導入企業、増えています! ワークフローシステム(電子決裁システム)をまとめてみました!

更新日:2015年08月25日 | 公開日:2015年08月29日

この記事を読むための時間: 3分

「稟議の進捗状況がわからない」・「申請書を紛失した」・「上司が書類を確認していない」といった事例はワークフローが正常に機能していない証拠です。そこで電子決裁システムを導入することにより、内部統制が整備され上述の事例を解消できます。

■rakumo ワークフロー

■Streamline クラウド型ワークフローシステム

■X-point エクスポイント

■まとめ
いかがでしょうか?ワークフローシステムは縦割りの組織の弊害を改善するのに最適なツールだと思います。会社の意思決定があまりにも遅いと感じている場合は、何かしらの問題が生じています。これを機会に導入してみてはいかがでしょうか?

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください