「Javaでシステム開発を依頼するメリットって?」という疑問に明確に答えてくれる納得の5社はココ!

更新日:2017年07月27日 | 公開日:2015年02月22日

なぜ世の中にこんなにもたくさんのプログラミング言語があるのか、あなたも一度は疑問に思ったことがあるでしょう。
世の中にはなんと250以上のプログラミング言語があり、ビジネスの現場で頻繁に使われている言語に絞っても15種類のメジャーな言語があります。
メジャー言語の代表格Javaに関して言えば、ここに「なぜJavaなのか」「Javaのメリットは何なのか?」に答えてくれる会社を5社紹介します!

1. 「株式会社アークインターナショナル」はデータ連携をJavaで解決!

アークインターナショナルではユーザーからの要望を最大限取り入れた独自の「XMLデータ連携ツール」をJavaで開発しており、それを元にした多数の企業間取引の納品実績があります。

2. カスタマイズ可能な「ゼネラル・ビジネス・サービス株式会社」

ゼネラル・ビジネス・サービスの強みは、Java言語が必須のIBM WebSphereシステムを、顧客の要望に応じてきめ細かく柔軟にカスタマイズできることです。

3. Javaのプロ「株式会社 モンスター・ラボ」

Javaの可能性を知り尽くしたエンジニア集団は、大規模Javaシステムの開発にとどまらず、mixiアプリやFacebookアプリ、iPhoneアプリやAndroidアプリと連携したシステム構築にも対応可能です。

4. 保険会社のシステム構築なら「株式会社インフォディオ」

保険業界のシステムをより汎用化した、信頼度の極めて高い「大規模顧客契約管理システム」「通販管理システム」「顧客商品分析システム」も得意分野です。

5. システム開発に精通している「株式会社 イーブ」

◆Java開発特徴の持つもう一つの柱「組み込み技術」を保有
出典イーブ

イーブは「環境放射能モニタリングシステム」や「タッチパネル式オーダーリングシステム」「監視カメラシステム」などの組み込みJavaシステムと、そのデータを管理するサーバ側Javaシステム構築の両方に対応可能です。

【まとめ】Javaの可能性を最大限引き出してくれるのはどの会社?

さて、Javaエンジニアが胸を張って答える「大規模システムに強く、一度書けば、どこでも動く」という特徴がだんだんとイメージ出来てきましたよね。
一言で言うと、Javaによるシステム構築の特徴とは、このような「王道を行く」ところなのです。

ただ一方で、その安定感はしばしば機動力を犠牲にしてしまう面もあります。
企業間取引のような十年二十年変わらないシステム、変わらないことが逆に安定性のあかしとして求められるシステムと違い、例えばWebシステムはユーザーの要望に応じた頻繁なアップデートが欠かせません。

もしあなたがJavaによる安定した大規模エンドユーザー(消費者)向けシステム構築も視野に入れているならば、業界のJava技術のリーダーでありながらソーシャルアプリやスマホアプリも手がける「株式会社 モンスター・ラボ」がイチオシです!

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください