期待できそうかどうかは、これまでの導入実績を見れば一目瞭然です。数多くの企業に導入され、たくさんの成功事例を残しているMiiTelは、安心して導入できるCTIシステムといえるのではないでしょうか。

MiiTelの料金プラン

先にも述べたように、MiiTelは非常にコストパフォーマンスに優れたCTIシステムです。

AIが搭載されており機能が充実していながらも、初期費用は無料、月額料金は1IDあたり5,980円で利用可能、また契約期間は1ヵ月〜と導入負担が少なくなっています。

機能が豊富なCTIシステムは他にもありますが、初期費用が非常に高い、月額料金も予想以上にかかるという場合が少なくありません。しかしMiiTelであれば、初期費用を格段に抑えられるのみならず、ランニングコストもコストパフォーマンスに優れています。

気軽に導入できるのにうれしい機能は満載なのが、MiiTelなのです。

MiiTelの導入実績・効果

ここからは実際に「MiiTel」を導入した企業の例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

IT業界 A社

MiiTelの導入事例ページ(株式会社RevComm https://miitel.jp/archives/case/1447参照)によると、BtoB企業が抱える営業や経営に関する課題を解決するプラットフォームを運営しているA社。一人の営業スタッフがファーストコールからクロージングにいたるまでをまとめて担っていましたが、アポイント獲得に対する効率が非常に悪いという課題を抱えていました。

営業スタッフによって、商談の出来や成約率にも差が生じており、営業活動をよりブラッシュアップできないかと考えた後に、インサイドセールスとフィールドセールスの分業体制を決断したとのことです。

しかし、インサイドセールスチームとフィールドセールスチームの情報共有がうまくいかず、うまく体制を構築していくことに難航していた頃、MiiTelを導入。通話録音機能を情報共有や新人教育に活用し、営業活動がよりスムーズになりました。録音された内容をシェアできることにより、顧客の声色や温度感までをも感じ取れるため、より有利に営業を進めることができたのです。

新人スタッフはその日の失敗パターンの録音を聞き、どう対応するべきだったかをロールプレイング。MiiTelを活用し、すぐに活かせるスキルを磨いています。

数字として確かな成果もあげており、アポイント数はこれまでの7倍に。今後もMiiTelを活用し、インバウンドマーケティングをより一層盛り上げていくとのことです。

人材業界 B社

MiiTelの導入事例ページ(株式会社RevComm https://miitel.jp/archives/case/122参照)によると、オペレーターの会話量や沈黙数、ラリー数などが分かりやすく可視化されているMiiTelのダッシュボードに惹かれたのち、さまざまな検討の上で導入を決めたB社。

MiiTel導入前はトークのひとつひとつを細かくモニタリングできず、オペレーターへの教育時間がなかなか割けないことに課題がありました。オペレーターのモチベーションもあまり上がらず、自発的に学ぼうという姿勢がなかなか見られなかったのです。そんな中出会ったのが、セルフコーチングを促進するMiiTelでした。

MiiTelの導入後は、それぞれの顧客対応がどのような内容だったのかがデータを見れば把握できるほか、気になる部分の音声もすぐに確認できるため、オペレーターの成長もきちんと把握できるようになったとのこと。

新人オペレーターの育成が格段にスムーズになり、新人であってもアポイント獲得数がなんと5倍に。先輩たちの通話音声を聞いて学ぶなど、能動的な姿勢が見られるようになったのも大きな進歩でした。

今後も引き続きMiiTelを活用し、チーム全体のセルフコーチング力をあげ、業績向上につなげていきたいとのことです。

まずはMiiTelの見積もりを

ここまで、MiiTelを導入するメリットや、どんな会社におすすめなのか、実際の導入例などをご紹介してきました。AIによる分析でセルフコーチングを促すほか、CRMとの連携でより業務がスムーズになるなど、うれしい機能が満載であることをご理解いただけたのではないでしょうか。

しかし、今回ご紹介できたのは、MiiTelの魅力のほんの一部でしかありません。MiiTelにはこの他にもさまざまな機能があるため、より詳しく知りたいという場合には、ぜひ「アイミツ」から見積もりをとってみてください。

まとめ

本記事では、数あるCTIシステムのなかでもおすすめなMiiTelについて解説してきました。

セルフコーチングを促進するという他のサービスにはない強みによって、その場しのぎではない確かな対応力が備わり、会話の質がみるみる向上していくのがMiiTelを導入するメリットです。

会話の質が上がれば、アポイント獲得数や成約率は自ずと上がっていくもの。CTIシステムを導入して業績向上につなげたいのであれば、MiiTelは非常におすすめなシステムといえるでしょう。

CTIシステム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

CTIシステムの見積もりが最短翌日までにそろう