あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

セグメント配信におすすめのメール配信システム9選

メール配信システムを厳選比較

メルマガ配信を含むメール配信は、有効なマーケティング戦略である一方、一斉配信するだけでは逆効果になってしまう場合もあります。ユーザーの嗜好が多様化している現代では、属性に従ったセグメント配信のできるメール配信システムの活用が望ましいでしょう。

この記事では、10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのメール配信システムを厳選!セグメント配信機能を持つシステムを中心にご紹介します。

メール配信システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

目次
このページについて

1.メール配信システムとは

メール配信システムとは、一般的なメーラーで生じがちな遅配・未達などの一斉配信トラブルを解決し、大量のメールを素早く確実に個別ユーザーへ配信するためのITシステムです。

セグメント配信は、メール配信システムが持つ配信機能のひとつであり、年齢・性別・居住地などのユーザー属性に従ってターゲットを抽出し、狙ったユーザーのみにメルマガ配信が可能。One to Oneメール配信、ターゲットメール配信などと呼ばれることもあります。

2.セグメント配信に対応するリーズナブルなメール配信システム3選

2- 1. オレンジメール

株式会社オレンジスピリッツ
出典:株式会社オレンジスピリッツ https://mail.orange-cloud7.net/

オレンジメールは、東京都中央区に本社を構え、クラウドサービスの企画・開発事業も展開するオレンジスピリッツ社のクラウド型メール配信システムです。
登録メールアドレス数2,000のビジネスプランが月額2,480円で利用できるなど、リーズナブルに使えて多機能なのが特徴。登録数・1日あたりのメール配信数に制限があるものの、6か月使える無料プランも用意されており、6万5,000件以上の申込実績を誇ります。

効果の高いメールマーケティングを実現するため、メールの到達率・開封率が重視されているのもポイント。リストから特定のターゲットを抽出してセグメント配信するのはもちろん、予約配信やスプリット配信、ステップメールにも対応しています。登録フォームの作成や空メール登録など、顧客獲得に向けた仕組みも充実。近日中にはHTMLメールにも対応予定です。

設立年
2007年
会社所在地
東京都中央区日本橋本町1-8-13 日本橋滄浪閣ビル2階西

2- 2. お名前.com メールマーケティング

GMOインターネット株式会社
出典:GMOインターネット株式会社 https://www.onamae-server.com/mm/

お名前.com メールマーケティングは、東京都渋谷区に本社を構えるGMOインターネット社のクラウド型メール配信システムです。
メルマガ配信したいECサイトオーナーやサイト運営者に最適な機能を備えつつ、月額790円(税別)から利用できるリーズナブルな料金を実現しているのが特徴。月間2.5億通の実績を持つメール配信エンジンが採用され、確実・安全なメルマガ配信が可能です。

登録メールアドレス数・配信予約数に応じて設定された各プランは、メール配信数無制限・フル機能で使えるのもポイント。ユーザー項目がベーシックプランでは10項目、MM30000プラン以上なら無制限に登録できるため、細かな属性絞り込みで適切なセグメント配信を実現できます。かんたんHTMLメール作成機能も追加され、Google Analyticsとの連携も可能です。

設立年
1991年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー4~14階・総合受付11階
電話番号
03-5456-2555

2- 3. メール商人

株式会社イー・エム・ズィー
出典:株式会社イー・エム・ズィー https://mshonin.com/

メール商人は、東京都港区に本社を構え、クラウドサービスの開発・提供事業などを展開するイー・エム・ズィー社のクラウド型メール配信システムです。
セグメント配信を含む「メール配信」「ステップメール」「入力フォーム」機能を軸に、メールマーケティングを適切なサイクルで回せるように開発されているのが特徴。登録メールアドレス数1,000までなら、月額3,800円(税別)で利用できるリーズナブルさも魅力です。

ナビゲーション機能を備えた入力フォームで獲得したユーザーは、CRM機能でデータベース化し、任意の条件で抽出したセグメント配信に活用。メール内に挿入したLPをクリックした人を対象に、再度メール配信するなどの使い方も可能です。メルマガ配信に有効なHTMLビジュアルエディタも搭載するほか、テンプレートを使って簡単に効果的なHTMLメールを作成できます。

設立年
2000年
会社所在地
東京都港区赤坂7-10-7 赤坂FSビル5階
電話番号
03-3560-7275

ここまで、セグメント配信に対応するリーズナブルなメール配信システムをご紹介しました。比較的低価格で利用できるにも関わらず、ステップメール・セグメント配信を含むメルマガ配信に必要な機能を押さえているのが特徴。

ただし、クラウドサービスの性格上、どのメール配信システムもメールアドレスの登録数を基本に、複数プランが用意されていることに注意が必要です。「アイミツ」も活用しながら、各サービスのプランをじっくりと見極めましょう。

3.セグメント配信に対応する人気のメール配信システム4選

3- 1. WiLL Mail

株式会社サパナ
出典:株式会社サパナ https://willcloud.jp/

WiLL Mailは、東京都品川区に本社を構えるクラウドサービス企業、サパナ社のクラウド型メール配信システムです。簡単HTMLメール作成エディタやレスポンシブデザイン、12種類のメール分析など、ユーザビリティにこだわった豊富な機能を持ち、効果的にメールマーケティングできることで高い評価を得ているのが特徴。月額1万円(税別)からのプレミアムプランならステップメール・セグメント配信が可能です。

顧客リストインポートに対応するシンプルDBと、大量のデータを扱えるターゲットDBのデータベースが用意され、1アカウント分で100個のデータベースを構築。プレミアムプランなら、どちらのデータベースからも属性を絞り込んだセグメント配信が可能です。初期費用無料で1か月から使えるのもポイント。メルマガ配信数に応じた従量制でコストを最適化できます。

設立年
2010年
会社所在地
東京都品川区南品川2-4-1 品川YMDビル9F
電話番号
03-6433-1303

3- 2. Cuenote FC(キューノートFC)

ユミルリンク株式会社
出典:ユミルリンク株式会社 https://www.cuenote.jp/fc/

Cuenote FC(キューノートFC)は、東京都渋谷区に本社を構えるユミルリンク社のメール配信システムです。パッケージ・クラウド版から選択でき、確実・高速なメルマガ配信機能で契約社数1,700以上の実績を誇るのが特徴。エディタを活用してHTMLメールを作成し、簡単にメルマガ配信できるのはもちろん、動画メール配信も可能。A/Bテスト・効果測定でメールマーケティングも効果的に実行できます。

ユーザー行動に応じたシナリオ配信のほか、ステップメールやセグメント配信を含む多彩なメール配信方法に対応。AND/OR条件で基本情報から属性を絞り込めるだけでなく、商品・購入日・購入金額などの細かなセグメント配信も実現します。カートリマインドなど、ECサイトに最適な機能も搭載。メルマガ配信とあわせた効果的な施策が可能です。

設立年
1999年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー12F
電話番号
03-6820-0088

3- 3. AutoBiz

株式会社ビズクリエイト
出典:株式会社ビズクリエイト https://autobiz.jp/

AutoBiz(オートビズ)は、群馬県高崎市に本社を構えるwebサイト制作・システム開発会社、ビズクリエイト社のクラウド型メール配信システムです。2002年のサービス開始以来、1万5,000社以上が導入する豊富な実績を誇り、多機能性と高いメール到達率で高い評価を獲得。メルマガ配信・メールフォーム・ステップメールを主軸にした、効果的なメールマーケティングを実行できます。

バックナンバー・バースデーメール・イベントメール機能も活用できるメルマガ配信機能は、ユーザー属性を絞り込んだセグメント配信にも対応。マルチパートを含むHTMLメールの配信にも対応し、クレジットカードと連動したフォーム決済も可能です。ステップメールに特化したスーパーライトプランのほか、メルマガ配信もできるライトプランが月額3,520円で始められるのもポイントでしょう。

設立年
2002年
会社所在地
群馬県高崎市上豊岡町747-7
電話番号
027-329-6636

3- 4. blastmail

株式会社ラクスライトクラウド
出典:株式会社ラクスライトクラウド https://blastmail.jp/

blastmail(ブラストメール)は、東京都渋谷区に本社を構えるラクス100%出資のクラウドサービス開発会社、ラクスライトクラウド社のクラウド型メール配信システムです。
2019年度の新規契約顧客数7,450社など、9年連続でシェアNo.1の実績を誇り、シンプルで使いやすい高機能なサービスを低価格で提供しているのが特徴。20年以上メールに取り組んできた技術力で、毎時280万通の高速かつ確実なメール配信を実現しています。

エディタを使って簡単にHTMLメルマガ配信できるのはもちろん、デコメールにも対応。空メールでの顧客獲得や、効果測定ツールを活用したメールマーケティングも簡単に実行できます。もちろん、ターゲット配信機能を使ったグルーピングにも対応しており、属性を絞り込んだセグメント配信も可能。配信したすべてのメールが確認できるのもポイントです。

設立年
2018年
会社所在地
東京都渋谷区千駄ケ谷5-21-12 S-FRONT代々木 4階
電話番号
03-6862-7337

ご紹介したサービスは、HTMLメールの作成サポート機能はもちろん、セグメント配信を含むさまざまなメール配信方法に対応しており、効果測定を含むメールマーケティングに最適な機能を搭載しています。

セグメント配信を効果的に実行するには、どんな属性でユーザーを分類するか、ターゲットを絞り込むためのセグメント分類が必要です。メルマガ配信後の分析・効果測定機能が充実していれば、PDCAサイクルも効果的に回せるでしょう。

4.セグメント配信に対応する高機能メール配信システム2選

4- 1. Combz Mail PLUS

株式会社コンビーズ
出典:株式会社コンビーズ https://plus.combz.jp/

Combz Mail Plus(コンビーズメールプラス)は、東京都渋谷区に本社を構え、インターネット関連事業を展開するコンビーズ社のクラウド型メール配信システムです。
メール到達率99%を誇る経路探索型アルゴリズムを採用した配信エンジンを持ち、毎時100万通のメルマガ配信にも対応。クリックカウンターやクロス分析など、メールマーケティングに最適な分析・検証機能を搭載した高機能メール配信システムです。

エディタによるHTMLメールはもちろん、テキスト・リッチテキスト・デコメールなどのあらゆるメルマガ配信に対応。ステップメール・セグメント配信を含むさまざまな配信方法を選べるほか、セグメント分類の代行サービスも利用できます。スタンダード・セキュリティ対策プランのほか、ニーズにあわせて機能を自由に組み合わせられるカスタマイズプランも選択できます。

設立年
2002年
会社所在地
東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル2F
電話番号
06-6344-4815

4- 2. repicaシリーズ

アララ株式会社
出典:アララ株式会社 https://ms.repica.jp/

arara messaging solutionは、東京都港区に本社を構え、電子マネー・ブロックチェーンなどの事業を展開するアララ社のメール配信ソリューションです。
メール配信管理システム「repica editor」や高速メール配信エンジン「repica sender」、メール配信自動連携API「repica auto-mail」をニーズにあわせて組み合わせ、ナーチャリングに最適なメールマーケティングシステムを構築。専用・共有サーバの選択も可能です。

デコメにも対応するrepica editorは、テンプレートを活用した簡単モードでHTMLのメルマガ配信が可能。ユーザー属性を抽出してのセグメント配信や、オプションでステップメール機能も追加できます。クリックカウント・開封率・CVの計測などの効果測定機能も充実しており、結果のグラフ表示も可能です。

設立年
2006年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都港区南青山2丁目24番15号 青山タワービル別館
電話番号
03-5414-3611

メール配信システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

5.メール配信システムの選び方のポイント

メールの到達率を重視する

メール配信が高速なのに超したことはありませんが、それよりも「確実」にメールを届けるためにどのような対策が施されているのか、メール配信システムの特徴を確認しておくのが重要です。
スパム判定されて迷惑メールフォルダに届く・ISPにブロックされるなどは、メール配信システムを活用してもゼロにはできませんが、対策を施すことはできます。到達率を高めるために充分なチューニングが行われているかを見極めましょう。

必要な機能が搭載されているか

メール配信方法やメール作成支援機能など、メール配信システムに求める機能が過不足なく搭載されているか、ターゲットの端末に最適された表示が可能か、各サービスの機能をしっかりと比較検討する必要があります。
クラウドサービスであれば、メールアドレスの登録数、1日のメール配信数などによってプラン・料金も変わります。想定されるユーザー数も含め、事前にじっくりと必要条件を設定しておくのが重要です。

6.【まとめ】メール配信システム選びで迷ったら

メルマガ配信を効果的に実行するためにも、ターゲットを絞り込めるセグメント配信は重要です。効果測定によって改善サイクルを回せるようになれば、効率的にメールマーケティングを実行できるでしょう。
とはいえ、メール配信の目的は企業によって大きく異なります。自社に最適なシステムを選定するには、なにを判断基準にすればいいのか、迷ってしまうこともあるでしょう。

そんなときは「アイミツ」にお問い合わせください。それぞれのサービスの特徴を比較検討していくなかで、選定のポイントが見えてくるかもしれません。

メール配信システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか

セグメント配信機能のあるのメール配信システム会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

セグメント配信機能のあるでメール配信システム会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

メール配信システムの選び方としては、目的に合ったものを選ぶ必要があります。大量の顧客のメールを配信したい場合には、サーバーの安定性は重要なポイントとなります。作成したメールをシナリオ通り順番に配信したい場合は、ステップメール機能が必要です。セキュリティ面においていえば、顧客のメールアドレスが外部に流出することは絶対に避けなければいけませんので、パスワード設定や外部からの不正アクセスを防ぐ対策が施されている配信システムを選びましょう。料金については、機能面、セキュリティ面、サポート面を総合的に見て、判断されることをおすすめします。サポートが充実している業者であれば、トラブルが起きた際にも迅速に解決することができるでしょう。何よりも受信する側の顧客目線で、メール配信システムを選ぶことが大切になります。

メール配信システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

メール配信システムの見積もりが最短翌日までにそろう