ソフトウェア開発に携わる仕事なら覚えておきたい!有名SNSに使用されているプログラミング開発言語特集

更新日:2017年07月12日 | 公開日:2015年01月17日

初めてシステムやソフトウェア開発を外注する際には、プログラミング言語をどうするか?ということに悩まれる方が多くいます。
この記事では、Twitter、Facebook、mixiという3つの大手SNSには、どのようなプログラミング言語が使用させているかをまとめましたので、外注する際には参考にしてみてください。

大手SNSそれぞれの開発言語

1.TwitterはScala

Twitterでは開発言語としてScalaが使用されています。
Javaと比べてクラスを簡単に作成でき、開発生産性の高い言語として知られているものです。
日々多くの人がアクセスを行い、その処理能力も伴ったSNSを作るためにも、細かな改良をこまめに出来るScalaが使いやすいと言えます。

2.FacebookはPHP

実名性のあるSNSとして世界中で人気のFacebookにはPHPが使用されています。
この開発言語はホームページを作成する際、より動きのあるHTMLデータを作り出すために活躍するでしょう。

3.mixiはPerl

mixiに使われている開発言語はPerlと呼ばれるもので、C言語の知識をより幅広い形で活かせるプログラミング言語となっています。
使用できるプラットフォームもWindows・UNIXと複数あり、開発・改良などが簡単に行えると言えるでしょう。

【まとめ】

SNSの特徴によって使用されている開発言語は異なります。
常に利用者から要望やクレームなどが多発するSNSの世界では、24時間いつでも柔軟な対応にて改良を行う場面が多々あります。
そのため、「利用者がより使いやすいもの」という点と同時に、「開発・改善が容易に行えるもの」を選んで使用しているようです。
SNSを生み出すこと自体は、既存のテンプレートや今まで世に生み出されてきた実績から容易に行えます。
より利用者を魅了し使い心地のよいプラットフォームを形成するためにも、プログラム開発言語選びが非常に重要だと言えるでしょう。
システム・ソフトウェア開発担当者は、プログラミング言語のメリット、デメリットを簡単にでも良いので理解しておくと良いでしょう。

外注先を探していたり、悩んでいる方は、『アイミツ』にご相談いただければと思います。
弊社『アイミツ』では、経験豊富なコンシェルジュがお客様のご要望に合わせて、実績のある会社をご紹介させていただきます。
お気軽にご相談ください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください