あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

Alipay対応で定評のある決済代行会社5選

Alipay対応に定評のある決済代行会社

Alipay(アリペイ)は、アリババ・グループのアント・フィナンシャルが運営するQR・バーコード決済サービスで、全世界で約9億人ものユーザーに利用されています。

日本でもECサイトや店舗への導入が進んでおり、2019年のゴールデンウィークに日本へ訪れた中国人観光客のAlipayによる取引数は、香港、タイ、韓国に次ぐ4位だったことが判っています。1人あたりの平均消費額も日本はアラブ首長国連邦、韓国に次いで3位となっており、中華系の訪日観光客をターゲットにビジネスを展開する事業者にとっては、いまや欠かせない決済手段のひとつといえるでしょう。

そこで今回は、アイミツ調べによるAlipay対応の決済代行会社を紹介するとともに、決済代行会社選びで失敗しないためのポイントを解説していきます。Alipayの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

アイミツ
決済代行会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.Alipay対応の格安な決済代行会社3選

ここでは、格安でサービスを提供しているAlipay対応の決済代行会社を紹介します。

1- 1. 株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル
出典:株式会社リクルートライフスタイル https://www.recruit-lifestyle.co.jp/

リクルートライフスタイルは、東京都千代田区に本社を置く会社です。旅行や飲食、美容、ヘルスケア領域のサービスにくわえて決済サービスを提供しています。
同社が提供する決済サービス「AirPAY」は、さまざまな決済をiPhone/iPadとカードリーダー1台で行うことができるサービスです。導入費・月額費が不要で、決済手数料のみで利用することができます。クレジットカード決済などに対応した「AirPAY」にくわえて、AlipayやWeChat Pay、LINE Payなどに対応の「AirPAY QR」、複数のポイントシステムを一括導入できる「AirPAYポイント」を提供しています。
決済手数料はAlipayとWeChat Payが3.24%、そのほかの決済では消費者還元事業者登録を行うことで、業界安値となる2.16%(2020年6月末まで)での利用が可能となっています。

こんな人におすすめ
・費用を抑えてAlipayを導入したい方
・Alipay対応の決済代行会社をお探しの方
・決済手数料が安価な決済代行会社をお探しの方

予算感
・決済手数料
AliPay、WeChat Pay:3.24%
クレジットカード決済、LINE Payなど:2.16%〜
設立年
2012年
会社所在地
東京都千代田区丸の内1-9-2
電話番号
03-6835-1000

1- 2. GMOペイメントゲートウェイ株式会社

GMOペイメントゲートウェイ株式会社
出典:GMOペイメントゲートウェイ株式会社 https://www.gmo-pg.com

GMOペイメントゲートウェイは、東京都渋谷区に本社を置く東証一部上場企業です。クレジットカード決済やコンビニ決済、銀行振込決済などに対応した「PGマルチペイメントサービス」にくわえて、海外向け決済サービスとして、越境EC事業者向けのAlipay決済や他通貨クレジットカード決済、ネット銀聯決済サービスなどを提供しています。
さまざまな決済手段に対応した大手企業でありながらも、低価格でサービスを提供しているのも特長で、月間の取り扱い金額に応じて変動はあるものの、2.7%からという比較的安価な決済手数料で利用が可能です。また、Alipay決済の導入時に必要となる契約手続きはすべて同社が代行するため、作業負担が軽減されるのも魅力といえます。

こんな人におすすめ
・AliPay対応の決済代行会社をお探しの方
・AliPayの契約手続きを代行してほしい方
・手数料が安価な決済代行会社をお探しの方

予算感
決済手数料:2.7%〜
設立年
1995年
従業員数
500-999人
会社所在地
東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス(総合受付15階)
電話番号
03-3464-2740

格安で依頼できるAlipay対応の決済代行会社を紹介しました。

キャッシュレス推進協議会による「キャッシュレス・消費者還元事業支援」の活用により、決済手数料の引き下げを行う会社や、決済手数料を0円で提供する会社が増加傾向にあります。こうした優遇制度には期限があるため、対象期間中にAlipay決済が自社に必要かを検討するのがおすすめです。価格だけでなく、他にどのような決済手段に対応しているかや、サポート体制も確認するとよいでしょう。

2.実績が豊富なAliPay対応の決済代行会社3選

続いては、豊富なサービス提供実績をもち、Alipayに対応している決済代行会社を紹介します。

2- 1. SBペイメントサービス株式会社

SBペイメントサービス株式会社
出典:SBペイメントサービス株式会社 http://www.sbpayment.jp/

SBペイメントサービスは東京都港区に本社を置く決済代行会社です。ソフトバンクグループの企業として決済代行サービスを展開、これまでに11万を超える導入実績があり、累計取扱高は2兆9,453億円にのぼります。
オンライン決済サービスでは、クレジットカード決済やコンビニ決済、キャリア決済にくわえ、Alipay、銀聯、PayPalと越境ECを展開する事業者向けのサービスも。アプリ提供、端末提供、API提供からお客様ごとのニーズに応じて選ぶことができます。
お手持ちのスマートフォンやタブレットで導入できるもっとも手頃なプラン「S!can」は、初期費用5,000円、月額300円で利用が可能です。取引履歴の確認や返金対応もアプリ内で簡単に操作できるため、オペレーションにかかるコストも最小限で済ませることができます。

こんな人におすすめ
・実績が豊富な決済代行会社をお探しの方
・Alipay対応の決済代行会社をお探しの方
・スマートフォンやタブレットで手軽に導入したい方

予算感
S!canプラン:初期費用5,000円、月額300円
設立年
2004年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友ビル25階
電話番号
03-6889-2131

2- 2. Aurfy Inc

Aurfy Inc
出典:Aurfy Inc https://www.nihaopay.com/

Aurfyはアメリカ・カリフォルニア州に本社を置き、中国や日本にも支社をもつ会社です。決済代行サービス「NihaoPay(ニーハオペイ)」を提供しています。
「NihaoPay」は中国の三大決済であるAlipay、銀聯、WeChat Payに対応している決済代行サービスです。実店舗ではAlipayとWeChat Pay、オンラインでは3種の決済手段に対応しており、アパレル関連やコスメ、電化製品、ジュエリーなど、中国人観光客を対象としたインバウンド施策に注力する企業への導入実績があります。
アメリカドルや日本円、香港ドル、韓国ウォン、カナダドルなど11の通貨に対応しているほか、初期費用や導入費用が不要な点も嬉しいポイントだといえるでしょう。

こんな人におすすめ
・中国三大決済を利用したい方
・Alipay対応の決済代行サービスをお探しの方
・EC、実店舗双方でAlipayを導入したい方

予算感
決済手数料:2.9%〜
会社所在地
東京都千代田区麹町1-3-23 501
電話番号
03-6256-8913

2- 3. 株式会社ペイジェント アイミツパートナー

株式会社ペイジェント
出典:株式会社ペイジェント http://www.paygent.co.jp/

ペイジェントは東京都渋谷区に本社を置く決済代行会社です。「インターネット上でのすべての決済手段で信頼できる『代理人』を目指します」をビジョンにかかげ、クレジットカード決済やコンビニ決済、後払い決済、Pay-easy、Alipay国際決済、銀聯ネット決済などさまざまな決済手段を提供しています。
多彩な決済方法にくわえて、モジュール(API)やリンク(ASP)、メールリンク、SMSなどの利用方法に対応しており、これまでに多くの企業へサービスを提供してきた実績があります。EC-CUBEやカラーミーショップ、MakeShopといったECサービスとも連携しているので、ECサイトに同社が提供する決済手段を簡単に導入できる点も魅力といえるでしょう。

こんな人におすすめ
・実績が豊富な決済代行会社をお探しの方
・Alipay対応の決済代行会社をお探しの方
・自社にぴったりな導入方法を選びたい方

予算感
要見積もり
設立年
2006年
会社所在地
東京都渋谷区円山町19-1 渋谷プライムプラザ
電話番号
03-4366-7270

豊富な実績をもつAlipay対応の決済代行会社を紹介しました。

決済代行というサービスの性質上、信頼性の高い会社を選びたいという方も多いでしょう。そうした場合におすすめなのが、長きにわたってサービスを提供し、さまざまな業種の顧客への導入実績を有している決済代行会社です。AlipayやWeChat Payといった中国の決済サービスの利用には、通常の決済代行会社の審査とは別の審査が行われることもあるため、実績ある決済代行会社への依頼がより安心だといえます。

3.Alipay決済代行で失敗しないためのポイント

ここでは初めて決済代行会社を選ぶ方のために、決済代行会社を比較する際のポイントをご紹介します。

決済方法を比較する


決済代行会社では、クレジットカード決済やコンビニ決済、携帯キャリア決済、口座振替決済、Alipay決済などさまざまな決済サービスを取り扱っています。決済代行サービスを利用する際には、自社のニーズに合った決済手段に対応しているかを確認することが重要です。また、事業が計画通りに成長した場合に必要となりえる決済手段への対応も確認することで、業者の切り替え作業を行うことなく新たな決済手段の導入が叶うでしょう。

たとえば「最初はクレジットカード決済だけでいいけれど、ユーザーが増えたらコンビニ払いにも対応したい」という場合は、クレジットカード決済とコンビニ決済に対応した決済代行会社が、将来的に越境ECや訪日中国人を対象としたビジネスを展開する予定がある場合は、AlipayやWeChat Payに対応した決済代行会社が最適だといえます。

決済管理機能も比較する


決済代行会社を選定する際には、価格やサービス内容だけでなく、決済管理機能についても事前に確認することが重要です。もちろん価格やサービス内容も重要ですが、事業が継続するかぎり決済状況の管理業務も続くため、作業負担が少なく管理ができることも業者選定時の大きな要素といえます。

「複数の決済手段を一元管理できるか」や、入金の照合や消し込み作業が不要となる「自動検知機能」に対応しているかなど、自社の課題やニーズにマッチした機能が実装された管理システムをもつ決済代行会社の選定がおすすめです。

何より大事なのは信用


いくら導入費や決済手数料が安価であっても、決済代行会社が倒産してしまった場合などは売り上げ金を回収することが困難だといえます。せっかくの決済代行サービスも、売り上げの入金がなければ資金繰りがまわらなくなり、事業停止を余儀なくされるケースもあるでしょう。

そうした事態を避けるためにも、決済代行会社を比較・検討する際は「ただ安い」という理由で依頼先を決定せず、「なぜ安くサービスを提供できるのか」という仕組みの部分についても考えるようにしましょう。また、各社の実績や資本金などを比較して、信頼できる会社であるのかを総合的に判断することも重要です。

【まとめ】決済代行会社選びで迷ったらアイミツ


中国人観光客をターゲットとしたビジネスを展開する企業や店舗にとって、Alipayの導入有無は売り上げを大きく左右するといっても過言ではありません。ある百貨店では中国人向けの決済サービスを導入したことで、売り上げが急激に増加したといわれるほど、大きな影響力をもっています。
そうした背景から、自社でもインバウンド施策を進めるためにAlipayの導入を検討している方もいるのではないでしょうか。

アイミツ」では、今回紹介したAlipay対応の決済代行会社以外にも、さまざまな会社の情報を保有しています。決済代行会社の選定でお悩みの方は、お気軽にご相談ください
経験豊富なコンシェルジュが、課題や要望をヒアリングした上で、ニーズにぴったりな決済代行会社選びをお手伝いします。

決済代行会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか

Alipay 決済代行で決済代行会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

決済代行とは、商品購入代金の支払い手続きを、売り主の代わりに処理してくれるサービスです。クレジットカードによる決済などが代表的ですが、コンビニ決済や銀行からの引き落とし、携帯電話会社のキャリア決済など、多彩な決済方法に対応している業者を選ぶことが、購入機会損失の防止につながります。取引量が急拡大しているスマートフォンに対応しているかどうかも重要なポイントの1つです。また、契約形態は包括加盟店契約か、直接加盟店契約かを選び、接続方法はリンクタイプ、モジュールタイプから選びます。導入するサイト(システム)の状況に応じて、最適な形態を選択してください。サービス料金には、初期費用や月額基本料のほか、決済が行われるごとに発生するクレジット手数料、トランザクション処理費用などがありますので、トータルコストを比較するようにします。第三者によるカード不正利用や詐欺の被害を防ぐためにも、セキュリティ体制のチェックは欠かせません。導入実績なども含め、信用のおける安全な決済代行業者を選ぶようにしましょう。

決済代行会社が
最短翌日までにそろう