あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

株式会社グラフィティー

グラフィティー
3.0
3.0
3.0
PRポイント
  • グラフィックデザイン
    広告を中心としたビジネスツールのデザインでお客様の課題を改善へと導きます。
  • Webデザイン
    お店や会社の魅力を、お客様に伝わりやすいよう整理してWebサイトを設計します。
  • CI(コーポレートアイデンティティ)
    ロゴマークや企業のスタンスを整理した資料を作成します。

お気軽にお問い合わせください。原則1営業日以内に返答いたします。

完全無料

よく比較されている会社との

一括見積もりを依頼する

「株式会社グラフィティー」のサービス情報なら、日本最大級の発注先業者データベースを誇るアイミツにお任せください!

「株式会社グラフィティー」に関する実績や評判・クチコミ、サービスPRや提供会社情報などをひとつひとつ調べてまとめています。また、タウンページや楽天ビジネスなどのビジネスマッチングサイトでは知ることのできないサービスの実績などの情報も充実しています。「ホームページ制作」を展開する他社のサービスや、比較しておきたい類似サービスも合わせて掲載しています。対応地域や相場などを簡単に比較することができ、「グラフィティー」を含めた複数サービスに一括でお問い合わせや相見積もり、コンペを行うことも可能です。

株式会社グラフィティーのサービス情報・取引実績

会社名
株式会社グラフィティー
創業年
2010年
社員数
5人
得意とする案件規模
小規模(~100万円) 中規模(100~500万円) 大規模(500万円~)
実績数
~100
対応サイト種類
コーポレートサイト ポータルサイト ランディングページ 採用・求人サイト Facebookページ SNSサイト スマホ・モバイルサイト レスポンシブデザインサイト ブログ プロモーションサイト WEB
対応カテゴリ
飲食店・居酒屋 病院・歯科・医療 美容室・エステ・ネイルサロン 不動産・賃貸 士業 大学・学校 保育園・幼稚園 介護・福祉 ファッション・アパレル ホテル・旅館 建築・工務店 ピアノ教室・習い事 製造業・メーカー 農業 スポーツ・レジャー BtoB・法人向け BtoC・個人向け その他 動物病院 ゴルフ場 ブライダル 整体・整骨院 旅行代理店 バイク 造園 団体 ペットショップ バンド・アーティスト
電話番号
06-4796-2075
URL
https://www.graphity.co.jp/

株式会社グラフィティーの会社概要

会社名
株式会社グラフィティー
資本金
1,000万円以上1億円未満
設立年
2010年
従業員
5-9人
住所
大阪府大阪市北区大淀南1丁目3-14
会社概要
弊社はパンフレットや会社案内などの冊子、チラシやポスターなどの広告、サービスサイトやコーポレートサイトなどのWebサイト、企業のアイデンティティーとなるロゴマークなどを取り扱うデザイン会社です。
広告作成については過去10年超の実績があり訴求力やデザイン性の高い作品を作ることができます。
また、印刷から新聞折込・ポスティングなどの配布も対応可能で、デザイン制作から集客開始までをワンストップでご依頼いただけます。

対応エリア一覧

  • 幅広い専門性、老舗

    経験豊富

  • 高い技術力・リピート率

    高品質

  • 柔軟な接客・個別対応

    サポート力

私たち株式会社グラフィティーは、広告デザイン会社です。
紙媒体、Webサイト、企業のロゴマークなど、媒体は違えどデザインの役割は同じです。
見た目のカッコよさはもちろん、そのデザインにお客様が抱える課題解決のための思いを込めて、価値のあるデザインを生み出します。

グラフィティーの得意な領域

デザイナーはゼロをイチにする仕事をしています。
何もない、何かがあるけどわからないという状態からハッキリと理解できるものに形作ります。

アイデアの仕事だからラクだということはまったくなく、
生み出す苦しみや、理解を得るための工夫に頭を悩ませて仕事をしています。

私たちデザイナーがそんな苦しみに耐えられるのは、
依頼いただいたお客様、一緒に仕事をする社内のスタッフ、ともだちや仲間、取引企業など
仕事にかかわるみんなをハッピーな気持ちになってほしいからです。

グラフィティーでは、社員全員がこの理念のもとご依頼いただいた案件ひとつづつに取り組み、
良いデザインをご提案させていただいております。

注目このサービス(グラフィティー)の詳細

一目見たら忘れられない。
惹きつけるための仕掛けを、デザインします。
私たち株式会社グラフィティーは、広告デザイン会社です。
紙媒体、Webサイト、企業のロゴマークなど、媒体は違えどデザインの役割は同じです。
見た目のカッコよさはもちろん、そのデザインにお客様が抱える課題解決のための思いを込めて、価値のあるデザインを生み出します。


SERVICE-サービス-

● グラフィックデザイン

● Webデザイン

● CI


================
グラフィックデザイン
================

広告を中心としたビジネスツールのデザインが弊社のメインとなるサービスです。
パンフレット、ダイレクトメール、チラシ広告などビジネスで使うツールのグラフィックデザインでお客様の課題としておられる問題を改善へと導きます。
デザインの進行は対面での打ち合わせをさせていただきたいため、通常は管轄エリア内(大阪近辺)のお客様のみご対応となります。
遠方のお客様で、メール、電話、FAXのみでのコミュニケーションで進行が可能な場合は対応可能です。


《作成できる媒体》

ロゴマーク / ポスター広告 / 会社案内冊子 / リーフレット / 名刺


《制作の流れ》

1.打ち合わせ
どんな小さな媒体でも必ず密な打ち合わせからスタートします。
作りたいものの内容や、使い方、イメージしている仕上がりなどのほか、雑談を交えて会社の特色などをディレクターが引き出します。
よくあるデザインに仕上げないためにも、会社の色や特徴をヴィジュアルに落とし込むことを重視した打ち合わせをさせていただいております。

2.ご提案+お見積もり
ミーティングでお伺いした内容をベースに、まずはデザインの方向性をすり合わせます。
作成したラフスケッチと参考資料を仕様書にまとめますので、複数のプランから気に入ったものをお選びいただきます。
幾つかのプランから選ぶという行動は、方向性のブレを少なくするほか、お客様にもクリエイティブに参加していただき、仕上げるデザインに愛着を持ってもらうことを目的としています。

3.デザイン
決定した仕様のデザインデータを制作します。
完成したラフデザインをご確認後、複数回の修正を経て仕上ていきます。
事前の仕様書の段階で方向性がブレずに進められるため、スムーズな進行でご希望のデザインが仕上がります。

4.完成
印刷物の場合、完成後製品化した状態でお届けします。
お客様のブレーンで印刷をしたい場合は、印刷用データを納品しますので、ご希望の工場に出稿いただきます。
後日一部を改変して追加印刷を希望という場合は、修正作業費用のみで対応可能です。



==========
Webデザイン
==========

集客や外部へのアウトプットの場としてのWebサイト制作をご依頼いただいております。
お店や会社の魅力的なサービスを、お客様に伝わりやすいよう整理してWebサイトを設計します。
ご相談時に具体的な内容をヒアリングさせていただくため、
Webサイトを立ち上げた後に何をしたいのか、参考としたいWebサイトなどがあるかなどできるだけ情報をご提供ください。
ヒアリングした内容を踏まえより良いご提案をさせていただき、納得いただければご契約〜制作開始となります。


《制作の流れ》
1.企画・お見積もり
Webサイトの進行第一ステップは、お見積もりです。
金額だけを提示されても何に対する費用なのかがわかりにくいため、弊社では企画書とお見積書を同時に提出しております。
企画書は、どのような目的のサイトなのか、どのようなヴィジュアルに仕上がるのかという見本を添えてサイトマップ形式で提出しております。

2.デザイン案制作
お見積もりと仕様を検討いただき、決定した方向性でのヴィジュアルデザインをデータ化していきます。
この時点では静止画でのご確認となりますが、動きのあるWebサイトで完成させる場合動きの見本も合わせて提出しますので、
見た目と動きをイメージしながらご検討いただきます。


3.コーディング+プログラム
画面上の見栄えが完成したら、htmlコーディングに移ります。
専用システムを導入する場合同時にプログラムも組み込み、Webサイトが完成します。


===========================
CI(コーポレートアイデンティティ)
===========================

CI(コーポレートアイデンティティ)は、会社を運営する上で必要な経営理念や事業内容、社会や従業員への責任など、その企業のスタンスを整理したものです。
その象徴としてロゴマークを制作することが多いですが、実際にはマーク以外に企業のスタンスを整理した資料を作成します。

主に

【MI(理念の統一)】

1.PHILOSOPHY(企業理念)

2.STATEMENT(声明文・スローガン)

3.VISION(実現すべき世界)

4.MISSION(社会において果たしたい役割)

【BI(行動の統一)】

5.VALUE(行動指針)

6.STRATEGY(経営戦略)

7.TACTICS(経営戦術)

8.CULTURE(行動規範)

の8つを作成し、経営者の方も気づいていなかった企業の立ち位置を明確にします。


【VI(資格の統一)】

MI、BIの設定の後、その企業のマストなデザインを検討します。


《なぜCIが必要なのか》
CIの目的は、会社のスタンスを明確にして、社内外での意識統一を図ることにあります。
会社の目指すビジョンはどのようなものなのか、そのために社員はどのような考えで、どのような行動を起こすべきなのか。
従業員が一丸となって取り組まない限り、経営者の目標に辿りつくはずがありません。
「会社の雰囲気に惹かれて入社を希望する」という人材ではなく、「会社の理念に共感を得た」という社員で構成する組織の方が強いチームになるはずです。
そのために、「この会社はこのような理念のもと運営しています」という理念を落とし込むためのツールとして利用されています。


私どもがお力になれる事がございましたらお気軽にお声がけください。