あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

カスタマイズできる勤怠管理システム9選

勤怠管理システム

働き方改革が進むにつれ、勤務時間や休日などの勤怠管理に関する業務は煩雑化しています。さらに手作業で処理をしている場合、手間も時間も大きく掛かってしまっているケースも少なくないでしょう。

そこで導入すべきなのが、勤怠管理を効率化できるシステムです。今回は特に利便性の高い、カスタマイズができるおすすめの勤怠管理システムと、選び方のポイントもあわせて解説していきます。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめの勤怠管理システムを厳選!

勤怠管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

目次
このページについて

1.勤怠管理システムとは

勤怠管理システムとは出退勤の打刻記録に基づき、勤怠状況の管理や勤務時間の集計などをすべてシステム上でデータベース化して一括で処理できるものです。タイムカードの省略化だけでなく、労務管理業務をより正確かつ効率的にできるメリットがあります。

またリアルタイムで各従業員の勤怠状況が確認できるため、限度を超えた長時間労働の防止など、適切な労働環境の整備にも役立てることが可能。さらにシステムを使って管理することで、代理打刻やなりすましといった不正な勤怠記録も防げます。

勤怠管理システム導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。アイミツをご利用いただくと、特に人気の勤怠管理システムの一括見積もりが可能です。勤怠管理システム選びの時間も大幅に節約できるでしょう。

2.カスタマイズできる格安の勤怠管理システム3選

はじめに、カスタマイズができる格安の勤怠管理システムを紹介します。

2- 1. AKASHI

ソニービズネットワークス株式会社
出典:ソニービズネットワークス株式会社 https://ak4.jp/

AKASHIは、主に企業向けのICTサービスを手がけるソニービズネットワークスが展開している勤怠管理システムです。少数精鋭のベンチャーから大手まで、多種多様な業種や規模の法人に導入されている実績があります。

PC・スマホ・専用端末での出退勤打刻のほか、年休管理・シフト作成・勤務状況の確認・外部サービス連携など、幅広い機能を搭載。さらに従業員単位や労働基準法に基づいた勤務管理など、さまざまな設定方法に対応しています。また機能についても利用料金に応じてカスタマイズが可能。管理画面のオリジナルフォーマットも作れます。

なお料金の目安としては、機能数が最小のプランで1人当たり月額200円(税抜)。導入後においても、必要に応じて柔軟にプランアップができます。

設立年
2012年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ ウエスト23階(総合受付21階)
電話番号
03-5784-3418

2- 2. OTGR-01c

株式会社ケープロジェクト
出典:株式会社ケープロジェクト https://kintai.otgr-c.com/

OTGR-01cは、さまざまなITソリューションサービスを提供するケープロジェクトが展開している勤怠管理システムです。シンプルな操作性をコンセプトとしたツールで、初めてのシステム導入にもおすすめと言えます。

主な機能としては、出勤・退勤・休憩の打刻をはじめ、各従業員の勤務状況管理・アラート表示・データ出力・外部給与サービスとの連携など。ブラウザーやアプリのカメラ機能を使った打刻ができ、PC・スマホ・タブレットといったマルチデバイスに対応しています。さらに各企業の特性に応じた追加機能の開発・導入というような個別カスタマイズも可能です。

また料金についてはユーザー数に合わせて変動し、最小プラン(30名以下)であれば月額4,000円(税抜)で、30名利用なら1人につき130円程度と格安です。なおカスタマイズに関しては別途見積もりが必要となります。

設立年
1993年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都千代田区外神田3-14-3 福栄秋葉原ビル8階
電話番号
03-3525-4178

2- 3. クラウドタイムカードシステム

クリエイトシステム合同会社
出典:クリエイトシステム合同会社 http://ctsys.jp

クラウドタイムカードシステムは、各種webシステム開発を手がけるクリエイトシステムが展開している勤怠管理システムです。サービスサイト上で登録するだけで簡単に利用開始ができ、すぐにでも手軽に導入できます。

PCやスマホなどのマルチデバイスからの出退勤打刻をはじめ、修正承認者の権限設定・集計・データ出力などに対応。各種就業ルールに沿った勤務形態の設定もでき、さまざまな業種や職種で利用しやすいよう柔軟にカスタマイズできます。さらにそのほかにも必要に応じて機能の追加ができる、カスタマイズプランの申し込みも可能です。

なお料金については、ユーザー数20名までの契約であれば、1人当たり月額50円(税抜)。またカスタマイズプランであっても、月額1万円(ユーザー数200名まで)+初期費用10万円と、格安での利用ができます。

会社所在地
群馬県高崎市八島町58-1 ウエストワンビル10F 1007号
電話番号
027-387-0534

ここまでは、カスタマイズができる格安の勤怠管理システムをご紹介しました。

いずれについても、システムの標準装備は比較的シンプルなため、まずは手軽にwebタイムカードとして導入したいという方にもおすすめです。

また実際に簡単なもので運用を開始してから、システムで処理すべき内容を精査していくのも一つの手です。価格もリーズナブルなので、一度お試しで使ってみたいという方も、まずアイミツにお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

3.カスタマイズできる人気の勤怠管理システム3選

次に、カスタマイズができる人気な勤怠管理システムを紹介します。

3- 1. ジョブカン勤怠管理

株式会社Donuts
出典:株式会社Donuts https://jobcan.ne.jp/

ジョブカンは、各種SaaSやゲーム事業を手がけるDonutsが展開している勤怠管理システムです。2010年にリリースした確かな実績のあるサービスで、さまざまな業種や規模の5万社以上の企業から支持されています。長年にわたって数多くの法人で利用されている人気のツールです。

主な機能としては、ICカード・生体認証・マイページなどでの出退勤打刻をはじめ、シフト作成・休暇の承認フローと管理・勤務数集計など。管理画面のオリジナルフォーマット設定もでき、機能についても自由にセレクトして搭載することが可能。柔軟なカスタマイズ性が大きな特長です。

また料金については機能数に応じて変動し、目安としてはユーザー1人当たり月額200~500円(税抜)。なお500名以上での利用の場合は別途見積もりが必要です。

設立年
2007年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区代々木2丁目2-1 小田急サザンタワー8階

3- 2. FC勤怠

株式会社ファーストコンサルティング
出典:株式会社ファーストコンサルティング http://www.fc-kintai.com/

FC勤怠は、業務支援関連のクラウドサービスを提供するファーストコンサルティングが提供している勤怠管理システムです。運用実績10年以上を誇るツールで、長年にわたって確かな信頼を獲得しています。

webボタン・スマホ・ICカードなどによる出退勤打刻をはじめ、シフト管理・各種申請承認のワークフロー・帳票出力といった、幅広い機能を搭載。さらに各企業の運用方法に合わせた柔軟なカスタマイズにも対応しており、必要に応じて機能・画面・帳票などを追加できます。さまざまな勤務形態や従業員ごとの各種設定も可能です。

なお料金については初期費用が一律1万円で、月額費用は1ユーザー当たり400円(税抜)。追加料金でweb明細や安否登録などの機能もつけられます。

設立年
1996年
会社所在地
東京都新宿区新宿1-19-10 サンモールクレスト2F
電話番号
03-5360-1235

3- 3. Garoon(ガルーン)

サイボウズ株式会社
出典:サイボウズ株式会社 https://garoon.cybozu.co.jp/

Garoon(ガルーン)は、主に各種グループウェア開発を手がけるサイボウズが提供している情報共有ツールです。ノークリサーチ社が実施している、ITアプリケーションに関する利用実態調査において、グループウェア部門にて11年連続でシェアNo.1を獲得。数々の有名企業での導入実績もある人気のツールです。

社内情報を確実に共有できるポータル機能が大きな特長で、そのほかにもスケジュール登録・申請承認のワークフロー・工程管理など幅広い機能を搭載。ログイン・ログアウトによる勤怠記録もでき、さまざまなカスタマイズによって勤怠管理システムとしても柔軟に利用できます。

なお料金の目安としては、ユーザー数300名までで月額1人当たり845円(税抜)。初期費用は特に掛かりません。

設立年
1997年
従業員数
500-999人
会社所在地
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27階
電話番号
03-4306-0808

ここまでは、カスタマイズができる人気の勤怠管理システムをご紹介しました。

3つとも10年ほど前からリリースされているシステムで、数多くの企業で導入されている確かな実績があります。いずれも非常に信用性のあるシステムだと言えるでしょう。

なお「カスタマイズができる人気の勤怠管理システムの情報がもっと知りたい」という方は、ぜひ「アイミツ」までお問い合わせを。複数の製品の一括見積もりが可能ですので気軽にご連絡ください。

4.カスタマイズできるサポートが手厚い勤怠管理システム3選

最後に、カスタマイズもできてサポートも手厚い勤怠管理システムを紹介します。

4- 1. KING OF TIME

株式会社ヒューマンテクノロジーズ
出典:株式会社ヒューマンテクノロジーズ http://www.kingtime.jp/

キングオブタイム(KING OF TIME)は、主にクラウドサービスと生体認証技術を複合した製品を提供するヒューマンテクノロジーズが展開する勤怠管理システムです。工場・オフィス・店舗経営者など、多種多様な業種や業態の企業で導入されている実績を誇ります。

勤怠管理の効率化をサポートする多彩な機能が備わっており、ブラウザー・パスワード認証・指紋などの豊富な打刻方法をはじめ、シフト作成・休暇管理・申請承認・残業設定のほか幅広くカバー。各種勤務パターンや就業ルールの設定・画面表示方法の変更など、柔軟なカスタマイズも可能です。

また運営元にて、カスタマーコンサルテーション専任の部門を設置しており、運用から操作まで、さまざまな相談に対応。万全のサポート体制が整っています。

設立年
2003年
会社所在地
東京都港区虎ノ門4-1-28 17F
電話番号
03-4577-9567

4- 2. バイバイ タイムカード

株式会社ネオレックス
出典:株式会社ネオレックス http://www.byebye-timecard.net/

バイバイタイムカードは、各種ITシステムやアプリの開発を手がけるネオレックスが展開している勤怠管理システムです。ホテル・小売業・物流・不動産といった幅広い業種の企業に導入されている実績があり、特に1,000名以上の大規模な法人で高いシェアを獲得しています。

PC・スマホ・QRコード・指静脈認証など多彩な打刻方法を備えるほか、休日管理・申請承認・データ出力・社食システムといった豊富な機能を搭載。また各企業ごとの就業ルールや集計方法に沿って、各種設定を柔軟にカスタマイズすることも可能です。

さらに運営元にて専任のコンサルティングチームを設置しており、丁寧なヒアリングを通して導入を支援。初期の複雑な操作もしっかりとリードし、適切な運用方法ができるようフォローするなど万全のサポート体制が自慢です。

設立年
1987年
会社所在地
愛知県名古屋市熱田区伝馬1-4-25 ネオレックスビル
電話番号
052-681-2121

4- 3. ちゃっかり勤太くん

株式会社エイ・アイ・エス
出典:株式会社エイ・アイ・エス https://www.a-i-s.co.jp/

ちゃっかり勤太くんは、主に海運業の基幹システムや各種クラウド製品を手がけるエイ・アイ・エスが提供する勤怠管理システムです。サーマルカメラとの連携による体温測定や、マスク着用の確認も同時にできるサービスをリリースしており、感染症対策にも有効的に活用できます。

主な機能としては、モバイル・専用端末・生体認証といった豊富な打刻に加え、休暇管理・プロジェクト管理・シフト作成・勤怠集計など。また各企業の業態や業種に合わせて、就業ルールに応じた適切な設定を柔軟にカスタマイズすることが可能です。

さらにシステム導入前後のサポートも万全で、運用方法のフォローのほか、利用開始に向けた社内提案書の作成などにも対応。運営元にて定期ユーザー相談会も実施しており、ユーザー同士で情報交換ができる機会もあります。

設立年
1983年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都千代田区神田須田町1-3-9 PMO神田万世橋9F
電話番号
03-6260-8858

勤怠管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

5.勤怠管理システムの選び方のポイント

ここでは、勤怠管理システムを選ぶ際のポイントを3つ紹介します。

操作性の高さを十分に確認する

勤怠管理システムは、人事や総務部門の業務負担を軽減するツールでもあります。そのため、管理画面や各種機能など、さまざまな面において使いやすいものを選んだほうが良いでしょう。

あまりに操作が複雑なシステムになってしまうと、なかなか社内で定着しない・運用方法の指導に時間が掛かってしまう、などの問題が発生する可能性もあります。そのためできるだけ誰にとっても分かりやすいものを導入するのがベターです。

費用のバランス感に注意する

どのようなツールにも言えることですが、導入による費用対効果は事前にしっかりと確認しておくべきでしょう。例えば比較的高めのシステムを選んだとしても、使わない機能が多い・自社の業態にマッチしていない、となってしまっては意味がありません。

できるだけ適切なコストで利用できるよう、まずは勤怠管理システムの運用方法や導入する目的を明確にしてから、製品を選定したほうが良いでしょう。

6.【まとめ】勤怠管理システム選びで迷ったら

現在では数多くの勤怠管理システムがリリースされており、その種類についても幅広く存在しています。適切なユーザー数や運用方法など、各システムの特性もさまざまです。

より自社に合ったシステムを選ぶためには、いくつか気になるものをピックアップして検討する必要があるでしょう。より正確な情報を集めるためにも、ぜひ一度資料請求してみてはいかがでしょうか。

また「アイミツ」では、複数の資料の一括提供を行っています。お気軽にまずはお問い合わせください

勤怠管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

勤怠管理システム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

勤怠管理システム カスタマイズの勤怠管理システムサービスのページを見た人はこんなランキングも見ています

勤怠管理システム カスタマイズで勤怠管理システムサービスをお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

勤怠管理システムとは、タイムカードやICカードによって出退勤時刻を記録し、勤務状況を管理するシステムで、クラウド型、パッケージ型の2通りの導入形態に分かれます。それぞれの導入方法のメリット、デメリットを理解した上で、必要な機能は備わっているか、使い勝手は良いか、サポートは充実しているかなどの視点から自社に適したシステムを選択するようにしましょう。また、アクセスが集中しやすい勤怠管理システムでは、それに耐えうるシステム性能があるかどうかも重要な判断基準になります。

勤怠管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

勤怠管理システムの見積もりが最短翌日までにそろう