プログラミング言語全てに精通しているソフトウェア開発会社3社

プログラミング言語

更新日:2017年09月27日 | 公開日:2016年07月30日

システム開発の世界ではたくさんのプログラミング言語が存在しています。
一説ではその数は200以上ともいわれていますが、その中にはほとんど使われてない言語などもあり、実際に仕事で使用される頻度が高いものを集めると、おおよそですが10~20言語、多くても30言語程度なのではないでしょうか。

プログラミング言語に精通している業者は安心できる

システム開発を行う業者であれば言語に関しては広い範囲で熟知していなければならないでしょう。
なぜならば、場合によっては「この言語で作ってほしい」というオーダーを受けることも決してないとはいえないからです。
そういう意味では、やはり多くのプログラミング言語に対応可能できる会社は重宝されるのではないでしょうか。

それでは以下より、どんなプログラム言語でもOKというソフトウェア開発会社を厳選してご紹介します。

1.グローリーシステムクリエイト株式会社

OA系や制御系ソフトウェア開発をメインに、時代の先端を行くシステム・インテグレーターとして、ソフトの設計から運用・アフターフォローに至るまで、トータルで手がけている企業です。
オープン系はもちろん、組み込み系の技術にも強く、システム開発の信頼性、安定性には高い評価を得ています。

グローリーシステムクリエイト株式会社紹介ページはコチラ

2.コガソフトウェア株式会社

孝行デマンドバス、環境、ヘルスケアなどのソフトウェアやインフラ、クラウド開発やシステム開発を通じて日本国の発展並びに日本国民の福祉に寄与している企業です。
ソフトウェア開発・インフラ構築を中心に、課題分析、マーケティング、ソリューション企画提案、設計・プログラミング・テスト、保守運用まであらゆるビジネス課題にシームレスに対応しています。

コガソフトウェア株式会社紹介ページはコチラ

3.株式会社トレストーレス

「ITで美しく豊かな未来を創る」という信念のもと、コンピュータシステムのコンサルティング、設計、開発、運用・保守、ネットワーク・サーバ構築などを主軸に、Webアプリケーション、SNS構築、各種業務システムなど業種業界問わず、さまざまなお客様のニーズに合わせた開発を行っています。

株式会社トレストーレス紹介ページはコチラ

【まとめ】プログラミング言語にも人気度がある

プログラミング言語には人気のあるものや使用頻度の高いものがあるようです。

 1. Java
 2. PHP
 3. JavaScript
 4. Ruby
 5. C#
 7. Objective-C
 8. Python
 9. C

このような言語が使えるプログラマーのいる会社であれば、開発の依頼をしてもまず問題なく取り組んでくれるのではないでしょうか。

「では、どこの会社に頼もうか…」そう思われた方は日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』をぜひご利用ください。
アイミツでは、7万社以上の企業データベースの中から、お客様に最適なソフトウェア開発業者をご紹介させていただいています。

ソフトウェア開発に関する疑問や質問などは専門のコンシェルジュが完全無料にてお答えしていますので、いつでもお気軽にご相談ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください