【中小企業必見!】 WEBシステム開発会社を選ぶ際の、おさえておくべき3つのポイント

更新日:2016年03月11日 | 公開日:2015年04月20日

この記事を読むための時間: 3分

WEBシステムの開発は専門店な知識も多く、発注する側は一体何を基準に選んでいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?そんな時に是非思い出していただきたいのが今回のまとめ記事です。
今回は、WEBシステム開発会社を選ぶ際の、絶対にチェックしておきたいポイントをご紹介いたします。

ポイント1◆元請けの多い会社を選ぶべし

システム業界は、元請け、2次請け、3次請けといったピラミッド構造になっています。外部から仕事を受けた際、元請けはシステム設計のみを行い、プログラミング等の開発作業は2次請け・3次請け会社に依頼することも珍しくありません。

したがって、2次請け・3次請けの会社ではシステム設計の経験が少ないためノウハウも蓄積されておらず、依頼の背景や基本情報などを把握しないままプログラミングを行うことが多くなってしまいます。また、元請けでシステム設計を行うことは多くても、システム開発のほとんどを外注している会社も安心できません。

ポイント2◆得意分野と実績を確認すべし

ポイント3◆エンジニアの開発能力をチェックすべし




納得できるよいWEBシステム開発会社を選択するためには最低でも10社、できればそれ以上の数をピックアップして比較検討するようにしましょう。そして絞り込んだ5社程度と商談を行い、さらに3社程度に絞り込んで提案や見積もりを依頼した上で、自社のシステム開発に適切な会社を選ぶようにするとよいでしょう。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください