あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

CTIシステム「INNOVERA PBX」の評判と実態【2021年最新版】

INNOVERA PBX

INNOVERA PBX(イノベラ ピービーエックス)は、大阪市に本社を構えるプロディライトが提供するCTIシステム・クラウドPBXです。士業やIT企業、コンサルティング企業や不動産会社など、さまざまな企業から導入されている人気のシステム。

今回は、10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのCTIシステムを厳選!数ある中から「INNOVERA PBX」をピックアップ。評判と実態を徹底解明します。

目次

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

<総評>INNOVERA PBXは機能性抜群のサービス

INNOVERA PBXは、機能性抜群のCTIシステム・クラウドPBXです。着信・転送・情報管理など、基本的な電話システム機能を網羅しているのはもちろん、クライアントの声から生まれた多彩な機能を標準搭載しているのも魅力。

通信費を抑えられる独自のサービス「90秒課金IP-Line」を取り入れているのも特徴。高機能のCTIシステムをリーズナブルに利用したい方に、最適のサービスでしょう。


CTIシステムの導入をご検討中の方は、無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、人気CTIシステムの一括見積もりが可能です。CTIシステム選びの時間も大幅に節約できるでしょう。

CTIシステム選びでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください!

INNOVERA PBXの7つのメリット

ご紹介した特徴を持つ「INNOVERA PBX」ですが、活用すると次のようなメリットがあります。

多くの便利な機能を標準搭載

INNOVERA PBXのメリットは、多くの便利な機能を標準搭載していること。数多くのクライアントのリアルな声を参考に、機能の追加やブラッシュアップを行なっているのもポイントです。

電話システムの基本機能である着信・転送・情報管理機能をはじめ、営業時間外のアナウンスを細かく登録できる自動応答機能や、印刷に便利な内線番号表の自動生成機能、音声ガイダンスで振り分けが可能なIVR機能などが搭載されています。

通話録音機能が6ヵ月無料

INNOVERA PBXでは、電話システムの要である通話録音機能が6ヵ月無料なのも嬉しいメリット。通話は全て自動で録音され、録音データはデータ容量の制限なく6ヵ月間保存できます。

もちろん機能は標準搭載のため、追加料金は必要ありません。電話での業務が事業の中核を担う企業や、録音データを生かしたナレッジの蓄積・業務改善を図りたい企業にとっても、非常に便利なサービスです。

発信者の位置情報を把握

INNOVERA PBXには、発信者の位置情報を把握できる機能も搭載されています。テレワークを取り入れている企業や人材派遣会社、営業担当者を多く抱える企業にもおすすめ。

専用画面から発信のあった携帯電話の位置情報を取得できる「位置情報コール機能」で、従業員や派遣スタッフが然るべき場所で業務を行なっているかを素早く確認。位置情報の取得に加え、声による本人確認も可能です。

「IP-Line」サービスが便利

INNOVERA PBXでは、独自のIP電話回線の「IP-Line」を採用しています。他社にはない90秒課金サービスで、通話料を大幅に抑えることが可能。IP電話のため市内外に関わらず、全国一律の通話料で利用できるのも魅力でしょう。

また、工事や機器などは不要で電話番号をそのまま利用できるのも便利。システムの導入費用を抑えたい方にも、ランニングコストを抑えたい方にも嬉しいサービスです。

操作が簡単で導入しやすい

INNOVERA PBXは、ユーザー目線での「わかりやすさ」にこだわり抜いて作られたシステムです。画面操作が簡単で、システムの利用に慣れていない企業や部署でも、導入しやすいのが魅力。

新たなシステムの導入には、社内での研修や説明会が必須でしょう。INNOVERA PBXであれば、マニュアルを読まずとも直感的に操作できるデザインのため、導入研修やトレーニングに時間を取れない企業でも安心です。

スマホを内線にできる

INNOVERA PBXであれば、専用アプリを入れるだけで、スマートフォンを内線にできます。外回りの多い営業職や、リモートワークでも電話サービスを利用したい方にも心強いサービスです。

AndroidかIOS機器で、インターネット通話(SIP)アカウントを利用することで、誰でも、どこにいてもスマートフォンで簡単に発着信が可能。転送とは異なり、オフィスの電話と同時に鳴るのも便利なポイントです。

安心のカスタマーサポート

INNOVERA PBXには、導入前後のクライアントを全面サポートする、充実のカスタマーサポートも用意されています。サービスを知り尽くした担当者が丁寧に電話サポートしてくれるため、運用が不安な企業でも、安心して導入できるでしょう。

不明点の解消ができるだけでなく、「こんな機能がほしい!」などの要望も伝えることができるため、ベンダーとのコミュニケーションの場としても活用できます。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

徹底調査でわかったINNOVERA PBXを使うべき人・会社

ご紹介したメリットを踏まえ、「INNOVERA PBX」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

外回りの営業社員が多い企業

INNOVERA PBXには、外回りの多い営業職に便利な機能が盛りだくさん。専用アプリを使うことで、スマートフォンを内線にできるため、出先でも移動中でも、クラインアントからの問い合わせをキャッチできます。取引先とのコミュニケーションを強化できるのはもちろん、電話を取り損なうことで起こる営業機会の損失を防ぎます。

「位置情報コール機能」も、多くの営業担当者を抱える企業にとって頼れる機能のひとつ。専用画面から発信のあった携帯電話の位置情報を取得できるため、営業担当者は移動中なのか取引先に到着しているのか、または商談の場所などを、容易に管理・把握できます。

リモートワークを推進したい企業

INNOVERA PBXは、リモートワークを推進したい企業にとっても有意義なサービスです。前項でも述べた通り、INNOVERA PBXは、専用アプリを使うことで場所を選ばず電話の発着信ができます。そのため、在宅勤務を推奨したい企業や、場所やエリアを問わず人材を活用したいと考える企業にとっては、うってつけのサービス。

また、90秒課金の「IP-Line」であれば、市内外問わず全国一律の通話料で利用できるため、拠点の異なるスタッフや、遠方でのリモートワークでも費用がかさむ心配はありません。INNOVERA PBXは、これからの時代に欠かせないCTIシステムとなり得るでしょう。

導入しやすいCTIシステムを希望する企業

新システムの導入には、各部署との調整や実際に利用するスタッフへの説明・トレーニング、スムーズな運営を叶えるためのマニュアルの用意など、さまざまな手間と時間がかかります。そのため、従来のシステムを使い慣れているベテラン従業員などから不安の声が挙がることも少なくないかもしれません。

しかし、INNOVERA PBXは直感的に操作しやすく、マニュアルの読み込みやトレーニングの必要もありません。システムについて熟知したスタッフによるカスタマーサポートが用意されているのも安心。操作の中で生まれた疑問などを、丁寧な説明で解消してもらえるほか、機能についての要望も伝えられます。

INNOVERA PBXの料金プラン

INNOVERA PBXの導入・運用にかかる費用は、資料請求・問い合わせで知ることができます。

ここでは、IP-Lineの利用料金をご紹介しましょう。

【初期費用】
番号発行手数料(050番号):1,000円/1番号
番号発行手数料(0AB〜J番号):2,500円/1番号
番号ポータビリティ手数料:1,500円/1番号

【月額基本料金】
番号利用料:月額 1,000円/2チャネル(1番号)
チャネルアップ利用料:月額 150円/1チャネル


【通話料(固定電話宛)】
固定宛通話料:4.6円/90秒
固定宛通話料:7.9円/180秒

【通話料(携帯電話宛)】
携帯宛通話料:8.0円/30秒
携帯宛通話料:15.0円/60秒

※価格はすべて税抜
※別途、番号ごとにユニバーサルサービス料が発生

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

INNOVERA PBXの導入実績・効果

ここからは、実際に「INNOVERA PBX」を導入した企業の例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

A株式会社

INNOVERA PBXの導入事例ページ(株式会社プロディライト https://innov-era.com/index.php/work/ 参照)によると、製造業や流通業などに向けシステム構築・ITインフラサービスを提供するA社は、INNOVERA PBXを導入して2年目を迎える企業です。利用しているサービスは、「INNOVERA PBX」「IP-Line」「Free-ProLine」の3つで、30〜50のアカウントを利用しています。

CTIシステム・クラウド型IP-PBXの導入を検討し始めたのは、ヘルプデスクの規模拡大のタイミングでした。オペレータ業務の効率化や、職場環境の改善を目指したといいます。

INNOVERA PBXの導入を決めたのは、管理画面のわかりやすさに加え、必要な機能だけを選べるオプションの柔軟性でした。加えて、短納期・低コストで導入できることや、営業担当者の手厚い対応も好印象だったと話します。

導入後、社内の電話オペレーションは固定電話からソフトフォンへ変更。目的としていたヘルプデスク環境の改善にも成功しました。繁忙期には問い合わせの3割をIVRで対応できるため、業務の効率化も実現。充分にINNOVERA PBXを活用しています。

B株式会社

INNOVERA PBXの導入事例ページ(株式会社プロディライト https://innov-era.com/index.php/work/ 参照)によると、B社は、オフィスの開設から移転計画立案、オフィス環境の課題解決まで、クライアントのオフィス戦略をサポートする企業です。現在は、「INNOVERA PBX」と「INNOVERA AutoCall」を50~100アカウントで利用しており、利用開始からは5年目を迎えています。

CTIシステムの導入を検討したのは、人員・拠点数の増加に伴いビジネスフォン設備を見直したかったためと、効率的に顧客とのコンタクト回数や通話時間を把握し、電話営業の分析をしたいと考えたためでした。

導入後は、顧客からの電話を外出中の担当者へスムーズに取り次げるようになり、電話業務の効率化・簡略化を実現。目的のひとつであった営業活動の分析も、通話記録・音声データを活用して行なっています。

まずはINNOVERA PBXの資料請求を

ここまで、INNOVERA PBXを導入するメリットや、有効な活用方法などをご紹介しました。多岐にわたる業種・業態の企業から導入されている、INNOVERA PBX。多くのメリットからわかる通り、システムの導入を通して、社内の電話環境の大幅な改善を見込めます。

「INNOVERA PBX」の導入を検討している方は、まず「アイミツ」で資料を請求し、内容を確認したうえで判断するといいでしょう。

まとめ

今回は、注目のCTIシステム「INNOVERA PBX」をご紹介しました。INNOVERA PBXは、機能性抜群なCTIシステム・クラウドPBXです。電話システムの効率化や生産性の向上をはかりたい企業には、うってつけのシステムでしょう。

CTIシステムのリプレイスを考えている方や、高品質のCTIシステムを導入したい企業は、導入を検討してはいかがでしょうか。まずは「アイミツ」からの資料請求をご利用ください。

CTIシステム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

CTIシステムの見積もりが最短翌日までにそろう