あなたの発注コンシェルジュ

営業時間 平日 10:00~19:00

MOT/PBX
出典:株式会社MBEジャパン http://www.webjapan.co.jp/

株式会社MBEジャパン

★★★★★

集計中

発注者からの評価
利用料0
一括資料請求

PRポイント

  • 市場に出回っているIP-PBXの中では格安で高性能
  • スマートフォンの内線化でBYODと通信費削減を実現
  • 24時間受付のコールセンター
完全無料

よく比較されている会社との
一括見積もりを依頼する

お気軽にお問い合わせください。原則1営業日以内に返答いたします。

最近3ヵ月の間で比較されたサービス

おすすめの
CTIシステムを
無料で一括比較

一括資料請求する(無料)

株式会社MBEジャパンのサービス情報

サービス名
MOT/PBX
サービスURL
http://www.webjapan.co.jp/
実績数
1,000~
提供形態
パッケージ型
主な使用用途
アウトバウンド、インバウンド両方に対応
対応機能
自動音声応答 FAX連携
  • 業界平均よりも低価格

    低価格

  • 高機能・スピード対応

    利便性

  • 柔軟な接客・個別対応

    サポート力

株式会社MBEジャパンの得意な領域

【特徴】
1、1万社以上の導入実績があり、業種や企業規模・拠点数の
  多寡を問わず様々な企業様にご利用頂いております。
  お客様のご利用状況に適したご提案を行う事ができます。

2、MOT/PBXは、設計・開発・製造・ソフトウェア開発から
  販売・設置・設定・サポートまで全てオフィス24グループで
  行っている自社製品です。

3、プログラムのバージョンUPもWEBを介して無料で行って
  いるので、余計なサポート費用や時間を掛けずに済みます

4、サポートは24時間365日電話対応をしております。
  (※別途保守加入が必要となります)

5、プログラムにバグや修正があった場合でも、リモート操作で
  素早く修正を行う事ができるので、メンテナンスも安心です

このサービス(MOT/PBX)の詳細

株式会社オフィス24が販売するIP-PBX 「MOT PBX」は従来のビジネスフォン(電話)機能を備えながら以下の特徴を有する次世代型多機能IP-PBXです。

・スマートフォンをビジネスフォンの代わりとして使用可能
・パソコンが内線電話機となるソフトフォン
・VPN構築を行わずに拠点間の内線通話が可能
・スマートフォン、パソコンからFAX送受信が可能
・発信相手の情報が一目でわかるPOPアップ機能(簡易CTI)

資料1:MOT/PBX

  • ページ1
  • ページ2
  • ページ3
  • ページ4
  • ページ5
  • ページ6
  • ページ7
  • ページ8
  • ページ9
  • ページ10
  • ページ11
  • ページ12
  • ページ13
  • ページ14
  • ページ15
  • ページ16
  • ページ17
  • ページ18
  • ページ19
  • ページ20
ページ1 ページ2 ページ3 ページ4 ページ5 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9 ページ10 ページ11 ページ12 ページ13 ページ14 ページ15 ページ16 ページ17 ページ18 ページ19 ページ20

資料2:MOT/PBX

  • ページ1
  • ページ2
  • ページ3
  • ページ4
  • ページ5
  • ページ6
  • ページ7
ページ1 ページ2 ページ3 ページ4 ページ5 ページ6 ページ7

資料3:MOT/PBX

  • ページ1
  • ページ2
  • ページ3
  • ページ4
  • ページ5
  • ページ6
  • ページ7
  • ページ8
  • ページ9
  • ページ10
ページ1 ページ2 ページ3 ページ4 ページ5 ページ6 ページ7 ページ8 ページ9 ページ10

株式会社MBEジャパンの会社概要

会社名
株式会社MBEジャパン
資本金
1,000万円以上1億円未満
設立年
1993年
従業員
5-9人
住所
東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー3F
電話番号
03-5358-9332
会社URL
https://www.mbe.co.jp/
会社概要
MBEジャパンは米国Mail Boxes Etc.,Inc.との間でビジネスサービス店舗の日本におけるフランチャイズ展開に関する契約を締結しております。同社のブランドとノウハウを活用しながら、日本の社会情勢、市場、ビジネスの慣行等に適合するようカスタマイズし、進化させてきました。

現在MBEジャパンは、サービスの3本柱として、《INFORMATION》、《LOGISTICS》、《DOCUMENT》という3つのサービス分野を中心に、それぞれのサービスをリンクさせながら、ビジネスや暮らしに欠くことのできない“必要”に対するサービスを開発、提供しております。