待ったなしのクラウド移行!こんなメリットをご存知でしたか?

更新日:2017年06月06日 | 公開日:2016年08月06日

「それってもしかしてクラウドであるんじゃないの?」何かシステムを考えるなら、最初にクラウドのことを考えろ!という「クラウドファースト」がすっかり当たり前になってきました。
これまでは自社に回線を引いて、オリジナルの業務システムを構築していたのに、それを競ってクラウド化することが流行になっています。

クラウド化するとどんなメリットがあるのか、新規導入と既存システムのリプレイスの2点から考察します。

新規にクラウド導入を考えている企業はこんな効果を狙っている

2015年8月19日に公開されたビジネスソフトウェア企業のExactとPb7 Researchによる調査「Small Business Cloud Barometer 2015」というレポートによれば、企業がクラウドを導入する目的としてあげた上位5つの項目は下記のようになっています。

■ セキュリティ:32%
■ ITコストの削減:26%
■ システムメンテナンスが不要、または少なくて済む:23%
■ モバイルアクセスの手軽さ:23%
■ エンドユーザーの生産性および効率性の向上:21%

また、レポートの中では「クラウドに移行済みの小規模企業は、利益を2倍に増やしており、クラウドを導入していない小規模企業に比べて、25%多い増収を達成している」という記述もあります。

上記は米国での調査ですが、ITソリューションの分野では日本は米国の半年から1年ほどで同じような状況が訪れますので、現在日本でも同じような状況が出て来ていると想像されます。
現状、何もクラウド化を考えていない企業は、同業他社との競争力強化という点からもクラウド化計画を策定していくべき段階に入っているといえます。

中小企業情報システム部門のよくある現状を整理してみる

先ほどのレポートは「クラウドになったらこんなに便利になる!」というどちらかというとポジティブな状況での、クラウドへの期待といった希望ですが、一方で日本の中小企業の情報システムは、稼働中の現在さまざまな課題点を抱えています。

■ 社内システムは増え続けているのに管理者の数が足りず、多くは兼任でまかなっている
■ きちんとした計画に基づかずにシステムを増やしているので、管理体制が後手に回っている
■ 以前に導入したサーバなどは老朽化している機器があるが、リプレイスのタイミングがつかめない
■ 手動でバックアップは取ってはいるものの、頻度もまばらで万が一の場合の復旧体制も確立していない
■ 東日本大震災以降、BCP(事業継続計画)対策も気になるが着手できていない
など…

こうした状況下にいる中小企業にとっては、来期以降の積極的な投資案件として社内クラウド化をのんびり考えるというのではなく、今ある問題をどうやって解決すべきか、その最有力の手段としていっそ既存システムをクラウド化してしまおう!という発想が出てきているのが現状です。

社内システムクラウド化の課題を整理する

クラウド化をすれば、先ほどあげた問題点はきれいに解決します。

【クラウドによる社内システムの問題解決】

社内システムは増え続けているのに、管理者の数が足りず多くは兼任でまかなっている

⇒ クラウドサービスでは、基本的にシステムの管理はすべてサービス提供者が行います。セキュリティアップデートに関しても、最新の情報をいち早く入手して対応をとってくれますが、これらの作業も月額の基本料金に入っています。

きちんとした計画に基づかずにシステムを増やしているので、管理体制が後手に回っている

⇒ クラウドサービスでは、ユーザーの増加やサービスの増強に対して、簡単にサービスをスケールできる仕組みを持っています。上位プランに乗り換えるだけで、システム的な増強が簡単に図れます。

以前に導入したサーバなどは老朽化している機器があるが、リプレイスのタイミングがつかめない

⇒ クラウドサービスでは、そもそもハード機器のことを心配する必要が全くありません。

手動でバックアップは取ってはいるものの、頻度もまばらで万が一の場合の復旧体制も確立していない

⇒ 多くのクラウドサービスでは、リアルタイムでのバックアップと復旧体制が整っています。

東日本大震災以降BCP(事業継続計画)対策も気になるが着手できていない

⇒ クラウドサービスを含んだBCP策定ならば、完全オンプレミスの状態(=自ら管理する設備内に導入、設置して運用すること)よりも遥かに簡単に実行可能です。

【まとめ】最適なクラウドサービスを選択してクラウド化を成功

いかがでしたか?「クラウドファースト」という言葉は確かに魅力的ですが、クラウド移行にあたってどんな社内システムの問題が解決できるのかをしっかり確認してから、最適なクラウドサービスを選択することが、クラウド化を成功させる絶対条件です。

ビジネスマッチングサイトの『アイミツ』ではシステム構築やオンプレミス・システムのクラウド移行に関する専門知識を持ったコンシェルジュが、信頼のおける会社を完全無料で紹介することができます。

すぐれたコンシェルジュが、あなたの会社や案件に合った企業選びをお手伝いさせていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください