無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

福利厚生代行サービスの見積比較、特徴や費用相場を知って依頼・相談を|アイミツ

福利厚生代行サービス

あなたの希望に合った
福利厚生代行サービスが翌日までに”そろう”

顧客満足度の円グラフ

※2020年1月当社調べ

お急ぎの方はこちら

0120-917-819 営業時間 平日 10:00~19:00

福利厚生代行のよくある質問

福利厚生代行についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

Q 福利厚生内容の従業員への周知はおこなってもらえますか?
A パンフレットの配布やWEBサイトで従業員への周知を行う。
一般的な福利厚生代行会社では、利用できるサービスを掲載したパンフレットの配布やWEBサイトで従業員への周知をおこなっています。ただし、福利厚生利用の促進はお客様側でもおこなう必要がありますので、社内であまり利用されていない場合は代行会社に相談し、積極的な利用につなげましょう。
Q 福利厚生の利用はどのように申し込むのですか?
A WEBサイトや電話などから利用者が直接代行会社に申込むのが一般的。
福利厚生代行会社によってばらつきがありますが、WEBサイトや電話などで、利用者が直接代行会社に申し込むケースが一般的です。従業員の福利厚生の利用をお客様側で管理することは無いようです。利用の際は利用施設に会員証を提示したり、クーポンを渡したり対応が様々ですので、その都度の確認が必要となるでしょう。
Q 福利厚生代行にはすべての従業員が加入する必要がありますか?
A システムの性質上従業員全員が加入する必要があるので注意を。
福利厚生代行システムの性質上、基本的には従業員全員が加入する必要があります。福利厚生を利用しない従業員についても加入しなければなりません。ただ、事業所の地域単位での加入が可能な福利厚生代行会社がありますので、支社・支店のある企業は見積もり請求時にご相談ください。
Q 福利厚生は加入者の家族や友人は利用できますか?
A 代行サービス会社のプランなどによって可能・不可能は変わる。
福利厚生代行会社によって異なります。家族であれば、2親等以内の親族であれば同条件、もしくは一部優待にて利用できる場合が多いようです。友人も同条件で利用可能としている代行会社は多くはないようですが、福利厚生利用の促進につなげるために友人利用が可能な代行会社のご検討をおすすめします。
Q 代表者しかいない企業でも加入できますか?
A 代表者が会員として登録される必要があるものの、加入は可能。
従業員がいない場合でも加入可能な福利厚生代行会社があります。加入の場合は、代表者が会員として登録される必要があります。また、家族を従業員としている場合はその人数分の会員費を支払う必要があります。なお、個人事業主でも従業員がいれば加入できる代行会社があります。
Q 提携している施設はどれぐらいありますか?
A 15,000以上の国内宿泊施設、2,000以上のスポーツ施設と提携している代行会社もある。
福利厚生代行会社によって異なりますが、宿泊施設、スポーツクラブ、レジャー施設、飲食店などを中心に数多く提携されています。15,000以上の国内宿泊施設、2,000以上のスポーツ施設と提携している代行会社など、自社のニーズにあった施設と多く提携している代行会社をお選びください。
Q どのような企業が福利厚生代行サービスを利用していますか?
A 規模を問わず様々な企業や会社がサービスの利用しています。
大企業・中小企業、業種を問わず、多くの企業が福利厚生代行サービスを利用しています。全国の提携施設が利用できたり、従業員一人当たり月額数百円程度の費用からサービスが受けられるため、中小企業でも多く利用されています。また、福利厚生の充実は、人材の採用と定着にも役立つといわれているので、企業イメージの向上を目指す企業にも利用されているようです。
Q どのような福利厚生サービスが受けられますか?
A レジャー関連のサービスから健康関連、冠婚葬祭、など様々なサービスがある。
宿泊施設やツアー・レジャー施設・飲食店などの余暇を充実させるサービスはもちろん、育児や介護、冠婚葬祭、人間ドック、社員旅行や研修旅行の手配など、様々なサービスに対する優待が受けられます。また、財形貯蓄、持株会などの運営事務代行なども提供している代行会社があります。
Q 従業員が福利厚生サービスを利用しなかった場合、会費は戻りますか?
A 支払い済の会費は戻りません、しっかりと活用することが大切。
原則として支払った会費は戻りません。従業員に積極的に利用するようにすすめましょう。福利厚生代行会社によっては、利用促進の施策を提案してもらえるので利用が少ない場合はご相談ください。また、毎月契約を更新できる代行会社もありますので、導入の際にどの程度利用されるかわからない場合などにおすすめです。
Q 福利厚生代行の導入にはどの程度の費用がかかりますか?
A サービスやプランにもよるが入会金プラス毎月の利用料がかかる。
まず、入会金として3万円~10万円程度がかかります。毎月の利用料金は従業員一人当たり300~1,000円程度に設定している代行会社が一般的です。また、入会金や月額利用料を無料としている代行会社もありますので、お客様のほしいサービスに合わせてご検討ください。