システム開発で失敗事例を防ぐリスク管理をしている会社【3選】

更新日:2017年06月07日 | 公開日:2016年08月21日

システム開発においてクライアントが最も懸念されるリスクには「システムがなかなか完成しない」、「完成したシステムがイメージとあっていない」、「見積りを大幅にオーバーした」といったものがあります。
こうしたリスクを回避するためには、やはり開発を行う会社の気概が肝心といえます。

あってはいけない、しかし発生しがちなシステム開発のリスク

システム開発のリスクについて正しく理解している人は少ないようです。
リスクの認識を誤解している人も多いため、リスクマネジメントができておらず、実際にリスクが発生してもしっかりとした対策ができずにただ時間だけが経過してしまうといったこともよくあります。

今回はリスクマネジメントについての考え方や施策などを打ち出している開発会社にスポットを当ててご紹介します。

1.株式会社システム開発

官公庁・地方公共団体および歯科医院を含む民間企業に対し、顧客のニーズに合ったソフトウェアやハードウェアを提供し、 開発から販売・保守に至るまで一貫したサービスを行っています。
自社ホームページ内ではリスクマネジメントに関する方針も明記しています。

2.アイエックス・ナレッジ株式会社

コンサルティングからシステム開発、保守・運用までの一連のサービスをお客様のニーズに応じて柔軟な対応を可能としている企業です。
ITによる様々なサービスを通じて、豊かな社会づくりに貢献する事を使命とし、技術者の持つ技術力や業務ノウハウ、独自の知恵をソフトウェアとして、あるいは情報システムという成果物としてお客様に提供しています。

アイエックス・ナレッジ株式会社紹介ページはコチラ

3.株式会社HS情報システムズ

住宅金融分野に特化したシステムインテグレーターとして、サーバやストレージの選定、ネットワークの設計、OSやミドルウェアの選定・インストール、業務・Webアプリケーション開発、パッケージソフトウェア導入サポート、システムの運用・保守まで、お客様のビジネスに必要なソリューションを提供している企業です。

ブログ形式の「春日日和~かすがびより~」では受託開発におけるリスクについても記述されています。

株式会社HS情報システムズ紹介ページはコチラ

【まとめ】システム導入を失敗させないリスクマネジメント

プロジェクトにはリスクがつきものといわれていますが、重要なのは問題を未然に防ぐためのリスクマネジメントであり、いかにして問題の発生を未然に防ぐことができるか、また、問題が起こってからの対処法などマネジメントを行う開発会社の力量にかかっているといってもいいのではないでしょうか。

BtoBのマッチングサイト『アイミツ』には、そうしたリスクマネジメントについても熟知している優良開発会社が数多く登録されています。

専門コンシェルジュがお客様の予算やニーズによって優良な開発会社をご紹介させていただいていますので、気軽にご利用いただくことをおすすめします。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください