カルテ管理のシステムで定評のあるおすすめ3パッケージ厳選しました

更新日:2017年09月28日 | 公開日:2016年07月16日

カルテ管理システムとは、病歴台帳や入院台帳を作成したり、作成された台帳を元にカルテ整理や管理などの効率化や診療現場のスタッフの診療活動を総合的にサポートするためのシステムです。
導入効果としては、病歴を素早く参照することによる診療の質の向上や経営効率の改善などが図れます。

このカルテ管理システムで定評のある3パッケージをご紹介します。

1.直感的な操作し安さを重視した「MedicalTRACE」(メディカルトレース)

2.カルテにマイコンIDを埋め込んで管理する画期的な「MKS」

3.簡単操作でカルテ入力・管理効率化がはかれる「WBC 診療録管理システム」

【まとめ】カルテ管理システムに関して詳しい会社をご紹介します!

病院のカルテ作成・管理システムは広い意味での業務管理システムの1つですが、病院の事務には独特の流れがあります。
実績豊富な会社であれば、カルテ管理システム特有のシステム的なポイントにも熟知しているので安心です。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』ではシステム構築に関する専門知識を持ったコンシェルジュが、信頼のおける業者を完全無料で紹介することができます。

まずはお気軽にお問い合わせください。
すぐれたコンシェルジュが、あなたの会社に合った企業選びを全力でお手伝いさせていただきます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください