店舗管理システム導入時にはずしてはいけないポイントとシステム例

ショッピング中の女性

更新日:2017年09月23日 | 公開日:2016年09月01日

店舗管理システムは3あります。
「仕入れ管理」「売上管理」「勤怠管理」この3つです。

店舗管理システムとは必須となる3つの業務を、オンライン上で一括管理できるシステムのことです。手作業で管理を行うのに比べて、オンライン上で管理すると業務の効率化とコストの削減が見込めます。

特に多店舗展開をしている場合には、絶大な効果が見込めます。
手作業では集計をリアルタイムに行うことは非常に困難ですが、ネットワークで結ばれた店舗管理システムであれば店舗グループ全体のリアルタイム集計が可能です。

業種ごとの店舗管理システム選定はここがポイント!

フルーツ

飲食店向け店舗管理システムでは「発注・在庫管理」を重視する

飲食店を回していく上では、特に鮮度を意識した食材の発注と仕入れ、在庫管理が大切になってきます。
発注ミスは献立に直接影響してきますし、在庫僅少の食材は定期発注以外にも柔軟に管理できる必要がありますので、そうした機能を重点的に比較検討しましょう。

アパレル業向け店舗管理システムは「SKU管理」を重視する

アパレル業界の商品管理では、サイズやカラーのきめ細かいストック・キーピング・ユニット(SKU)管理が肝になってきます。
SKU管理の例としては、例えば、ベッドを扱う小売店ではベッドのフレームとホイールとが別々のサプライヤーから出荷されたものであったとしても、ベッド・フレームと四つのホイールを一緒にして1SKUと数えて管理する必要があります。
こうしたSKU管理に長けた製品を比較しましょう。

EC業向け店舗管理システムでは「複数拠点管理」を重視する

オンラインショップを解説するオーナーは、Yahoo!ショッピングやAmazon、楽天市場などの大手のオンラインショッピングモールに複数出店したり、自社サイトを立ち上げたりしているケースが多いです。
したがって、複数拠点の在庫を管理できたり、リアルタイムで店舗運営状況が把握できるシステムを比較検討しましょう。

また、オンラインショップでの商品の一括登録、一括編集、削除がCSV形式のファイルで行えるなど、効率を考えたうえでのきめ細かい部分にも注意をはらいましょう。

店舗管理システムと他システムの連携部分がポイント!

店舗内の風景

店舗管理には売上管理、勤怠管理、発注管理など複数の業務が含まれていますので、会計ソフトや勤怠管理ソフトなどの既存のシステムとの連携について、どこまでできるのかを把握しておくことが大切です。

小規模のECシステムを本業とは独立した事業部などで運営するという場合には、月次データなどを統合すれば良いという場合もありますが、本格的にEC部門を管理するには既存システムとの連携が必要になってきます。

また、店舗管理システムを導入したことによって既存の手作業でのオペレーションに大きく変更点が出てしまう、という場合には、せっかくシステムを導入してもなかなか現場に根付かなかったりしますので、十分な注意が必要です。

既存の店舗管理業務をいかにスムーズにシステムに反映させるかについては、導入予定のシステムが高いカスタマイズ性を備えているかが鍵となります。その点をあらかじめ見極めることが大切になってきます。

主流になりつつあるクラウド型店舗管理システムはここをチェック!

最近では、オンプレミス型の店舗管理システムだけでなく、手軽に申し込んですぐに使えるクラウド型の店舗管理システムが多数提供されています。

その中でも評価の高い、株式会社ビジコムが提供する「クラウド型店舗本部管理システム TenpoVisor」の機能を実際に検証して、クラウドでも複雑な店舗管理ができるのかをみてみましょう。

このように、クラウドであってもビジネスに必要な機能はそろっているといっていいでしょう。
ポイントとなるのは、自社の運営スタイルに合わせてカスタマイズがどこまでできるかです。
この「TenpoVisor」では「現在使用されている、ホストシステム(基幹系システム)と連動することにより、システムの再構築をせずに、POSシステムとホストシステムの連動を可能」となっています。

その他のクラウド製品を比較検討する場合にも、店舗管理システム導入では、こうした既存システムとの連携について必ず確認してください。

【まとめ】店舗運営のノウハウを熟知した制作会社を選ぶ

いかがでしたか、店舗管理システムは各店舗、チェーン店の独自の運営ノウハウをいかにシステムに反映させることができるかがポイントとなります。
そのためには、各業態のチェックポイントをしっかりと把握して、システム構築をすることが大切です。
また、流行のクラウドで対応する場合には、カスタマイズがどこまでできるのかを必ず確認しましょう。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』ではシステム構築に関する専門知識を持ったコンシェルジュが、信頼のおける業者を完全無料で紹介することができます。

システム開発には大きな金銭と時間が掛かるため、慎重な検討が必要となります。まずはお気軽にお問い合わせください。
すぐれたコンシェルジュが、あなたの会社に合った企業選びを全力でお手伝いさせていただきます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください