あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

eラーニングシステム15選を厳選比較

eラーニングシステム15選を厳選比較【2020年最新版】

優秀な人材の確保が困難になりつつある現在、新入社員の即戦力化と同時に、現有従業員の底上げを狙った人材育成が重要視されています。そんななか、改めて注目を集める研修・学習方法がeラーニングです。

ICTの進化とともに大きく普及したeラーニングは、多くの企業で人材育成に大きな成果をあげており、導入を検討しているという企業も少なくないのではないでしょうか?そんな企業の担当者に向け、本記事ではおすすめのeラーニングシステムを紹介するとともに、選び方のポイントやeラーニングのメリット・デメリットなども解説していきます。

目次
このページについて

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

1.eラーニングシステムとは

eラーニングとは、講師と受講者が1ヵ所に集まる従来型の集合研修を、PCなどの情報機器端末に置き換えた研修・学習方法です。eラーニングでは教材・コンテンツの配信のほかに、受講者の参加状況・テスト成績を管理するLMS(学習管理システム)を組み合わせることがほとんどであり、この仕組み全体を指してeラーニングシステムと呼ぶのが一般的です。

eラーニングが普及する以前にも、研修・学習を効率化する試みは行われており、コンピューターの進化とともにCD-ROMを教材にしたCBTシステム、ネットワークの進化とともに登場したWBTシステムなどが利用されてきた歴史を持ちます。現代ではインターネットのさらなる進化、スマートフォンなどの高機能化により、いつでもどこでもeラーニングを受講・学習できる環境が整っているといえるでしょう。

その環境を支える要因のひとつには、パブリッククラウドの発達・進化も挙げられます。もちろん、オンプレミス型やプライベートクラウド型のeラーニングシステムも存在しますが、多くの企業でeラーニングが活用されるようになった背景には、安価に利用でき、セキュリティも担保された、SaaS型サービスの登場が大きく寄与しているといえるのです。

素早く的確に社員研修・人材教育の体制を整えるためにも、クラウド型・SaaS型のeラーニングシステム導入は筆頭の選択肢となり得ます。

eラーニングシステム導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のeラーニングシステムの一括見積もりが可能です。eラーニングシステム選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
eラーニングシステム選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

2.特におすすめのeラーニングシステム4選

それでは、多数のサービスが存在するなかからなにを選べばいいのか?以下では、特におすすめのクラウド型・SaaS型eラーニングシステムを紹介していきます。

2- 1. LearnO ラーノ

Mogic株式会社
出典:Mogic株式会社 https://learno.jp/

LearnOは、クラウドIT教育サービス事業を展開する企業、Mogicが提供するクラウド型eラーニング・LMSシステムです。ユーザー数100人までで、PDFコンテンツ・テスト問題配信が可能な「eラーニング9,800円(税抜)プラン」のほか、動画コンテンツも利用できる「eラーニング標準プラン」ニーズにあわせてフルカスタマイズ開発できる「eラーニング教育設計プラン」を用意。いずれも初期費用無料の月額料金で利用できます。

受講者の管理、メール配信、CSVデータ管理などのLMS機能が標準搭載され、インターネット環境とブラウザがあればいつでもどこでも利用可能。社内ノウハウやナレッジ、マニュアルの共有に最適なのはもちろん、3種類の出題方式に対応するテスト配信で反復学習も実現できます。パワーポイントなどの社内資料を教材化するサービスも提供。コンテンツ制作会社も紹介しています。

関連記事:LearnOの評判と実態【2020年最新版】

予算感
eラーニング9,800円プラン:月額9,800円~
eラーニング標準プラン:月額1万4,900円~
eラーニング教育設計プラン:要見積もり
設立年
2009年
従業員数
10-29人
会社所在地
東京都練馬区石神井町3-3-31 モノデコール石神井公園1F-4F
電話番号
03-3997-7408

2- 2. Learning Tracker

関西ビジネスインフォメーション株式会社
出典:関西ビジネスインフォメーション株式会社 http://www.i-netschool.com/system/

Learning Trackerは、大阪府大阪市に本社を構える関西ビジネスインフォメーション株式会社が提供するeラーニングシステムです。柔軟な運用と優れた拡張性を兼ね備えた次世代型のシステムとして高い人気を誇ります。
eラーニングの一般的な機能である学習やテスト・アンケートだけでなく、レポート提出やその採点管理も可能です。eラーニングの標準規格であるSCORM1.2形式のコンテンツ以外に、さまざまな形式のコンテンツを搭載することもできます。
さらに組織改編や人事異動にともなったデータの更新も自動で実施。新・旧データの差分を判別し取り込むため、管理者の手間を大幅に削減できます。
その他システムには、さまざまな機能が搭載されており、これらを利用して自社に最適なeラーニングを導入することができます。また、パッケージソフトでありながらクライアントのご要望に応じて機能をカスタマイズすることができます。

関連記事:Learning Trackerの評判と実態【2020年最新版】

設立年
1985年
従業員数
1000人以上
会社所在地
大阪府大阪市北区中之島3‐2‐18 住友中之島ビル7F
電話番号
03-6206-4474

2- 3. E-learning ASP

株式会社大宮商会
出典:株式会社大宮商会 http://e-learning.omiya-s.com/

E-learningASPは、映像・音声コンテンツ制作・ライブ配信、モバイルアプリの企画・開発事業などを展開する企業、大宮商会が提供するWebベースのeラーニングシステムです。受講者・管理者共にWebブラウザを利用するため、アプリをインストールする必要もなく、受講者はインターネット環境さえあればどこでも学習可能。業界でも珍しい従量課金制度を採用いており、研修コストの削減・最適化も実現できます。

動画配信型・スライド配信型・スライド動画配信型・問題出題型・アンケートの各受講形式に対応し、管理者向けのLMSサイトではユーザー管理はもちろん、コンテンツの制作・登録、学習進捗管理も対応。初期費用5万円・月額3万円から利用できるプランを用意しており、料金は受講者アカウントの数に応じて変動していきます。
効果測定型の学習形式のほか、カリキュラムを設定したシナリオ型学習形式の実施が可能です。社内ポータルを活用したシングルサインオン・API連携が可能なほか、動画撮影を含む教材制作も依頼できます。

予算感
データ通信量課金プラン(通信制):初期費用5万円~・月額料金0円~
受講者ID課金プラン(ID制):初期費用5万円~・月額料金3万円~
設立年
1981年
従業員数
10-29人
会社所在地
埼玉県さいたま市見沼区東門前352
電話番号
048-685-2125

2- 4. KnowledgeC@fe

株式会社富士通ラーニングメディア
出典:株式会社富士通ラーニングメディア https://www.knowledgewing.com/kcc/cafe/

KnowledgeC@feは、富士通ラーニングメディアが開発・提供するLMS(学習管理システム)です。人材育成企業としての豊富な研修運営の経験・ノウハウを活用して開発され、社員研修におけるさまざまな課題を解決する多機能LMSであるのが特徴。1,450社以上の導入社数、52万名以上の利用者数という豊富な実績も誇ります。ベーシックな運用ができるプランを、初期費用16万円(税抜)・最短1週間のスピード導入で対応可能です。

外出の多い従業員の学習にも便利なモバイルデバイス対応はもちろん、見やすさ・使いやすさにこだわった受講者視点に立った設計を採用。ソーシャルラーニング機能を搭載し、受講者のモチベーションを維持する仕組みも搭載されています。ブラウザ上で簡単にeラーニングコンテンツを内製できるのもポイント。受講者ごとに切り替えられる多言語機能、WebAPIなど柔軟性・拡張性も充分です。eラーニングに機能を絞った「KnowledgeC@fe for eラーニング」も選択できます。

関連記事:KnowledgeC@feの評判と実態【2020年最新版】

予算感
初期導入 KnowledgeC@fe 初期設定サービス:16万円(税抜)
設立年
1977年
会社所在地
東京都港区港南 2-13-34 NSS-Ⅱビル
電話番号
03-6710-1500

3.導入実績が豊富なeラーニングシステム3選

以下では、さまざまな業種で導入実績を誇るeラーニングシステムを紹介いたします。

3- 1. Cloud Campus

株式会社サイバー大学
出典:株式会社サイバー大学 https://cc.cyber-u.ac.jp/

Cloud Campusは、ソフトバンクグループの一員である企業、サイバー大学が提供するeラーニングプラットフォームです。コース設計・コンテンツ内製・受講・コミュニケーション・テスト・ログ取得など、企業研修に必要な機能を網羅し、インターネット大学運営のノウハウを凝縮した受講者が学びやすいシステムになっているのが特徴。90社以上、30万人を超える利用者を誇るなど実績も充分です。

わかりやすい編集機能で、簡単に教材コンテンツを内製できるため、自社にマッチしたeラーニング・社内研修を一気通貫で実行可能。初期費用20万円ではじめられるStandardプランを提供しています。サイバー大学が用意する各種コンテンツ、他社コンテンツの併用はもちろん、自社製作のコンテンツの販売など、自由度の高いeラーニング環境を実現できるのも魅力。
ユーザー数に制限のない定額料金制を採用するため、受講者数が多くなればなるほどお得になるのもポイントです。

関連記事:Cloud Campusの評判と実態【2020年最新版】

会社所在地
東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー7階
電話番号
03-6895-0103

3- 2. SAKU-SAKU Testing

株式会社イー・コミュニケーションズ
出典:株式会社イー・コミュニケーションズ http://www.e-coms.co.jp/

SAKU-SAKU Testingは、CBTサービス、学習コンテンツサービスなどの事業を展開する企業、イー・コミュニケーションズが提供するWebテスト・eラーニングプラットフォームです。フィーチャーフォンを含むマルチデバイスに対応し、隙間時間を利用した効果的な学習を実現。1,300以上の累計導入社数、月間利用ID20万を超える豊富な実績を誇っています。料金プランは、1IDにつき月額680円、30人から利用できるサクテスライトを用意。

動画・テキストなど多様な学習コンテンツ配信に対応し、3,000問を超えるサンプル問題のダウンロード・カスタマイズはもちろん、オリジナルコンテンツ開発も依頼可能です。コンプライアンス・ビジネスマナーを含む企業教育を手軽にはじめられるのが好評の要因。使い放題のビジネステスト問題集「Bizモン」のほか、オリジナル作問サービス「作モン」分析レポート「ブンセキ」で効果測定も万全です。運用支援を含めて企業の教育課題を解決します。

関連記事:SAKU-SAKU Testingの評判と実態【2020年最新版】

予算感
サクテスライト30:1IDあたり月額680円
設立年
2000年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都港区六本木2-4-5 六本木Dスクエア9階
電話番号
03-3560-3901

3- 3. タレントパレット

株式会社プラスアルファ・コンサルティング
出典:株式会社プラスアルファ・コンサルティング https://www.pa-consul.co.jp/TalentPalette/

タレントパレットは、CRM・ナレッジソリューション事業などを展開する企業、プラスアルファ・コンサルティングが開発・提供する、タレントマネジメント、eラーニング、LMSを統合した人材育成プラットフォームです。受講者の学習進捗をLMSで管理するだけでなく、バラバラに保管されていた採用情報・スキルなどの人事情報をタレントマネジメントと融合し、集約・分析・可視化できるのが最大の特徴です。

従来から搭載されていたLMS機能が強化され、ビジネススキルを網羅した6時間超におよぶ動画コンテンツを利用できるようになったのもポイント。コンテンツ制作の工数を削減し、内製を容易にしているほか、オフライン研修の受講申し込みや、スキルデータとの連携で個人ごとに最適な研修を推奨するレコメンド機能も搭載されています。埋もれていた人材の発掘や次世代人材の教育に最適なソリューションです。

関連記事:タレントパレットの評判と実態【2020年最新版】

設立年
2006年
会社所在地
東京都港区浜松町1-18-16 住友浜松町ビル 6F
電話番号
03-6432-4016

4.多機能なeラーニングシステム8選

以下では、便利な機能が豊富なeラーニングシステムを紹介していきます。

4- 1. business pocket

東京書籍株式会社
出典:東京書籍株式会社 https://www.tokyo-shoseki.co.jp/

business pocketは、教科書・教材、一般書籍、デジタル教科書を含むICT事業を展開する企業、東京書籍が提供するWebベースのeラーニングサービスです。受講者はMac OS、Windows、Android、iOS対応のbusiness pocketアプリをダウンロード・インストールするだけで、いつでもどこでも学習可能。スライド・動画を使った受講・テストはもちろん、business pocket webで受講履歴も確認できます。

1IDにつき年額1万2,000円で最小10IDから依頼可能です。ユーザーの管理・研修スライドの作成も簡単。管理者はブラウザベースのbusiness pocket managerを活用した個人単位・グループ単位でのユーザー管理ができ、研修スライド新規作成・編集はもちろん、個別・グループごとの配布を自在に行えます。社会人教育・企業研修に最適化されたベーシックのほか、おもてなし英語コースも用意されています。

予算感
ベーシック:1IDあたり年額1万2,000円
おもてなし英語:1IDあたり年額3,000円
※どちらも最小契約10IDから10IDごとの契約
設立年
1909年
会社所在地
東京都北区堀船2-17-1
電話番号
03-5390-7200

4- 2. AirCourse(エアコース)

KIYOラーニング株式会社
出典:KIYOラーニング株式会社 https://aircourse.com/

Aircourseは、オンライン資格対策講座「STUDYing」の開発・運営事業も展開する企業、KIYOラーニングが提供するクラウド型eラーニングプラットフォームです。動画を活用したeラーニングシステムを提供しており、社内研修・講義の配信、業務マニュアル動画などの共有、成功事例・情報共有に最適なのが特徴。マルチデバイス対応で、受講者はいつでもどこでも研修の受講や学習が可能です。初期費用無料ではじめられます。

もちろん、搭載されているのがナレッジの共有だけではありません。使いやすいLMS機能が搭載されているため、管理者はユーザー管理からテストの実施、受講履歴やテスト結果の一元管理が可能。スマートフォンで撮影するだけで簡単に研修コンテンツを配信できます。標準で用意されている研修コースを受講し放題なのもポイント。サードパーティーの公開講座を検索、申し込みが可能な「研修ナビ」サービスも提供しています。

関連記事:AirCourseの評判と実態【2020年最新版】

設立年
2010年
会社所在地
東京都千代田区紀尾井町4-13 マードレ松田ビル3F
電話番号
03-6434-5886

4- 3. Moodle

株式会社イーラーニング
出典:株式会社イーラーニング https://www.e-learning.co.jp/

Moodleは、独自のeラーニングシステムを構築したい法人・教育機関に最適な、世界でもっとも利用されているオープンソースのLMSシステムです。豊富な機能と基幹システム連携などの柔軟性を備えているのが特徴。日本ではIT教育事業などを展開する企業、イーラーニングがMoodle認定パートナーとしてAWSによるサーバ構築・運用や、Moodleカスタマイズサービスなどを提供しています。

ホスティングを含むサーバ構築はもちろん、既存機能の追加・削除、プラグインの開発、テーマデザインなど柔軟にカスタマイズして依頼が可能です。時間をかけずにLMSシステムを構築したい企業に向けては、コースクリエイター・管理者向けのMoodleトレーニングも実施し、LMSシステム構築を手厚くサポート。手持ち資料をもとに素早く教材を作成したい方に向けた、コンテンツ制作サービスも提供しています。

会社所在地
東京都港区芝5-29-20 クロスオフィス三田 8F

4- 4. ビジネスの達人

株式会社イー・コミュニケーションズ
出典:株式会社イー・コミュニケーションズ https://www.e-coms.co.jp/

ビジネスの達人は、SAKU-SAKU Testingの開発・販売も行う企業、イー・コミュニケーションズが提供する、内定者・新入社員向けに特化したスマートフォン専用社員教育教材です。内定者を辞退させたくない、新入社員を即戦力化したいという企業のニーズに応え、内定期間中からビジネス知識を学ばせる、リーズナブルなプラットフォームを用意。入社後の研修とあわせた反復学習で、効率的・効果的な教育を実現できます。

マナーを含む全8カテゴリー、187問の厳選されたビジネス知識を学べるほか、定着に向けた160問のテストも用意。4月の入社までに内定者全員の知識レベルを揃えることができます。1IDにつき8ヵ月間の利用で9,800円(税抜)で提供可能。オプションで対面研修の実施も依頼できるため、聴くだけではないアウトプット中心の実践的な研修も実現できます。即戦力化を促すスキル研修がオプションで用意されるほか、入社6か月後の振り返りテストも利用可能です。

関連記事:ビジネスの達人の評判と実態【2020年最新版】

予算感
1ID:9,800円
設立年
2000年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都港区六本木2-4-5 六本木Dスクエア9階
電話番号
03-3560-3901

4- 5. viaPlatz

NTTテクノクロス株式会社
出典:NTTテクノクロス株式会社 https://www.viaplatz.com/

viaPlatzは、ソフトウェア・ハードウェアを含めた情報通信システムの開発・販売・運用・保守業務を展開する企業、NTTテクノクロスが提供するビジネス向け動画配信・共有システムです。社員研修はもちろん、ノウハウ映像、マニュアル動画の配信・共有が可能。受講者はブラウザを活用していつでもどこでも視聴・学習できるほか、コンテンツごとにグループ視聴者設定を施すのも可能です。

ブラウザを活用した簡易動画編集機能を搭載し、リーズナブルにスタートできるパブリッククラウド型のほか、利便性とセキュリティを両立したプライベートクラウド型、オンプレミス型を用意。月額4万円(税抜)から提供しており、ニーズ・予算に応じて選択可能です。社員研修のライブ配信を含むオプションも充実。動画に書き込みのできるディスカッション機能や、理解度確認のテスト実施、アンケート機能も追加できます。使いやすさが評判の映像配信システムです。

関連記事:viaPlatzの評判と実態【2020年最新版】

予算感
ベーシック:月額4万円
プロフェッショナル:月額8万円
プレミアム:月額12万円
設立年
2017年
会社所在地
東京都港区芝浦3-4-1 グランパークタワー15階
電話番号
03-5860-2900

4- 6. クラストリーム

株式会社アイ・ピー・エル
出典:株式会社アイ・ピー・エル https://classtream.jp/

クラストリームは、動画配信サービス、ソフトウェア開発などの事業を展開する企業、アイ・ピー・エルが提供するクラウド型映像配信プラットフォームです。特徴は、限られた視聴者のみに高セキュリティに動画を配信できる、ビジネスに最適なプラットフォームを気軽に利用できる点。ほかにも、視聴ユーザーの少ない企業に向けた月額5万円(税抜)のライトプランや、オンプレミス版の利用が可能なほか、初期費用が無料なのもポイントです。

映像配信のほかライブ配信にも対応するクラストリームは、業界最大級を誇る1TBの保存容量と、2倍速でも「聞こえる倍速」を実現してるのがアドバンテージ。専用の視聴ホームページ、会員管理機能が準備されているため、動画を用意するだけで簡単に研修を含めた動画配信をスタートできます。受講者がマルチデバイスで視聴できるのはもちろん、回線環境に応じて画質を選択するのも可能です。

関連記事:クラストリームの評判と実態【2020年最新版】

会社所在地
神奈川県厚木市中町4丁目9番17号 ハラダセンタービル
電話番号
046-295-3971

4- 7. Smart Boarding

株式会社FCEトレーニング・カンパニー
出典:株式会社FCEトレーニング・カンパニー https://fce-xdrive.jp/sb_free

Smart Boardingは、7つの習慣をベースにしたビジネス・医療・介護・学校向けのリーダーシップトレーニング事業を展開する企業、FCEトレーニング・カンパニーが提供する定額制トレーニングサービスです。LMSによる短時間eラーニングに、70講座におよぶ参加型オンライン研修、他社との交流を図るリアルトレーニングを組み合わせ、新入社員・中途社員をスムーズに即戦力化するクラウドサービスです。

360本の選りすぐりコンテンツが利用できるeラーニングのほか、マニュアルやテストを含む自社コンテンツも簡単に作成可能なLMS機能を搭載。必要な知識を受講者にインプットできるのはもちろん、討論やロールプレイングで思考をアウトプットできるオンライン講座も用意され、ビジネスの現場で使えるリアルな力を養えます。リアルトレーニングを含むすべての研修を一元管理できるのもポイントです。

関連記事:Smart Boardingの評判と実態【2020年最新版】

設立年
2006年
会社所在地
東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル10階
電話番号
03-5908-1410

4- 8. ビジネスドリルEGG

株式会社Gifted
出典:株式会社Gifted http://gifted-inc.jp/

EGGは、クライアントに最適化されたビジネスドリルを作成するIT×人材企業、Giftedが提供する教育プログラムです。Education to Grow Giftedの頭文字を取った、才能を開花させるためのビジネス教育プログラムであり、Why・How・Whatがつながった「迷わないマニュアル」、反復徹底した追試機能による「忘れないアプリ」、知識定着から行動定着につなげる「行動チェックシート」を兼ね備えたeラーニングシステムです。

クライアント個々の現状や課題に応じた戦略策定、ハイパフォーマー・キーマンを含む現場の声を取り入れたコンテンツ・マニュアル制作から、個々の成績をもとにした分析・レポート・組織改善コンサルまでがトータルにパッケージされているのが最大の特徴。エビングハウスの忘却曲線を前提に、ゲームのように楽しくマスターできる「忘れないアプリ」を実現できます。

設立年
2015年
会社所在地
東京都中央区日本橋茅場町1-9-2 第一稲村ビル4階

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

5.eラーニング選び方のポイント

ここまで紹介してきたように、eラーニングシステムには多数が存在しますが、自社に最適なシステムを選ぶには、なにを判断基準としたらいいのでしょうか?

【研修の目的・用途に適した機能・サービスがあるか】

搭載している機能・提供されるサービスは、それぞれのeラーニングサービスによって異なります。自社が研修で達成したい目的を明確にし、用途に応じた機能・サービスが提供されているのかを見極める必要があるでしょう。

たとえば、使い放題の教材が用意されていても、自社の研修目的に沿わない内容なのであればあまり意味はありません。ある程度の社内資料が揃っている企業であれば、いかに簡単に教材を作成できるか、コンテンツ作成機能を重視した方がいいかもしれません。

【受講者の操作性を重視する】

受講者を管理するLMSがどんなに優れていても、実際にeラーニングで研修を受けるのはあくまでも受講者です。受講者にとって操作しにくいeラーニングシステムを選択してしまえば、導入による教育効果も期待できません。管理者は受講者と同じ画面を見て、操作性を確認しておく必要があります。

eラーニングを選択するのは管理者である人事担当者である場合が多いため、導入後に受講者から不満が起こることも珍しくありません。特に、スマートフォンを多用する受講者が多いため、管理者画面を見ているだけでは気が付かない点もあり注意が必要です。

6.eラーニング導入のメリット

以下からは、eラーニングを導入するメリットをいくつか挙げてみましょう。

【同じ教育内容を大人数に実施できる】

集合研修の場合、講師が1度の研修で対応できる人数に限りがありますが、eラーニングであれば受講人数の制限はなく、数千人単位であっても同じ教材を一斉配信できます。これはeラーニングシステムを導入するうえでの、もっとも大きなメリットだといえるでしょう。

物理的な会場の確保も、講師の確保も必要ありません。受講者は決められた時間に拘束されることなく、一斉配信された教材を隙間時間を使って学習できるため、生産性の向上やコスト面でも大きなメリットが期待できます。

【受講者の理解や進捗を把握できる】

eラーニングにはLMSが組込まれていることがほとんどのため、受講者の学習進捗や研修の受講状況、テスト結果などを管理者が正確に把握できます。受講者個々の学習進捗が明確になれば、管理者が適切なフォローアップやリマインダーを行いやすくなるでしょう。

こうしたフォローアップ・リマインダーは、受講者にとってもプラスに働くことが期待できます。キチンとフォローしてもらえることにより、研修へのモチベーションもアップし、良好なコミュニケーションの確立やエンゲージメント向上が可能です。

7.eラーニング導入のデメリット

eラーニングは導入メリットの大きい学習システムですが、デメリットがないわけでもありません。

【研修への強制力をもたせにくい】

eラーニングは、受講者の都合にあわせて、いつでもどこでも受講できるのがメリットのひとつではありますが、これがデメリット面になる場合も考えられます。決められた時間に、決められた場所に出向かなければならない集合研修と異なり、強制力に薄いため、モチベーションの維持が難しいのです。

こうした課題を解決するため、SNSなどを併用する企業もありますが、上述したように管理者によるフォローアップを手厚く行うのが重要。管理者とは別にメンターの役割を担う担当者を配置するのもいいかもしれません。

8.まとめ:eラーニングシステム選びにはサービスの比較が大切

同じeラーニングシステムという括りになるとはいえ、システムやサービスの内容はそれぞれに微妙に異なっているのが現実であり、なにを決め手に判断していいものか、判断に迷ってしまうこともあるかもしれません。特に使い勝手については、実際に試してみなければなんともいえない部分は残るでしょう。

いざ自社だけでeラーニングシステムを選ぼうとすると、時間や労力がかかってしまうものです。「どれにすればいいのか分からない」と少しでもeラーニングシステムで迷われた方は、ぜひ資料請求をしてみてください。

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか

おすすめのeラーニングシステム業者のページを見た人はこんなランキングも見ています

おすすめでeラーニングシステム業者をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

eラーニングシステムとは、インターネットを活用した学習形態のことで、教室のような場所に固定されないのが最大の特徴となっています。部門ごとに異なった教材を使うケースもありますし、全従業員の情報共有としても有効です。導入時には、どのようなタイミングで、誰を対象として、何を目的とするのかなどを明確にしておきましょう。その内容により、システム構築から運用まですべての範囲を委託するのか、既存サービスを活用して知識の取得だけを行うのか、選択肢が分かれます。導入形態としては、インストールするパッケージ型のものと、ASP型(クラウド型)のように既存のシステムを利用するタイプがあります。初期費用や月額コストなども異なってきますので、自社の環境に合わせたサービスを選ぶようにしましょう。

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

eラーニングシステムの見積もりが最短翌日までにそろう