システム開発後の運用に定評のある3つの開発会社をご紹介!

更新日:2017年06月06日 | 公開日:2016年08月01日

システム運用をわかりやすく説明するならば、システム開発後に定型的な操作を行う「オペレーション」というとイメージが伝わりやすいかもしれません。
サーバーの起動や停止を行ったり、決まった時間には必要なデータを入力したりするオペレーションを確実に行われることで、社内のシステムが提供するサービスを滞りなくユーザーに届けることが可能になります。

企業の優良度が問われる大事な「運用」

運用をつつがなく行うためには、常にシステムの動きを監視しておく必要があります。
特に突発的な障害発生時の際などには、手際のよい対応ができるかできないかでサービスを提供する企業の信頼度が左右されるので、運用管理を行う開発会社の手腕も重要といえそうです。

下記では運用管理にも長けているシステム開発会社を紹介したいと思います。

1.株式会社ピーエスシー

主にwebシステム開発から運用・保守、常駐支援などを行っている企業です。
企業経営、サービス運営の基盤となるシステム運用をマネジメントレベルからサポートし、お客様先の情報システム部門に常駐して、包括的なITサービスの運用、実施を行っています。

株式会社ピーエスシー紹介ページはコチラ

2.株式会社エクストランス

システム開発からマネジメントまでトータルで行っている企業です。
サービスの規模、アプリケーションの特性をヒアリングし、サーバ構成・ネットワーク構成の提案から、実際のサーバ構築作業・サーバ設置スペースのご提供・設定変更などの運用作業・システムの24時間監視はもちろんのこと、ドメイン取得・SSLサーバ証明書取得・その他期限管理まで、すべてに対応しています。

株式会社エクストランス紹介ページはコチラ

3.株式会社SRA

官公庁や上場企業をはじめとする取引先との40余年の豊富な実績と経験を持つ企業です。
オープンシステムからメインフレームにおける運用業務支援やオペレーションサービスの提供とノンストップ運用(24時間365日)に対応し、高い信頼性と安定したシステム運用をサポートしています。

株式会社SRA紹介ページはコチラ

【まとめ】ワンストップサービスの開発会社はコスト面でも○!

以前にはシステム開発はA社、システムの運用・保守などは社内スタッフで行うという企業もありました。
そうすることでコスト削減につながると思われたからです。

しかし、実際には社内の人材を投入することで本来の業務が手薄になるといった問題から、現在はシステムの開発から運用・保守までワンストップで行っている開発会社に依頼するのがコスト面でも有利と考えられるようになってきています。

『アイミツ』では、豊富な企業データベースの中から、専門のコンシェルジュが完全無料にて「システムの開発から運用・保守までワンストップで行っている開発会社」をご紹介させていただいています。
この機会にぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください