メリットの多いニアショア開発!低価格かつ信頼性◎な国内のニアショア開発会社5選

更新日:2017年02月24日 | 公開日:2014年11月14日

システム開発をアジア諸国へ発注するのは低価格という部分では魅力的ですが、文化や言葉の壁などトラブルも多いです。それに比べてニアショアであれば国内への発注のため、コミュニケーションがとりやすいです。また、最近のニアショアでは海外に負けず劣らず低価格でサービスを提供してくれる国内企業も増えていますので、低価格でサービスをうけることができます。ニアショアなら国内制作という信頼性と低価格を両立した発注が可能です。

1.CSC コンピューターシステム株式会社

四国・松山を開発拠点として、四国から関西圏全域を中心にサポートする国内のソフトウェア開発会社です。専門SEを自社に持っており、日本全国の開発要望に対応できますので、国内のどこからでもニアショアを依頼できます。

2.フォーサイトシステム株式会社

九州を開発拠点として、九州から関西圏などの地域間の経済性を活かした国内のソフトウェア開発会社です。自社に専門SEを有し、西日本全域の開発要望を中心にニアショア事業展開しています。国内産の高度なセキュリティを低価格で提供してくれます。

3.バリューストリーム株式会社

鹿児島を開発拠点として、九州全域を中心にサポートする国内のソフトウェア開発会社です。本社の東京には専門SEを配置しており、九州外の全国各地からニアショア事業を請け負っています。

4.SCSKニアシェアシステムズ株式会社

首都圏を開発拠点として、全国を網羅する国内でも大手のIT企業の子会社です。親会社のSCSKが首都圏全域の顧客担当を行っています。そして、子会社であるSCSKニアシェアシステムズ株式会社が地方都市の開発を受け持つ体制を作っています。大手SCSKのバックアップとの連携もしており、サポート体制は抜群です。国内全域からニアショア開発を請け負っています。

5.SOC株式会社

札幌を開発拠点として、北海道と首都圏の地域間の経済性を活かしたニアショア開発をしてくれる国内のソフトウェア開発会社です。首都圏に顧客の要望を聞く専門SEを配置し、首都圏周辺の開発要望に対応して、ニアショア開発を請け負っています。

【まとめ】ニアショアはこんなにメリットが多いんです!

オフシェアに代わる新しい手段としてニアシェアが注目されています。近場で頼みやすく、低価格な料金も魅力です。上記で紹介したニアショア開発会社以外にも、全国各地にニアシェアを請け負う会社は多数存在します。自社の近くで該当する会社を探して、ニアショアで予算を半額程度に抑えることができるかもしれません。

「ニアショアの会社をもっと知りたい」「比較をしながら発注先を決めたい」とお考えの方は、沢山いらっしゃると思います。ぜひ日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」まで、お気軽にご相談ください!全国のニアショア開発業者から、あなたに合った業者を選定し、担当のコンシェルジュがご紹介いたします。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください