アジャイル型開発技法を用いてシステム開発を行っているおすすめ3社

タイピングをする人

更新日:2017年09月26日 | 公開日:2016年08月21日

アジャイル型開発とは、迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う軽量な開発手法群の総称で「しなやかな、素早い、俊敏」といった意味を持っています。
近年ではアジャイルソフトウェア開発手法が数多く考案され、ソフトウェア開発で実際に採用される事例も増えはじめています。

この機では、アジャイルソフトウェア開発を行っている開発会社をご紹介します。

クラウドの時代、アジャイルの時代!

アジャイル型開発は、プロセス全体を通してフレキシブルなコミュニケーションを重視するため、ウォーターフォール型では不可能なレベルの関与を実現できることがメリットです。
さらに現在では主流になりつつある「クラウド」とも相性がいいという点もあり、需要も増えたため、アジャイル型開発を行ってい会社も多くなりました。

そこでアジャイル型開発技法を用いて俊敏なシステム開発を行っているおすすめの3社をピックアップしてご紹介します。

1.株式会社永和システムマネジメント

Rubyとアジャイルに関連する技術力をさらに先鋭化させ、業界(ソフトウェアをビジネスの中心に据えている企業)にとって必要不可欠な存在となるため、2014年8月に、より専門性を高めた新組織として、アジャイル事業部を発足。B2B、B2Cのサービス開発を精力的に行っています。

2.株式会社パソナテックシステムズ

アジャイル、クラウド、オフショアを基軸に事業展開を行っている企業です。
業務に精通したエンジニアによるシステムコンサルティングからビジネスアプリケーションの開発・導入などをトータルに提案しています。
10年以上のオフショア開発実績とクラウド環境における多くのシステム構築経験を武器に業務のシステム化をゼロから支援しています。

株式会社パソナテックシステムズ紹介ページはコチラ

3.コムチュア株式会社

従来よりも生産性が30%~40%向上するといわれているIBMのミドルウェア製品WebSphere sMashを活用したシステム開発を行っている企業です。
短期間・低コストで簡単な開発の提案を行っています。

コムチュア株式会社紹介ページはコチラ

【まとめ】アジャイル型開発の特徴は柔軟な対応力!

アジャイル型開発の一番の特徴は顧客の要望が変わったとしてもそれを柔軟に受けとめ、対応できる点にあるといえます。
これからはさらにアジャイル型開発の手法が広がっていくのではないでしょうか。
「よし、我が社でもアジャイル型開発にしよう!」 そう思われた方はBtoBのマッチングサイト『アイミツ』をぜひご検討ください。

アイミツでは、豊富な企業データベースの中から、アジャイル型開発に精通したシステム開発会社をご紹介させていただいています。
ご利用に疑問や質問などは当社のコンシェルジュが完全無料にてお答えしていますので、いつでもお気軽にご相談ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください