どうせ入るなら友達家族の分も!家族・知人の利用対応もしている福利厚生代行をまとめてみました

更新日:2015年06月01日 | 公開日:2015年05月30日

この記事を読むための時間: 3分

友達家族が1人もいない社員はごく稀です。あなたの会社で働いている社員本人だけでなく、彼らの周囲もカバーしてあげられれば、お互いの関係もより良いものになっていきます。
あなたが社員を思うのなら、是非導入を検討してみてください。代表的なものを5つ紹介します。あなたの会社にあった、福利厚生の選び方が、ここでわかります。

●東京商工会議所

●ベネフィットステーション

●ニチイライフ

●ホームネット株式会社

●JTBベネフィット

●まとめ

福利厚生と言っても、どの分野を充実させるかによって、あなたが選ぶべきサービスは異なります。「友達家族がいない」なんて従業員はほぼいないでしょう。でしたら、その従業員だけでなく知人や家族とも使えるサービスがベターなのは、当然ですよね。

どこに優先順位を置くか、ですが、個人的には総合的にサービスを受けることができるベネフィットステーション、または東京商工会議所をお勧めします。このどちらかの資料を取り寄せ、「物足りない」と感じるのであれば、他のサービスを検討してください。

もちろん、あなたが初めから特定のサービスに特化した福利厚生を導入したいのであれば、話は別です。浅く広くのサービスよりも、1つのサービスに特化したものを選ぶべきです。福利厚生の充実は、社員のモチベーションや離職率の低下に繋がります。しっかり選んでください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください