あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

スマホでも使えるCTIシステム7選

CTIシステムを厳選比較

CTIとは「Computer Telephony Integration」の略称で、コンピューターと電話を連携させる基幹システムを指すものです。通話中の顧客情報の表示や電話制御、録音・着信履歴を基本機能として搭載しており、近年ではスマホから使用できるサービスも登場しています。

そこでこの記事では、10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービス「アイミツ」が、スマホ対応でおすすめのCTIシステムを徹底調査。おすすめのCTIシステムを紹介するとともに、利用するメリットや選び方のポイントも解説していきます。ぜひ参考にしてください。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

目次
このページについて

1.スマホでCTIシステムを使えるメリット

CTIシステムには多彩な機能が搭載されているため、上手く活用するとさまざまなメリットが得られます。

たとえば、通話内容の録音機能は応対時の正確な記録を残すことはもちろん、スキルの高いオペレーターの会話内容の共有もできるので、オペレーター全体の業務品質の向上が図れます。さらに、録音内容をテキスト化すれば、マーケティング部門や営業部門にとっても有益な情報となるでしょう。

また、電話制御機能では着信の均等な割り振りができるほか、管理機能を豊富に備えているCTIシステムであれば通話中のオペレーターに直接指示やアドバイスが出せるものもあるため、業務品質の向上が図れます。

さらに、クラウド型のCTIシステムのなかにはスマホからの使用に対応しているものもあるので、外出先や在宅などオフィス以外の場所からでも業務を行うことができます。特別な設備が不要で導入できるため、初期費用が抑えられるのもうれしいポイントといえるでしょう。

2.スマホでも使えるCTIシステム7選

ここからは、「アイミツ」が厳選したおすすめのスマホで使用できるCTIシステムを紹介していきます。それぞれが豊富な機能や高い利便性を備えているので、各システムの強みや特徴を比較しながら導入を検討してみてください。

2- 1. MiiTel

株式会社RevComm
出典:株式会社RevComm https://miitel.revcomm.co.jp/

「MiiTel」は、東京都渋谷区に本社・第二オフィスを構えるRevCommが提供しているCTIシステムです。電話営業の可視化や評価に長けているのが特徴で、会話内容のフィードバックや全通話の録音・文字起こし、CRM連携などオペレーターの生産性やマネジメント効率の向上に効果的な機能を搭載。モバイルアプリも提供しているため、スマホからでも簡単に操作が可能です。
料金の目安は1ユーザーあたり月額5,980円(税抜)で、クラウド型のサービスであるため初期費用は不要となっています。また、スタートアップから大企業まで幅広い企業に導入されており、その数は300社以上。さらに、さまざまな賞を受賞してきた実績からも、高品質なCTIシステムであることがうかがい知れます。

設立年
2017年
会社所在地
東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル3階
電話番号
03-4405-4621

2- 2. BIZTEL コールセンター

株式会社リンク
出典:株式会社リンク https://biztel.jp/cs/

「BIZTEL コールセンター」は、リンクとブライシスが共同事業として提供しているクラウド型のコールセンター/CTIシステムです。国内トップクラスのシェアを誇り、これまでの導入社数は1,500以上にのぼります。
本格的なコールセンターを簡単に構築できるシステム設計が特徴で、テレワークへの適応も可能。ソフトフォンのインストールによって通話が可能となっており、PCやモバイル端末などで使用することができます。全通話録音や着信の振り分け、稼働状況モニタリング、ガイダンス設定など、多彩な機能を備えているのも魅力です。
料金は席数に応じた契約プランが用意されており、10席の場合は月額利用料が9万500円、初期費用が28万3,000円(料金はいずれも税抜)となっています。

設立年
1987年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都港区赤坂7-3-37 カナダ大使館ビル1階
電話番号
03-5785-2255

2- 3. アポ放題

モズエンタープライズ株式会社
出典:モズエンタープライズ株式会社 https://apoho.net/

「アポ放題」は、東京都新宿区に本社を構えるモズエンタープライズが提供するクラウド型CTIシステムです。スマホでも使用することができ、通話料の削減や在宅や外出先などからの遠隔業務に長けています。
名称のとおりテレアポに特化しているのが特徴で、ワンクリック発信や顧客情報管理、自動通話録音、架電状況の分析のほか、再コール日時のポップアップや顧客情報のCSV出力、架電禁止番号設定などテレアポに便利な機能を実装。法人600万件、個人1,300万世帯の最新リストもオプションで利用が可能です。
なお、利用料金は1アカウントあたり初期費用2,000円、月額7,800円、サーバー代が5アカウントごとに1台で月額2,000円(いずれも税抜)となっています。

設立年
2008年
会社所在地
東京都新宿区西新宿3-17-7 西新宿TOKビル10F
電話番号
03-3379-8818

2- 4. All Gather CRM

株式会社ソリッドシステムソリューションズ
出典:株式会社ソリッドシステムソリューションズ https://www.agcrm.com/features-v3/cti/

「All Gather CRM」は、東京都港区に本社を構えるソリッドシステムソリューションズが提供しているCRMシステムです。各CTIハードメーカーとの連携しており、大規模なコールセンターはもちろんヘルプデスクの構築も可能。クラウド電話やスマホでの利用にも対応しているため、在宅でのテレアポやコールセンター業務に活用することができます。
さらにオペレーター管理や応対中のヘルプチャット、会話履歴管理など電話業務の効率化に便利な機能を備えているほか、会話メモの蓄積や検索にも対応しているので、業務改善にも役立てられます。また、「All Gather CRM」とCTIの同時導入サポートにくわえ、CTIとCRM双方の保守サポートも任せられるため、システム管理者の負担の軽減も実現するでしょう。

設立年
2004年
会社所在地
東京都港区芝大門2-2-1 ユニゾ芝大門二丁目ビル6階
電話番号
03-6402-5560

2- 5. スマホCTI

サイバーダイヤル 株式会社
出典:サイバーダイヤル 株式会社 http://cyberdial.co.jp/system/mobile-cti/

「スマホCTI」は、コールセンターシステムのレンタル・リース・販売、通信ネットワーク機器の販売・工事・保守などの事業を手がけるサイバーダイヤルが提供しているCTIシステムです。複数のスマホからの同時発信に対応しているので、アポイント獲得の効率化に役立つシステムだといえます。
利用方法や目的に応じて複数の形態が用意されており、スマホと固定端末の兼用・混在に対応している「サイバーダイアル S-2」や個人を対象としたアポ取得に適した「サイバーダイアル S-2(M)」、在宅オペレーター向けの「サイバーダイアル スマート」などから選択が可能です。なかでも「サイバーダイアル スマート」では、顧客データをネットワークサーバー上で管理しているため、スマホがあれば社外からでもテレマーケティング業務が行えます。

会社所在地
東京都 豊島区 東池袋1丁目17番11号 パークハイツ池袋1105
電話番号
0120-61-0811

2- 6. モバイルCTI

エイアイエス株式会社
出典:エイアイエス株式会社 http://www.eigyoushien.com/mobile_cti.html

神奈川県川崎市に本社を構えるエイアイエスが提供している「モバイルCTI」は、プレビュー発信やリストの食いつぶしといったテレアポの効率化に役立つ機能が搭載されていながらも、スマホがあればPCや設備が不要で手軽に導入できるCTIシステムです。
管理者はPCから集計や通話履歴の確認が行えるほか、オペレーターと顧客の会話のフルタイムモニタリングシステムや、管理者からの音声指示をスマホの画面上に文字で表示させるささやきシステムも搭載しています。
料金については、システム利用料が1アカウント月額6,300円、対応スマホであるDINGOシリーズのかけ放題プランが月額3,500円となっているため、1席あたり月額9,800円(いずれも税抜)で利用が可能。2週間の無料トライアルを行っているのもうれしいポイントでしょう。

設立年
2001年
会社所在地
神奈川県川崎市麻生区万福寺一丁目8番7号 パストラル新百合ヶ丘206号
電話番号
044-281-3377

2- 7. ComDesk

株式会社Widsley
出典:株式会社Widsley https://comdesk.com/

「ComDesk」は、クラウドアプリケーション開発やAI開発を手がけるwidsleyが提供するCTIシステムです。モバイル回線の使用によってコストが削減できるのが特徴で、これまでに200社を超える企業に導入された実績があります。
通話中の顧客情報の追記やピンポイント再コール、各種データとリストの紐づけ、情報共有ボックスなど通話・管理の双方に多彩な機能を搭載。スマホ向けアプリも用意されているので、外出先や自宅からでも手軽に電話業務が進められます。IP制限やログインキックアウトといったセキュリティ対策に対応しているのも魅力です。
電話ステータスや顧客情報の項目のカスタマイズができるほか、既存のCRMとの連携も可能。レポーティング機能では通話数やつながり率などをユーザ単位、日別、週別、目的別などで集計ができるため、資料作成の時間短縮にもつながるでしょう。

設立年
2013年
会社所在地
東京都渋谷区渋谷3-27-15 坂上ビル4F
電話番号
03-6427-9219

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

3.スマホでも使えるCTIシステムを選ぶ際の注意点

CTIシステムの導入を通じてより大きな効果を得るためには、自社のニーズに合ったシステムを選ぶ必要があります。ここからは、CTIシステムを選定する際に気をつけたいポイントを解説していきます。

使いやすいものを選ぶ

CTIシステムの導入によって作業時間の短縮やパフォーマンスの向上を実現させるためには、管理者とオペレーターの双方が便利に使えるツールである必要があります。

そこで注目したいのが、CTIシステムの操作性です。複雑な設定が必要なものや、画面表示のわかりにくいシステムを選んだ場合は操作に慣れるまでに時間がかかり、業務効率化が困難だと考えられます。また、「システムを利用するための研修に時間がかかる」といった課題が生まれる可能性も否定できません。

こうした事態を避けるためにも、あらゆる視点から使いやすさをしっかりと確認しておくことをおすすめします。

これまでの導入実績を確認する

ひとくちにCTIシステムといっても、コールセンター向けやテレアポ向け、大規模向け、小規模向けなどどの特徴は多岐にわたります。「CTIシステムを導入したいけど、なにを基準に選べばいいのかわからない」という方も少なくないのではないでしょうか。

そんな時に確認したいのが、各CTIシステムのこれまでの導入実績です。実際にどのような規模・業種の企業で使用されているのか具体的な事例を確認すれば、システムの傾向を判断しやすくなると考えられます。自社と近しい規模・業種への導入実績があり、さらに成果をあげているCTIシステムであれば、より安心して利用できるでしょう。

費用対効果は高そうかチェックする

CTIシステムに限らず、外部のシステムを導入する際は費用対効果を十分に考慮する必要があります。

たとえば、豊富な機能を備えているCTIシステムであったとしても、使用しない機能が多ければそこで発生している費用が無駄になってしまいます。使用する機能が限られている場合は比較的シンプルなCTIシステムを選んだ方が、費用対効果に優れているといえるでしょう。

機能と費用のバランスのよいCTIシステムを見極めるためには、初期費用や月額費用だけでなく「どのような設定に対応しているか」「搭載されている機能ではなにができるのか」といった点もしっかりと確認するのがおすすめです。

4.【まとめ】気になるCTIシステムは資料請求がおすすめ

スマホでも使えるCTIシステムは多くの企業から提供されており、各システムの機能や特徴、導入費用もさまざまです。操作性や管理画面の設計も異なるので、できるだけ自社に合ったシステムを選ぶためには細部まで確認する必要があります。

数あるCTIシステムのなかから自社のニーズに合ったものを選ぶためには、まずは候補を絞るのがおすすめです。その際に正確な情報を得るためには、資料請求をするのが無難ではないでしょうか。

アイミツ」では、CTIシステムの資料請求を受け付けています。複数の資料の一括提供も可能なので、CTIシステム選びをスムーズに進めたいとお考えの方は、ぜひご活用ください。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

CTIシステム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

CTI スマホでCTIシステムサービスをお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

CTIシステムとはComputerTelephonyIntegrationSystemのことで、一般的には電話がかかってきた際に電話の着信音と同時にその顧客の情報をパソコンに表示させるシステムを指します。近年では技術進歩に伴い、FAXと連動しているものなどもあります。潜在見込客の開拓など、よりきめ細やかな顧客対応を行う必要があるコールセンターやヘルプデスクなどで欠かせないものとなっています。CTIシステムを選ぶ際はまず自社に必要な機能を備えた製品をピックアップし、その後、他のシステムとの連携は容易か、サポート体制は万全かなどの視点から最適なものを選択するようにしましょう。また、導入方法や機能によって価格が大きく異なります。安いからというだけで選択するのではなく、それぞれの特徴を良く比較検討した上で、費用対効果の良い製品を選びましょう。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

CTIシステムの見積もりが最短翌日までにそろう