あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

おすすめのクラウド型ワークフローシステム13選

ワークフローシステムを厳選比較

ワークフローシステムとは、日々の業務効率の改善につながるツール・サービスのこと。申請書のペーパーレス化や各種フローのデジタル化などが該当します。

ワークフローシステムでも最近の主流となっているのが、サーバーを構築せずともすぐに利用できるクラウド型。この記事では、10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのクラウド型ワークフローシステム13選をご紹介するので、費用を抑えながらもシステムを導入したい型はぜひ参考になさってください。

ワークフローの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

目次
このページについて

1.クラウド型ワークフローシステムの3つのメリット

ここでは、クラウド型ワークフローシステムのメリットを3つご紹介します。導入を検討中の方は参考にしてください。

どこからでも利用できる

クラウド型のワークフローシステムの最大の特徴は、インターネット環境さえあれば利用できる点。スマホと連動しているサービスも多く、出張先からでも申請・承認作業を進めることができます。日々の無駄な時間を削減できるでしょう。

社外での作業に向いているということは、リモートワークにも対応可能ということ。働き方改革を推進している企業にもクラウド型のワークフローシステムはぴったりです。

小まめな進捗管理ができる

クラウド型のワークフローシステムを導入すれば、小まめな進捗管理が可能。情報が紙の書類ではなくデータでまとめられているからです。書類の差し戻しといったリスクを防ぐこともできるでしょう。

申請状況を確認することができるので、社員のストレス削減にもつながります。どこで流れが止まっているのかチェックすることもできることから、効率的な業務フローを実現するための意識改革にも役立つはずです。

導入から開始までが早い

導入から実際の運用までがスピーディという点もクラウド型ワークフローシステムのメリット。サーバを構築するオンプレミス型とは違い、クラウド型はサーバーの構築が必要ないため、早い場合には申し込み後即日で利用を開始することもできます。

設備投資費用を削減できるという側面もあり、手軽にワークフローシステムを利用してみたい方にぴったり。なかには初期費用を無料に設定しているサービスもあるため、イニシャルコストも抑えられるでしょう。

2.特におすすめ!クラウド型ワークフローシステム5選

ここでは、クラウド型ワークフローシステムの中でも特におすすめできる5つをご紹介します。

2- 1. ジョブカンワークフロー

株式会社Donuts
出典:株式会社Donuts https://wf.jobcan.ne.jp/

ジョブカンワークフローは、東京に本社を構えるDonutsが運営するクラウドサービスです。多様な申請書への対応、承認経路の手軽な作成、スマホでの操作など幅広い機能を搭載。業務効率化を実現できるクラウド型のワークフローシステムとして人気を集めています。
タマホーム、エイベックス、ラクスルといった有名企業など、導入実績が1万社という点もポイント。従業員規模に関わらず、さまざま業界の導入実績を誇ります。
また、最短即日でワークフローシステムの運用を開始可能。1ユーザーあたり300円(税別)で利用でき、初期費用やサポート費用も必要ありません。30日にわたる無料お試し期間が存在するので、はじめてワークフローシステムを導入する方も安心です。オプションを活用すれば、初期設定を代行してくれるサービスもあります。

設立年
2007年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区代々木2丁目2-1 小田急サザンタワー8階

2- 2. Streamline

株式会社ミトリ
出典:株式会社ミトリ https://streamline.mitori.co.jp/

Streamlineは、神奈川県に本社を構えるミトリが手掛けるクラウド型のワークフローシステムです。文書作成や決済、帳簿印刷などさまざま機能が搭載されており、スマホやタブレットからも操作可能。紙の書式をイメージしたデザインなので、感覚的に利用できるでしょう。
大東建託、大和商工会議所、イズミ物流など、計1,500社での導入実績を誇り、1933年に創業した老舗企業でも活用されてきました。信頼できるワークフローシステムをお探しの方にぴったりです。
料金プランはBasicとProfessionalの2種類を用意しており、1ユーザーあたりの価格はそれぞれ300円と750円。クライアントのニーズごとにサービス内容を調整できます。弥生会計や勘定奉行といった外部システムとの連携も可能です。

設立年
1960年
会社所在地
神奈川県大和市柳橋3丁目12-10 ミトリビル
電話番号
046-267-6071

2- 3. X-point

株式会社エイトレッド
出典:株式会社エイトレッド https://www.atled.jp/

X-point Cloud(エクスポイントクラウド)は、東京都にあるエイトレッドが運営するクラウド型のワークフローシステムです。申請書の作成や承認機能をはじめ、各種グループウェアとの連携が可能。部門単位の導入に優れているだけでなく手軽に利用できるので、中小企業におすすめのワークフローシステムといえるでしょう。
もちろん、従業員数が多い企業との取引経験も豊富。多摩化学工業、ABC-MART、ブックオフをはじめ、獨協大学や流通経済大学といった教育機関で採用されています。
1ユーザーあたりの料金は500円(税別)に設定されており、初期費用は14万円(税別)。1年契約のプリペイドプランの場合、費用を全額前払いすることで1ユーザーあたり475円(税別)にすることができます。ランニングコストを抑えたい方にぴったりでしょう。

設立年
2007年
会社所在地
東京都渋谷区渋谷2丁目15番地1号 渋谷クロスタワー1F
電話番号
03-3486-2812

2- 4. クラウドERP freee

freee株式会社
出典:freee株式会社 https://www.freee.co.jp/cloud-erp/ac/workflow/

クラウドERP freeeは、東京都にあるfreeが手掛けるサービスです。クラウド型のシステムで、申請から承認、会計から管理まで対応できます。スマホでの操作が可能なので、出張中などでも問題ありません。過去の申請を検索する機能が搭載されており、分析や監査対応や分析業務をカバーできるでしょう。
経営データをリアルタイムに集計できることから、スピード感のある意思決定につながるのもポイント。さらにグローバルスタンダードの「TRUSTe(トラストイー)」認証を取得しており、セキュリティ対策も万全です。
クライアントのニーズをヒアリングした上で、最適なプランを提案してくれるのもポイント。オプションを活用すれば、導入活用支援を受けることができます。ワークフローシステムの導入になれていない方でも安心です。

設立年
2012年
従業員数
500-999人
会社所在地
東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F

2- 5. 承認Time

SBIビジネス・ソリューションズ株式会社
出典:SBIビジネス・ソリューションズ株式会社 https://shonintime.sbi-bs.co.jp/

承認Timeは、SBIビジネス・ソリューションズが運営するクラウド型のワークフローシステムです。スマートフォンやタブレットに対応しており、申請書類のペーパーレス化を実現できます。承認ルートの設定にも柔軟に対応でき、ExcelやPDFといったファイルの添付も可能。多様な機能が搭載されているので、業務効率の改善を期待できるでしょう。
ビー・ビー・バックボーン、ファーストブランドなどweb関連の企業から、STUDIOUS(ステュディオス)といったファッション関連の企業まで、幅広い業界での導入実績を誇るのもポイントです。
料金プランに関しては、1〜50ユーザーで月額2万5,000円(税別)。追加ID利用料は50ユーザー単位で1万円(税別)に設定されており、ユーザー数が増えるほどお得になります。

設立年
1989年
会社所在地
東京都港区六本木一丁目6番1号 泉ガーデンタワー
電話番号
03-6229-0809

3.リーズナブルなクラウド型ワークフローシステム5選

つづいて、リーズナブルなクラウド型ワークフローシステムを5つご紹介します。コストを抑えたい方は必見です。

3- 1. WaWaFlow

株式会社アイアットOEC
出典:株式会社アイアットOEC https://www.wawaoffice.jp/product/workflow/

WaWaFlowは、岡山県にあるアイアットOECのクラウド型ワークフローシステムです。申請書の作成や承認機能はもちろん、文書管理やクレーム報告まで対応。さまざま機能が搭載されており、スマートフォンやタブレットでも利用できます。
料金プランに関しては、1ユーザーあたり400円(税別)とリーズナブルな価格に設定。初期費用も必要ないので、コストを抑えつつワークフローシステムを導入できます。14日間の無料体験も用意されており、システムの使いやすさなどを体感してみたい方にぴったりでしょう。
従業員数が1,200人に上る企業でだけなく、医療機関との取引経験もあるのが信頼できるポイント。24時間体制でサーバの運用を監視しており、セキュリティ対策も万全です。安全かつリーズナブルにワークフローシステムを利用できます。

設立年
2004年
従業員数
100-499人
会社所在地
岡山県岡山市北区本町6番36号 第一セントラルビル9F
電話番号
086-227-1133

3- 2. Hachikin

株式会社NVC
出典:株式会社NVC https://hachik.in/

Hachikinは、東京都にあるNVCが提供しているサービスです。クラウド型のワークフローシステムで、勤怠管理や経費精算に対応しています。申請書類のCSV出力も可能なので、業務効率改善に役立つでしょう。
最大の特徴はなんといっても料金プランで、勤怠管理・経費精算機能を無料で利用できるフリープランが用意されているのがポイント。有料プランの種類も豊富で、ユーザー数ごとにスモール、ミディアム、ラージから選択可能。無料期間が30日にわたって存在し、はじめての方も安心です。
さらに256ビットAES方式を採用しており、入力されたデータの大半は暗号化されます。セキュリティ対策にも注力しているので、トラブルを避けることが可能です。気軽かつ安全なワークフローシステムを試してみたい場合にぴったりでしょう。

会社所在地
東京都港区芝浦2-16-7  中野第三ビル5階
電話番号
03-6453-8692

3- 3. SmartFlow

VeBuIn株式会社
出典:VeBuIn株式会社 https://smartflow.vebuin.com/

SmartFlowは、茨城県に本社を構えるVeBuInのサービスです。クラウド型のワークフローシステムで、申請・承認などの機能が搭載されています。Mobile Firstデザインで設計されており、スマホに対応している点もポイントです。
料金プランに関しては、StandardとProfessionalの2種類を用意。Standardの場合は20ユーザーまで無料で利用できます。Professionalの場合でも、1ユーザーあたり300円かつ初期費用無料なので、リーズナブルな価格でワークフローシステムを導入可能。ランニングコストをできるだけ抑えたい方にぴったりでしょう。
SlackやLINE WORKSなどとの外部連携ができるのもうれしいポイント。メールや電話でのサポートに対応しているので、万が一のときも安心です。

設立年
2015年
会社所在地
茨城県つくば市二の宮3-13-2 TOS二の宮2F 2-B
電話番号
029-893-3535

3- 4. Styleflow

TDCソフト株式会社
出典:TDCソフト株式会社 https://www.tdc.co.jp/product/styleflow/

Styleflowは、東京都に本社を構えるTDCソフトのクラウド型ワークフローシステムです。申請・承認・決済といった基本的な機能が搭載されており、プログラム知識がなくても手軽に導入可能。東京ガスや三菱グループとも取引経験があり、信頼できるサービスです。
また、リーズナブルな価格設定も注目したいポイント。1ユーザーあたり300円(税別)、初期費用0円でワークフローシステムを利用できます。コストパーフォーマンスを意識したい方にぴったりでしょう。
オプションで運用・導入サポートがあるのも心強いポイントで、初心者であっても安心してサービスを利用可能。ISMSやISO9001を取得しており、セキュリティや品質でも信頼できます。小規模から大規模な企業まで、幅広いシーンに対応できる柔軟性も魅力的です。

設立年
1962年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル
電話番号
03-6730-8111

3- 5. J-MOTTO ワークフロー

リスモン・ビジネス・ポータル株式会社
出典:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社 https://www.j-motto.co.jp/

J-MOTTOワークフローは、東京都のリスモン・ビジネス・ポータルが提供しているクラウド型のワークフローシステムです。申請・承認・検索といった基本的な機能が搭載されており、導入実績は4,000社以上。信頼できるワークフローシステムとして人気を集めています。
料金プランに関しては、スタンダードプラントライトプランの2種類を用意。スタンダードプランの場合、20ユーザーで基本料金3,000円(税別)とリーズナブルな価格でワークフローシステムを導入できます。入会金は無料なので、イニシャルコストも抑えることが可能です。
また、最大3ヶ月間の無料トライアルも提供。サービスの使い勝手を試してみたい方にぴったりでしょう。2年以上利用すると長期割引が適用され、2〜12%お得になる点もポイントです。

設立年
2000年
会社所在地
東京都中央区日本橋2-16-5 RMGビル
電話番号
0120-70-4515

4.他システムの連携に強いクラウド型ワークフロー3選

最後に、他システム連携に強いクラウド型のワークフローシステムを3つご紹介します。

4- 1. コラボフロー

株式会社コラボスタイル
出典:株式会社コラボスタイル https://www.collabo-style.co.jp/

collaboflow(コラボフロー)は、愛知県に本社を構えるコラボスタイルの提供するサービスです。クラウド型のワークフローシステムで、申請から承認、運用や設計など幅広い機能を搭載。導入がシンプルで簡単なのが特徴で、はじめてワークフローシステムを利用する方にぴったりでしょう。
また、外部連携に優れている点もポイント。kintoneやルーン、サイボウズリモートサービスやLINE WORKSなど、さまざまなサービスと連携できます。社内の業務システムをアップグレードしたい場合にはうってつけです。
料金プランに関しては、1ユーザーあたり500円(税別)。30日間の無料お試し期間も用意されており、手軽に試せるクラウド型のワークフローシステムです。

設立年
2013年
従業員数
5-9人
会社所在地
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋21階
電話番号
052-446-5530

4- 2. 楽々WorkflowII Cloud

住友電工情報システム株式会社
出典:住友電工情報システム株式会社 https://www.sei-info.co.jp/workflow-cloud/

楽々WorkflowII cloudは、大阪府に本社を構える住友電工情報システムのワークフローシステムです。クラウド型という特徴があり、初心者でも手軽に活用できるユーザーインターフェースが魅力。電子決済システムの楽々WorkflowIIがベースになっているので、外部連携も充実しています。Web APIやJava APIが用意されている点もうれしいところでしょう。
料金プランに関しては、1ユーザーあたり500円(税別)に設定。初期費用が5万円(税別)で、月額の基本料金は1万円(税別)です。セキュリティ対策ももちろん万全であるほか、サーバのメンテナンスもいらないので、安全かつ手軽に運用できます。ペーパーレス化などを実現し、コストを削減したい方にぴったりでしょう。

設立年
1998年
従業員数
500-999人
会社所在地
大阪府大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル5階
電話番号
06-6394-6751

4- 3. rakumo ワークフロー

rakumo株式会社
出典:rakumo株式会社 https://rakumo.com/

rakumo ワークフローは、東京都にあるrakumoが提供しているサービスです。クラウド型のワークフローシステムで、申請・承認フローの効率化を実現。スムーズな電子承認を叶えています。
最大の特徴は、rakumo ケイヒとのシームレスな連携。経費精算のフローをまとめることが可能です。また、G suiteと連携できるのもうれしいポイント。ミクシイ、クラウドワークス、Softbankといった有名企業で導入されており、さまざまな企業で活用されているのも信頼できるでしょう。
料金プランに関しては、1ユーザーあたり300円(税別)。2週間の無料体験期間が用意されているので、初めての方も安心です。コストパフォーマンスに優れていながら、システムとの連携にも長けているワークフローシステムをお探しならおすすめの製品でしょう。

設立年
2004年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都千代田区麹町3-2 垣見麹町ビル6階

ワークフローの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

5.ワークフローシステムを選ぶ際の3つのポイント

ここでは、ワークフローシステムを選ぶ際のポイントを3つ解説します。もう一歩踏み出しにくいという方は参考にしてください。

自社の業務スタイルに合いそうか

自社の業務スタイルに合うかどうかは、ワークフローシステム選びで重要なポイント。ExcelやPDFといったファイルを出力したい、申請・承認フローを変更したいなど、要望はさまざまでしょう。

部分的にサービスを活用するなど段階的な措置が必要な場合もあり、必要な機能を見極める必要も。社員に対して事前にヒアリングしておくといいでしょう。

誰でも簡単に操作できるか

ワークフローシステムを導入する際は、誰でも簡単に操作できるかチェックしておきましょう。業務効率を改善を目的として導入したにも関わらず、上手に活用できなければ本末転倒です。社内での定着を目指すためにも使いやすさは蔑ろにできません。

今回紹介したワークフローシステムの中には、直感的に操作できるサービスが豊富にあります。無料体験期間を用意している場合もあるので、興味のある方はぜひアイミツお問い合わせください

現状のフローの分析をしておく

ワークフローシステムを導入する前に、現状の申請・承認フローを分析しておきましょう。企業の業務形態にマッチしたカスタマイズを実現するために重要なポイントです。

どの部署に申請すればいいのか、どのように承認されるのかを明確にしておくことで、無駄のないワークフローシステムの導入を実現できます。特に複雑な申請・承認フローになっている場合は、ヒアリングの前に紐解いておきましょう。

6.まとめ

今回はおすすめできるクラウド型のワークフローシステム13選を紹介しました。ワークフローシステムを選ぶ際の注意点も解説したので、ぜひ参考なさってください。

ペーパーレス化や申請・承認フローの改善につながるワークフローシステム。なかでもクラウド型の場合、外出先でも利用できるという特徴があります。しかし、どのサービスが自社にマッチしているかはヒアリングしてみないとわかりません。

より詳しい情報を知りたい方は、ぜひアイミツまでお問い合わせください

ワークフローの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

ワークフロー探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

クラウド型のワークフローサービスのページを見た人はこんなランキングも見ています

クラウド型でワークフローサービスをお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

ワークフローシステムを使うことで、従来の紙媒体の文書で受け渡しをして、申請、承認、決裁を行っていた人的作業を効率的に行うことができます。様々なシ ステムの中から自社に合うものを探す際には、まず、どのような機能があるかをチェックします。申請、承認、決裁の機能は基本的に備わっていますが、メール 通知、督促、差し戻し、ログ集計などの機能がシステムによって異なります。また、業務基幹システムや会計システムなどの他のシステムとの連携やCSVデー タやPDFファイルなどの出力が可能であるかも確認しておきましょう。気密性の高い文書のやり取りを行うため、セキュリティ面の確認は必須になります。改 ざんが起こりにくく、情報漏えい対策が施されているかをチェックしましょう。料金を確認する際には、製品価格、ライセンス料金以外に保守費用や設置作業料 などが別途請求であるかの確認も必要です。

ワークフローの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

ワークフローの見積もりが最短翌日までにそろう