問い合わせ・申し込みフォームはEFOを丁寧に実現しよう!

スマホを操作する男性

更新日:2017年09月23日 | 公開日:2016年09月02日

スマートフォンの爆発的普及により、従来はパソコンを利用して行っていた商品の購入や資料請求などをスマホで行うユーザーが上回りつつあります。
ですが、エントリーフォーム部分がパソコン用サイトのままで、スマホに最適化されていないページが多くあるのが現状です。
スマホ用に最適化されていないエントリーフォームの場合、かなりのユーザーが離脱してしまっている可能性があります。
スマホユーザーに向けた適切な対策を立てましょう。

スマホだからこそこだわりたいEFOのポイント

スマホとキーボード

スマホのEFO(エントリーフォーム最適化)はパソコンとは違うノウハウが必要です。
レスポンシブデザインで画面サイズはスマホに対応していても、エントリーフォームはPCサイトのものをそのままスマホ用に変換しているだけの入力フォームをまだまだ見かけます。
スマホユーザーはそもそもパソコンユーザーとユーザー・エクスペリエンスが異なっています。
パソコンの画面を小さくしただけではスマホ用のEFOになっていないということを認識しましょう。

フォームの入力フィールドでは、キーボード変換をさせない

フォームを埋めている時にわずらわしいのが、キーボード切り替えです。
すべての項目を全角入力、もしくは半角入力に揃えてしまうという手もありますが、よりかっこいいEFOとしては、フォームがアクティブになった時に自動的に最適な入力文字設定に切り替えることです。

inputタグにつぎのような属性を設定することで、ユーザーの入力設定を切り替えることができます。

type = "text" … 通常テキスト入力
type = "tel" … 電話番号入力
type = "number" … 数字入力

などで工夫してみましょう。

半角と全角の制御は残念ながらHTML5だけでは無理なので、下記のJavaScriptを使えばOKです。

<script>
$(function() {
$('#zip1,#zip2,#mailaddress,#tel1,#tel2,#tel3').change(function(){
var txt = $(this).val();
var han = txt.replace(/[A-Za-z0-9]/g,function(s){return String.fromCharCode(s.charCodeAt(0)-0xFEE0)});
$(this).val(han);
});
});
</script>

住所は郵便番号から自動で入力できるようにする

住所入力はパソコンでもわずらわしいですが、地名などの特殊な文字を打たせることはスマホでは特に面倒ですね。
スマホだからこそ、郵便番号からの自動住所入力支援は必須です。

JavaScriptを使えば簡単なので、例えばこちらのサイト(参考)GitHub YubinBangoを参考に、ぜひ対応しましょう。

「フリガナ」を自動で入力する

「姓」「名」に対するフリガナ入力はキーボードを切り替えないといけないことに加えて、完全にサイト側の都合なので、イライラします。
「なんでこんなの入力させるんだ!」というイライラがピークに達しているユーザーも多いはず。

これもJavaScriptを使えば簡単です。こちらのサイト(参考)GitHub jquery.autoKanaを参考にしてみてください。

フォームの質問項目を見直す

上記のような、HTML5やJavaScriptを使ったEFOは即効性が合って非常に有効です。
そうした対策をした後は、ぜひフォームの質問項目を見直しましょう。

入力の「方法」がわずらわしくて離脱する、というスマホユーザーも多いですが、ユーザー側になってみると、先ほども「フリガナ」を例に出して触れたように、「そもそもなんでこんなもの打ち込まなくてはいけないんだ!」という項目が多すぎると感じることはありませんか?

フリガナはJavaScriptで自動入力するにしても、「たかが試供品の提供やメルマガの申込みで、なんでここまでのアンケートに答えなくてはいけないの?」と感じているユーザーは非常に多いです。

確かに、企業側からすると試供品を提供したり、メルマガに申し込んでもらうことで個人情報を取りたいということは本音ではあります。
しかし、最初はメールアドレスだけ、そしてその後、プレゼントが欲しかったら「送付先の住所」、別の試供品を提供したいので「もう少しだけ詳しい個人情報」といったように、段階的に個人情報を集めていくのが現実的です。

最初のお問合せフォームは最低限必要な項目だけを絞って配置し、後から段階的に個人情報を取得していくシナリオ立てて無理なく関係を深めていくことが重要で、これだけでも初回の関係づくりのコンバージョン率は大きく改善されます。

【まとめ】顧客との信頼関係を強固なものにするために

EFOは、テクニック的な部分も大切ですが、どうやって顧客と関係を深めていくかという視点を持って、無理のないかたちで簡単にすることが重要です。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』ではEFOを含めたシステム構築に関する専門知識を持ったコンシェルジュが、信頼のおける業者を完全無料で紹介することができます。

まずはお気軽にお問い合わせください。
すぐれたコンシェルジュが、あなたの会社に合った企業選びを全力でお手伝いさせていただきます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ