作業効率がアップする「web打刻サービス」導入のメリット

更新日:2017年06月28日 | 公開日:2014年12月11日

日々デジタル化が進んでいますが、勤怠管理に関しては未だにアナログな面があり、タイムカードを使用して勤怠の管理を行う会社は多くあります。
しかし、タイムカード方式だとコストがかかりますし、運用面でもその分の人員が必要になります。また、不正打刻の問題が発生する可能性もあります。これらの問題を解決する為にweb打刻システムを採用している会社がいま増えてきています。
この記事ではweb打刻システムのメリットについてご紹介します。

メリット1 従来の勤怠システムから開放される

自社でシステム資産を購入・保有する必要がなく、これまで煩雑な作業に追われていた勤怠管理をコンピューターによって一元化できます。これによって、システム導入・維持費用の軽減、勤怠管理の人件費削減が従来と比べてコスト面でも安価になります。

メリット2 勤怠上の不正がなくなる

コンピューターによる一元管理の為、不正勤怠等を未然に防ぐことが可能です。実態に即した勤怠状態が常にアップデートされる為、法律に触れるような過労働状況も即日チェックすることができます。

メリット3 低コストでの導入が可能である

初期導入するためのシステム自体が、設定などの簡便な対応のみになるので導入コストを削減できます。また、その後の運用にかかるコストは、コンピューターが主体になるので人件費がかかりすぎることはなくなります。従業員へ配布するカードを自社で作成することができるなど、追加で発生する費用がほとんどありません。

WEB打刻システムは従来の勤怠カードに比べ、運用が非常に簡便であること、勤怠不正を未然に防げること、運用面でのコストが非常に安いことなどのメリットがあります。運用に際しても特別な手間も必要なく、従業員数が増えれば増えるほどそのメリットは大きく享受できます。導入に悩む理由は見当たりません。もしWEB打刻システムに興味があるのならば、導入の手配をはじめてみてはいかがでしょうか。

【まとめ】「web打刻」のメリットを最大限生かすために

この記事では、「web打刻」のメリットについてご紹介しました。
これらのメリットを魅力に感じ、自社にも導入したいとお考えの方は是非一度、日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」にご相談ください。

「アイミツ」ではコンシェルジュがお客様のご希望を伺い、運営目的にぴったりのしすてむかいはつかいしゃをご紹介します。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください